FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

神戸市の男子高校生 新型インフル感染を確認

2009年5月16日(土)

このニュースは、民主党の代表選挙より余程重大なニュースである。

 今日の正午のニュースによると、神戸で海外渡航経験のない高校生数人に新型インフルエンザの疑いがあった問題で、
厚労省は 「新型インフルエンザ」であることを改めて確認 し、集団感染が始まっている可能性があることを発表した。

結果論であるが、水際作戦では不十分であったことが解った。

「国内発生早期」に対策レベルが上がったそうだ。

 パンデミックに繋がる大変な事態になっていると認識すべきであろう。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

  NHKニュースより 

05月16日 11時57分
 厚生労働省によりますと、神戸市内の17歳の男子高校生が、国立感染症研究所の検査で 新型インフルエンザに感染していることが確認 されました。

 水際の検疫ではなく、国内で新型インフルエンザの発生が確認されたのは初めてです。

 これによって、政府の対策は、行動計画に基づいて、これまでの
第1段階「海外発生期」 から
第2段階「国内発生早期」 に引き上げられます。

 この生徒には海外への渡航歴がなく、神戸市の検査でほかの2人の生徒からもウイルスが検出されていることから、新型インフルエンザの集団感染が起きている疑いも出ています。 

 

【続報・内容重複あり】 05月16日12時14分

 厚生労働省によりますと、神戸市内の17歳の男子高校生が、国立感染症研究所の検査で新型インフルエンザに感染していることが確認されました。
 水際の検疫ではなく、国内で新型インフルエンザの発生が確認されたのは初めてです。この生徒には海外への渡航歴がなく、神戸市の検査でほかの2人の生徒からもウイルスが検出されていることから、新型インフルエンザの集団感染が起きている疑いも出ています。

 新型インフルエンザへの感染が確認されたのは、神戸市内に住む17歳の高校3年の男子生徒です。この生徒は今月11日に悪寒を訴え、翌日には37度4分の熱が出たため、医療機関で簡易検査を受けたところ、新型インフルエンザと同じA型と判定されました。

 その後、15日、神戸市環境保健研究所で、生徒から採取した検体の遺伝子検査を行った結果、新型インフルエンザのウイルスが検出されました。
 このため、東京の国立感染症研究所で最終的な確認検査を行ったところ、遺伝子の配列が一致し、新型インフルエンザと確定しました。

 水際の検疫ではなく、国内で新型インフルエンザの発生が確認されたのは初めてです。
 これによって、政府の対策は行動計画に基づいて、これまでの第1段階「海外発生期」から第2段階「国内発生早期」に引き上げられます。
 空港などの水際の対策から国内での感染拡大の防止や医療態勢の整備に重点が置かれることになります。

 神戸市によりますと、この生徒は16日午前3時すぎに神戸市内の感染症の指定医療機関に入院し、治療を受けているということです。
 この生徒には海外への渡航歴がなく、新型インフルエンザのヒトからヒトへの感染が国内で起きている疑いも出ています。

 この生徒が通っている高校では、2年生の男子生徒と女子生徒が簡易検査でA型のインフルエンザと判定され、いずれも神戸市環境保健研究所の検査で新型インフルエンザのウイルスが検出されました。
 厚生労働省と神戸市は、ほかの生徒に発熱などの症状がないか確認するとともに、感染経路の解明を急ぐことにしています。 



**********************

  新型インフル、国内初の発生確認 神戸の高校生、陽性(朝日新聞) - goo ニュース 2009年5月16日(土)11:56

  神戸市の男子高校生 新型インフル感染疑い 

               神戸新聞 2009年5月16日(土)11:02

 神戸市は十六日未明、市内在住で高校三年の男子生徒の検体から新型インフルエンザの詳細(PCR)検査で陽性反応が出た、と発表した。感染している疑いがあるが、海外渡航歴はないという。検体は国立感染症研究所(感染研、東京)に運び、同日午後にも最終検査の結果が判明する見通し。感染が確定すれば、「国内で初の新型インフルエンザ発生」となる。

 同市によると、男子生徒は十一日に悪寒を訴え、十二日には三七・四度の発熱があったため医療機関を受診。医師による簡易検査でA型インフルエンザ陽性となり、同日、検体が市環境保健研究所に提出された。十五日に同研究所で詳細検査をした結果、新型の陽性反応を示した。市は男子生徒の行動や接触者を調べる。

 厚生労働省によると、男子生徒は十二日から抗インフルエンザ薬の「リレンザ」を使用。同市によれば、同日から学校を休んでいるが、家族の健康状態に問題はない。十五日時点で体温は三六度台に下がっているが、せきが出ているという。

 国内では、カナダから米国経由で成田空港に到着した大阪府在住の男子高校生ら四人の新型インフルエンザ感染が確認されているが、厚労省は「入国前に確認され(政府の)対処方針上の『国内で発生した場合』に当たらない」としていた。

 厚労省は今月初め、全国の自治体でも詳細検査ができる措置を取った。ただ厚労省は、自治体の研究所で新型の陽性反応が出ても、最初の数例は感染研で同じ検査をし、再び陽性なら「確定例とする」としている。


  神戸の高校生と同じ高校、3生徒も陽性反応(読売新聞) - goo ニュース  2009年5月16日(土)09:18

  初の国内集団感染か=神戸の高校、別生徒2人も−人から人の疑い・17人体調不良(時事通信) - goo ニュース  2009年5月16日(土)07:30


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1341-8ef873ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)