FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

共産、トヨタと会談し雇用維持要請

おととい、「赤旗」にも掲載されない内に書いた  予告記事 が現実になった。

 今日午前中、日本共産党・志位委員長とトヨタ幹部が会談して、志位氏はトヨタに「社会的責任」の重さを強く訴えたと言う。
 麻生首相と日本経団連の会談では、麻生が御手洗に軽くあしらわれた格好であったが、
共産党は突っ込みどころが違うし、確実な証拠材料で、トヨタには「派遣切り」しないで正社員化しても充分な体力が有り余っていることを強調したであろう。

12/24 志位委員長がトヨタと会談 会談後の記者会見


 志位委員長の申し入れは、キャノン,いすゞ,麻生首相,日本経団連に続き、5回目となる。

 自・公与党も最大野党の民主党も手をこまねいている状況で、現実に一歩一歩活路を切り拓いてきており、画期的なことだ。

 このところ、マスコミが“美談”のように伝える「派遣切りのあとも契約満了まで寮への居住を認める」という各社の決定も、上記のような共産党の奮闘と、労働者の闘いの成果の一面である。

*******************
12月25日追記
25日付の日刊「赤旗」によると、トヨタの回答は極めて傲慢不遜であったようだ。
その一節を紹介するだけでトヨタの非人道さがわかる。
人の命より金の方に会社全体が向いている。
曰く
【内部留保については、内部留保を取り崩してまで(期間従業員の雇用を維持することはない)というのが、経営判断だ。そこは価値判断の違いだと思う】

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」


以下、朝日記事引用
共産、トヨタと会談し雇用維持要請 「社会的責任重い」(朝日新聞) - goo ニュース 

共産、トヨタと会談し雇用維持要請
     「社会的責任重い」

              2008年12月24日11時30分

      
     会談の冒頭、握手を交わす共産党の志位委員長(左)と
     トヨタ自動車の古橋衛専務
     =24日午前、東京都渋谷区の同党本部、細川卓撮影

 共産党の志位委員長が24日午前、党本部でトヨタ自動車の古橋衛専務ら同社幹部と会談し、「トヨタの社会的責任は重い。巨額の内部留保や配当を行っており、大量解雇する合理的理由はない」として解雇の中止・撤回と雇用維持を要請した。

 会談は同党が申し入れた。志位氏は「非正規社員の大量解雇が深刻な社会問題になっている。リーディングカンパニーのトヨタが大量解雇の引き金を引いた」と指摘。古橋氏は「自動車業界・経済界がどういう状況になっているのか、生の実感をご理解頂きたい」と応じた。同社は、来春までに派遣労働者ら約4千人を削減する計画を発表している。

 共産党には、派遣労働者らから窮状を訴える電子メールが殺到しているという。こうした声を踏まえた企業への要請はキヤノン(6月)、いすゞ自動車(11月)に続き、今年3回目。18日には経団連幹部とも初めて会談している。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1170-65ef9b3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)