FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

京都市長選挙・福山和人さん惜しくも勝利できず!

2020年2月4日(火)

 2月2日に投開票された京都市長選挙では、私たちが応援していた
福山和人さん惜しくも勝利できず!

20200125_YamamotoShii_inKyoto-01.jpg

20200202_Kyoto-C-01m.jpg

 しかし、投票率が40.71%となり、前回から5.03%上がったことと
無党派層と若い層からの支持が高かったことに僅かに救いが・・・

20200202_Kyoto-C-100.jpg

無党派層の投票先は福山氏最多38% 
村山氏30%・門川氏26%、京都市長選出口調査

 京都新聞 - 2020年2月2日(日) 22:18配信

 2日投開票された京都市長選で、京都新聞社は投票所30カ所で投票を済ませた計1583人に出口調査を実施した。
 全体の3割近くを占めた無党派層の投票先では現職門川大作氏が26・4%にとどまり、38・7%が新人福山和人氏、30・6%が新人村山祥栄氏をそれぞれ支持したことで混戦となった。
 最も重視した政策には「高齢者福祉・医療」を選んだ人が最も多く、このうち4割が門川氏を支持した。

 
 社民党支持層のほぼ100%(下のグラフには掲載されていない)、
立憲民主党支持層の45%・国民民主党支持層の23%が
それぞれの府連が推す門川氏ではなく、福山候補に投票したとのこと。
これらの党は、自民党・公明党に相乗りして選挙には勝ったが
政治的には事実上大敗(退廃)した。


20200202_Kyoto-C-101.jpg

【日本共産党・京都府委員会の声明】 から引用
 福山候補は、日本共産党・れいわ新選組支持層を固めるとともに、無党派層の中で1位の38.7%を獲得し、立憲民主党支持層からも1位の45.4%、社民党支持層から100%の支持を獲得しました。
 また、市長選挙では初めて選挙権を得た18歳・19歳の5割近くを獲得し、さらに、「子育て・教育」を争点として重視した有権者の5割近くが福山候補に投票したと報道されています(京都新聞)。
 この得票結果は、今後に生きる大きな成果です。



 一方、山本太郎さんにとっては、厳しい結果だったと言えるだろう。
 戦略の立て直しが必要になるかも。
 前回市長選の際は当然れいわ新選組は存在せず
いわゆる共産系候補が、非共産系候補に千票未満まで肉薄した
と云う話もあり、れいわ新選組の支援で勝てる見通しもあった。

20200202_Kyoto-C-102.jpg
 れいわ新選組は左下のグラフ (グラフは京都新聞の出口調査から)

【山本太郎】(れいわ新選組代表)
「福山和人市長の誕生は叶いませんでした。
 演説で何度も心打たれました。ありがとうございました!」

 門川陣営は卑劣な「京都に共産党の市長はNO」の新聞広告を
出して政策論争から逃げ、公明党本部が先頭になって「反共攻撃」
一辺倒の汚い選挙戦を展開した。

京都市長選挙・門川大作陣営の『違法』広告と
 公式サイトに有名人の名前と画像無断使用!

 JUNSKY blog - 2020年1月29日(水)


 この選挙、党本部が関わったのは公明党だけであり、立憲民主党
国民民主党、社民党はもとより自民党も京都府連推薦だった。

 直前に第28回党大会を開催して京都市長選挙の必勝を
誓った日本共産党にとっても厳しい結果だったと言えるだろう。

次のたたかいにつながる結果
 京都市長選 小池書記局長が会見

 しんぶん赤旗 - 2020年2月4日

 日本共産党の小池晃書記局長は3日、国会内で記者会見し、2日投開票された京都市長選で福山和人候補(日本共産党・れいわ新選組推薦、新社会党・緑の党府本部支持)が現職市長を相手に大健闘したと述べ、「ご支持いただいた市民のみなさん、ご支援をいただいたすべてのみなさんに心から感謝したい」と表明しました。

 その上で、「福山和人さんという最良、最高の候補を擁立し、政策づくりでも、幅広い市民との共同という点でも最善のたたかいができたとあらためて確信を持っている」と述べました。

 また、福山候補のもとに市民から次々と寄せられる声から、「くらし応援すぐやるパッケージ」などさまざまな政策を発展させるなど、「文字通り『市民との共同の選挙』となった」と強調。京都新聞の出口調査でも、無党派層の投票先では福山氏が最多の38・7%と、現職市長の26・4%の1・5倍の支持を得たことになると指摘し、「これは次なるたたかいにつながる結果だ」と述べました。

 小池氏は、「日本共産党としても、福山候補が掲げた公約をこれから京都市議会などで実現していくために全力を尽くしていきたい」と表明しました。

 小池氏は、京都市長選最終盤の1月26日に現職市長陣営から、一部新聞に「共産党の市長は『NO』」という政策抜きのレッテル貼り、古色蒼然(そうぜん)たる反共ヘイト広告が出されたのは「断じて許されないことだ」と改めて批判。「この広告に対し、即座に広範な市民が反撃に立ち上がり怒りの声を上げた。そして相手陣営も、その後再び同じような宣伝ができなくなった。選挙を汚す時代遅れの反共攻撃はもはや通用しないということが示された」と指摘しました。

 さらに小池氏は、「国政では共闘している政党の府連組織が、このような広告に名を連ねたということは大変残念だ。わが党としては許容できないということを表明したい」と述べました。

 記者団から、問題の広告に名を連ねた政党への抗議などのアクションは取らないのかと問われたのに対し、小池氏は「記者会見の場で『許容できない』と表明することは、大きなアクションだ」「私たちは、市民と野党の共闘を前進させるという大方針のもとにいま取り組んでおり、この共闘をさらに前進、発展させるためにこういう態度表明を行った」と説明しました。

【声明】京都市長選挙結果について
 2020年2月3日 日本共産党京都府委員会


     ************

こちらは、京都新聞、KBS京都、毎日新聞、共同通信の出口調査から


20200202_Kyoto-C-201_Mainichi.jpg

 2日投開票された京都市長選は、現職の門川大作氏(69)が有効投票の45・09%(21万640票)を得て4選を果たした。

 新人で弁護士の福山和人氏(58)は34・60%(16万1618票)、新人で元市議の村山祥栄氏(41)は20・31%(9万4859票)の得票率で、合わせると54・91%に上る。

 投票率は40・71%で、前回から5・03ポイント上がった。

 毎日新聞が市内の投票所30地点で実施(1583人が回答)した出口調査の結果と合わせ、有権者の投票行動や各候補の得票状況などを分析した。
調査は京都新聞、共同通信、KBS京都と協力して実施した。
毎日新聞2020年2月4日 地方版



     ************

こちらは、NHKの出口調査から

20200202_Kyoto-C-08m.jpg

20200202_Kyoto-C-07m.jpg

20200202_Kyoto-C-04m.jpg

     ************

れいわ山本太郎氏支援候補敗れ現職4選 京都市長選
 日刊スポーツ - 2020年2月2日23時15分

任期満了に伴う京都市長選は2日投開票され、自民、立憲民主両党など与野党5党が相乗りで支援した現職門川大作氏(69)が、共産党とれいわ新選組が推薦する弁護士福山和人氏(58)ら2新人を破り、4選された。
福山氏の応援には、れいわの山本太郎代表が複数回応援に入り、京都で固い支持基盤を持つ共産党も志位和夫委員長ら幹部が全面支援したが、永田町では対立する与野党の相乗り構図を崩せなかった。現職陣営は「大切な京都に共産党の市長は『NO』」と過激な新聞広告を打つなどネガティブキャンペーンも展開、政策論争は影を潜めた。投票率は40・71%で、前回を5・03ポイント上回った。

 


続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済