FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

<琉球新報・社説>新聞週間 不戦の誓いを守るために

2015年10月18日(日)

 沖縄の新聞・【琉球新報】 と 【沖縄タイムス】 が「新聞週間」に寄せて社説を書いた!

【琉球新報】 は、2015年10月16日付けで
新聞週間 不戦の誓いを守るために
 琉球新報・社説 - 2015年10月16日 06:01


【沖縄タイムス】 は、2015年10月17日付けで
[新聞週間に考える 立憲主義と民主政治] 社会の分裂どう越えるか
 沖縄タイムス・社説 - 2015年10月17日 05:30
 

 沖縄県民の怒りは、もう止められない!

 ここでは、琉球新報の社説から佳境部分を抜粋して紹介します。 

 6月に開かれた自民党国会議員の勉強会で問題発言が飛び出したからだ。著名作家が「沖縄の二つの新聞はつぶさなあかん」と主張した後、出席議員が「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなることが一番だ」と述べた。

 政府に批判的な言論は統制したいという意思の表れだとしたら、むしろ沖縄2紙への褒め言葉と受け止めたい。 新聞の最も重要な機能は権力、なかんずく政府権力を監視することだと考えるからだ。 政府に対置する、市民にとっての「番犬」の役割である。

 沖縄の新聞が政府批判を強めるのはなぜか。言うまでもなく眼前に巨大な不正義があるからだあらゆる選挙で意思表示しても、議会が決議をしても、全てを踏みにじって政府が基地建設を強行するのは、民主主義に反する。戦時、地主を収容所に押し込めている間に土地を強制接収しておいて、「代わりを差し出さない限り返さない」と言うのは、やはり理不尽と呼ぶほかあるまい。

 沖縄の新聞が「番犬」の役割を十全に果たせているか、いささか心もとないが、権力の中枢自身が沖縄紙の批判を煙たがっているのなら、誇りに思う
監視・告発の機能を一層強めていきたい。 



 
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済