FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

豊洲 『空洞化』 問題の『真犯人』が 石原都知事(当時)と各紙が報道

2016年9月17日(土)

 豊洲の地下空洞に溜まっていた水は、「雨水」由来ではなく、
地下から沁み出してきたものである可能性が極めて強くなった。

豊洲市場の地下空間にたまった水から微量のヒ素検出
 日刊スポーツ - 2016年9月17日0時58分


 日本共産党・東京都議団が先日の調査で採取し、分析機関に
成分分析を依頼していた結果を記者会見で発表。

Nikkan-Sports_20160917_Toyosu-JCPTK-01.jpg
     豊洲市場の地下空間にたまった水の検査結果を公表した
     共産党東京都議会議員団(撮影・日刊スポーツ:村上幸将)

 それによると、環境基準の4割に相当する、低くないレベルの「ヒ素」が
検出されたとのことで、雨水には「ヒ素」が含まれることが無いので、
地下に溜まった水は、地下から沁み出してきたものと推定される、とのこと。

     ***************

 東京瓦斯跡地に建設された豊洲市場予定地の地盤に猛毒の
「シアン(青酸)」や『脳を溶かす』有機溶剤のベンゼンなどが
環境基準の数百倍以上うわ回るレベルであったと言うが、こんな
処に生鮮食料品市場を移転しようと云う発想そのものが間違いであった
ことは改めて強調しなければならない。
 
 さらに、それを緩和するために4.5m程度の盛り土をして、盛り土の
浄化効果と、バクテリアなどによる解毒効果を見込んだ専門家の提言を
都庁が無視して、コンクリートの空洞にする(空洞化)と云う二重の
誤魔化しが今回の事件の発端である。

 また、昨日の当ブログで日刊スポーツ報道として引用した
石原慎太郎都知事(当時)『真犯人説』 を東京新聞をはじめ、
各メディアが追跡調査報道している。

 石原氏は自らが「都庁側に騙された」と被害者面をして逃げ口上を言っていたが
もはや、石原氏の『指示』で空洞化が動き出したことは確かなようだ。
 しかし、石原氏にこれを提言したのが誰なのかは、いまだ『伏魔殿』 の中!


豊洲新市場“盛り土案潰し” 真犯人は石原元都知事だった

 日刊ゲンダイ - 2016年9月15日


豊洲地下問題 コンクリ箱案「石原氏が検討指示」 当時の都幹部証言
 東京新聞 - 2016年9月16日 07時06分


豊洲盛り土問題で犯人が石原慎太郎だとわかった途端、
ワイドショーが一斉沈黙!「下から聞いただけ」も嘘だったのに
 リテラ:宮島 みつや - 2016.09.16.




**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 



続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:地方行政と政治 - ジャンル:政治・経済