FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

ドロドロ・グチュグチュ で 日本の「民主党離れ」続く

2009年3月19日(木)

世論調査は、設問の仕方によって解答の傾向が大きく誘導される。

今の「政権選択」の世論調査は、どれもが
自民か民主か
麻生か小沢か

という選択肢しか立てていない。

共産党や社民党が連立して新しい勢力を結集するなど、全く論外とされている。

その結果、どちらでも無いが7割前後と言う「政治不信」のような様相になっている。

 しかし、この結果は有権者の「政治不信」や「政治離れ」に直結するとは言えず、むしろ自民・民主ではこの事態を打開できないという強い「政治的意志表明」と見ることもできるのではないだろうか?

 直近の朝日の世論調査では、珍しく
【政界再編で新しい形】 という選択肢が設けられ
                    46% という高い結果であった。
 自民;11%,民主;15%,大連立;19% の選択肢を大きく上回りダントツである。

 回答者が、共産党や社民党を視野に入れて考えたかどうかは解らないが、少なくとも、自民・民主は既に劣化していると判断したことは推定される。

 この朝日の調査は、国民が決して政治に関心を失っていないこと。
一方で民主党の本質を見抜きつつあることを示していると思う。

*************************

 この閉塞状態を突き抜ける江藤新平や坂本龍馬のような傑出した、ある意味破天荒な人材が求められているのかも知れない。
 しかし、人民の英雄願望が行き過ぎるとヒットラーのような弁舌巧みな(オバマ氏 にも、そういう側面はあるが)煽動者に国を盗まれることもあるので注意深く見る必要はあるが・・・

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


さて、昨日出ていた 「朝日新聞の世論調査」 (概要)によれば、以下のような興味深い指摘が書かれている。
(なお標本数3千、有効回答率79%と言うから統計的信頼性は高い。設問の公平性は無いが)

【政治への不満は広がりとともに強さも顕著であることがわかった。
 「将来像を示していない」
 「国民の意思を反映していない」との意見が
  それぞれ9割前後に達する。】



【いまの政治が
「社会の将来像や道筋を示していない」と思う人が 91%に達し、
 国民の意思を「反映していない」とみる人が「まったく」 35%、
  「あまり」 52%を合わせて 87%に及ぶ。 】

【政治家を「信頼していない」との意見は「まったく」 21%、
 「あまり」 57%を合わせ約8割。
 いまの政党に「期待しない」も 61%だった。】

【政党への期待の低さは、今後望む政権の形にも表れている。
 「政界再編」などの選択肢も入れた四択で、どの形がいいかを聞くと、
 「自民党中心の政権」は 11%しかなく、
 「民主党中心の政権」も 15%にとどまった。
 「政界再編で新しい形」が 46%で最も多く、
 「自民党と民主党の大連立政権」が 19%だった。 】

【自民党と民主党の政策については、
 67%が「大きな違いはない」と考えており、
 民主党中心の政権に代わったら 政治がどうなるかを聞くと、
 「よくなる」は 19%で、 「変わらない」が 59% を占めた。】

********************
この【朝日新聞世論調査】詳報は、ここをクリック
    asahi.com 2009年3月17日21時46分
 数値表示のみで、表やグラフはありません。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

独立した世論調査機関が必要

マスコミから独立した世論調査機関が必要ですね.イギリスでの核兵器更新に関する世論調査の例ですが,反核団体CNDの委嘱による調査会社ICM Researchの世論調査結果では,核兵器更新に反対が59%であるのに対し,同社の同時期の調査でも質問の仕方が少し違うガーディアン紙の依頼によるものでは,核を維持すべきが51%,廃棄すべきが39%と逆になっています.

  • 2009/03/21(土) 10:36:06 |
  • URL |
  • yamamoto #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1273-f44e9bae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)