FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

これほどの危険人物が制服組TOPだったとは!

 2日前の河北新報(東北を中心に発行)のメルマガに、産経新聞での報道として、あの田母神・前航空幕僚長(空自制服組TOP)が、「日本も核武装するべきだ」と公言していることが、引用されていた。
 うっかり、この重大なニュースを見落としていたことをお詫びする。

******************
 彼は、イラクなど“PKO活動”などの現場での「銃器の使用も当然だ」と国会での参考人質問でも平然と言ってのけたが、核武装まで公言するとは、とんでもない輩が自衛隊の制服組を支配していたことになる。
 その上、第二次世界大戦・太平洋戦争の真相も教えられずに「大東亜戦争史観」を所謂「田母神学校」で教え込まれた“将校”が、今も大勢自衛隊に残存し、高級・中堅幹部になっていることを考えると、現在進行形の話である。
 今、幹部になっている40代・50代の人間は、1960年代前後に生まれた人々であるから、彼らが物心付いた頃には、教育現場における戦争の影も薄められ、高度成長期に青春を謳歌していた年代であろう。
 そういう政治や戦争に対して基礎を築いていない、言わば無垢な状態に、
「大東亜戦争史観」や「靖国史観」を注入されたとすれば、忌まわしき靖国伝染病に感染している可能性は高いし、自衛隊内に拡散していると言わなければならない。
 パンデミックが今まさに起ころうとしているのではないだろうか?

 【日本国憲法打倒のクーデター】
  が、起こっても不思議ではない状況に陥っているのかも知れない。


 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」

**************************

田母神氏、核武装の必要性に言及 産経新聞で

 歴史認識に関する政府見解を否定する論文を発表して更迭された田母神俊雄・前航空幕僚長が28日付の産経新聞のインタビューで「民主主義だったら核武装すべきだという意見もあっていい。核兵器を持たない国は核兵器を持った国に最終的には従属させられることになりかねない」と述べ、日本の核武装の必要性に言及した。
 日本は唯一の被爆国として非核3原則を堅持しているだけに、前空自トップが核武装を求めたとも取れる発言をしたことは、近隣諸国に懸念を与えかねないほか、文民統制(シビリアンコントロール)の問題もあらためて問われそうだ。
 これに関し河村建夫官房長官は同日午前の記者会見で「退職した人の発言にコメントする立場にない。それぞれ言論の自由は保障されている」と述べるにとどめた。
 インタビューで田母神氏は「北朝鮮が核兵器を持ちたがる理由は1発でも米国に届く核ミサイルを持てば、武力制圧が絶対できなくなるから」と指摘。その上で「核兵器の基本が日本では議論されたことがない。核兵器を持つ意思を示すだけで核抑止力はぐんと向上する」と強調している。
               2008年11月28日金曜日  


【河北新報】2008年11月28日
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Unknown

太平洋戦争(大東亜戦争が正しい)などと、占領軍(GHQ)の教えをしっかり守っている貴方さまが田母神閣下を批判する資格は無いように感じます。思想以前に、正しい歴史事実をもう少ししっかりと勉強して欲しいと切に願います。

  • 2008/12/01(月) 13:36:58 |
  • URL |
  • 反共 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1144-7f1818b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)