FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

中期防(2019〜2023年)で護衛艦『いずも』を空母化 F35Bを搭載!

2018年12月13日(木)

 護衛艦『いずも』を「空母」化し、F35Bを42機・新規購入して搭載。
 F35A型も63機・新規購入。

 先だっての日経の記事通り、F35は合計105機も新規購入。147機体制に!

 2019~23年度の中期防衛力整備計画(中期防)の予算総額は27兆4700億円
 安倍晋三ファシスト独裁政権により「軍事国家化」が歯止めなく進む!

    ********** 

‪今後5年分の防衛費総額 過去最大に 「空母化」など盛り込み ‬
‪NHKニュース ー 2018年12月13日(木)‬
‪ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181213/k10011745111000.html‬
(記事引用省略)
201812152004028ea.jpg


「多次元統合防衛力」 防衛大綱、与党に提示
 日本経済新聞 - 2018年12月13日 9:45
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38869290T11C18A2MM0000/

201812132241221b0.jpg

 政府は13日、防衛計画の大綱(防衛大綱)の基本概念を「多次元統合防衛力」とする方針を固めた。宇宙、サイバー、電磁波を扱う電子戦の能力を高め、陸海空の自衛隊が一体で対処する統合運用を進めることを意味する。2019~23年度の中期防衛力整備計画(中期防)の予算総額は27兆4700億円とする。
(中略)
 中期防の決定に合わせ、すでに配備しているF35Aと今後導入するF35Bを合計で105機買い増す方針も打ち出す。Bは短い滑走で離陸して垂直着陸ができる。内訳はA型63機、B型は42機とする。F35は将来的に147機体制になる。

大綱には護衛艦「いずも」を改修する事実上の「空母」化も盛り込む。いずもの甲板を戦闘機が離着陸できるよう改修する。戦闘機を常時搭載しない、と与党は文書で確認する。政府が戦後掲げてきた専守防衛を逸脱しないと強調する狙いだ。搭載する戦闘機として想定するのはF35Bだ。

20181213224123b1e.jpg


弾道ミサイルなどの発射前に敵の拠点を攻撃する「敵基地攻撃能力」は明文化を見送る。
(⇒ 『明文化』を見送るが、実態としては「敵基地攻撃能力」を有することに!)



【関連記事】


‪「いずも」にF35B搭載 政府、防衛大綱明記へ調整:‬
‪日本経済新聞 ー 2018年11月26日 21時30分‬
‪https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38205390W8A121C1PP8000/‬

‪F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B ‬
‪毎日新聞 ー 2018年12月13日(木)‬
‪https://mainichi.jp/articles/20181213/k00/00m/010/063000c‬


続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済