FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

日本共産党・第28回党大会 2日目(1/15) 代議員の討論始まる

2020年1月15日(水)

 日本共産党・第28回党大会

 2日目を迎え代議員の討論が始まりました!

 最初に討論に立ったのは何と不破哲三さん。
2004年の綱領改定の際に中心的役割を果たした立場から
当時の綱領での世界情勢、特に中国の位置づけと現在の
状況の変化について解明されました。

【討論:不破哲三「発達した資本主義国での社会変革は、
 社会主義、共産主義への大道である」:約18分】


 続いて討論に立ったのは、『桜を見る会』を国会で取り上げて
安倍晋三首相を追及した田村智子参議院銀(副委員長)。
野党連携があったからこそ、ここまで大きな問題に展開できた様子を
短い時間の中で簡潔に表現されていました。

【討論:田村智子『桜を見る会』:約9分】


     *****************

 討論の前に山下芳生副委員長から第2議案の報告が行われました。


【第2議案『党建設』の報告:約45分】


 きのうの党大会開会を取り上げた、しんぶん赤旗記事から

世界の本流に立って日本社会の「豊かで壮大」な未来開こう
 野党連合政権実現を掲げて日本共産党第28回大会始まる
 野党がスクラム 3党2会派1ゲスト6氏あいさつ

しんぶん赤旗-2020年1月15日(水) 

20200115_JCP-28CG-01.jpg

(前略)
 来賓あいさつでは、立憲民主党の安住淳国対委員長、国民民主党の平野博文幹事長、社民党の吉川元幹事長、沖縄の風の伊波洋一代表、碧水会の嘉田由紀子代表、ゲストの中村喜四郎衆院議員の6氏が登壇し、志位和夫委員長と握手を交わしあいさつを行いました。760人の大会代議員、117人の評議員は、熱のこもった一人ひとりのあいさつに「ウオー」という大きな歓声と拍手で応え、登壇者とともに小池晃書記局長の発声で「団結がんばろう」を三唱しました。
 あいさつで安住氏は「国会運営や国政選挙で一体感のある共闘を進めていけば、自然とその先に政権が見えてくる」、平野氏は「志位委員長が触れられた、立憲主義回復、格差解消、多様性の三つの柱は、日本の国を変えていく大きな指針になる」、吉川氏は「9条を無視する安倍政権をみんなの力で倒そう」、伊波氏は「あきらめないこと。これが勝利の方法だと沖縄県民は確信している」、嘉田氏は「政権交代の枠組みを地域から、みなさんの足元の一人ひとりの地方自治、草の根からつくろう」、中村氏は「次の総選挙で小選挙区100議席を勝つには日本共産党の力がなければ絶対に勝てない。力を合わせよう」と訴えました。
 大会には11カ国の大使、外交官が出席。志位委員長が綱領一部改定案について、小池晃書記局長が第一決議案について中央委員会報告を行いました。


20200115_JCP-28CG-02.jpg

20200115_JCP-28CG-03_Azumi.jpg

昨日の挨拶と報告から

【第28回党大会の志位委員長の開会あいさつ、
 野党会派のあいさつ:約1時間10分】


【志位和夫委員長の綱領一部改定案についての報告:約1時間40分】


【第28回党大会第一決議案についての小池晃書記局長の報告:約1時間】





スポンサーサイト



テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済