FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【日本の指導者 国民評価最低】5%(海外メディア調査)

2020年5月9日(土)

今日の西日本新聞の紙面のコラム記事から

#新型コロナウイルス感染 対応は世界最低の評価!

コロナ対応 国際比較
 【日本の指導者 国民評価最低】

 安倍政権の対応を「高く評価」した人の割合は僅か5%!

海外メディアによる調査結果は日本メディアと全く異なる!

安倍政権のコロナ対応に対する評価:5%に比して
中国:86%、ベトナム:82%、ニュージーランド:67%。
最下位の日本は、下から2番目の香港:11%の半分未満。
下から3番目のフランス:14%。
ダントツの『Worst1』である。


20200508_Nishinippon-08.jpg



安倍晋三は世界から馬鹿にされている。

おそらく『 盟友』トランプやプーチンからも馬鹿にされているだろう。

調査した23ヶ国平均の40%を大きく下回る僅か5%の評価。
その5%とは、#新型コロナウイルス対策 への日本政府の
対応を高く評価する日本人の反応。23ヶ国中、最下位

この調査はシンガポールとフランスの調査会社がオンラインで
共同して実施したとのこと。

安倍政権に忖度しない海外メディアが、日本も含む各国市民に対して
行った調査結果が、日本のメディアの世論調査のトレンドと全く異なる
ことは、極めて興味深いし、実態を反映していると思われる!


【関連記事】

コロナ対応に海外から批判続出 政府、発信力強化に躍起
 朝日新聞デジタル - 2020年5月7日 19時33分

(部分引用)
NYタイムズに「驚くほど無能」 論評掲載
英BBC「日本は検査数を増やさないと、パンデミックの終結はかなり困難」
ハンギョレ新聞(電子版)「安倍首相は韓国の防疫の成功を無視し、軽んじていた。日本政府とマスコミは当初、自国の対応を自画自賛した」
     **********
 新型コロナウイルスへの日本政府の対応について、海外から批判が相次いでいる。特にPCR検査数の少なさに対する指摘が続出。実際にはもっと感染が広がっているのではないかと疑問視されている。外務省は今年度補正予算に24億円を計上。発信力の強化に躍起になっている。



緊急事態宣言延長に基準などなかった?
 日刊スポーツ/政界地獄耳 - 2020年5月9日8時43分

(引用)
★首相・安倍晋三が4日に発令した5月末までの緊急事態宣言延長の評判が悪い。「収束への1カ月」と言いながら「長期戦を覚悟」という矛盾をはらんでいるし、海外からの批判はPCR検査数の少なさに対する、実際にはもっと感染が広がっているのではないかという疑問だ。専門家たちは取りこぼしはないと防戦一方だが、東京を例にとれば3日は399人に検査して感染者91人、4日は219人して87人。5日は109人して58人。分母を見ずに100人を切っても意味はない。陽性率でいえば40%以上だ。都知事・小池百合子は8日の会見で、陽性率の計算の仕方が違うとかわし、むしろ「陽性率とは」を、国の専門家会議に求めた。

★6日夜、ネット番組に出演した首相は「今月半ばをめどに専門家から意見を聞き、宣言を解除するか判断する意向を改めて示したうえで、判断にあたっての基準を専門家に依頼して作成する」とした。そうなると4月の緊急事態宣言を発令する時の基準も、4日の延長宣言にも基準などなかったことになる。翌7日には官房長官・菅義偉が会見で畳み掛けるように「今月14日の時点で、専門家が判断すれば、東京や大阪などの『特定警戒都道府県』であっても解除することは可能」だという考えを示し、早期緩和の可能性を強く打ち出した。

★国民民主党・小沢一郎はツイッターで「5月末は『宣言は解除するが引き続き自粛はしてください』。おそらくそんなところ。『募ったが募集はしていない』と同じ」「補償・支援が嫌なだけ。担当大臣はついに『知事の裁量』などと逃げ始めた」とし、「科学的判断なき闇雲な解除では何も変わらず、とことん経済が追い込まれ、本格的な復興が無理になる」と指摘した。最終的に東京都が封じ込められるかどうかに、焦点は移りつつある。加えて警戒解除に官邸が引きずられている状況にも、不安が残る。こんな漂流の仕方で大丈夫なのか。(K)※敬称略




続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済