FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

黒川検事長への処分は森法務大臣からの【訓告】と言う超超軽い『処分』

2020年5月21日(木)

#黒川検事長の懲戒免職を求めます
#黒川検事長 #懲戒免職 #賭けマージャン

 東京高検の黒川弘務検事長が緊急事態宣言が出されている中、
新聞記者らと賭け麻雀をしていた問題で、黒川検事長は辞表を提出。
「軽率すぎる行動で猛省している」などとするコメントを公表。
(TBSニュースから要約)

(以下の画像は、5月21日23:00 からの【NEWS23】のテレビ画面を
スマホで撮影し編集したもの(なので多少歪んでいます;笑)

 週刊文春オンラインで文春砲に撃たれた黒川検事長は辞職を決め
森法務大臣から安倍晋三総理に報告され即刻受理されたらしい。

20200521_NEWS23_Kurokwawa-Jisyoku-07.jpg


 安倍晋三は相変わらず「総理大臣として当然責任ある。」
とか何とか言いながらも全く責任を取ろうとはしない。
 前にも書いたが、安倍晋三は「責任を痛感している」と発言すれば
責任を取ったことになると思っているようだ!

20200521_NEWS23_Kurokwawa-Jisyoku-08.jpg


 いわゆる『3密』と云う『感染クラスター』が発生しやすいマージャンを
『緊急事態宣言』が発せられ、小池百合子・東京都知事が外出自粛を
懇願して、人との接触をできるだけ避けるように都民に要請しているさ中、
おまけに、、賭博罪に問われる金銭を賭けた #賭けマージャン を
行っていた訳だ。

20200521_NEWS23_Kurokwawa-Jisyoku-10.jpg

 それも産経新聞2名・朝日新聞1名と黒川氏の同じメンツで月に数回
#賭けマージャン を行って、一人1回あたり数千円から数万円の支払い
(勝ち負けにもよるだろうが)になっていたそう。

 それを産経と朝日の社内調査結果から紹介すると・・・

20200521_NEWS23_Kurokwawa-Jisyoku-13.jpg

20200521_NEWS23_Kurokwawa-Jisyoku-14.jpg

20200521_NEWS23_Kurokwawa-Jisyoku-15.jpg

 まさに違法な賭博行為を違法な『閣議決定』で定年を延長され
安倍晋三にとって「使い勝手が良い検事総長」に昇進させる予定の
『検察ナンバー2』が行っていた訳である。

 一般庶民が #賭けマージャン をやっていたのとはレベルが違うだろう!

 それなのに、下された『処分』は、森まさこ法務大臣からの【訓告】と言う
超超軽い処分だった。

20200521_NEWS23_Kurokwawa-Jisyoku-05.jpg

 「常習賭博」は人事院規則では「停職処分」相当だと言うが。

20200521_NEWS23_Kurokwawa-Jisyoku-17.jpg

 懲戒免職になるに充分な罪状だと思われるのだが、一番軽い「懲戒」にも
ならないものであり、退職金も受け取れるらしい。

 退職金を受け取れば6000万円だとのこと。(報道ステーション情報)

 以下、黒川検事長の弁明(あまりにも無責任で許せない)
20200521_NEWS23_Kurokwawa-Jisyoku-11.jpg
20200521_NEWS23_Kurokwawa-Jisyoku-12.jpg

「報道された内容は一部事実と異なる部分もありますが、緊急事態宣言下における私の行動は緊張感に欠け、軽率にすぎるものであり猛省しています」「検事長の職にとどまることは相当でないと判断した」



日本共産党・志位和夫委員長の怒りの談話!

20200521_NEWS23_Kurokwawa-Jisyoku-20.jpg
20200521_NEWS23_Kurokwawa-Jisyoku-21.jpg
20200521_NEWS23_Kurokwawa-Jisyoku-22.jpg
  (この志位和夫委員長の記者会見画像も【NEWS23】のものです)

****************

以下、私の facebook 投稿へのリンク

今夜(2020年5月21日)の
 NHKーNEWS9 画面切り取り

 2020年5月21日(木) 22:00


今夜(2020年5月21日)の
 KBC【報道ステーション】画面切り取り

 2020年5月21日(木) 23:00


今夜(2020年5月21日)の
 RKB【NEWS23】画面切り取り

 2020年5月21日(木) 23:50


****************

【関連記事】

賭け麻雀問題で辞表提出の黒川高検検事長
 「猛省している」コメント公表

 TBSニュース - 2020年5月21日(木) 20:31

 東京高検の黒川弘務検事長が緊急事態宣言が出されている中、新聞記者らと賭け麻雀をしていた問題で、黒川検事長は辞表を提出したうえで、「軽率すぎる行動で猛省している」などとするコメントを公表しました。

 森法務大臣は21日夕方、総理官邸で安倍総理大臣と会談した後、記者団の取材に応じました。森大臣は、「黒川検事長が緊急事態宣言下の今月1日と13日に、報道機関関係者3人と金銭を賭けた麻雀を行っていたことが分かった」と、法務省の調査結果を明らかにしました。黒川検事長は辞表を提出し、辞表は22日の閣議で承認されるということです。

 また、黒川検事長はコメントを発表。「報道された内容は一部事実と異なる部分もありますが、緊急事態宣言下における私の行動は緊張感に欠け、軽率にすぎるものであり猛省しています」としたうえで、「検事長の職にとどまることは相当でないと判断した」としています。

 一方、朝日新聞社と産経新聞社は、新たに調査結果などを明らかにしました。朝日新聞社は、麻雀をしていた社員が聞き取り調査に対し、「緊急事態宣言が出ていた4月にも2回、5月とあわせると4回金銭をかけて黒川氏と麻雀をしていた。4人はこの3年間に月2、3回程度の頻度で麻雀をしており、1回の麻雀で勝ち負けは1人数千円から2万円くらいだった」「軽率な行動をとったことを深く反省している」と話したということです。

 また、産経新聞社は、記者2人が「数年前から複数回にわたって賭け麻雀をしていた」と話したとしたうえで、「賭け麻雀は許されることではなく、緊急事態宣言が出されている中で、極めて不適切な行為でもあり深くお詫びする」とコメントしました。




スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済