JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

籠池理事長が安倍昭恵付き『秘書官』谷査恵子さんに宛てた手紙を公式開示!

2017年4月4日(火)

 今日の【日刊スポーツ】に先日、日本共産党の大門議員が暴露して追究した
手紙の原本が政府側から公式書類(証拠)として提出されたとの記事が載った。

 森友学園の籠池理事長(当時)が、安倍昭恵の留守電に『御願い』を残し、
これに対して、安倍昭恵が谷査恵子・安倍昭恵付き『秘書官』に指示して
籠池氏からの「要求事項」を谷査恵子さんに問い合わさせた。
 これに対する返答を籠池氏が筆致も明瞭な手書きの手紙に記して
谷査恵子さんに送達した封筒と中身の依頼状が政府から公式に開示された
と云う話し。

なんか文章にまとめにくい経過 (笑)

170404_132047.jpg

 日刊スポーツの記事を引用すると以下の通り!

政府が籠池氏の手紙コピー公表
 賃借料などに触れる

 日刊スポーツ - 2017年4月4日9時45分
 

 政府は3日、大阪市の学校法人「森友学園」への国有地格安払い下げ問題に関し、籠池泰典前理事長が安倍晋三首相の昭恵夫人付だった政府職員に送った陳情の手紙のコピーを、参院予算委員会理事懇談会で公表した。

 籠池氏は、手紙の中で国有地について「半値で借りられたらありがたい」と、賃借料を半額とするよう求めているほか、学園側が行った立て替え払いへの支払いの遅れについて「ふりまわされています(原文ママ)」と不満を表明。
 賃借料の5割カットは、「安倍総理が掲げている政策を促進するため」としている。手紙のタイトルは「小学校敷地の件について (H27・10・26)」で、ノート2ページに書かれている。

 手紙を巡っては、先月28日の参院決算委員会で共産党の大門実紀史議員が独自入手したとして、内容を公開。手紙で籠池氏が要望したことはその後、すべて実現しているとして「(首相が主張する)ゼロどころか満額回答だ」と指摘した。 



     *************

こちらは、本日の日刊スポーツ【政界地獄耳】

170404_132410.jpg

「最大の抑止力は友人」に共感

 日刊スポーツ【政界地獄耳】 - 2017年4月4日9時29分

(後半から一部引用)
 先月(2017年3月)31日、政府は戦前・戦中の教育勅語について、終戦後の48年、衆参両院が排除・失効の確認を決議しているにも関わらず
「勅語を我が国の教育の唯一の根本とするような指導を行うことは不適切である」としたうえで
「憲法や教育基本法等に反しないような形で教材として用いることまでは否定されることではない」
との答弁書を閣議決定したり、
文科省も同日付の官報で「新学習指導要領」を告示し、中学の保健体育の武術の種目に
新たに戦前に学校の軍事教練に採用されていた「銃剣道」が加えられた。
 核廃絶に興味を示さず、戦前・戦中の軍事教練を取り入れるなど一体、この国は何を目指そうとしているのか。

 ★俳優渡辺謙はツイッターに
「1人の兵士も戦死しないで70年を過ごしてきたこの国。どんな経緯でできた憲法であれ僕は世界に誇れると思う。複雑で利害が異なる隣国ともポケットに忍ばせた拳や石ころよりも最大の抑止力は友人であることだと思う。そのために僕は世界に友人を増やしたい。絵空事と言われても」と書いた。同感だ。(K)

⇒ (引用者注:この数日の渡辺謙さんの『スキャンダル』は、
  著名人による政府批判への『口封じ』のひとつだろう!)



スポンサーサイト

テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

FC2Ad