FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

畠山被告の上告断念 仙台高検

秋田小1児童殺害事件−106
****************************

 秋田県藤里町の畠山鈴香被告の事件で、仙台高検は、二審の「無期懲役」を覆す条件が見つからないとして、最高裁への上告を断念した。

 弁護側の態度は、まだ表明されていない模様。

上告期限は、明日2009年4月8日。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


秋田2児殺害、高検が上告断念
  遺族に伝え謝罪
 

        朝日新聞 2009年4月7日23時12分

 秋田県藤里町で06年に起きた連続児童殺害事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われ、一審に続いて控訴審でも無期懲役の判決を言い渡された畠山鈴香被告(36)について、仙台高検は7日、上告を断念した。上告期限は8日。弁護側は態度を明らかにしていない。

 検察側が死刑を求刑したのに対し、弁護側は有期刑を求めていた。

 3月25日に仙台高裁秋田支部であった二審判決は、被告の長女彩香さん(当時9)への殺意があったと一審判決より明確に認定。さらに米山豪憲君(当時7)の殺害についても、殺意をもって自宅に招き入れ、首を絞めて殺害したと認めた。しかし、判決は「更生の可能性はある」などとして死刑を回避した。

 仙台高検が上告を断念したことについて、豪憲君の父勝弘さんは7日、高検の検事から謝罪されたことを明らかにしたうえで「死刑判決を求めてきた検察がどうして。最後まで戦ってほしかった。子どもの命が軽視されている。上告断念となれば、何も救われるものはない。見放された」と語った。
 



連続児童殺害、検察が上告断念
   畠山被告の無期懲役判決
(共同通信) - goo ニュース

       共同通信 2009年4月7日(火)19:44
 秋田県藤里町で06年に起きた連続児童殺害事件で、殺人罪などに問われた無職畠山鈴香被告(36)について、1審に続いて無期懲役とした仙台高裁秋田支部判決に対し、検察当局は7日までに、上告を断念する方針を決めた。殺害された米山豪憲君=当時(7)=の遺族の厳しい処罰感情なども受け、検察側は1、2審を通じて死刑を求めたが「適法な上告理由が見いだせない」と判断したとみられる。

 


  
****************************
秋田小1児童殺害事件−106

【連載第1回目から読む】 「“任意”で16時間の取調べで“自供”?」
 
       第105回へ     第107回へ 


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1298-1d35b49d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)