FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

#新型コロナ対策 緊急事態宣言期間を5月31日まで延長!

2020年5月4日(月)

 安倍晋三=自公政権は、当初5月6日までを期限に
#新型コロナウイルス感染対策 に関する『緊急事態宣言』の期間を
5月31日まで延長することを決めた。
 一方で地方の実情に応じて規制を緩和することができるようにした。
しかし、これはある意味地方丸投げの政策であり、国は休業補償を
一切行わないことを宣言したようなものである。

 安倍総理は
 「5月6日までの宣言の解除ができなかった責任は痛感している」
との趣旨は述べたが、一向に責任を取る気配はない。
 これまで、何度「責任は痛感している」などと言ってきたことか!
安倍晋三にとって責任を取るとは「責任を痛感している」と述べること
と思っているようである。

 そういう無責任な安倍政権に異議申し立てでもするかのように
地方自治体は厳しい財政状況の中でも休業補償を行っている。
 もちろん、1団体当たりの給付額は大きくは無いが心意気が重要!

 話は変わるが、感染防止に決定的役割を果たす【PCR検査】の
10万人当たりの実施数で日本は当に桁違いに少ないことを
専門家会議の 尾身茂副座長が他人事のように述べた。

政府の専門家会議は、
人口10万人あたりのPCR検査数は、
日本では先月29日の時点で188件となっていて、
イタリアの3159件、
アメリカの1752件など、
他国に比べて明らかに少ない
という認識を示しました。


専門家会議、PCR検査「明らかに少ない」
 TBSニュース - 2020年5月4日

20200504_News23-01_PCR.jpg


 また、安倍総理は何度もPCR検査を2万件まで増やすと
言ってきたが全く実現できていない。

 5月4日夜の記者会見で安倍晋三が『目詰まり』を認めたと言うが、
聞いていると都道府県など現場の対応が悪かったかのように
責任転嫁している印象を受けた!
 安倍政権が厚労省管轄の検査機関や医療機関の再編成と
称するダウンサイジングで人減らしを行ってきたことや
感染症への対策が韓国と比べても遥かに意識も実態も
低レベルであったことが主たる原因であるとの反省は無い!
 また、予算措置も終息後に1.7兆円も用意しているのに
検査・医療体制の充実強化には、その1割も宛てていない。
 「やる気がなかった」と言われるのは当然である。

 それが実現できていないことについて『目詰まり』していると言って
現場の責任に転嫁する態度で、きちんと予算措置もしていない
自らの責任には口を拭った!


新型コロナ:PCR検査の目詰まり、首相認める
 対応遅れが出口の壁に 

 日本経済新聞-2020年5月4日 23:19

20200504_Nikkei-01_PCR.jpg

 『目詰まり』しているのは安倍政権そのものである!

 政府の最高責任者も専門家会議の責任者も、まるで他人事のようで
真剣さ、そしてやる気が感じられない!



続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:COVID-19 - ジャンル:政治・経済