FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

毎日新聞【「汚れた桜」取材記者が語り尽くす】

2020年2月11日(火)

 子どもでも容易に判る稚拙な言い逃れを続ける安倍晋三とこれを守る官僚たち

 新聞各紙も国民の関心に応えて、取材を終息することなく頑張っている。

 毎日新聞は、ここまでの取材で得た確たる情報を取りまとめて本を出版。 
その題名は「汚れた桜『桜を見る会』疑惑に迫った49日」(毎日新聞出版)

 この出版を記念してWEB記事でも【「汚れた桜」取材記者が語り尽くす】
との記事を2月9日から11日まで3日連続で『前編・中編・後編』として連載。

 有料記事なので、リード部分しか読めませんが、毎日新聞取材班の
意欲を示すものとして、そのリード部分を引用して紹介します。

     **************


20200209_Mainichi-SAKURA-02.jpg
   (写真も毎日新聞当該記事よりコピペ;以下同様)

「脱法内閣」と言わざるを得ない三つの理由
 「汚れた桜」取材記者が語る/前編

 毎日新聞 - 2020年2月9日(日)23時38分

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の問題を描いた書籍「汚れた桜 『桜を見る会』疑惑に迫った49日」(毎日新聞出版)の発売を記念して1月29日、毎日新聞統合デジタル取材センターの記者と読者が交流するイベントが東京都渋谷区の「BOOK LAB TOKYO(ブックラボトーキョー)」で開かれた。斉藤信宏センター長と、取材を担当する江畑佳明、大場伸也、吉井理記の3記者がラジオDJ・ライターのジョー横溝さんの司会で取材の経過や内幕を語り、参加者の質問に答えた。主なやりとりを前編・中編・後編の3回に分けて詳報する。
前編はどんな問題意識で取材をしているかなどについて。
【統合デジタル取材センター】



20200209_Mainichi-SAKURA-03.jpg


在籍していたからこそ分かる記者クラブの内実
 「汚れた桜」取材記者が語る/中編

 毎日新聞 - 2020年2月10日(月)23時50分

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の問題を描いた書籍「汚れた桜『桜を見る会』疑惑に迫った49日」(毎日新聞出版)の発売を記念して1月29日、毎日新聞統合デジタル取材センターの記者と読者が交流するイベントが東京都渋谷区の「BOOK LAB TOKYO(ブックラボトーキョー)」で開かれた。斉藤信宏センター長と、取材を担当する江畑佳明、大場伸也、吉井理記の3記者がラジオDJ・構成作家のジョー横溝さんの司会で取材の経過や内幕を語った。
詳報の中編は記者クラブ制度など取材のあり方について。
【統合デジタル取材センター】



20200209_Mainichi-SAKURA-01.jpg

首相と記者の会食をどう考えるか
 「汚れた桜」取材記者が語り尽くす/後編

 毎日新聞 - 2020年2月11日(火)17時00分

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の問題を描いた書籍「汚れた桜『桜を見る会』疑惑に迫った49日」(毎日新聞出版)の発売を記念して1月29日、毎日新聞統合デジタル取材センターの記者と読者が交流するイベントが東京都渋谷区の「BOOK LAB TOKYO(ブックラボトーキョー)」で開かれた。斉藤信宏センター長と、取材を担当する江畑佳明、大場伸也、吉井理記の3記者がラジオDJ・ライターのジョー横溝さんの司会で取材の経過や内幕を語った。
詳報の後編は権力との向き合い方と会場との質疑応答など。
【統合デジタル取材センター】






スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済