FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

タカラジェンヌ見守ったツタ撤去 神戸新聞より


宝塚音楽学校旧校舎
         神戸新聞  2008年10月14日(火)16:37
 多くのタカラジェンヌが巣立った宝塚音楽学校旧校舎(宝塚市武庫川町)で14日、外壁を覆っていたシンボルのツタの撤去が始まった。旧校舎は来春、市立の文化発信拠点として生まれ変わる予定で、工事終了後に植え戻す計画という。

 宝塚音楽学校は宝塚歌劇の唯一の養成機関。1935(昭和10)年に開校し、98年に現在の新校舎に移転するまで、約2400人が学んだ。同市は阪急電鉄から建物の寄贈を受け、200人収容のホールなどが入る「宝塚文化創造館」として再生する計画を進めている。

 3階建ての旧校舎の外壁を覆うのはナツヅタとキヅタの2種類。校舎移転後の10年間でほとんどが枯れたが、市は昨年、生存しているツタから種子などを採取し、市内の造園業者に育成を委託している。この日、作業員らは校舎を囲んで組み立てた足場に上り、刈り込みばさみでツタを切り離していった。市の担当者は「歌劇団OGにも復元してほしいという声が強く、文化創造館もツタがシンボルになるようにしたい」と話している。

タカラジェンヌ見守ったツタ撤去 宝塚音楽学校旧校舎(神戸新聞) - goo ニュース 2008年10月14日(火)16:37
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1092-e9049b89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)