FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

韓国との関係を最悪にしたヘイト韓国の首領=安倍晋三

2019年8月30日(金)

 この問題の根源は大日本帝国による
朝鮮半島の植民地支配と『労務者』や『慰安婦』を
拉致同様の手段で強制的に働かせたことにある。
 そして、それを心から反省せず『日韓条約』など
様々な条約や『合意』で抑え込んできた『戦後支配』
にある。
 それが現在も「徴用工」や「慰安婦」問題として
後を引いているのである。
 これらの方々への個人的損害への補償権は
無くなっていないことは日本政府も知っている。
 それを無かったことにしようとしているのが
安倍晋三政権である!


文大統領「過去の過ち反省を」 歴史問題で日本批判
 日本経済新聞 - 2019/8/29 12:01

20190829_Nikkei-01.jpg


[日経社説]日韓は今こそ冷静な対応を
 日本経済新聞【社説】 - 2019/8/15 19:00


韓国大統領「日本が対話なら協力」
 光復節で批判抑制

 日本経済新聞 - 2019/8/15 10:52

20190815_Nikkei-01.jpg

 韓国政府は【光福節】での文在寅大統領の演説で日本との対立の
トーンを落とし、不毛な対立を解消する契機としようとしていた。

 マスメディアも『軟化姿勢』に注目したが、安倍政権は気付かない振りを
して、韓国側のシグナルを『見逃した』。

 報道によると、韓国政府は光福節を機に対立の解消に向けたメッセージを
水面下で安倍政権に伝えていたが安倍政権が敢えて無視したようだ。

 この外交センスのない安倍政権の失礼な態度に接した文在寅大統領は
昨日の演説では怒りを抑えながらも厳しい言葉を安倍政権に返した。


━━━━━━━━━━━━━
 毎日新聞ニュースメール
 2019年8月30日(金)朝

━━━━━━━━━━━━━

「日本、正直になれ」文大統領、強硬姿勢を復活

■注目ニュース■

 韓国の文在寅大統領は29日の閣議で、日本による一連の輸出規制強化について「日本は経済報復の理由すら正直に明らかにせず、言葉を変えながら合理化しようとしている」と非難した。また、「歴史問題に対する態度も正直でない」とも主張。対日強硬姿勢を復活させた形だ。



▽文大統領 強硬姿勢を復活
 経済、歴史問題で日本に「正直になれ」

 毎日新聞 - 2019年8月29日 20時08分(会員限定有料記事)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は29日の閣議で、日本による一連の輸出規制強化について「日本は経済報復の理由すら正直に明らかにせず、言葉を変えながら合理化しようとしている」と非難した。また、「歴史問題に対する態度も正直でない」とも主張。日本の植民地支配からの解放を記念する8月15日の光復節演説では対話を呼び掛けた文氏だが、対日強硬姿勢を復活させた形だ。

 文氏は「正直」という言葉を3回、「率直」を2回使いながら、10分余の発言時間のほぼ半分を対日批判に…
(以下略;会員限定有料記事)



続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:国際政治 - ジャンル:政治・経済