FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【国民民主党の稲富修二衆議院議員と話す会】 市民連合ふくおか主催

2019年9月16日(勤労感謝の日)

 「市民連合ふくおか」では、立憲主義に立つ野党各党の現職議員に
【話を聴く会】を計画し、9月8日に 立憲民主党の山内康一衆議院議員
の話しを聴いています。

 今回は国民民主党の稲富修二衆議院議員に話しを聴きました。

福岡市中央市民センター・視聴覚室にて
2019年9月16日(祝) 18時30分〜20時30分

 次回は10月5日同時刻に日本共産党の田村貴昭衆議院議員
の話を福岡市中央市民センター・視聴覚室にて聴く予定です。

     ***********

 以下に、【いなとみ修二衆議院議員と話す会】の要綱を報告します。

およそ 2時間に亘る集いでしたが、重要な点は以下のようなことでした。
(引用者注:私の判断が含まれています。 文責:引用者)

【テーマ】 「市民連合ふくおか」から提起
市民連合と5野党・会派の「13項目の政策合意」への
稲富議員の見解わかれば国民民主党の見解について

【以下、いなとみ修二衆議院議員から】


20190916_SiminrengoF_Inatomi-Hearing-01.jpg
      写真:会場と冒頭発言の様子


☆ 参院選に向けて【市民連合】と4野党1会派が締結した
  13項目合意事項は、公党の党首が署名したものであり、
  色々言う人が居るが現在も有効だと思っている。

☆ 衆議院選挙は政権選択の選挙であり参議院選挙とは少し趣が異なる。
  政権を意識した合意事項にして行くべきであり、細部の政策ではなく
  大きな処で合意することが重要。
  市民連合ふくおかの『3項目の目標』の方向性の方が良いと思う。

☆ 私は元々二大政党制を目指すべきであるとの考えから活動して来た。
 (引用者注:立憲民主党の山内康一議員は「二大政党制」には否定的)

☆ 今回の参議院選挙の低投票率に関連して
  「野党の何処に投票すれば良いのか」
  「投票してどうなるんだ?!」との声を何百回と頂いた。
  どのようにして今の安倍自民党政権に変わり得る状況を作るかが課題。

20190916_SiminrengoF_Inatomi-Hearing-02.jpg

☆ 私は市民連合との13項目政策合意の中では9番を重視したい。

引用者注:13項目政策合意から引用
(9)この国のすべての子ども、若者が、健やかに育ち、学び、働くことを可能とするための保育、教育、雇用に関する予算を飛躍的に拡充すること。


☆ 2009年の政権交代に至るまでの3年3ヶ月の与党の経験は
  ネガティブ面も含めて大きいものがある。
  政権を維持することが如何に重要で困難なことか。

☆ 国民の過半数支持を得る為には、今の政権を倒す為に
  一致点を見付けて大同団結する必要がある。

☆ 参議院選挙では棲み分けで勝利する処も有ったが、
  それだけでは政権を獲得できない。

福岡2区の小選挙区で勝利して再び議員を務めさせて頂きたい。

(予定通り30分で冒頭発言終了)

20190916_SiminrengoF_Inatomi-Hearing-03.jpg


【質疑応答】 から重要な部分の回答を追記
 (順不同:引用者にて関連事項を取り纏め)

☆ 公教育の再生をして人・先生、予算を投入しないと表面的な政策では
  問題は解決しない。 塾の費用を補助するとかは逆行である。
  消費税の1%を投入するだけで国立大学の授業料はゼロにできる。
  障害者福祉には1%掛からないで負担を無くせる。

☆ 民主党政権の大きな失敗の1つが役所との付き合いだった。
  政権維持の為に、どの省庁と人脈や関係を築いて行くかが大事。

☆ 原発政策:国民民主党は新設増設はしないで2030年までにゼロに
  して行く方向で、私もより現実的にこの方向で行きたい。

☆ 消費税:れいわさんは消費税を5%と言われておりその点は合意できる。
  「れいわ新選組」も次の衆議院選挙は5%で良いとの立場だと思う。
  (引用者注:消費税を5%で一致できると言うのは大きな前進だと思う)
  消費税のキャッシュレス減税は「金持ち優遇政策」である。
  保育料減免など様々な分野で「金持ち優遇政策」が摺り込まれている。

☆ 日韓関係:日韓関係は、安倍政権ではうまく行かないのは明瞭。
  日韓関係をうまくやって行くのは極めて大切。
  こんな事をやっていて本当にどうなるのか?
  韓国を叩いても何の得るところも無い。
  政権交代して韓国を訪問して話し合う事が大事。

☆ 解散・総選挙の時期:与党により有利な処で、サプライズのある処で、
  野党の準備が整わない時点で解散もあり得る。
  年内、年初、四月までなどのあらゆる可能性に対処しなければならない。
  (引用者注:山内康一さんは来年オリンピック前後とゆったり気味?)  

☆ 野党連携:国民民主党と立憲民主党が先ず纏まるのが先決だ。
  その上で共産党や れいわ さんとの協力関係を築けるか?
  消費税の問題と原発の問題は政党間で調整が必要。
  様々な相違点を含めて最大限尽力して行きたい。

☆ 原則と妥協の問題:日々苦闘している点。
  優先順位を大枠で決めて原則を失わない。
  市民連合の13項目政策合意はこの通りで良い。
  これで纏まれれば『野合』で良いでは無いか?(拍手あり)
  自民党と公明党には距離があるが、それを野合とは言わない。
  野党側が協力すると「野合だ」とマスメディアも言う。
  一方でマスコミは如何に違うかを殊更強調して誇大広告する。

質疑応答タイムの様子
20190916_SiminrengoF_Inatomi-Hearing-04.jpg

以下、詳細は(続きを読む)を御覧ください。


【今後の日程】
2019年10月5日(土)18時30分〜20時30分
 福岡市中央市民センター・視聴覚室にて

田村貴昭・衆議院議員(日本共産党)





続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:政治 政党 市民 投票 選挙 政治参加 - ジャンル:政治・経済