FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

引続き【#検察庁法改正に抗議します #検察庁法強行採決に反対します】

2020年5月14日(金)

 連日の【#検察庁法改正に抗議します】で恐縮ですが
SNS上での抗議行動は野党を相当勇気づけ与党を揺さぶっています!

 これらのニュースは、民放のニュースだけではなく、NHKも報道。

夕刊紙だけではなく、一般紙やローカル紙も連日取り上げています。

以下は、そのほんの一部の記事です。

こちらは今日の西日本新聞の記事から


20200514_Nishinippon-02.jpg

20200514_Nishinippon-03.jpg


     **************

“官邸の守護神”黒川検事長の黒歴史 安倍官邸擁護に暗躍8年
 日刊ゲンダイ - 公開日:2020/05/13 13:00

 20200514_NikkanGendai_KurokawaHiromu.jpg


渦中の黒川検事長 要職歴任も「政界近過ぎ」指摘
 日刊スポーツ(共同)-2020年5月14日21時42分
  @nikkansportsさんから

 東京高検の黒川弘務検事長(63)は法務省の要職を歴任し、早くから検事総長候補の一人として名前が挙がっていた。与野党ともに太いパイプを持ち、法務省所管の重要法案成立に貢献する一方、政界との距離が近過ぎるとの指摘も受けてきた。司法修習同期の検事には優秀な人材が多いとされ、中でも名古屋高検の林真琴検事長(62)が総長レースの本命との声が、法務・検察内部では根強かった。

 黒川氏は東大卒業後の1983年に任官。若手時代は東京地検特捜部で四大証券事件などの捜査にも関わったが、経歴の大半は法務省勤務。刑事局の課長や秘書課長といった枢要ポストを歴任した。

 検察史上最大の不祥事とされる大阪地検の証拠改ざん隠蔽(いんぺい)事件が2010年に発覚した直後には、松山地検検事正から法務省大臣官房付に急きょ異動。通常は1~2年程度の検事正の任期を2カ月で切り上げ、事件の沈静化に奔走した。

 その後、官房長を経て事務次官に。17年の通常国会では、過去に何度も廃案となっていた「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法の成立に貢献した。19年1月に東京高検検事長に転出するまで、政治家との接点が多い官房長と事務次官を計7年半近く務めたのは歴代最長とされる。

 同じ司法修習35期は、東京、大阪両地検の特捜部長や、多くの検事長を輩出。人事課長や刑事局長など法務省の要職を務めた林氏も総長候補と目されてきた。林氏を本命視する声が強かった一方、国会対策など黒川氏の組織への貢献を支持する意見もあった。
現在の稲田伸夫検事総長(63)の定年は21年8月。法務・検察では、今年7月定年の林氏にポストを譲るため、稲田氏の早期退任が有力視されていた。だが、黒川氏の今年2月の定年が同8月に延長され、稲田氏の退官時期にも注目が集まっている。
(共同)



若狭勝氏、同期の黒川氏は「自ら辞めるのでは…」
 日刊スポーツ-2020年5月13日18時40分

(部分引用)
「官邸の守護神」呼ばわりされる黒川氏とはどんな人物なのか。
35期司法修習生として同期だった若狭勝元東京地検特捜部副部長(63)に聞いた。(以下略)




信頼に傷、総長も黒川検事長も「辞職せよ」 堀田力さん
 朝日新聞:聞き手・酒本友紀子-2020年5月14日 5時00分



元検事総長らが定年延長に反対
 法務省に意見書提出へ

 共同通信 - 2020/5/14 13:16 (JST)



続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済