JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

維新の党は、野党再編で『新党結成』の方向を向いているらしい。

2015年9月30日(水)

 日本共産党の志位委員長が 『国民連合政府』 構想を打ち出し、先週末から
各党を訪問して懇談や会談をしているが、維新の党・前代表・江田憲司 氏も
これに反応して記者会見したようである。

 新聞報道などを見ると、『解党』 して 『新党 』 を結成する方向とのこと!

     ****************

 維新の党は、野党再編で『新党結成』の方向を向いているらしい。
 しかし、この数年だけでも どれくらいの『新党』が誕生して
短命で夭折していったことか?!
 今は亡き『新党』が殆ど。
再編とか分裂とかなく無傷で残っている『新党』は無い!
 下記の維新の党も何度も集散・分裂を繰り返しており、
もうすぐ最大の山場の分裂を自ら目指している無節操さ!
 圧倒的な国民は『新党』には辟易しているだろう。
 いまは、戦争法を可とする閣議決定の無効化と
戦争法の廃止を目指した連立政権=【国民連合政権】
樹立の大目標を一日も早く国民に示して大きな受け皿
とすることが重要だと思う。

     **************

リメンバー9・19 ・・・
違憲立法が強行採決された日を忘れない!

 維新の党 前代表・江田憲司 - 投稿日: 2015年09月29日 09時42分



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

生活・小沢代表が共産・志位委員長と会談し『国民連合政権』構想に全面合意!

2015年9月29日(火)

 昨日の当ブログの記事
  【小林節さん VS 志位和夫・日本共産党委員長 の対論】 
   で 『続きを読む』 欄に追記した内容を、本日付け記事として再掲します。

 『続き』で紹介するには余りにも重大な出来事ですので別記事としました!

 日本共産党・志位委員長と「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢代表が
日本共産党が戦争法が可決された日に「中央委員会総会」を開催して決定した
『国民連合政権』構想について協議し全面的に合意した!画期的なニュースです。

 生活の党との会談前に社民党・吉田党首とも会談し方向性の一致を見たとのこと。

 【IWJ:岩上安身の Independent Web Journal】 が詳しく報道していました。

      ******************

【IWJ】 生活・小沢代表が共産・志位委員長と会談! (映像リンクあり) 

 「共産党としては、清水の舞台から飛び降りるどころではない、大胆な決断だっただろう」――。 

 2015年9月28日、日本共産党・志位和夫委員長との会談を終えた「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎代表は、安保法制廃止に向けた共産党の「3つの提案」について理解を示し、「自公に変わる政権を作るために力を合わせて頑張る」と語った。

日本共産党の3つの提案 ――

安倍政権打倒の闘いをさらに発展させること、
安保法制廃止に向けて共闘する野党で「国民連合政府」でつくること、
そのために野党が国政選挙で選挙協力を行うこと


 小沢代表は「共産党提案の3点は、基本的に理解を致します、と伝えました」と述べ、会談を振り返る。

 「特に共産党は、今まで全選挙区のほとんどすべてに候補者を立ててきた。その従来の方針をまったく転換して、安倍政権に変わる新しい政府を作るために力を合わせよう、という話です。その大胆な決断を高く評価します、というふうに申しあげました。事実、この共産党の方針転換は非常に大きな意味を持つものです」

 さらに、「我々も共産党に先を越された格好になっちゃったけど」と話し、「自公政権じゃ国民のためにならない、という人たちが力を合わせ、自公に変わる政権を作るために力を合わせて頑張る。今後、そのためにお互いに緊密に連絡を取り合いながら努力をしていきましょう、ということで今日の会談は終わりました」と報告した。

 小沢代表は、「一緒に政権を共にするのはハードルが高過ぎる」といった民主党・岡田克也代表などの意見について、「『連合政府』というのは、野党が力を合わせて選挙で勝ったうえでの話。共産党が『大義の旗』として連合政府を掲げることは、とやかくいう話ではない。あとは選挙協力して野党で過半数とったらそのうえで考えることだ」との見方を示した。

 また、「僕は従来から、『各選挙区すべてに候補者を立てるのは自民党の補完勢力に他ならない』と言ってきた」と重ね、「現実的に、野党で統一すれば国政・地方問わず、自公に勝るということは簡単な足し算でもわかる。選挙協力をするという決断をしたのは、共産党としては『清水の舞台から飛び降りる』どころではない、大胆な決断だっただろう」と述べ、共産党の提案を高く評価した。 



【IWJ】 共産党志位委員長・小沢共同代表(生活の党と山本太郎と仲間たち)
との会談を終えての記者会見
 (映像リンクあり)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/267454

2015/09/28 【速報】「小沢さんとは全面的な合意に達した。大変嬉しい」
――安倍政権打倒の共産党「3つの提案」で
   志位委員長と生活・小沢代表が会談
 

 日本共産党が示した3つの提案が、野党間で徐々に広がりをみせている。

 2015年9月28日、午後4時より、日本共産党の志位和夫委員長が、「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎共同代表と会談。3つの提案の主旨を説明し、協力を求めた。

 会談を終え、会見に臨んだ志位委員長は、「小沢代表からは、『共産党の提示した3点は私たちも理解を同じくした。特に、目的を達成するために、選挙協力を行うことは、(共産党の)従来の方針の大転換であり、その決断を高く評価する』と評価していただいた」と会談の様子を明かした。

 「小沢代表は、『安倍自公政権ではいけない。この政権では危ない。それを変えようとする勢力が大義のもとに、大同について、参院選、衆院選を闘えば、必ず国民の支持が集まると思う。今日の会談で、一層その思いを強くした』ともおっしゃっていた」

 そのうえで小沢代表は、志位委員長に対して「みんなが手を携えて、選挙に勝つという目的で自分も努力したい」と述べ、「今後も緊密に連携し、具体化のために努力していこう」と誓ったという。

 志位委員長は、「小沢さんとは、共産党の3つの提案に、全面的な合意に達したということで大変嬉しい、心強い結果だと思います」と手応えを語った。

 (取材:IWJ 城石裕幸、記事:原佑介) 



2015/09/28 【IWJ 速報】 「大きな方向性を共有できた」共産・志位委員長、社民・吉田党首との「野党結集」会談で手ごたえ
  「民主党とも引き続き信頼関係にもとづき話し合っていく」 (映像リンクあり)

 志位委員長は小沢代表との会談に先立ち、午後1時から社民・吉田忠智党首と会談。「大きな方向性を共有できた」と手応えをしめしていた。

 「戦争法廃止の国民連合政府で一致する野党が選挙協力を行う」とする提案を呼びかけている日本共産党の志位和夫委員長が、2015年9月28日、13時から社民党の吉田忠智党首と会談。その後、共産党本部で緊急記者会見を行い、「私どもの提案の方向性について全体的に共有できた」と手応えを滲ませた。
 「吉田党首からは、『たいへん大胆な踏み込んだ提案をいただいた。前向きに受け止めて、積極的な選挙協力ができるようにしっかりと議論を進めていきたい。様々な問題があるかもしれないが、連立政権の方向性についても賛同する』というご発言があった。引き続き協議をしていくことも確認した」——。

 (取材:IWJ 城石裕幸、記事:原佑介) 



社民・生活、協力に前向き=共産提案で協議継続
 時事通信 ー 9月28日(月)15時25分配信
 

  共産党の志位和夫委員長は28日、社民党の吉田忠智党首、生活の党の小沢一郎代表と相次いで国会内で会談した。
 志位氏が国政選挙での野党間協力と、安全保障関連法廃止を目的とする暫定的な連立政権構想に関する協議入りを求めたのに対し、吉田、小沢両氏は前向きに応じる考えをそれぞれ表明。引き続き協議していくことで一致した。
 席上、志位氏は来年夏の参院選に向け既に擁立を決めた1人区候補の取り下げも検討していることを説明。小沢氏は「(志位氏の)決断を高く評価する。手を携えて選挙に勝ち、政権を打ち立てる目的の実現に自分も努力したい」と強調した。
 吉田氏は「脱原発や格差是正、消費税再増税反対などの政策課題も共有できるなら、積極的に選挙協力を進める必要がある。連立政権をつくる方向性にも賛同する」と応じた。  



共産の選挙協力提案 社民と生活が前向きに検討
 NHK News Web - 9月28日 18時07分
 

 共産党の志位委員長は、社民党の吉田党首、生活の党と山本太郎となかまたちの小沢代表と相次いで会談して、安全保障関連法の廃止を目指した政権合意を結ぶことを前提に国政選挙での協力を提案したのに対し、吉田氏と小沢氏は前向きに検討する考えを示しました。

 共産党の志位委員長は28日、まず社民党の吉田党首と会談し、安全保障関連法の廃止を目指した政権合意を結ぶことを前提に、来年夏の参議院選挙などの国政選挙で、選挙区の候補者調整などを行うことを提案しました。
 これに対し吉田氏は、安全保障関連法の廃止や、憲法を守ることなどの政策課題を共有できるならば、積極的に協力を進めたいとして、共産党との選挙協力を前向きに検討する考えを示し、今後、両党で協議していくことを確認しました。
 会談のあと、吉田氏は記者団に対し、「『戦争法』の廃止や、安倍政権を1日も早く倒さなければならないという点は一致しているので、前向きに受け止めて、野党間の選挙協力を進めていきたい」と述べました。

 志位氏は続いて、生活の党と山本太郎となかまたちの小沢代表と会談し、小沢氏は「安倍政権を倒すためには、野党が結集していくことが必要だ」と述べて、共産党との選挙協力を進めたいという考えを示しました。
 小沢氏は記者団に対し、「共産党がすべての選挙区に候補者を立てるという従来の方針を転換したことは評価すべきことだ。安倍政権を倒すためにも大義の旗を立てて選挙を戦っていくべきだ」と述べました。


 一連の会談のあと、志位氏は記者会見で、「『戦争法』に反対した野党とできるだけ一緒にやっていきたいので、今後も真剣な話し合いをしていきたい」と述べました。 



     *****************

 民主党の岡田代表も25日の“Negative”記者会見から
一歩踏み込んだ“Positive”見解を 翌26日の記者会見で示しました!
岡田代表 共産党との選挙協力を模索
 NHK News Web - 2015年9月26日 19時12分
 

 民主党の岡田代表は「選挙で両党の候補者が重ならないようにすることは重要だ。お互いの信頼関係に基づいて話し合いをしていきたい」と述べ、与党に対抗するために、両党の選挙協力を模索していく考えを示しました。
 このあと、岡田氏は記者会見で、「共産党とは粘り強く議論していきたい。参議院選挙で野党が勝つという目標は同じなのでいい結論が得られることを期待している」と述べました。 



【IWJ】 民主党が難色を示す連合政府構想について
「そこまで腹をくくらないと国民の支持得られない」

 この部分は、民主党やマスメディアの対応についてのIWJからの質問に応える形で
今回の『国民連合政権』構想の理念に当たる重要な観点を説明しています。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


続きを読む

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

小林節さん(憲法学者) VS 志位和夫・日本共産党委員長 の対論

2015年9月28日(月)

 この対談は極めて大事な話がされていると思います。

 日本共産党を支持されているかどうかに関わりなく御覧ください!

TokoTonJCP_20150918.jpg

とことん共産党 今夜!
【小林節さん VS 志位和夫委員長】
「戦争法廃止へ日本共産党の提案――国民連合政府の実現を」
2015年9月28日(月)午後8時から

【小林節さん VS 志位和夫委員長】 YouTube 版 

 小林節さん(憲法学者・慶応大学名誉教授)をゲストに招き、志位和夫委員長が、今大きな反響をよんでいる「戦争法廃止の国民連合政府」についてとことん語りあいます。
ゲスト
小林節さん(憲法学者)
志位和夫委員長・衆議院議員
MC司会 小池晃副委員長・参議院議員、朝岡晶子さん 






 この収録に先立って行われた社民党、生活の党との党首会談では
日本共産党の提案に積極的な反応が寄せられたとのこと!

生活・小沢代表が共産・志位委員長と会談! 

 2015/09/28 【IWJ 速報】「共産党は『清水の舞台』どころではない、大胆な決断だっただろう」――生活・小沢代表が共産・志位委員長と会談! 「野党で統一すれば国政・地方問わず自公に勝る」と自信! 




 赤旗政治記者 ‏@akahataseiji
志位委員長が社民党・吉田忠智党首と会談した。〈戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府実現よびかけ〉の提案について志位委員長が説明。会談後、吉田氏は「非常に大胆な前向き提案ということで受け止めて、積極的に議論を進め、社民党の立ち位置を踏まえた役割を果たしていきたい」と述べた。(津) 


 志位和夫 ‏@shiikazuo
生活の党・小沢代表と会談。私は「国民連合政府」について説明。小沢代表は「従来の方針を大転換した共産党の決断を高く評価する」「手を携え選挙に勝ち、政権を打ち立てるという目標に向かって、自分も努力したい」。両党が全面的に合意に至ったことは、本当に嬉しいことです。 


 IWJウェブ速報 ‏@IWJ_sokuhou
【速報】1,共産・志位委員長との会談を終えた生活・小沢一郎代表が会見。共産党の提案に基本的な理解を示し、「共産党は全選挙区に候補者を立ててきた。その従来の方針を転換し、安倍政権に変わる新しい政府を作るため力を合わせようという話。大胆な決断を評価する」 


 IWJウェブ速報 ‏@IWJ_sokuhou
【速報】1,生活・小沢一郎代表と会談を終えた志位委員長「小沢代表からは『安倍政権を打倒しよう、戦争法廃止の国民連合政府を作ろう、政権構想で合意した野党が選挙協力を行おう』という3点で理解を同じくしたとおっしゃっていただけた」


 IWJウェブ速報 ‏@IWJ_sokuhou
【速報】2,小沢代表は「安倍政権を変えようとする勢力が参院選、衆院選を闘えば、必ず国民の支持が集まる」と述べたという。志位委員長は「今後も目的達成のために努力しようということで会談を終えた。小沢代表とは全面的な合意に達した。心強い結果だ」と語った。 


 IWJウェブ速報 ‏@IWJ_sokuhou
【速報】2,民主・岡田代表などは「連合政府はハードルが高い」としているが、これについて小沢代表「連合政府は野党が力を合わせ、選挙で勝った上での話。大義の旗として連合政府を掲げることについて、とやかくいうことではない」と指摘した。 



社民・生活、共産の提案に前向き 国政選挙協力で党首会談
 東京新聞(共同) - 2015年9月28日 21時22分
 

 共産党の志位和夫委員長は28日、社民党の吉田忠智党首、生活の党の小沢一郎共同代表と国会内で相次いで会談した。志位氏は、安全保障関連法の廃止で一致する野党による連立政権樹立構想や、国政選挙での協力について理解を求めた。吉田、小沢両氏は前向きな考えを示し、協議継続を確認した。
 小沢氏は会談で「大胆な決断だ」と共産党の提案を評価した。「緊密に連絡を取り合いながら努力していこう」と応じた。
 吉田氏は会談後の記者会見で「戦争法廃止、安倍政権打倒では一致している」と強調。格差是正など他の政策での一致も条件に「提案を前向きに受け止め、選挙協力を進めたい」と述べた。
(共同)



共産党志位委員長・小沢共同代表(生活の党と山本太郎と仲間たち)
との会談を終えての記者会見。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/267454
  志位委員長 「提起した3項目で小沢代表と一致した。心強い!」

社民・生活、協力に前向き=共産提案で協議継続
 時事通信 - 2015年9月28日(月)15時25分配信


共産の選挙協力提案 社民と生活が前向きに検討
 NHK News Web - 2015年9月28日 18時07分
 

岡田代表 共産党との選挙協力を模索
 NHK News Web - 2015年9月26日 19時12分
 

 岡田氏は記者会見で、「共産党とは粘り強く議論していきたい。参議院選挙で野党が勝つという目標は同じなのでいい結論が得られることを期待している」と述べました。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


続きを読む

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

琉球朝日放送制作の 【標的の村】 を見ました!  上映会後 後藤弁護士の憲法講演会

2015年9月27日(日)

 福岡市博多区祇園の浄土真宗・覚永寺にて、オスプレイ配備に翻弄される
沖縄県の『やんばるの森』を描く 【標的の村】 を見ました。

 主催は、浄土真宗本願寺派福岡教区仏教青年連盟。

150926_134310.jpg

 琉球朝日放送制作の1時間30分を超える力作です。

 SNS情報も含めて話としては聞いてはいましたが、やはり映像で見ると
政府と米軍の横暴や理不尽さがハッキリ目に見えてきます!

 取り分け、座り込みする側も排除する側も沖縄人同士であり、本当の敵
米軍や日本政府等は裏で操縦しているだけの様相が悲惨でした!

 地域の人びと同士を対立分断させるのは権力の常套手段どとのこと。

 上映後は緊迫する憲法情勢について、後藤富和弁護士より講演がありました。

 後藤さんの facebook よりコピペ 

 本日午後は、浄土真宗本願寺派覚永寺で、憲法の講演を行いました。主催は浄土真宗本願寺派福岡教区仏教青年連盟。
会場(お堂)は満員。お坊さんや檀家さん、そして一般の市民の方など様々です。
沖縄の基地問題、諫早湾干拓、原発など地域住民の対立が激しくなっているが、本当の敵は誰なのか。その答えは憲法にある。憲法とは何か。なぜ権力者(安倍総理)を縛る必要があるのか。集団的自衛権の何が問題なのか。民主主義とは何か。自民党憲法改正草案はどこが問題なのか、などお話しいたしました。
会場からの質問や意見も活発で、特攻で親族を亡くされた方の話や、砂川事件の話、今後起こるであろう安保法制違憲訴訟のことなど。
特に、砂川事件判決については、会場から「この判決は米軍の駐留を合憲をと認めたところに主眼があるのではないか」とのご意見をいただきました。ただ、法律家の目からみて、この判決の主眼は、政治問題には裁判所は関与しないとして判断を避けたてんにあるのではないかと思います(統治行為論)。この判決によって司法は骨抜きにされてしまったのですから。しかもこの判決はアメリカの圧力で出されたことが明らかになっています。日本の裁判史上最大の汚点です。
公演後は参加者全員で合掌・礼拝、南無阿弥陀。 



 主催者側からの御挨拶

150926_172754.jpg


 行事終了後、正面のスクリーーンが開かれ御本尊さまがお目見え。

150926_172736.jpg

 主催者の音頭で、御本尊様に合掌・礼拝!(但し強制ではなく自由意思)

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

国会が閉会し安倍政権は新たな『3本の矢』で国民の視線をそらせようと・・・

2015年9月26日(土)

 安倍総理は、国会が閉幕し自民党総裁への再選が正式に決まったのを受けて、
【誰もが活躍できる『1億総活躍社会』の実現に向けて、『新しい3本の矢』とする政策】
を掲げて、GDPを600兆円にする目標を示した。

安倍首相会見 「経済最優先で政権運営」
 NHK-News Web - 2015年9月24日(木) 19時15分


 祖父・岸信介が国会を取り巻く人びとの声を無視して旧・安保条約を強行可決させ
たが総理大臣の辞任に追い込まれ、跡を継いだ池田勇人首相が『所得倍増政策』を
打ち上げて国民の政権離れを食い止めようとした流れを一人で実現しようとする。

 NHKニュース(安倍晋三の発言をそのまま垂れ流し;笑)によれば 

 安倍総理大臣は、「アベノミクスは第2ステージへと移る。
目指すは『1億総活躍社会』だ。そのために、新しい3本の矢を放つ。
第1の矢は、希望を生み出す強い経済。
第2の矢は、夢を紡ぐ子育て支援。
第3の矢は、安心につながる社会保障だ。
希望と夢と安心のための『新3本の矢』だ」と述べました。

 そして、安倍総理大臣は、「アベノミクスの成長のエンジンをさらにふかし、その果実を一人一人の安心、将来の夢や希望に、大胆に投資していきたい。
これからも経済最優先で取り組み、そのターゲットは戦後最大の経済、そこから得られる戦後最大の国民生活の豊かさだ。
GDP600兆円の達成を明確な目標として掲げ、投資や人材を日本に呼び込む政策を果断に進めていきたい」と述べました。 

 
 派遣法の改悪や社会保障の改悪など、実際にやっていることと、
この記者会見での国民への宣伝とのギャップはあまりにも非道い!

 この安倍晋三の発表に対して、西日本新聞の社説では、
 【こんな目くらましのような手法に再び乗せられてはならない。】
  と明瞭に結んでいる。

安保成立その後 国民として覚えておこう
 西日本新聞・社説 - 2015年09月25日 10時41分


 『美辞麗句』に騙されてはならない!


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


続きを読む

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

『国民連合政権』 に向けて日本共産党・志位委員長と民主党・岡田代表が会談

2015年9月25日(金)

 9月19日戦争法案が採決されたその日に「国民連合政権」を呼び掛けたことは、国会を包囲した人々や日本全国で戦争法に反対する人々の声に即座に応えた先駆的なものであり歴史に残るものです。
国民の3分の2が望む戦争法廃止を実行できるのは連合政権しかありません。

 民主党が国民の圧倒的声に答える積もりがあるのかどうか?スタンスが問われています。
岡田民主党代表が、たった1回の会談後にネガティブな感想を記者会見で述べたのは、戦争法に反対してきた国民に背を向けるもので、良識が疑われます。

寧ろ、生活の党の小沢一郎氏の方が頭が柔軟!
安保法案を潰す秘策を話そう/小沢一郎
 共産党の頭の切り替えと素早い行動を他の野党も見習うべき

 日刊ゲンダイ - 2015年9月25日(金)


これに対して志位委員長はTwitterで
【一部メディアは、今日の民主・共産の党首会談について「協議不調」などと報じている。
私が説明し、岡田さんが質問・意見を述べ、さらに私が考えをお伝えし、「引き続き話し合っていく」で一致した。そのどこが「不調」なの?
こんな大問題の話し合いが一回でつくとでも?
嘘で邪魔はやめてほしい。】
 と、懐の深い処を見せています。

 小沢代表の発言に対して志位委員長は、

 生活・小沢代表、私たちの提案について「共産党の声明は頭の切り替えと素早い行動だ」「現実の選挙においてものすごいインパクトがある。断然、勝利は近づく」「他の野党も連携の輪を広げるように努力すべき」。
嬉しい評価です。28日にお会いして、直接、提案について説明させていただく予定です。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


続きを読む

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

私はマイナンバー制そのものに反対である!

2015年9月24日(木)

 今日・明日仕事で、また土・日は休み!

 さて、今日はマイナンバー制度について、私の思いを!

 消費税の軽減税分(僅か2%だが)を還元してもらうために、日常の買い物の度に(それこそ、トイレットペーパーからビールまで何でも全て)マイナンバーカードを提示して商品名から金額に至るまで明細を記録されてしまうと云うことは、その人の生活状況をほぼ全て見られてしまうことになる。

 それに、その記録がビッグデータとして『活用』され国民の消費動向を分析され経済政策に『活かされる』ことになる。
逆に言うと、財務省や経済産業省は国民をコントロールする強力な武器を手に入れる訳である。

 既に各種カードによる顧客の囲い込みと消費動向等の分析は、各カード会社や企業によって行われているが、それら全てを国家が監視できると云うことは、全く次元が異なるものである。

 さらには、銀行や郵便貯金に入れている預貯金や、ローンなどの借金に至るまで、国民の財産状況まで『丸裸』にされてしまう。

 ある意味、その本人より政府の方が、その個人の消費・財産動向などを把握してしまい、個人情報を詳しく管理できる訳である。
つまり、ある個人は、どの銀行や郵便貯金にに幾らずつ、どの保険会社に幾らずつ、どのローン会社に幾らずつ、財産や借金があるかを詳しくは覚えていないし管理もしていないだろうが、政府側は1円単位まで管理し課税してくるのである!

 元々、マイナンバー精度は、『財政健全化』 (⇒ 庶民から金を巻き上げるが大企業には大減税) と称する課税の強化が財務省の本音であろうから!


 また、それらの膨大な情報を蓄えるだけでも巨大なITシステムが必要だし、それ故システムトラブルやデータが消失したりハッキングされたりするリスクも常にある。

 その上、情報流出のリスクが、カード会社以上に政府側の方が高い(セキュリティが脆弱である)ことは、年金情報など各種情報漏れで明らかになっている。

 不心得者が金目当てに持ち出す可能性は極めて高い。
 システムや管理を外注せざるを得ないこともリスクの原因であるが、公務員だって不心得な者は続出している。

 さらには、政府財政を補うためと称して政府が率先してデータを希望者に販売しかねない!
 

 様々な面から考えて、私はマイナンバー制そのものに反対である!



     *****************

マイナンバー制度がもたらす「超・監視管理社会」の恐ろしさ
 日刊ゲンダイ - 2015年9月23日




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


続きを読む

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

戦争法可決を聞いて各界の方々が東京新聞インタビューに登場

2015年9月23日(秋分の日・水)

 他にも多くの方々がインタビューに登場されていますが、
 あまりに長くなるので、取り敢えず4名の方々の記事へのリンク!

 皆さん重要な提言や問題点の指摘を行われていますので
 是非お読みください!

     *****************

【言わねばならないこと】 東京新聞

憲法 踏み外していないか 憲法学者・長谷部恭男氏
 東京新聞 - 2015年9月18日


「若者」なぜ立ち上がる 作家・高橋源一郎氏
 東京新聞 - 2015年9月18日


歴史 繰り返すのか 歴史家・保阪正康氏
 東京新聞 - 2015年9月18日


違憲の法律従えず 元経済企画庁長官 田中 秀征氏
 東京新聞 - 2015年9月21日


     *****************
 
 今日の日刊スポーツ【政界地獄耳】では、戦争法が『可決』された9月19日に
日本共産党が発表した『国民連合政権』 について積極的な評価をしている。 

立ち位置難しくなる公明
 日刊スポーツ【政界地獄耳】 - 2015年9月23日8時52分



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


続きを読む

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

「自分の子どもに 『日本は100年間戦争をしてこなかったんだよ』と自慢したい」

2015年9月22日 (火・祝)

安倍晋三が祖父の汚名挽回と自らの特殊な信条を実現するため
自民党内や公明党を脅し上げ、国会議員を『損益』誘導し、
国民の声を無視して強行可決成立させた「戦争法」

 昨日のTVニュースで、【戦争法案反対・高校生デモ】に参加した高校生が
「僕が父親になった時に自分の子どもに
  『日本は100年間戦争をしてこなかったんだよ』
   と自慢したい」

     と語っていた発言に特に感銘を受けました。


Hodo-Station_20150921-01.jpg
【報道ステーション】 (9/21)安保法成立後も続くデモ
  日本共産党・志位委員長の提案も紹介!

Mainichi_20150922k0000m010052000p.jpg
安保関連法:渋谷駅前で学者が高校生が「反対トーク」
 毎日新聞 - 2015年09月21日 20時40分
 

 戦争の時代の予感と自らや自らの子どもが戦争に行かされる危機感を
私たち戦争を知らずに育ってきた中高年の世代より一層切実に感じている
ように見受けられました。

     *******************

大学人・法律家・宗教家他、各分野からも異議申し立てが起こっています。

安保法案 どさくさ採決は認めない 東大名誉教授ら賛同呼び掛け
東京新聞 - 2015年9月22日 朝刊

賛同署名のURLは、
http://netsy.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-6f5b.html


学者の会170人が抗議会見 「安保法廃止へ」
東京新聞 - 2015年9月20日 21時59分

TOKYO_2015092001001727.jpg



瀬戸内寂聴さん、法話で首相批判 「民の心聞こうとしない」
 【47NEWS・共同通信】 - 2015/09/20 16:34

Setouchi_20150922-02.jpg
   瀬戸内寂聴さんの画像は、この記事とは別のサイトより引用

「安全保障関連法案成立にあたっての宗派声明」を発信(9月19日)
 浄土真宗ドットインフォ(交流館08) -  2015年9月19日


安保関連法:渋谷駅前で学者が高校生が「反対トーク」
 毎日新聞 - 2015年09月21日 20時40分

 

  安全保障関連法に反対の声を上げるリレートーク「安保法にNO!9/21PEACE DAY ACTION」が21日、若者でにぎわうJR渋谷駅前であり、憲法学者や弁護士、高校生、母親ら13人が思いをぶつけた。

 国連が定める「国際平和デー」の21日に合わせ、複数の市民団体が企画した。

 日本体育大で憲法を教える清水雅彦教授(49)は「今回の戦争法は憲法9条と立憲主義に反している。数の力で国会を通ったが、どこまでいっても違憲立法だ」と話した。安保関連法に反対する海外在住の日本人らでつくる「OVERSEAs(オーバーシーズ)」の中溝ゆきさん(47)は戦後70年戦争をしなかった日本が外国で尊敬を集めていることを紹介。同法成立により在外邦人の危険が増すことに懸念を示した。

 高校生らでつくる「ティーンズソウル」の小川空さん(15)は「渋谷を歩く中高生の皆さん。おれらの未来ですよ。一緒に未来を守りましょう。僕は戦後100年を迎えた時、自分の子どもに『日本は100年間戦争しなかったんだよ』と自慢したい」と呼び掛けた。
    【毎日新聞 - 山下俊輔】 




 そして、定番の日刊スポーツ【政界地獄耳】
 
安倍内閣はどこに向かうのか
 日刊スポーツ【政界地獄耳】 - 2015年9月21日10時11分 
 

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


続きを読む

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

おとといと きのうの 【西日本新聞】 【日刊スポーツ】 【日刊ゲンダイ】 から

2015年9月21日(月・祝)


 まずは、きのう(9/20)の西日本新聞から・・・

150920_163441 S

  日本共産党が、安倍政権打倒に向けて【国民連合政府】樹立を呼びかけた!
150920_163257 S

  上記と同じ内容の日刊スポーツの記事
150920_161456 S
安保関連法廃止に民主、共産両党首が選挙協力協議へ
 日刊スポーツ - 2015年9月20日20時59分


 この画期的なニュースは、【47ニュース】では、総合ランキングのTOPに
47News-Ranking_20150920-2300.jpg
共産、反安保で選挙協力 候補調整
 他党に呼び掛け 独自擁立こだわらず

 47ニュース(共同) - 2015/09/20 12:15



 そして、きのうの日刊ゲンダイ Web 記事
     ■「賛成議員を全員落選させよう」
「今日は安倍政権倒す始まりの日」 SEALDsが放つ“次の一手”
 日刊ゲンダイ - 2015年9月20日



 続いて日刊スポーツ紙面 写メ

紙面の間に挟んだリンクは、必ずしも写真とリンクしている訳ではありません。

150920_161413 M

安保法成立、ダイブ小西議員は採決で98条読み上げ
 日刊スポーツ - 2015年9月20日9時27分



150920_161640 M

安保法成立「聴取不能」のみ、強行採決の議事録なし
 日刊スポーツ - 2015年9月20日9時25分



150920_161854 M

創価学会会員からも憤り「平和の党、看板下ろせ」
 日刊スポーツ - 2015年9月19日18時5分]



150920_162324 M

安保法成立、市民は「声上げ続ける」違憲訴訟も
 日刊スポーツ - 2015年9月20日9時23分



 9月19日夕方、日本共産党が記者会見で発表した「国民連合政府」
 下の日刊スポーツ 【政界地獄耳】 が提起した「救国戦線」そのもの!

野党の「救国戦線」土壌できたか  (再録)
 日刊スポーツ 【政界地獄耳】 - 2015年9月19日9時17分
 

 ★安保法制は強引ながらも、自民党の作戦勝ちと言えそうだが、これからの政局はどうなっていくのだろうか。政界関係者が言う。「このまま引き下がるような状態ではない。1つは一部のメディアは、1つの方向性を向いた人たちが国会に詰めかけたと分析しているが、政党や政治家主導というより、国民1人1人の強い意識が、今回の行動に表れたという認識が与党に弱いということ。もしかしたら民主党をはじめ野党、つまりすべての政治家が気付くまでもなく、広く護憲の精神や、リベラル志向が国民に根付いているといえるのではないか」。

 ★メディアや与党は国会周辺に詰めかけた多くの人たちを出来るだけ少人数に見せたがったり、60年安保の名残のように活動家らを摘発して扇動家がいるように思わせたがるが、思想的には普通の市民と言っていい国民の声なき声が声を出しに表に出てきたと評価するほうが素直ではないか。これは政党が呼びかけたり組合の動員とはわけが違う。このエネルギーは与党の議員の多くが、連休を挟めばすぐ沈静化するというものではなく、国や政府への信頼関係の欠如や不信感として根強く残るものとなるだろう。

 ★政界関係者は「そしてもう1つは、今回の一連の動きの中で、民主、維新、生活、社民、場合によっては共産の各党党首が強い連帯関係になったということだ。1人1人は強いリーダーシップを発する力はないかもしれないが、国民の代表としての立ち位置を見つけ出すかもしれない。 今までの野合的合併というより、救国戦線の統一候補などを作り上げる土壌が培われたといっていい。 形がどうなるかはまだ何とも言えないが参院選までには1つの塊になるのではないか」。 このままでは終わらない。(K) 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


続きを読む

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

次のページ

FC2Ad