JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

仏大統領選 極右・ルペン女史失速! 急進左派のメランション欧州議会議員が追い上げ!

2017年4月20日(木)

 フランスの大統領選挙は、今週末が最初の投票日だとのこと。

 長らく、この第1回目の投票で大統領が決まったことはなく、
いつも上位2候補による「決選投票」で事が決していると云う。

 この間、大衆的人気を集めてきた極右のルペン候補が、
この1週間ほどで徐々に失速し、世論調査での1位の座から転落!

 尤も、このような世論調査の『いい加減さ』は、トランプ大統領の
出現で明らかになった訳で、安心してはならないだろうが・・・
 イギリス(UK)のEU離脱も、離脱推進派さえ予測しなかった結果だし。

 ルペン氏の失速に対して、この処好感度が急伸してきているのが
急進左派のメランション欧州議会議員だという。
 アメリカ大統領選挙で、当初泡沫候補と見られていたサンダース氏が
クリントン国務長官・元大統領夫人と互角に戦ったことと似ている。

 支持層もサンダースの支持層と似通っていると云う。

France_President-Election_20170429-01.png
 3月(Mar)中旬から急上昇している朱色のグラフがメランション氏のもの
 一位との差は、僅かに2%。 これから上昇すれば逆転も!


ルペン氏失速、フランス大統領選は混戦に
 The Huffington Post 投稿日: 2017年04月20日 16時42分 JST
 執筆者: Geoffroy Clavel, Lydia O’Connor
 

 (前略)
 現在支持率が急上昇しているのはジャン=リュック・メランション氏だ。
 彼はポピュリストを自称し、アメリカ大統領選で旋風を巻き起こしたバーニー・サンダース上院議員と自身を重ね合わせている。
 保守系の統一候補フランソワ・フィヨン氏は妻や子供への不正給与疑惑でつまづいた。
 一時期支持率トップに立ったエマニュエル・マクロン氏は、元投資銀行員で過去には社会党に所属しており、オランド政権では2年間経済担当大臣を務めた。
 選挙戦の状況は劇的に変化してきた。一時はルペン氏が約3分の1の票を集めると見られていたが、ハフィントンポスト・フランス版の世論調査によると、現在は支持率で2位となっており、下位の2候補に対するリードもわずか3ポイントという状況に置かれている。
 「彼女は国民戦線所属の候補者として、大統領選での新たな記録を打ち立てることになるでしょうし、あらゆる選挙を含めても国民戦線にとっては歴史的な記録となるでしょう。しかし世論調査での彼女の勢いは衰えています」と、調査会社「Elabe」の政治研究部門責任者イヴ=マリー・キャン氏はハフィントンポスト・フランス版の取材にこう語った。
 「世論調査では、2月の時点でルペン氏の支持率は28%でしたが、現在は22〜23%。ルペン氏は選挙期間中に勢いをつけられていません」
 (以下略) 



 ただ、DIAMOND online の評価では、
極右のルペン と 急進左派のメランション が1・2位となって
決選投票に残った場合には、ルペンが勝つ可能性が高い
と想定している。

 欧州の現状が、ヒットラーが出てきた政治的背景と極似している上に
支持層も当時と似ているらしいので、恐ろしい展開が起こり得る?!

 以下のDIAMOND online の記事に依れば、この時点で
有力と言われる極右のルペンと
急進左派との間には僅か2%ほどしか差が無く、
いずれも20%前後の期待度
(私には、「支持率」とは言えない感じがする)
この差が、フランスの行く末の『大きな分かれ道』になるとは?
ナチスドイツの跳梁跋扈(この漢字、私は紙には絶対書けない)
を許したドイツの二の前になるのか?

     ************

仏大統領選はポピュリズムによる「新たなフランス革命」か
 田中 均 :日本総合研究所国際戦略研究所理事長
 DIAMOND online - 2017年4月19日
 

決選投票でル・ペン氏勝利も?
急進左派の急追で情勢緊迫
(以下、随時改行は引用者)
 今回の選挙では
極右国民戦線のル・ペン党首、
中道左派のマクロン前経済相、
右派共和党のフィヨン元首相、
左派社会党のアモン前教育相、
急進左派のメランション欧州議会議員
の5名が有力な候補者である。
最近の世論調査ではル・ペン、マクロンが肩を並べ、
フィヨン、メラションが追い上げているとされる。
 14日フランスの有力紙ル・モンドが報じたところによると、
ル・ペン、マクロンが22%で首位に並び、
メランションが20%、フィヨンが19%と僅差である。
これまでの予想ではル・ペン、マクロンが決選投票に残るが、
決選投票では極右を嫌う穏健勢力がこぞって
中道左派マクロンに投票するであろうし、
マクロンが大差で勝利するのではないかと見られてきた。

 しかし、ここに来て急迫している極左メランションがル・ペンと共に決選投票に残れば、ル・ペンが最終的に勝利する可能性があるというわけだ。

 こうした可能性を秘めたフランス大統領選挙の背景と影響について世界の趨勢の中で考えてみる必要があるだろう。脈々と流れていた反グローバリゼーションの勢いがポピュリストたちによって加速され、具体的形をとった最初の出来事は英国のEU離脱(Brexit)を決めた2016年6月の国民投票であった。これは11月の米国大統領選挙に引き継がれトランプ大統領の誕生となった。
(以下略:長いです) 



続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

FC2Ad