FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

安易に 母親を犯人に仕立てる 日本の“警察”

 昨夜ころから、こういう展開になるのではないだろうかと懸念していた。

藤里町の事件以来、こういう事件がおこると真っ先に母親が容疑者とされてしまう。

 そして、母親が子どもを捜し回っていた姿は、捜査を撹乱するための偽装工作であったと決め付けてしまう。

 藤里町の事件については、当ブログはまだ『冤罪である』との疑いを拭えていない。

 今回の事件については、情報が少ないので、まだ『冤罪』であるかどうかは断言できる状況ではない。

 しかるに、あまりにも初動捜査が短かすぎ、充分な捜査を尽さないまま母親に疑いを掛けて“自供”に追い込んだということは確かである。
 問題は、その“自供”の任意性である。
来年から裁判員制度が始まろうとしている この時点で、強制された“自供”がまかり通るようなことは許されない。

 以下、西日本新聞引用。

 小1殺害容疑母逮捕 「育児悩み、悲観」
   遺棄容疑も 犯行認める供述 
福岡県警
            2008年9月22日(月)17:30

 福岡市西区の小戸(おど)公園で18日、近くの内浜小1年、富石弘輝(こうき)君(6つ)が殺害された事件で、福岡県警は22日、殺人と死体遺棄の疑いで、母親の会社員、富石薫容疑者(35)=西区小戸3丁目=を逮捕した。薫容疑者は当初「子どもが行方不明になった」と通報し第三者の関与を装っていた。県警によると、薫容疑者は容疑を認め、育児など親子間の悩みのほか「自身が病気を患っているため、将来を悲観し、子どもを殺して自分も死のうと思った」などと供述しているという。

 調べでは、薫容疑者は18日午後3時20分ごろ、小戸公園にある公衆トイレの多目的トイレ内で、ひものようなもので長男の弘輝君の首を絞めて殺害し、トイレ裏側の外壁と柱のすき間(幅約55センチ)に遺体を捨てた疑い。

 県警によると、薫容疑者は「最初から殺すつもりはなかった。衝動的にトイレの中で首を絞めた」と供述。弘輝君が行方不明になった時間帯に不審者の目撃情報がないことから、21日午後あらためて事情聴取したところ「殺してしまった」と殺害を認めたという。

 県警は、薫容疑者は心身の不調を訴えているが、逮捕には耐えられると判断した。

 薫容疑者は18日午後3時ごろ、弘輝君と2人で公園を訪れ、午後4時ごろ「トイレに行き、弘輝君から目を離した2、3分の間に行方が分からなくなった」と110番通報していた。弘輝君はこのトイレ裏の外壁と柱のすき間で倒れているのが見つかった。薫容疑者は当初、県警に対し「1週間前、不審な男に、子どもが声を掛けられた」と訴えていた。

 事件後に無くなっていた弘輝君の衛星利用測位システム(GPS)付き携帯電話は、トイレから北に数十メートル離れた雑木林の中で発見。県警は、弘輝君の首に残る絞められたあとから、携帯電話を首に下げるストラップ(ひも)が凶器とみて捜査しており、薫容疑者は「自分が捨てた」と認めているという。

   =2008/09/22付 西日本新聞夕刊=  

 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」

小1殺害容疑母逮捕 「育児悩み、悲観」 遺棄容疑も 犯行認める供述 福岡県警(西日本新聞) - goo ニュース 2008年9月22日(月)17:30

男児殺害容疑、母親逮捕 「最初は殺すつもりなかった」(朝日新聞) - goo ニュース

福岡の小1男児殺害で母親逮捕 「育児に悩んでいた」(共同通信) - goo ニュース

第三者の犯行に見せかけか 福岡市の小1男子殺害(共同通信) - goo ニュース

福岡・男児殺害 逮捕の母「面倒見るの大変」 自分は病弱 追い詰められ…(産経新聞) - goo ニュース
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントありがとうございます。

こっこさま

仰せの通りだと思います。
実体験されただけあって、警察の捜査の一方的な性格は良くご存じのようですね。

当ブログの藤里町畠山鈴香事件の連載(現在96回)もお読みください。
第1回目は以下のリンクです。
【“任意”で16時間の取調べで“自供”?】
http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/c3f5afc7e7adc03f4d36a2bdb96e54ce" target=_blank>http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/c3f5afc7e7adc03f4d36a2bdb96e54ce
この記事から順次リンクがつながっています。

  • 2008/09/25(木) 09:13:19 |
  • URL |
  • JUNSKY 開設者 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

真実ってなんだろう…

わたしもこの母親逮捕のニュースを聞いたとき、実は真っ先に感じたのが
「警察がでっち上げてはいないのか?」
でした。

他のニュースなどをあまり見ていないため、あくまで憶測にすぎません。
母親の事情、子どもの状態など、いくつか記事は読みましたが、
でも、それは犯行の証拠にはならないのではないのか?今回私が読んだ記事の中には、母親が犯人だと言うことを
裏付ける証拠が何一つ公表されていない。
報道されているのは「母親の自供」のみ。

この自供ってのが、どうにも怪しくて…

実は私の主人は以前に喧嘩の被害者として警察に取り調べを受けたことがあります。
こちらは完全な被害者でしたが、無口で強面の主人に対して、加害相手の男は、「主人にボコボコに殴られて仕方なく刺した。」
を主張し、結局主人もは有罪です。
(こちらが病院から被害届を出すまでの間に、加害者の男も顔をぼこぼこに腫らして(どうもそうらしい…)病院に行き、
診断書をとっていたらしいのです)

もちろんこちらも喧嘩?についてのいきさつを事細かに何度も説明したそうです。主人はビンタを一発したのは認めていました。
でもいくら主張しても、警察は相手の話をうのみにし、都合の良いように調書を作り、それは裁判所でも同様でした。
結局目撃証言もないまま、「喧嘩両成敗」で罰金10万円。。。

日本の警察の検挙率は世界有数、と聞き及びますが、はたして警察が勝手に事件を解決させている例はないのだろうか。
それ以来、この疑問がつねについてまわっています。
「警察関係者の家族が軽犯罪を犯しても、内部でもみけされて罪にならない」ということも聞いたことがありますし。

いづれにせよ、今回の事件の犯人が誰であれ、私たちはマスコミの報道を聞いてその事件を知った気になります。
残念ながら「ほらやっぱり母親が犯人」と感じる人も多い現代社会の中で、私たちは本当に警察の発表だけを聞いて
信じてしまって良いのでしょうか?
マスコミの取り上げ方一つで、事件の印象ってがらりと変わります。それに踊らされてよいのか?
本当の真実とは、何なんでしょうね。。。

  • 2008/09/25(木) 06:03:34 |
  • URL |
  • こっこ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1065-706f41c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)