FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

ブルーインパルスの都心展示飛行は『ヤラセ』そのもの!

2020年6月2日(火)

 医療従事者に敬意を示すため、航空自衛隊の選りすぐりの
戦闘機パイロットで構成するアクロバット飛行隊【ブルーインパルス】が
自衛隊中央病院の上空を飛行してエールを交換したと言う。

 マスメディアは大旨無批判に『心温まる話』として伝えたようだ!

20200601_Mainichi_BlueImpulce-01.jpg
   自衛隊中央病院の上空を飛行するブルーインパルス。
   下は同病院のスタッフ=東京都世田谷区で2020年5月29日
  (病院の責任者から業務命令で屋上で歓迎を演じさせられた?!)

*************

ここからは、私の想いである!

ブルーインパルスの都心展示飛行は
河野太郎防衛相の独断で航空幕僚監部に指示した。

おまけにマスメディアが報道した歓迎する医療スタッフの姿は
自衛隊中央病院の人々に業務命令で?『ヤラセ』たものだった!

あらかじめブルーインパルスが真上を飛行することを知って
病院の責任者によって、スタッフを屋上に集合させて居なければ、
あれほどピッタリのタイミングの写真が撮れる訳がない。

おまけに、その時間帯にマスメディア各社を其処に
呼び込んでいなければGood Timing な撮影はできない!

そう、全て「ヤラセ」

自ら「ヤラセ」であることを証明したようなもの。
その場に動員されて(招待されて?)御同業と一緒に撮影し
無批判に歓迎報道するマスメディアもどうかしている。

特にNHKは『自衛隊中央病院の人々』であることを隠した!

敬意を示された医療従事者は、結果的に自衛隊中央病院の
人々だけであって、それ以外の医療従事者は知らなかった
だっろうし、自衛隊中央病院のスタッフにとっても迷惑な動員
だったに違いないと思う。 おまけに歓迎の恰好までさせられ!

この『ヤラセイベント』にどれくらいの費用が浪費されたのか?
その分、患者を受け容れている医療現場に回すべきだった。

必ず、検証されるべきである!

なお、戦闘機乗りの隊員は指令に従っただけであり罪は無い!



ブルーインパルス都心飛行「私が指示」
 河野防衛相がブログで明かす

 毎日新聞:田辺佑介 - 2020年6月1日 22時38分

(引用)
 河野太郎防衛相は1日付のブログで、航空自衛隊のアクロバット飛行隊「ブルーインパルス」を都心上空に飛行させたのは、自身の指示だったことを明らかにした。5月29日の記者会見では発案者について問われたが「やるということが大事なのでプロセスはどうでもいいだろうと思う」と明らかにしていなかった。

 河野氏はブログで、プロセスを明らかにしないことや、飛行を都心上空に限ったことへの批判などが寄せられたとし、「私から、航空幕僚監部に対し、医療従事者への敬意と感謝を示すためにブルーインパルスを飛行させることができないか検討するよう指示を出した」と明かした。その結果、全国の医療従事者に感謝を示すために首都である東京上空を飛行させる案が示され「その通り実施するよう指示した」と説明した。会見で説明しなかった理由については言及していない。

 ブルーインパルスは29日昼、6機が都心上空を約20分間にわたって白いスモークでラインを引きながら飛行。
多くの医療従事者や市民らが見守った(この最後の一節は忖度報道の典型!引用者注)。
【田辺佑介】




スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済