FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

『教育勅語』は当時 誰もが腑に落ちる言葉を並べて誘導するもの!

2018年10月4日(木)

 またもや新しく文部科学大臣になった右向き閣僚から
『教育勅語』の徳目を現在の教育に導入しようとする発言が・・・

そのお方は、文部科学大臣に起用された柴山昌彦。自民党衆議院議員

安倍内閣:柴山文科相、教育勅語「普遍性持つ部分ある」
 毎日新聞 - 2018年10月4日 08時02分
 https://mainichi.jp/articles/20181004/k00/00m/010/185000c


 これに対して徳目の由来を論じたりしている人も居るが、
1945年以前の戦時の人々が軍国少年少女を育てた歴史こそ
振り返る必要があり、徳目の内容を批判しても始まらない!

今日の表題の
【『教育勅語』は当時 誰もが腑に落ちる言葉を並べて誘導するもの!】
としたが、これは見出しとしての長さを配慮したもので、言いたいのは
【『教育勅語』は当時の道徳基準からすれば、 誰もが腑に落ちる言葉を並べて
 後段に誘導し、『愛国主義』教育で軍国少年少女を育て戦争に駆り出す
 ためのもの!】 と言いたかった処!

私の facebook 投稿から
 

 「教育勅語」批判で顕著なのは、日本国憲法下の
現在の到達点から論じていることにあると思う。

 おそらく、制定当時には多くの国民がこれを受け容れて
毎朝唱和し暗記していったのではなかったのだろうか?
もちろん、私は当時生まれていないのでリアルタイムで
その状況に接した訳では無いが。
今も御健在の方々から是非当時の状況を聞きたいです。

 そして、多くの国民が受け容れてしまった主な原因が、
当時では当たり前の徳目を並べることで親の眼からみて
「この徳目を子どもたちに叩き込みたい」と思ったから
ではないだろうか?

 そして万人(?)が受け容れやすい徳目から説き起こす
ことで国民を納得させて洗脳し『天皇のために死ね』
という最終段に誘導して軍国少年少女に育てて天皇の
『国体を護る』(実際には特権階級の利権と軍需産業の
ボロ儲けのための)戦争に駆り出した!

 と云うのが当時の状況であり、「教育勅語推進派」の
狙いは、当然『徳目』の方では無くて『国体護持』に
命を投げ出してくれる「子供」を造り出すことにある。

以下のリテラでさえ上記のような当時の親の気持ちを
充分には捉えて論じていないように思う。

     **********



柴山昌彦文科相「教育勅語」復活は安倍政権の総意!
前川元次官も証言していた「教育勅語を使えるようにしろ」の圧力

 リテラ-2018年10月4日(木)
 https://lite-ra.com/2018/10/post-4293_5.html


【関連記事】

安倍内閣:柴山文科相、教育勅語「普遍性持つ部分ある」
 毎日新聞 - 2018年10月4日 08時02分
 

 柴山昌彦文部科学相は2日の就任記者会見で、教育勅語を巡って同胞を大切にするといった基本的な記載内容を現代的にアレンジして教えていこうという動きがあるとして「検討に値する」と述べた。「アレンジした形で、今の道徳などに使えるという意味で普遍性を持っている部分がある」とも語った。
  (以下略;有料記事)






  続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:戦争についての教育 - ジャンル:学校・教育