FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

結局、小泉の作った圧倒的多数を手放せない自民党

 自民党は、安部首相も福田首相も本音の所では、就任早々に解散・総選挙を行いたかったと思うが、如何せん「小泉ブーム」で獲得したバブル投票の結果もたらされた圧倒的過半数の呪縛から逃れられず、結局解散も総辞職も成し得なかった。

 麻生首相も、月刊雑誌にも書いたように「早期解散」を行って、完全なフリーハンドで総選挙を戦い、再び過半数を得て、『安定した』政権にしたかっただろうが、結局「万が一選挙で負ければ、自らの政権も政治的立場を失う!」との思惑から「解散・総選挙」に打って出るリスクを考え始めたようである。

 考えが、その領域に踏み込んでしまうとイキナリ「小泉の呪縛」に思考回路がフリーズ状態となり、
 「このまま圧倒的過半数を持ったまま、任期切れまでは続けてゆこう」 となってしまったに違いない。

 結局自らの政策をフリーハンドで実行する魅力よりも、「過半数で何でもできる」魔力に取り付かれて、疲労困憊に追い込まれる、という安部・福田の轍を踏むことになるのは明らかであろう!

「弱虫太郎、解散なければのたれ死に」
  民主党・菅氏、首相を批判

              2008年10月23日(木)18:54
 民主党の菅直人代表代行は23日、山口県宇部市で街頭演説し、衆院解散をめぐる麻生首相の姿勢について「次の選挙は勝ち目がなさそうだから、いろいろと言い訳をしながら解散を先延ばしにしているんじゃないか。そうだとすれば、度胸のある川筋者ではなくて『弱虫太郎』じゃないか」と批判した。

 菅氏は「真価が問われるのは今月中だ。今月中に解散を行わないと、結局は前の2人の首相と同じように解散を逃げて、なんとかその間だけ首相をやりたいだけの人間なのかということになり、与党の中からも求心力はなくなる」と分析した。そのうえで「11月30日までの総選挙を選択しなければ、政権が行き詰まってのたれ死にするだろう。今年中にも行き詰まって『もう麻生さんじゃ選挙はできないから、次の人を考えなきゃいけない』ということになっていくのではないか」と予想してみせた。 


「弱虫太郎、解散なければのたれ死に」菅氏、首相を批判(朝日新聞) - goo ニュース

解散・総選挙 シナリオ大幅修正 焦る与野党(産経新聞) - goo ニュース

 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」

****************
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Unknown

こんにちは。
アメリカ大統領候補のマケイン氏が、公開討論でオバマ氏に政策でつっこまれたとき、
「それはブッシュ氏の政策だ」と、
自分が「共和党の候補者」ということに目をつぶって(?)共和党のブッシュ路線が「正しくない」ことを認めちゃった。

福田さんも、支持率低下の「元凶」である、後期高齢者医療なり、道路特定財源なりを、「福田政権の責任ではない」と前任者にかぶせちゃえばいいものを、それができないのも、
「小泉劇場」の縛りでしょうね。

  • 2008/10/24(金) 21:44:33 |
  • URL |
  • ×第二迷信 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1101-4b88233e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)