FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

共産・志位委員長が「ニコニコ生放送」で、若者に語りかける!

2009年3月15日

先日、日本共産党の志位委員長 が、若者に人気のサイト
「ニコニコ動画」の「ニコニコ生放送」に生出演し
 若者の多くの質問に答えました。

事前アンケートが行われていて、興味深い結果が紹介されていました。
その幾つかを紹介します。

まず、私が若者の関心として驚いたのは、
『日本共産党』について、志位委員長にもっとも聞いてみたいこと
  トップは「党の綱領」(日本の改革プラン)で39%。
  「組織上の特徴」23%、
  「海外との交流」14%、
  「マルクス」13%、
  「党の歴史」11%がつづきます。
党のプログラム(綱領)を知りたい人が4割にも及ぶことにビックリ。

次に
共産党のかかげる主な政策のうち、志位委員長にもっとも聞いてみたいこと
  第一位は、「景気悪化から庶民を守る」で25%。
  「正規雇用を増やし、長時間労働をなくす」16%、
  「政治とカネのゆ着をたつ」13%

さらに
日本共産党という党名についてどう思いますか
  「現状のままでよい」が56%で、
  「変更したほうがよい」の44%を大きく上回った結果に、
 志位氏は「温かい結果ですね」とのべ、党名に込められた思いをこう語りました。

 私たちは共産党という名前に、「夢とロマン」ということを託しています。人類の社会は資本主義でおしまいではないという。資本主義は金儲けが第一ですよね。そこから貧困の問題が生まれたり、投機、恐慌、環境破壊などさまざまな矛盾が生まれてくる。この悩み多い体制、これで人類の社会は終わりではない、その先がちゃんとありますよという展望があるんですよね。
 共産党の語源のことをいうと、英語では「コミュニズム」でしょう。さらにその語源は、ラテン語で「コムニス」というんです。これは共同ということで、つまり、人間と人間が角を突き合わせて弱肉強食でたたかう社会ではなくて、共同して連帯して幸せな社会をつくろうというのが語源なんですね。この「コムニス」がそもそもの語源にあって、「コミュニズム」という言葉がある。だから、たとえば「コミュニティー・センター」というのがあります。これは直訳したら「共産センター」ともなりますよ。
 そういう社会をめざしているのだということを知っていただけたらうれしいな。でも、56%が、いまのままの党名がいいというのはうれしいですよ。共産党アレルギーというのが、「ニコニコ動画」の(視聴者の)方々のなかにはあまりないんじゃないかという感じをもってこの結果を見ました。 


 番組後半では、生アンケートの結果が以下のように紹介されました。
【 ここで番組がおこなったのが生アンケートです。
ずばり、
 日本共産党が他党と連立する場合にどこがいいか
        という質問で、
 (1)自民党系、(2)民主党系、(3)それ以外 の三つの選択肢で、結果は、
 (1)19%、  (2) 6%、   (3)75% となりました。
 圧倒的多数の視聴者が、自民党はもちろん、民主党も、連立対象にすべきでないと考えている――。】
 志位委員長は、これを受けて、
【 私たちも、民主党と政権を組もうというふうには思っていません
やはり日本の進路をめぐる大きな問題、憲法や消費税、雇用の問題などで考え方が違いますから。
個別の問題で一致点があれば協力しますが、政権を組むということは考えていない。

 いま日本の社会は大きな激動期に入りつつあると思うんですね。
戦後ずっとやってきた、
外交はアメリカ頼み、
経済は財界頼み

   が もうやっていけなくなった。
 そこを大きく乗り越えた社会の変革が必要なところに来ているわけですが、その志は自民党にも民主党にも見られません。
 そういう 本当の激動期には、「政界再編」というよりも、共産党と政権をいっしょにできるような新しい政治潮流、政党が出てくる と思います。】
と応えていました。

この番組には多くのコメントが寄せられたようです。

この番組を紹介した記事は、ここをクリック
     2009年3月14日(土)「しんぶん赤旗」

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 また、これに先行する数日前には若者向けFM放送に出演し、非正規切りに追い込まれる若者に
【きょう呼びかけたいことがありまして、「派遣切り」ということで、派遣労働者の方に、三月の末ということになると、一カ月前から通知がくるんです。「あなたは雇い止めですよ」と。ぜひ、あきらめないでたたかおうということを呼びかけたいのです。】
と、語り
【いま全国の百二十をこえる職場・企業で、非正規の労働者の方々が、組合をつくったり、既存の組合に結集したりして、立ち上がっている。泣き寝入りしないで、立ち上がれば道は開かれる。現行法でも、「雇い止め」をさせないで、直接雇用・正社員への道は、たたかい方によっては、なかなかたいへんだけど、開かれるということを私はいいたいのです。
これは、お近くにユニオンがありますから相談していただきたいし、共産党に相談していただければ私たちも相談にのりたい。労働組合は二人でもつくれるんですよ。】
と、呼び掛けました。

詳しくは、ここをクリック
     2009年3月11日(水)「しんぶん赤旗」

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1267-0d5c054a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)