JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

北朝鮮対応 国務長官は対話路線を強調し トランプは武力攻撃の声を強め!

2017年8月2日(水)

 北朝鮮の『ICBM』は、北米全体を射程に入れていることを
アメリカ政府も認めたようだ。

北朝鮮ICBM 米本土の大部分に到達可能か 米政府分析
 NHK News WEB - 2017年8月2日 11時15分


 今回は、ロフテッド軌道と云う発射角度が高い軌道だったが(下図:NHKによる)

northkorea_provocation_movie_183.jpg

 これを、通常の『大陸間弾道弾:ICBM』 として飛ばすと、欧米の殆どが射程に入る。

northkorea_provocation_img_191.jpg

 このNHKニュースの後段では、トランプ大統領が北朝鮮に対する軍事的選択に
言及したとも伝えている。
 

アメリカの与党・共和党の対外強硬派として知られるグラム上院議員は1日、NBCテレビの番組で北朝鮮への対応をめぐってトランプ大統領と交わした会話の内容を明らかにしました。

それによりますと、トランプ大統領は北朝鮮がアメリカを標的にICBM=大陸間弾道ミサイルの開発を続けるなら北朝鮮に対して戦争を行う可能性に言及したということです。

グラム議員は「北朝鮮の開発計画や北朝鮮そのものをつぶすための軍事的な選択肢もありうる」と述べました。 



トランプ氏「北朝鮮のICBM続けば戦争になる」、
米共和重鎮議員が明かす 国務長官は「火消し」図る

 産経新聞 iZa - 2017.8.2 08:33


 万が一アメリカが北朝鮮に戦争を仕掛けたら韓国や日本が壊滅するだけではなく
欧米の殆どの範囲に反撃を行うだろう。 絶対に辞めて欲しい。

northkorea_provocation_img_05_2.jpg

 一方、同じNHKニュースで、ティラーソン国務長官が最終的には対話を通じて
問題を解決する考えも示したと云う。 

K10011084181_1708020844_1708020848_01_02.jpg

 ティラーソン長官は北朝鮮の体制転換などは求めていないと指摘し「北朝鮮にとってアメリカは敵ではなく、脅威でもないと伝えようとしている。いつか彼らがそれを理解することを期待し、そのうえで対話を行いたい」と述べ、最終的には対話を通じて問題を解決する考えも示し、北朝鮮が核・ミサイル開発の放棄に転じるよう促しました。



 米国政府も一枚岩では無いことが解った!

 尤も、このところの米国政権幹部の入れ替わり(任命・更迭・首切り)の激しさを
見るとトランプ政権は、全く安定感に欠ける『政権の体を為していない』
トランプ・ファミリー政治であることも良く解る。

specialcontents_60_1.jpg

 その、ティラーソン国務長官の発言に関する関連記事・・・

米国務長官 北朝鮮に圧力も対話による解決目指す
 NHK News WEB - 2017年8月2日 7時30分


 ただ、このニュースの後段でも、サンダース報道官の「軍事的行動も排除せず」
の一コマが掲載されている。 

北朝鮮への対応をめぐってアメリカ、ホワイトハウスのサンダース報道官は1日の記者会見で「目標は北朝鮮の核やミサイルの開発を止めることであり、われわれは最善の選択肢を探している。すべての選択肢がテーブルの上にある」と述べ、軍事的な行動も排除せず対応を検討する構えを示しました。 



specialcontents_57_2.jpg

ティラーソン米国務長官
 「北朝鮮の敵でない」 核放棄前提で対話

 毎日新聞 - 2017年8月2日 東京夕刊


米国務長官、北朝鮮に対話求める姿勢 転覆図らず
 朝日新聞:ワシントン=峯村健司 - 2017年8月2日09時56分


北ミサイル 「平壌に国務長官派遣を」米有力紙、直接対話促す
 産経新聞 iZa - 2017.8.2 08:02


     *****************

NHKによる、多数の画像も使用した極めて詳細なWEB特集が下記から読めます。

ニュース特設
緊迫 北朝鮮情勢

 NHK News WEB - 2017年8月2日更新






  続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

FC2Ad