FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

都市と大学の21世紀を考える

先日の3月8日(日)
午後1時半から5時まで
福岡自治体問題研究所主催で、九州大学跡地再開発をテーマに
新しい都市づくりを考えるシンポジウムが開催されました。

題して

「都市と大学の21世紀を考える」



テーマは壮大ですが、内容的には九州大学箱崎地区・六本松地区のキャンパスを廃止し、伊都キャンパスに移転するにあたっての、跡地再開発に関する問題提起です。

会場はNHK福岡放送局テレビスタジオ



司会進行は、安藤 毅・九大名誉教授

石村 善治・福岡自治体問題研究所理事長の開会挨拶のあと、
大学名誉教授の肩書を持つ方々から、専門分野からのアプローチを
それぞれ紹介されました。



長いので、タイトルだけまず紹介します。

1.都市と大学のまちづくり
  〜 ボローニャ大学 の取組みの紹介を中心に
   九州芸術工科大学(現・九州大学)名誉教授:三上 禮二さん

2.九大移転問題とは何だったのか?−その過去・現在・未来
   九州大学名誉教授:井澤 英二さん

3.漂流する“大学” 転換期にある大学像とキャンパス文化を考える
  〜 「高性能宇宙船」の基地代えであってはならない
   元・関西大学教授:藤本 尚久さん

(休憩)
続いて住民団体の方から

4.私たちはこんな六本松を望みたい。
   六本松考える会:日巻 和子さん

             

5.九州大学箱崎キャンパス跡地利用に関する「東箱崎校区」からの提案。
   東箱崎地区九大跡地利用検討委員会委員長
   東箱崎校区自治連合会・会長:山内 啓徳さん



6.秀村 選三 九州大学名誉教授からのメッセージ
   六本松考える会:獄村 久美子さんより代読

           

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

関連記事
スポンサーサイト



コメント

九大

ご紹介ありがとうございます。
当日の資料を、500円で販売していますので、ぜひ、ご紹介をお願いします。

子ども病院は大きく前進はじめました。九大跡地も連携して、大きな運動にしていきたいと思います。

ご支援よろしく。

  • 2009/03/10(火) 21:36:02 |
  • URL |
  • 嶽村 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1261-a8110d96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)