FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

東京の魅力を発信?1億3千万円も掛けて 新ロゴマーク 決定 早速パクリが発覚

2015年10月12日(月)

 舛添東京都知事が、先日・10月9日 に自信満々で
東京の魅力を発信するロゴマークを記者発表した、とのこと。

TOKYO_NHK-201510091858.jpg
東京の魅力を発信 新ロゴマーク決まる
 NHK - 2015年10月9日 19時00分


 尤も、ロゴマークとか云う大仰なものではなく、
東京都職員など素人でも出来る単なるレタリング

東京ブランド:ロゴで発信
 毎日新聞 - 2015年10月10日 東京朝刊
 

 「&TOKYO」は一般的な表現のため著作権に問題はないが、企業などがビジネスで使う場合は、各自で商標調査した上で都に申請するよう求める。ロゴは16日から都のホームページでダウンロードできる。

 都は国内外に向けたPRのため、外国人旅行者の男女が東京の体験を「&TOKYO」で表現する映像も作成。CNNテレビでCM放映するほか、都のホームページで公開している。

 都は8月までに国内外で商標登録を出願していたが、東京五輪のエンブレム問題が浮上したため、法律的な確認を慎重に重ねたという。 



 ところが、日を経ずして、又々 『デザイン・パクリ』 であることが判明!

 「CNNテレビでCM放映する」(毎日新聞)とか大丈夫か?!

 あるWeb記事が、この恥ずかしい事態を 【パクリンピック】
と茶化しているが、まさに言い得て妙!

tokyoolympic_logos.jpg

 その盗用元のロゴはニュージーランドの弁護士事務所だと云うから訴訟も必至!

tokyoolympic_logo.png
1億3000万円かけたオリンピック東京都ロゴ、全く同じものを
 ニュージーランドの弁護士事務所が使っているのが見つかって終了

 netgeek - 2015年10月12日


 この 【& TOKYO】 と云う単純なレタリングに東京都は1億3千万円も
博報堂に支払った(or 支払う)という! 

 経過を見ると、あのパクリ・エンブレムと全く同じ過ちを繰り返している。

舛添知事発表のロゴ、ネット上では「完全にパクリ」
 日刊スポーツ - 2015年10月12日(月) 9時41分


東京都ロゴ、仏ブランドと酷似か!ネット上で指摘広がる
 スポーツ報知 - 2015年10月12日(月) 7時5分


 どう考えても、この程度のレタリング(ロゴマークと云うほどのものでもない)
なら素人でも考えつくもので(おまけにコピペだったことまで判明)、
博報堂に1億3千万円も払った舛添東京都知事も金銭感覚が完全に
麻痺している。
 2500億円とか3千億円とかが話題になったので、1億3千万円は
1万3千円位の値打ち程度だと思っているのだろう。
 何しろTwitterのロゴが1800円で制作されたと云う話しだから。

TOKYO-Logo_etc.jpg
ナイキのロゴ4200円、Appleのロゴ0円、Twitterのロゴ1800円、
東京五輪ロゴ1億3千万円←最後のなんじゃこいつ!!!
 netgeek -  2015年10月11日


 なんで、こんな東京都職員が公務として考えられるような単純なレタリングに
1億3千万円も掛かったのかと言うと、『利権集団』「博報堂」に発注したから。
 発注した以上は類似デザインが無いかどうかの調査まで博報堂がするべき話し。
 佐野研二郎氏と同じような「コピペ」が発覚した以上、1億3千万円はビタ一文
支払うべきではないし、支払い済みなら返却を求めるべき。

 デザインを担当した博報堂の永井一史氏は奇しくも2020TOKYOオリンピック
・エンブレムの選考委員長だった永井一正氏の息子で、佐野研二郎氏と同じ
多摩美術大学で教鞭をとる教授仲間

 エンブレムの時から仲間内で仕事を回しながら出来レースのコンペを実施して
公正を装っていたと言われていた通りの「曰くつきの人選」ではないか?!

sanoken_connection L
オリンピックに向けて1億3千万円かけたロゴ、速攻でパクリが見つかる。
デザイナーは五輪エンブレムで炎上した博報堂の永井一史

 netgeek -  2015年10月10日


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済