FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

小沢民主党代表は辞任したが・・・

2009年5月12日(火)

 昨日の小沢代表の辞任表明で、今日の日刊紙1面TOPは、どこも同じような扱いとなった。

 NHKの午前7時のニュースでは、小沢辞任のニュースを引続きTOPで流し、「この問題を徹底的に分析します」と銘打って進行していたが、全く「分析」に値しない素人でも推測できるような中身だった。

 日刊紙各誌のWeb版の記事を見ても何も深まることはなかった。

*************************

 さて、この問題。少し経緯を振り返ってみる。

3月3日に、小沢党首の公設第一秘書が逮捕された時、当ブログでは、
自民党の議員や役員や現職閣僚までもが献金を受けている状況で、
野党第一党の民主党・党首の公設第一秘書だけをターゲットにした
逮捕は異様である旨を問題提起した。

民主党だけ狙い打ちに、やはり陰湿な背景を感じる

当然、一部のブログで展開された「小沢辞めろ」コールには加わらなかったし、距離を置いていた。

その後、この異様な逮捕檄を裏付けるように漆間官房副長官の「自民党には及ばない」との発言があり、小沢民主党代表の公設第一秘書だけを逮捕したことに政治的背景があったことが明らかになった。そのうえ、漆間氏は日本のスパイ組織の大元締めであることも明らかになった。

「国策捜査」というより “謀略” 民主・官房副長官とみて追及へ

3月24日に、この異様な捜査の結果として第一秘書は起訴された。
その日の内に、小沢代表は記者会見したが、ここでひとまずケジメをつけて辞任するのではなく、続投を表明した。

 この辺りから、民主党内外で、小沢代表は辞めた方が良いという意見が徐々に増え始めた。
 私も、この時が一先ず撤退し、再起を目指すターニングポイントであったと思う。 
 ここで、辞任しておけば、その後の民主党ジリ貧、自民党徐々に復調という展開は異なったものになったであろう。
 このキーポイントでキッパリ辞めなかったことから、その後辞任するにふさわしい機会に巡り合わず、結局ずるずる先延ばしとなり、昨日(5月11日)という中途半端極まりない次期に辞任せざるを得なくなってしまった。
 その言い訳として「連休中に考え続けた」と弁解しているのである。

 この次期に辞任を表明すると言うのは、民主党に取って殆どメリットがない。
 その上、代表選挙を全国的に一定期間掛けて展開し、マスコミを利用するという戦術も取らずに、国会議員だけで一日で決めてしまうという勿体無いことをしようとしている。

 自民党の党首選挙が結局大山鳴動して鼠一匹であったことを反面教師にしたのか・・・?

 とにかく、このところの民主党の行動は有権者の期待と大きく乖離していると言えるのではないだろうか?
 
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

関連記事
スポンサーサイト



コメント

先日の返信まとめます!

漆間の件ですが、まず、
http://www.asyura2.com/09/senkyo59/msg/771.html" target=_blank>http://www.asyura2.com/09/senkyo59/msg/771.html(ムネオ日記より抜粋)

副島隆彦の「学問道場」が元ですが探しにくいので飄(つむじ風)より
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/02/post_a04d.html" target=_blank>http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/02/post_a04d.html
渡部恒雄・研究員のアタリから下、3段落目くらい
【ここに、マイケル・グリーンと長島昭久、渡部恒雄らも出席して、「小沢一郎を逮捕、有罪として、葬り去るための謀議」を開いている、と私はにらんでいる。合議の場所は、大手町の経団連の建物か、日経新聞の立替中の建物の奥の方の古いビルか、あるいは、笹川会館(ささがわかいかん、日本財団)であろう。ここには、樋渡利秋(ひわたりとしあき)検事総長や、漆間厳(うるまいわお、元警察庁長官、前内閣官房副長官事務方 )らも密かに顔を出す。

 だから、日本の大手新聞の、政治記事の、小沢一郎攻撃の記事は、最近は、一字一句までが、そっくりで、どこの新聞の記事を読んでも、変わらない。 社会部の記事までも似ている。「検察庁からの違法なリークである」ことがますますはっきりしつつある。】
▲をご覧いただくと、漆間の名前が出てきます。副島隆彦はちょっと突っ走りが激しく言いすぎのところがありますが、このアタリに関しては、おおもとの背景がアメリカの一部勢力から、上記人物、マスコミ、検察の策略があったと見てよいのでは?と感じます。

  • 2010/02/08(月) 23:23:14 |
  • URL |
  • RICO #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1337-5d5b5c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)