FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

こうして“核”は持ち込まれた

2008年11月9日放送の
NHKスペシャル
【こうして“核”は持ち込まれた】
  〜空母オリスカニの秘密〜

 の放映は、NHKとしては快挙であると思う。

米軍幹部(たとえばラロック氏他)の証言で、核兵器が米国艦船に載って日本に自由に入り込んでいたことが明らかにされる。
また防衛庁・自衛隊も非核三原則は建て前だけのものであり、特に第3項の「持ち込ませず」を信じている政治家は誰も居なかったのではないか?と発言していた。

そして、何より米空母【オリスカニ】の中には公然の秘密としての核兵器“工場”があったことが具体的な証言や図をもって明示された。

そして、これらの核兵器はベトナム戦争で実戦に配備されいつでも発射可能な状態でスタンバイされ、命令さえあれば悩むことなく発射できる訓練を受けていたと言う。
恐ろしい事態がすぐそこまで進んでいたのである。

もちろん、反核運動をしている平和活動家も「持ち込ませず」が形骸化していることは知ってはいたのだが、NHKによるこれだけ具体的な事実の調査で裏付けられた証拠を見るのは初めてではないだろうか?

***************
以下、NHK公式ホームページよりコピペ

 おととし(2006年)、米フロリダ州の沖合に退役した1隻の空母が沈められた。その名は、「オリスカニ」。朝鮮戦争からベトナム戦争までの27年間、第7艦隊の主力空母として日本を拠点に活動した。NHKが入手した米海軍の機密資料からは、この空母が日本に核兵器を持ち込み、その後日本を拠点に朝鮮半島やソ連に向けて核攻撃態勢を整えようとしていたことが明らかになった。当時、米ソの核開発競争が本格化する中、アメリカは日本をその“最前線の基地”として位置づけていたのだ。
 それに対し日本は、非核3原則を掲げながら、アメリカに核持ち込みの有無を確かめることはなかった。日本を核戦略の一部に取り込もうとするアメリカ。アメリカの巨大な核の傘に依存しようとする日本。両国の利害が一致し、より強固な同盟関係が築き上げられていったことが、関係者の取材から浮かびあがってきた。
 番組では、1隻の空母を軸に、アメリカの知られざる核戦略の実態と、日米両国の思惑に迫る。 



 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1123-d1096c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)