JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

民進党 東京都連を皮切りに逃亡ドミノ始まる! 小池新党に秋波!

2017年4月11日(火)

 民進党の長島昭久衆議院議員が、小池新党に合流する意欲満々で
民進党東京都連幹事長と云う重責と義務を投げ捨てて離党した!

蓮舫民進党の離党ドミノ深刻、不信マグマ爆発誘発も
 日刊スポーツ・中山知子 - 2017年4月11日9時42分


 日刊ゲンダイの記事 によると 

 民進党では、これまでに都議選の公認内定者36人のうち7人が離党届を提出。そのうち4人が小池知事が実質的に率いる地域政党「都民ファーストの会」から出馬する。
 もっとも、民進党より「離党ドミノ」が深刻なのは自民党だ。都民ファーストの公認予定者25人中11人は、自民党から移った都議や区市議。民進党よりも多い。 

      とのこと。 両党からの「逃散」は今後も続くだろう!

 小池新党と政策協定と選挙協力を結んだ公明党も含め、
彼らに共通するのは 『勝ち馬に乗る』 こと!
 尤も、都議選では 『勝ち馬』 に成るかならないかは不明だが、
都知事選挙や千代田区長選挙の結果や世論調査の傾向から
『都民ファーストの会』 を 『勝ち馬』 と見做すのは
ある意味当然の吸引力の為せる技。


 長島昭久衆院議員(55=比例東京ブロック)が民進党を離党するのは勝手で
民進党が除名処分に相当する「除籍」にしたのも当然の事であるが、
長島氏が、そこまで『道理』を通して『矜持』を示したいのであれば、当然のことながら
選挙区では落選したのに民進党の名前で比例復活した議席は返上するべきである。
 
 野田幹事長は衆議院議員辞職を求めたが、長島氏はこれを蹴ったと云う。

 議席を投げ捨てる覚悟も無いのに、党を裏切って都議選直前に寝返るなど
敵前逃亡そのものである。 戦国時代であれば「謀反」そのものである。

「考え方が違う」長島を説得できない「考え方」
 日刊スポーツ【政界地獄耳】(K) - 2017年4月11日


  日刊スポーツ【政界地獄耳】では、長島氏を説得できず、次々と小池新党に
乗り換える議員や候補者が続出する民進党執行部の能力にも疑問を!

長島氏離党の民進より深刻 自民都連「離党ドミノ」止まず
日刊ゲンダイDIGITAL ー 2017年4月11日


 一方では、自民党東京都連からも小池新党に向けて脱走するものも続出。
     【都民ファーストの公認予定者25人中11人は、
      自民党から移った都議や区市議。民進党よりも多い。】

 民進党も自民党も小池新党『都民ファーストの会』への流入が続いているようで
逆に言えば、『都民ファーストの会』そのもののスタンスに疑いも出てくる。

 都民第一どころか、選挙協力と政策協力を結んだ公明党や
自民崩れ・民進党逃亡組の思惑に政策が歪められる可能性が高い!

 その「都民ファーストの会」 が 『綱領』 を発表したらしいが、
これだけ手枷足枷に縛られていて実現可能なのだろうか?

「都民ファーストの会」6・1までに全候補決定へ
 情報公開の徹底などを盛り込んだ会の綱領も発表
 日刊スポーツ(共同) - 2017年4月11日20時27分
 

「都政の第一目的は、都民の利益を最大化すること。私たちは旧来の勢力にとらわれている都政を解き放ち、ちゅうちょなく東京を活性化し、行政力の強化を行う」など (毎日新聞記事から引用)


   「都民ファーストの会」の公式サイトは見付からず、
   「小池百合子政治塾」のサイトでも正式には掲載されていない!
   facebook サイトも見つからない!



続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:民進党 - ジャンル:政治・経済

FC2Ad