FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

幽霊会社に持続化給付金769億円委託 実際は電通に丸投げ

2020年6月4日(木)

 幽霊トンネル会社には電話も呼び鈴も無い 当に「幽霊会社」だった!

 何で「持続化給付金」などの事務手続きだけで769億円も掛かるのか?

 有り得ないだろう?

 おまけに、769億円の中の20億円は実態の無い幽霊会社が中抜き!

 こんな怪しい会社に国民のお金769億円も託すとか、大丈夫か?

【幽霊トンネル会社 「サービスデザイン推進協議会」】

2016年に社団法人として発足し、総勢21名の基盤も怪しい会社に
国民のお金を流し、中抜きさせる。

 自民党の宣伝を一手に引き受ける電通や竹中平蔵氏が役員を務めるパソナ
に仕事を流すための仕掛け。

 安倍晋三政権はアベノマスクにしろ給付金の実務にしろ政策の全てを
『安倍友』団体に仕事を回し、謂わば『言い値』でボロ儲けさせている。


西日本新聞 2020年5月31日付紙面切り取り

20200531_Nishinippon-05.jpg

   **********


持続化給付金「電通のトンネル法人に769億円で発注」で
 経産省との癒着疑惑… それでもワイドショーは電通タブーで報じず

 リテラ - 2020.06.01 09:22

 
   **********

入札額黒塗り、政府「公表しない」
 持続化給付金委託問題 野党ヒアリング詳報 -

 毎日新聞:宮原健太 -2020年6月1日 20時52分

(記事から)
 新型コロナウイルスで打撃を受けた中小企業などに最大200万円を給付する持続化給付金を巡り、国が769億円で委託した法人「サービスデザイン推進協議会」の実体の乏しさを追及する野党合同ヒアリングが1日、国会内で開かれた。野党側は、2社入札のうち1社の入札額が黒塗りとされているなどとして入札情報の開示を求めたが、政府側は「私どものルールに基づき公表しない」などと応じず、議論は平行線をたどった。

 原口一博氏 大変な状況なのに(持続化給付金が)届かない。協議会に朝、視察したら呼び鈴もなければ、電話もない。769億円ものお金を、このようなところがやっている。犯罪に近いのではないか。怒りにふるえた。笠原英一代表理事は給付事業をやったということを知らなかったと言っている。なぜ知らないのか。天下りまがいのものがいろんなところにあるんじゃないかと疑う。
 渡辺周氏 今日11時に現地に伺った。中小企業庁からはテレワークで全員出払っていて誰もいないと。現地に行って、建物2階の協議会行きましたが、呼び鈴すらない。張り紙がしてあって、全く無機質な入り口があって、人が仕事をしている様子もない。持続化給付金を手に入れることができれば廃業しなくてすんだ人たちがいる。巨額な事業費用を委託する団体。なにより20億円が団体に入り、その後、再委託されている。
(以下略)



*****************

ほぼ全部再委託
 持続化給付金事業 電通などへ

 しんぶん赤旗 - 2020年6月3日(水)


EZjnJ69U8AAPRCU.jpg

(引用)
 国の持続化給付金の事務事業を769億円で受託した一般社団法人サービスデザイン推進協議会が実際に得るのは1・7億円で、受注額の99%以上が大手広告代理店の電通とその関連企業などに再委託・外注されていることが2日、分かりました。

 経済産業省が禁じる「全部再委託」にあたる恐れもあり、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い苦境に陥った中小業者や個人事業者を支援する事業費用が、大手企業に流れている疑惑が浮かび上がった形です。

 同日、国会内で開かれた野党合同ヒアリングで明らかになったもの。

 ヒアリングで経産省が配布した資料によると、同協議会が得るのは▽人件費1・2億円▽事務機器のリース料などで0・5億円の計1・7億円です。
 同協議会から電通には749億円で再委託されています。同社は、コールセンター業務や申請サポート業務などを、電通ライブなど子会社5社に外注していました。

 さらに電通ライブからは、竹中平蔵氏が会長の大手人材派遣会社パソナ、大日本印刷、IT業のトランスコスモスなどに外注されていました。

 また同協議会は、みずほ銀行に給付金振り込み手数料を払うなど、16・4億円を外注していました。
 経産省によると電通、電通ライブ、パソナ、大日本印刷、トランスコスモスはいずれも、同協議会を構成する企業。同協議会の従業員は、これらの企業を中心とした出向社員計21人です。構成企業が国の委託料を分け合った形で、同協議会の実態が問われています。

 ヒアリングで野党議員は経産省がガイドラインで禁止する「全部再委託」に当たるのではないかと指摘。経産省の担当者は「金額だけ見るとかなりの部分が再委託なのは間違いない」と述べました。
 日本共産党の笠井亮衆院議員は「給付金を受け取れていない申請者が多くいる。委託の過程にこそ不備がある。しっかりと検証するためにも、入札時の資料を出してもらわないと、国民の納得は得られない」と追及しました。



*****************


続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済