FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

解散・総選挙は「来春以降」 って言うけど できるかな?

 もう、「解散」の機会を失してしまったのは、紛れもないことのようだ。
安倍内閣、福田内閣に続いて、麻生内閣も小泉が築いた圧倒的過半数の『魔力』に金縛り状態に陥ってしまった。

 こうなると麻生内閣の末路は、安倍・福田に続いて惨めな辞職をおいて他には無いであろう。

 テレビ朝日調査では既に支持率3割を切り、他の調査でも低迷状態を脱するどころかますます深めている。

 福田内閣は、1年間はどうにか維持したが、これは「一日でも安部内閣よりは長持ちしたい」という志の低い願望によるものであったのだが、麻生内閣は2ヶ月で既に福田内閣の1年分以上支持率を下げた。

 自民党内でも様々な波が立っているようである。

 麻生降ろしが激化してくれば、又また“総理”辞職(総辞職ではない)会見を開いて、自滅するであろう。
 その日は、あまり遠くないような気がする。
 あの五人揃い踏みの大演出も、今や大いなる馬鹿騒ぎであったことを殆どの国民が見破っている。

 次の自民党総裁選挙では、複数立候補も「二番煎じ」となるし、どうにも国民を騙す手段が見つからないという羽目に陥りそうである。
 マスコミも国民がこれだけ苦しんでいる時に、馬鹿騒ぎに付き合っている場合でもなかろう。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」


解散は「来春以降」強まる
   首相の補正先送りに民主反発

        共同通信 2008年11月25日(火)18:27

 麻生太郎首相が25日、2008年度第2次補正予算案の今国会提出を見送る方針を表明したのを受け、与党内では年末年始の衆院解散・総選挙の可能性は薄れ、来年度予算が成立する来春以降に先送りされるとの見方が強まった。自民党の細田博之幹事長が同日午後、民主党の鳩山由紀夫幹事長と国会内で会談し首相方針を伝えたのに対し、鳩山氏は「了承できない」と強く反発、再考を求めた。

 

 解散は「来春以降」強まる 首相の補正先送りに民主反発(共同通信) - goo ニュース
関連記事
スポンサーサイト



コメント

今後は

 仮に内閣不信任決議案が提出されても、自民・公明の反対多数で否決されるが、首相がまた辞任して首相の首だけがすげ替えられる…という展開になる可能性もあるんじゃないかと思いますよ。

 自民党なんて総選挙での大量落選を恐れて何とか解散回避に固執するまま任期満了を迎えるんじゃないかと思いますよ。

~たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!~
~「政治の中身を変える」ために勇気を出して奮闘しよう!~
~党名に偏見を持つのも人間、党名なんて気にしないのも人間!~

  • 2008/11/26(水) 23:47:35 |
  • URL |
  • 嶋重ともうみ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1139-6a8639b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)