FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

市民連合と立憲野党4党1会派の意見交換会が開催されました!

2019年11月19日(火)

 市民連合と立憲民主党、国民民主党、日本共産党、社会民主党、
衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の野党幹事長・書紀局長ら
との意見交換会が19日、国会内で開催されたようです。

 市民連合は、れいわ新選組にも呼び掛けたそうですが、山本太郎さんは
北陸ツアー真っ最中で他の議員や候補も調整がつかなかったとのこと。 


市民連合と5野党、衆院選に向けた共闘を議論 2019.11.19


立憲民主党からの情報です
*************
市民連合と意見交換 共通政策ベースに継続協議を確認
立憲民主党 - 2019年11月19日(火)

 立憲民主、国民民主、共産、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」、社会民主の野党幹事長・書紀局長らと市民連合との意見交換会が19日、国会内で開催され、立憲民主党から福山哲郎幹事長が出席しました。
 冒頭、司会進行の市民連合の福山真劫さんから、れいわ新選組の山本太郎代表との関係について、10月1日の山本代表との意見交換では、野党が市民連合と結んだ13項目の政策合意を踏まえていくことを確認するとともに、消費税問題については継続審議することになったと報告。同日は参加を呼びかけたが、山本代表が福井で活動していること、他の議員についても調整がつかなかったことから欠席となったと状況を説明しました。
 市民連合の山口二郎さん(立憲デモクラシーの会)は、安倍総理の通算の在職日数が同日2886日となり、これまで憲政史上最長だった桂太郎氏と並んだことに触れ、「こういう恥知らずな安倍政権が史上最長となることは2010年代に生きるわれわれにとって最大の恥辱だ。一日も早く終わらせるためにあらゆることをしなければいけない」とあいさつ。
 2015年末の発足から2回の参院選挙を経たいま、野党結集の触媒の役割を果たし、安倍政権を終わらせるという大きなテーマに向けて野党とともに頑張っていく再規定を行ったとして、「次の衆院選挙に向けて議論を続けていくなかで、日本のもう一つのあり方、より良い日本社会のイメージを市民の側から提起する、あるいは参院選挙の前にご賛同いただいた13項目の政策をさらに進化させる作業に取り組んでいく」と表明しました。
 具体的には11月30日に全国交流会を開き、各地で運動している団体を集めて議論をしていく」と表明しました。
(以下略)





スポンサーサイト



テーマ:政治 政党 市民 投票 選挙 政治参加 - ジャンル:政治・経済