FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

イベント自粛の経済損失 3カ月で3兆円に! 日本政策投資銀行(DBJ)発表!

2020年6月29日(月)

日本政策投資銀行が試算した、#新型コロナウイルス感染対策での
この3カ月のイベント中止による損失は、日本全体で3兆円に及ぶと言う。

NHKニュースや報道ステーションなどでも、今夜一斉に報道された!

例えば、劇団四季は一年間の公演数3000公演の1/3が休演になった
とのこと。 それをグラフにしたものが、この下の図

Siki_Chusi-Kouen-Graf-01.png

以下は、関連する記事。

イベント自粛の経済損失、3カ月で3兆円に
  @展示会とMICE 2020年6月29日より

(引用)
政府系の金融機関である日本政策投資銀行(DBJ)は6月25日、
新型コロナウイルスによるイベント等自粛の経済的影響を発表した。
3月から5月までの全国での経済損失を3兆円と推計。

音楽・文化イベントやフェスティバルといったエンターテインメントは
中止・延期1万3,821件で損失額2兆6,459億円、

プロスポーツイベントは中止・延期1,150件で損失額2,688億円、

国際会議や展示会といったMICEは中止・延期235件で
損失額1,109億円だった。

損失需要は合計1.6兆円で、日本イベント産業振興協会(JACE)が
発表しているイベント市場消費規模17兆円の約1割に相当。

経済損失額3兆円は東京五輪延期による経済損失の5倍弱に相当する。
また、中止・延期となったイベント全体の雇用者誘発数は116万5,000人だった。

都道府県別では最大損失額は東京の直接効果約2,700億円、
波及効果約5,100億円。
次いで大阪が直接効果約1,300億円、波及効果約2,500億円となった。

調査では3月から5月に中止・延期となった主要イベントを対象に産業連関表を用いて推計。
仮に開催されていれば発生したであろう経済波及効果を経済損失額とした。

DBJでは今後のイベントについて、ソーシャルディスタンスを保つため観客数を絞る必要があり、コロナ前の観客水準には戻らないと想定。
オンライン型イベントへのシフトが進むものの、交流人口が増えず地域活性化につながらないため、現地に来なければできない体験などが重要であるとしている。



新型コロナ イベント中止・延期の経済損失を推計 3兆円余
 NHK-2020年6月29日 4時33分

20200629_NHK-01.jpg

(引用)
新型コロナウイルスの影響で
音楽やスポーツなどさまざまなイベントが中止や延期になり、
経済的な損失は先月までの3か月間で3兆円余りに上ると、
政府系の金融機関が推計しています。

日本政策投資銀行はことし3月から5月に全国各地で中止や延期になった
イベントが開かれていたら、観客の宿泊費、飲食代、会場の使用料、
それにスタッフの人件費などでどれくらいの波及効果があったかを推計し、
それを経済的な損失としました。

自治体などが主催する地域のまつりは3か月の間に
1116件が中止や延期になり、1兆7411億円の損失になったとしています。

また、音楽ライブや演劇などの中止や延期は
1万2705件で損失は9048億円。

プロ野球やJリーグなどのプロスポーツは、
1150件で損失は2688億円になるとしています。

さらに、国際会議や展示会などの中止や延期による損失も含めると
全体では3兆256億円に上ると推計しています。

このあと7月と8月は例年イベントの開催が多くなるため、
中止や延期が続けば損失はさらに膨らむとみています。

日本政策投資銀行地域企画部の北栄階一課長は
「プロスポーツなどでは再開の動きが出ているが、しばらくは観客数を少なくする対応が取られるため以前のような経済波及効果は得られないと予想される」
 と話しています。




スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済