FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

戦争敗北 降伏63周年

 今日は、日本軍が第二次世界大戦(太平洋戦争)で、連合軍に降伏するとの天皇の詔勅が放送されて(すなわち敗戦を認めて)から63周年であった。

 NHKでは、「レイテ島の戦い」を再構成して、何故そのような無謀で「絶望的な戦いを強いられたのか」「なぜ人々は無残な死に方をしなければならなかったのか」と問う番組を放映していました。(今、丁度終わりました)

 この番組でも、レイテで戦死ないし餓死・病死した兵士が97%にもおよぶことを紹介し、その僅かな生還者や米兵にインタビューする形で、補給も無しで死の戦いを強要する日本軍の無計画性や残虐性を伝えていた。

NHKスペシャル 【果てなき消耗戦 証言記録 レイテ決戦】 は、 ここをクリック

 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」
****************************

首相、靖国参拝見送り 中韓両国への配慮した形(共同通信) - goo ニュース

**************************

NHK番組ページ より

 昭和19年秋フィリピン中央部レイテ島で、太平洋戦争の一大転換点となる決戦が行われた。戦いに投入されたのは日米両軍合わせて30万人以上。現地住民を含め10万もの命が奪われた。とりわけ日本軍は全兵力の97%にあたる8万人という大きな犠牲を払うことになる。その悲惨な戦場を生き抜いた人々が今回、重い口を開いた。

レイテ島を決戦の場とした日本軍は、アメリカ軍が弱体化しているという誤った戦況判断の下に、兵站を軽視した杜撰な作戦を立てていた。そのため一線で戦う兵士たちはアメリカ軍の圧倒的な火力にさらされ、弾薬や食糧の補給もないままに無念の死を遂げていく。間違いに気づいた後も日本軍は作戦を改めず、兵士たちは銃剣を手に敵陣地に突入する「斬り込み」という無謀な戦法を命じられるようになる。一方アメリカ軍も砲撃などを強め、そうした中で多数のレイテの住民が巻きこまれ、命を落としていった。

番組では、日米両軍の元兵士、現地のレイテ住民や対日ゲリラなど、生存者の証言を広範に収集。今もなお戦場の傷の癒えない日米比三国の人々の生々しい証言から、餓死や同士討ちまで起き、徒に多くの人命が失われた過酷なレイテ決戦の実態にせまる。 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1021-84cd4969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)