JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

自民党 『勉強会』 での メディア 脅迫発言 続き

2015年6月30日(火)


 マスメディアに広告を出す企業に働きかけて 『兵糧攻め』 にして
懲らしめてやろう、と自民党国会議員が、集団的自衛権に慎重な
新聞を脅迫し、講師の百田尚樹が、「沖縄2紙をつぶさにゃならん」
と暴言を吐いた事件。

 政府は、逃げの姿勢。 自民党は、 『トカゲの尻尾切り』 と云う見苦しい対応!

 安倍晋三シンパの自民党 『若手』 が開催した勉強会は、安倍晋三を熱烈に
応援するがために、マスメディア攻撃を公然と行ったもんだから、全く裏目に出た!

 サクサクと戦争法案を通してしまうはずの国会会期延長が出だしからズッコケタ!

 戦争法案に反対する私たちからすれば、このまま 【AbEnd !】 と行って欲しい処!

 敵もさるもので、こういう事態なのに自民党に擦り寄ってきた維新と談合中!

    *****************

   まずは、今日 (6/30) の 【日刊スポーツ】 から



   誰でも思い付くほどピッタリの印象らしい! 『トカゲの尻尾切り』



   自民党のイベントだから、と 政府は知らぬ存ぜずを通すつもり



   マスメディアを脅迫した暴力発言の経緯は、上のような流れ!



   翁長沖縄県知事もひと言! 新聞協会や民放連も抗議の声明!



   新聞協会編集会議 の 抗議声明 ↑ (全文)



   沖縄県・宜野湾市議会では 全会一致で抗議決議

     ******************

 ここからは、今日 (6/30) 付け 【西日本新聞】 記事!






   最後は、西日本新聞の今日の社説です。


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

自民党の 『勉強会』 で 暴言続出 続き 代表の更迭では済まない!

2015年6月29日(月)

 一連の自民党・国会議員の『傲慢な発言』に対して、谷垣幹事長が党を代表して謝罪した。

 しかし、安倍晋三総理・自民党総裁は、谷垣簡易j長に代行させ自らは『頬被り』

  勉強会の代表は、更迭され1年間だけ党役員への就任禁止。

 傲慢な発言をした人たちは、『厳重注意!』 すなわちちょっと怒られた!程度。




 日本新聞協会(白石興二郎会長)の編集委員会は29日、抗議声明を発表した。

報道圧力に「強く抗議」=新聞協会
 (時事通信)  - 19:43


 百田氏は、「冗談だった」 と開き直っていたが、その舌の根も乾かぬうちに
再び、暴言を吐いた!

百田氏また沖縄2紙攻撃「本気でつぶれたらいい」
 沖縄タイムス(共同通信) - 2015年6月28日 19:07


 翁長沖縄知事は、当然のことながら冷静に怒っている!

翁長知事「禍根残す」 報道圧力で政府は謝罪拒否
 沖縄タイムス(共同通信) - 2015年6月29日 20:09


 沖縄県議会与党は、抗議決議を計画しているとのこと。

沖縄県議会与党、百田氏と自民国会議員に抗議決議提案へ
 沖縄タイムス - 2015年6月29日 13:43


 沖縄県・宜野湾市議会では、一歩早く抗議決議を全会一致で採択!

百田氏発言:宜野湾市議会が抗議決議
 沖縄タイムス - 2015年6月29日 15:15


         こちらは、今日の【日刊スポーツ・政界地獄耳】



報道圧力に「強く抗議」=新聞協会
 (時事通信)  - 19:43
 

 日本新聞協会(白石興二郎会長)の編集委員会は29日、自民党若手議員の勉強会で報道機関への圧力を求める発言が出た問題を受け、抗議声明を発表した。声明は「極めて深刻な問題だ。政権与党の議員でありながら、憲法21条で保障された表現の自由をないがしろにした発言は、報道の自由を否定しかねないもので到底看過できず、強く抗議する」としている。

 また、「民主主義の根幹である表現の自由、報道の自由を弾圧するかのような動きに断固反対するとともに、多様な言論で『国民の知る権利』に応えていく」と強調した。 



百田氏また沖縄2紙攻撃「本気でつぶれたらいい」
 沖縄タイムス(共同通信) - 2015年6月28日 19:07
 

  作家の百田尚樹氏は28日、大阪府泉大津市で講演し、自民党勉強会での「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」との自らの発言に触れ、「その時は冗談口調だったが、今はもう本気でつぶれたらいいと思う」と話した。

 講演を聞いた人によると、共同の抗議声明を出した沖縄タイムスと琉球新報に対し「おかしな話だ。私の話を何も聞いてない。伝聞にすぎない」と批判。さらに「まだしばらく2紙とはやりあっていかないといけない」と述べた後「本気」発言をした。

 講演では、ツイッターに「私が本当につぶれてほしいと思っているのは、朝日新聞と毎日新聞と東京新聞」と投稿したとも話した。 



翁長知事「禍根残す」 報道圧力で政府は謝罪拒否
 沖縄タイムス(共同通信) - 2015年6月29日 20:09
 

 菅義偉官房長官は29日の衆院平和安全法制特別委員会で、自民党議員の勉強会で出た沖縄をめぐる発言について、政府による調査と県民への謝罪を野党から求められたのに対し「党の問題なので、政府として調べてコメントする立場にない」と拒否した。沖縄県の翁長雄志知事は自民党を非難。安倍晋三首相は同党役員会で安全保障関連法案をめぐり「政府、与党一体となって成立に全力を挙げたい」と述べ、引き締めを図った。

 自民党の谷垣禎一幹事長は役員会後の記者会見で、首相の謝罪は不要との認識を示した。翁長知事は「日本の将来に禍根を残す。危機感を抱いている」と、那覇市内で記者団に述べた。(共同通信) 



沖縄県議会与党、百田氏と自民国会議員に抗議決議提案へ
 沖縄タイムス - 2015年6月29日 13:43
 

 県議会与党5会派は29日に代表者会議を開き、県内2紙の批判や米軍普天間飛行場の成り立ちについて発言した作家の百田尚樹氏と自民党若手国会議員に対する抗議決議を提案する方針を決定した。県議会野党の自民や中立の公明県民無所属、維新に協力を呼び掛け全会一致を目指す。

 会議後、与党連絡会座長の仲宗根悟氏(社民・護憲)は「発言は報道の弾圧、沖縄の歴史の歪曲(わいきょく)で看過できない」と抗議の理由を説明。渡久地修氏(共産)は「2紙への批判は読者である県民への攻撃でもある」と指摘した。 



百田氏発言:宜野湾市議会が抗議決議
 沖縄タイムス - 2015年6月29日 15:15
 

【宜野湾】
 沖縄県の宜野湾市議会(大城政利議長)は6月定例市議会最終日の29日、本会議を開き、自民党の勉強会で作家の百田尚樹氏が「普天間基地は田んぼの中にできた」などと発言したことについて、撤回と謝罪を求める抗議決議を全会一致で可決した。 



  こちらは、今晩の 晩御飯 「すき家」 の 「まぐろ丼」




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

百田尚樹の 『沖縄2紙潰せ』 に 沖縄選出の野党5議員が抗議声明!

2015年6月28日(日)

 昨日の続きです!

 
沖縄選出の野党5議員が抗議声明を発表しました。 紙面は【日刊スポーツ】 より



  室井佑月さん 森達也さんも批判  紙面は【日刊スポーツ】 より



  問題の 『勉強会』 の代表は、役職停止1年間。
  問題発言した3議員には、『厳重注意』 という大甘 『処分』


     西日本新聞(本日 2015/6/28 ,付け)より

  問題発言したのは、この方たちです!


  選挙民が 『厳重抗議』 の声を電話やFAXで送りましょう!

自民勉強会:出席者の主な発言
 毎日新聞 - 2015年06月27日 21時13分
 

<自民党文化芸術懇話会(25日)の主な発言>

□大西英男衆院議員(東京16区、当選2回)

 マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番だ。文化人や民間人が不買運動を経団連などに働きかけてほしい。

□井上貴博衆院議員(福岡1区、当選2回)

 福岡青年会議所の時にマスコミをたたいた。なるほどと思ったのは、広告収入をなくすのとスポンサーにならないことだ。

□長尾敬衆院議員(比例近畿ブロック、当選2回)

 沖縄の特殊なメディア構造を作ってしまったのは戦後保守の堕落だ。沖縄タイムスと琉球新報の牙城の中で、沖縄世論のゆがみ方をどうただすか。

     ※出席議員への聞き取りなどによる 



自民勉強会:谷垣幹事長、報道圧力発言を謝罪
 毎日新聞 - 2015年06月28日 20時46分
 

 自民党の谷垣禎一幹事長は28日、NHKの討論番組に出演し、同党の若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」で報道機関への圧力を求める発言があった問題について「たいへん申し訳なかったという気持ちだ」と謝罪した。 
 そのうえで谷垣氏は、懇話会代表の木原稔氏を1年間の役職停止処分にするなど関係した衆院議員4人を処分したのは謝罪の気持ちの表れだと強調。野党が安倍晋三首相(党総裁)の謝罪を求めていることに対しては、「党は私が預かっている」と述べ、これで決着させたい考えをにじませた。

 懇話会で沖縄への侮蔑的な発言があったことに関しても「わが党は沖縄に対し一生懸命やってきた先輩方の歴史があるが、それに反する議論だった」と述べ、不適切だったと認めた。
  【毎日新聞;影山哲也】



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

百田尚樹が自民党本部で開催した勉強会で「沖縄2紙を潰せ」と暴論

2015年6月27日(土)

 自民党が設立した 「文化芸術懇話会」 との立派な名称の
勉強会が 2015年6月25日自民党本部で開催されたとのこと。

 この勉強会は自民党の木原稔青年局長が代表で(既に更迭された)
首相側近の加藤勝信官房副長官や、萩生田光一・党総裁特別補佐
という政府と党の要人も参加しているれっきとした公式『勉強会』。

     これは、今日付け 【日刊スポーツ】 の 大きな記事 



 『勉強会』 と称するなら、少なくとも正確なデータや資料による教材が
提示されるべきである。

 講師として講演したのは、元・NHK経営委員で作家の百田尚樹氏。

 その講演の内容は、事実に基づかない思い込み『情報』のオンパレード!
極め付きが、「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。
沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」




  冗談では無い 沖縄2紙(沖縄タイムス・琉球新報)を潰せ発言

 引用するのもはばかれるが、事態を確認するために暴言を引用する。
 なお、これらの内容は、国会の『衆院平和安全法制特別委員会』 
の浜田靖一委員長も発言内容が事実であると委員会で報告済み。

 また、勉強会出席議員からは、安保法案を批判する報道に関し
「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。
 文化人が経団連に働き掛けてほしい」
 との声が上がった、とも。


       出席した議員からも報道抑圧の意見が・・・ 

  そして、その勉強会 「文化芸術懇話会」 に参加したメンバー



 処が、26日午前の同委員会で追及された安倍晋三首相・自民党総裁は
「報道が事実なら大変遺憾だ。(勉強会は)党の正式会合ではない。
有志の会合だ。発言がどのように報道されたかは確認する必要がある」
 と述べたと云う。

 党本部で開催された安倍晋三肝入りの勉強会を『有志の会合』と誤魔化し、
その上「発言がどのように報道されたかは確認する必要がある」と言って
報道を検証する意図を示唆したのも大きな問題である。


 これらの暴言に対する 沖縄の怒りの声



      下記は、今日付け【日刊スポーツ】 の政界地獄耳



     ***********

百田氏の発言は「沖縄タイムス」によれば、以下のような内容。 
⇒ そして、沖縄タイムスによる事実検証

    ************ 

普天間飛行場の成り立ちについて
「もともと田んぼの中にあり、周りは何もなかった。基地の周りに行けば
 商売になると、みんな何十年もかかって基地の周りに住みだした」
⇒ 米軍普天間飛行場が建設された場所は沖縄戦の前、宜野湾村の
  集落があった。  宜野湾市史によると、1925年は現在の飛行場に
  10の字があり、9077人が住んでいた。

百田氏「基地の地主さんは年収何千万円なんですよ、みんな」
  「ですからその基地の地主さんが、六本木ヒルズとかに住んでいる。」
⇒ しかし、地主の75%は200万円未満の軍用地料しか得ておらず、
  実態は百田氏の発言した内容と大きくかけ離れている。
  地主4万3025人のうち100万円未満の地主が全体の54・2%で最も多い。

百田氏「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。あってはいけないことだが、
  沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」
⇒ 百田氏発言をめぐる琉球新報・沖縄タイムス共同抗議声明
 琉球新報・沖縄タイムス - 2015年6月26日 21:50


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

百田尚樹氏「沖縄の新聞はつぶせ」自民勉強会で暴言連発
 沖縄タイムス - 2015年6月26日 05:26
 

  作家の百田尚樹氏は25日、市街地に囲まれ世界一危険とされる米軍普天間飛行場の成り立ちを「もともと田んぼの中にあり、周りは何もなかった。基地の周りに行けば商売になると、みんな何十年もかかって基地の周りに住みだした」と述べ、基地の近隣住民がカネ目当てで移り住んできたとの認識を示した。安倍晋三首相に近い自民党の若手国会議員ら約40人が、党本部で開いた憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」で発言した。

 実際には現在の普天間飛行場内に戦前、役場や小学校のほか、五つの集落が存在していた。沖縄戦で住民は土地を強制的に接収され、人口増加に伴い、基地の周辺に住まざるを得なくなった経緯がある。

 勉強会は冒頭以外、非公開。関係者によると、百田氏は「基地の地主さんは年収何千万円なんですよ、みんな」と発言。「ですからその基地の地主さんが、六本木ヒルズとかに住んでいる。大金持ちなんですよ」などと持論を展開したという。

 普天間飛行場の周辺住民約2千人が、米軍機の騒音で精神的苦痛を受けたと訴え、那覇地裁沖縄支部が約7億5400万円の支払いを命じた判決に触れ、「うるさいのは分かるが、そこを選んで住んだのは誰だと言いたい」と、自己責任だとの見解を示したという。

 「基地の地主は大金持ち。基地が出て行くとお金がなくなるから困る。沖縄は本当に被害者なのか」とも述べたという。

 議員から沖縄の地元紙が政府に批判的だとの意見が出たのに対し、百田氏は「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と主張した。

 出席議員からは、安保法案を批判する報道に関し「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働きかけてほしい」との声が上がったほか、「沖縄は戦後、予算漬けだ。地元紙の牙城でゆがんだ世論をどう正すか」などの批判もあった。

 勉強会は自民党の木原稔青年局長が代表で、首相側近の加藤勝信官房副長官や、萩生田光一・党総裁特別補佐も参加した。 



百田氏発言「普天間飛行場、元は田んぼ」「地主年収、何千万円」を検証する
 沖縄タイムス - 2015年6月27日 11:56



百田氏発言をめぐる琉球新報・沖縄タイムス共同抗議声明
 琉球新報・沖縄タイムス - 2015年6月26日 21:50
 

  百田尚樹氏の「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」という発言は、政権の意に沿わない報道は許さないという”言論弾圧”の発想そのものであり、民主主義の根幹である表現の自由、報道の自由を否定する暴論にほかならない。
 
 百田氏の発言は自由だが、政権与党である自民党の国会議員が党本部で開いた会合の席上であり、むしろ出席した議員側が沖縄の地元紙への批判を展開し、百田氏の発言を引き出している。その経緯も含め、看過できるものではない。

 さらに「(米軍普天間飛行場は)もともと田んぼの中にあった。基地の周りに行けば商売になるということで人が住みだした」とも述べた。戦前の宜野湾村役場は現在の滑走路近くにあり、琉球王国以来、地域の中心地だった。沖縄の基地問題をめぐる最たる誤解が自民党内で振りまかれたことは重大だ。その訂正も求めたい。

 戦後、沖縄の新聞は戦争に加担した新聞人の反省から出発した。戦争につながるような報道は二度としないという考えが、報道姿勢のベースにある。

 政府に批判的な報道は、権力監視の役割を担うメディアにとって当然であり、批判的な報道ができる社会こそが健全だと考える。にもかかわらず、批判的だからつぶすべきだ―という短絡的な発想は極めて危険であり、沖縄の2つの新聞に限らず、いずれ全国のマスコミに向けられる恐れのある危険きわまりないものだと思う。沖縄タイムス・琉球新報は、今後も言論の自由、表現の自由を弾圧するかのような動きには断固として反対する。

 琉球新報編集局長・潮平芳和
 沖縄タイムス編集局長・武富和彦 



「沖縄の新聞つぶさないと」百田尚樹氏の問題発言 首相は「大変遺憾」
 The Huffington Post | 執筆者: HuffPost Newsroom
 投稿日: 2015年06月26日 13時22分


自民勉強会 「暴言」「統制」野党が批判 安保特別委 首相「事実なら遺憾」
 東京新聞 - 2015年6月26日 夕刊


自民党:安保法案で報道批判続出…改憲派の勉強会
 毎日新聞 - 2015年06月25日 23時45分


百田氏発言:「沖縄の新聞社潰せ」…自民「謝罪する」
 毎日新聞 - 2015年06月26日 11時56分


自民勉強会問題:百田氏発言 怒る沖縄「屈辱だ」 「一体何の勉強か」
 毎日新聞 - 2015年06月27日 大阪朝刊


自民勉強会問題:青年局長、更迭へ 安保審議、影響を懸念
 毎日新聞 - 2015年06月27日 東京夕刊




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

女性アイドルグループ 【制服向上委員会】 が自民党をこき下ろす

2015年6月26日(金)

 女性アイドルグループ 【制服向上委員会】 が、出演したイベントで
自民党を痛烈に 『こき下ろした』 歌を熱唱するという快挙!

   Mainichi-20150625-01.jpg
      【制服向上委員会】 Twitter の タイトル画像より

 処が、これを聞き及んだ自民党市議がイベントを後援した大和市に抗議し、
自民党に屈服した大和市と同教育委員会が 「事後的に後援を取り消す」
と発表したものだから、コトは一層重大な様相になって拡散している。

 度量の無い(ケツの穴の小さい!)自民党も、その圧力に屈した大和市も
大人気ない汚点を残す結果となり、『弾圧』するはずが裏目に出た模様。

  下記は、2015年6月25日付け 【日刊スポーツ】 の大きな記事



 何かにつけ、言論弾圧や言論・表現の抑圧を行うと、その抑圧対象が
一層クローズアップされて多くの人々が認知すると云うことになる。

 これは、映画 【YASUKUNI (靖国)】 への自民党などからのクレーム
コミック 【はだしのゲン】 を図書館での閲覧規制を求めた団体の行動
などが、全て裏目に出て、一層存在感を増したことにも象徴される。

 特に、映画 【YASUKUNI (靖国)】 などは、ほんの一部の人々しか
知らなかったのに、表現抑圧が報道されてから遅れて公開に踏み切った
地方の映画館でも連日満員の盛況となるほど(福岡市ではKBCシネマ)。

 今回の 【制服向上委員会】 に対する処置で、これまでこのグループを
よく知らなかった人びと(とりわけアイドルに関心なさそうな?護憲派・脱原発派)
にも、一層広く(と云うのは、そういう人々の中にも知っている人は居たので)
知られることになり、存在感が増した結果となった。 

 当の「制服向上委員会」は、Twitter で以下のように意見表明!

 制服向上委員会 on Twitter @ski_official 

 私たちは右とか左とか関係なく
自分たちの未来のためによくないと思うことを言っているだけ。
いろんな意見があって当たり前だと思うし、どちらの意見も言える国家であってほしいのに、今それが脅かされていることに憤りを感じます。
制服向上委員会 清水 


 制服向上委員会が所属するアイドルジャパンレコードの高橋広行社長は

 「主催者から『いつも通りにやって下さい』と言われ、普段通りのステージを披露した。憲法を守ろうという集まりで批判的な発言があるのは当たり前。ひとつの表現をとらえて後援を取り消すのは大人げなく、神経質だ」 

      と話した。

 このニュースの関連情報を幾つか見たが、後援したからといって
大和市や教育委員会が財政的支援する(つまり大和市が出演料や
経費の一部などを負担する、または補助金を出す)訳では無いようで、
事後に「後援」が取り消されたからといって、主催団体には「実害」は
無いようだが、大和市は自民党に気兼ねして後援を取り消したと
云う汚名が残るだろう!
 さらに、大和市は、憲法より自民党を上位に置いたと云う、
憲法軽視の姿勢も歴史に記録されるだろう! 
 抗議した自民党市議や関連団体も浅薄な対応が汚点となるだろう!

     ****************

 と云う訳で、ことの次第の概要と関連リンクを御紹介します!

アイドルグループが「自民倒しましょう!」 イベント後援した市が大慌て
 J-CAST ニュース - 2015/6/24 20:22

news_20150624200204-thumb-645xauto-67599.jpg
  歌の内容が波紋呼ぶ「制服向上委員会」 (記事のイベントではありません)    

「諸悪の根源、自民党」「本気で自民党を倒しましょう!」。女性アイドルグループ「制服向上委員会」が、出演イベントでこんな政治的な内容の歌を歌っていたとして、神奈川県大和市と市教委がイベントの後援を取り消す方針を示している。

このイベント「若者と国家―自分で考える集団的自衛権」は、大和市保健福祉センターで2015年6月13日に行われた。

 「大きな態度の安倍総理」などと揶揄する内容

主催者は、憲法9条改正に反対している市民団体「憲法九条やまとの会」だ。イベントでは、防衛官僚出身の柳澤協二さんが安保関連法案などについて講演した後、制服向上委員会のメンバーがグループの歌を披露した。

報道などによると、メンバーは、脱原発や米軍基地移設反対などをテーマにした5曲を歌った。替え歌にしたケースもあり、前出のフレーズのほか、「大きな態度の安倍総理」などと自民党や安倍晋三首相を名指しで揶揄する内容だった。

制服向上委員会は、1992年に結成され、活動の一時中断を経て、最近は、「ダッ!ダッ!脱原発の歌」など政治的主張を盛り込んだ歌も多い。この曲も、イベントで歌われていた。

大和市の国際・男女共同参画課によると、担当者がこのイベントを見て、特定政党を批判・揶揄するのは後援の基準には合わないと判断し、事後に取り消す方向になった。
イベントの数日後には、自民党市議からも「自治体が後援するのはどうなのか」と抗議が来ていた。

市の方針が地元紙などで6月24日に報じられると、ネット上では、様々な意見の書き込みがあった。

取り消し方針に反対する声もあり、
「言いたいことも言わせない、臭いものに蓋」
「中高生に批判されたくらいで自民党も余裕がないな?」

  といった意見があった。 



     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

アイドルが政権批判して何が悪い?
「制服向上委員会」にまで圧力かける自民党の異常性

 LITERA - 2015.06.26

   この記事は、事態の詳細と自民党や大和市と教育委員会の『憲法違反』
   の対応を厳しく批判していて、読み応えがあります。 上のリンクからどうぞ!

神奈川県大和市:「制服向上委員会の後援なし」政党批判で
 毎日新聞 - 2015年06月25日 12時19分

     Mainichi-20150625-01.jpg

アイドルグループが「自民倒しましょう!」 イベント後援した市が大慌て
 J-CAST ニュース - 2015/6/24 20:22


制服向上委員会 on Twitter @ski_official

考え方はたくさんだよね(・ω・)
 ☆日本最長を誇る女子アイドルグループ『制服向上委員会』ブログ☆
 - 2015年06月26日 17:27 野見山杏里

    野見山杏里さん(18)の心からの想いを是非御覧ください!

「自民党倒せ!」アイドルグループが政権批判 大和市などイベント後援取り消しへ
 産経ニュース - 2015.6.24 05:00


「制服向上委員会」がイベントで自民批判 大和市、後援を取り消しへ
The Huffington Post | 執筆者: 中野渉 投稿日: 2015年06月24日 11時52分

n-SEIFUKUKOJOIINKAI-large570.jpg

反戦&反核訴えるアイドルグループが安倍政権に「NO」
 東スポWeb - 4月28日(火)11時9分配信

67253.jpg


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




テーマ:制服向上委員会 - ジャンル:アイドル・芸能

沖縄全戦没者追悼式 平和ですか? 知念捷君、凛と自作の詩を朗読

2015年6月25日(木)

 6月23日の 「沖縄・慰霊の日」 の 沖縄全戦没者追悼式 で
 与勝高校3年の知念捷君(17)が朗読した自作の平和の詩
 「みるく世がやゆら」 が反響を広げているようです。



平和ですか? 知念君、壇上で凛と平和の詩を朗読
 沖縄タイムス - 2015年6月24日 06:00


「平和でしょうか」 沖縄戦70年、高3が詩を朗読
 日本経済新聞 - 2015/6/23 13:40


「戦争の惨めさ心に」 慰霊の日・平和の詩の知念捷君
 琉球新報 - 2015年6月19日 6:37


「平和の詩」与勝高校3年知念さんが会見
 RBC琉球放送 - 2015/06/18 19:07


 毎日新聞が、全文紹介していましたので引用します。
沖縄慰霊の日:17歳知念捷さんが朗読した平和の詩=全文
 毎日新聞 - 2015年06月23日 22時22分
 

  沖縄は23日、沖縄の全戦没者を追悼する「慰霊の日」を迎えた。1945年6月23日に3カ月近く続いた旧日本軍の組織的戦闘が終結してから今年で70年。沖縄県などが糸満市の平和祈念公園で営んだ「沖縄全戦没者追悼式」では、沖縄県立与勝(よかつ)高校(うるま市)3年の知念捷(ちねん・まさる)さん(17)が、自作の平和の詩「みるく世がやゆら」を朗読した。全文は次の通り。


     Mainichi-20150623-01.jpg  



          ◇

「みるく世(ゆ)がやゆら」 知念 捷

みるく世がやゆら

平和を願った 古(いにしえ)の琉球人が詠んだ琉歌(りゅうか)が 私へ訴える

「戦世(いくさゆ)や済(し)まち みるく世ややがて 嘆(なじ)くなよ臣下(しんか) 命(ぬち)ど宝」

七〇年前のあの日と同じように

今年もまたせみの鳴き声が梅雨の終りを告げる

七〇年目の慰霊の日

大地の恵みを受け 大きく育ったクワディーサーの木々の間を

夏至南風(かーちーべー)の 湿った潮風が吹き抜ける

せみの声は微かに 風の中へと消えてゆく

クワディーサーの木々に触れ せみの声に耳を澄ます

みるく世がやゆら

「今は平和でしょうか」と 私は風に問う

花を愛し 踊りを愛し 私を孫のように愛してくれた 祖父の姉

戦後七〇年 再婚をせず戦争未亡人として生き抜いた 祖父の姉

九十才を超え 彼女の体は折れ曲がり ベッドへと横臥する

一九四五年 沖縄戦 彼女は愛する夫を失った

一人 妻と乳飲み子を残し 二十二才の若い死

南部の戦跡へと 礎(いしじ)へと

夫の足跡を 夫のぬくもりを 求め探しまわった

彼女のもとには 戦死を報せる紙一枚

亀甲墓に納められた骨壺には 彼女が拾った小さな石

戦後七〇年を前にして 彼女は認知症を患った

愛する夫のことを 若い夫婦の幸せを奪った あの戦争を

すべての記憶が 漆黒の闇へと消えゆくのを前にして 彼女は歌う

愛する夫と戦争の記憶を呼び止めるかのように

あなたが笑ってお戻りになられることをお待ちしていますと

軍人節の歌に込め 何十回 何百回と

次第に途切れ途切れになる 彼女の歌声

無慈悲にも自然の摂理は 彼女の記憶を風の中へと消してゆく

七〇年の時を経て 彼女の哀しみが 刻まれた頬を涙がつたう

蒼天に飛び立つ鳩を 平和の象徴というのなら

彼女が戦争の惨めさと 戦争の風化の現状を 私へ物語る

みるく世がやゆら

彼女の夫の名が 二十四万もの犠牲者の名が

刻まれた礎に 私は問う

みるく世がやゆら

頭上を飛び交う戦闘機 クワディーサーの葉のたゆたい

六月二十三日の世界に 私は問う

みるく世がやゆら

戦争の恐ろしさを知らぬ私に 私は問う

気が重い 一層 戦争のことは風に流してしまいたい

しかし忘れてはならぬ 彼女の記憶を 戦争の惨めさを

伝えねばならぬ 彼女の哀しさを 平和の尊さを

みるく世がやゆら

せみよ 大きく鳴け 思うがままに

クワディーサーよ 大きく育て 燦燦(さんさん)と注ぐ光を浴びて

古のあの琉歌(うた)よ 時を超え今 世界中を駆け巡れ

今が平和で これからも平和であり続けるために

みるく世がやゆら

潮風に吹かれ 私は彼女の記憶を心に留める

みるく世の素晴らしさを 未来へと繋ぐ
 



 以下は、沖縄タイムスの記事
平和ですか? 知念君、壇上で凛と平和の詩を朗読
 沖縄タイムス - 2015年6月24日 06:00
 

  鎮魂の思いを込めた古(いにしえ)の歌が夏の風に乗り、人々の胸に届いた。

 「戦世(いくさゆ)や済(し)まち みるく世(ゆ)ややがて 嘆(なじ)くなよ臣下 命(ぬち)ど宝」

 追悼式で、自作の平和の詩「みるく世がやゆら」を朗読した与勝高校3年の知念捷君(17)。第1連の琉歌は、「つらね」と呼ばれる独特の節をつけて歌い上げた。凜(りん)とした響きに会場は一気に引き込まれ、呼応するように指笛や拍手も起きた。

 「琉歌には沖縄の人の悲しみも喜びも、価値観もアイデンティティーもすべて含まれる。心に伝わるものがあったならうれしい」。琉球舞踊などの素養があり「緊張することなく思いを表現できた」と、涼やかな笑顔で話す。

 詩では「みるく世がやゆら(今の世は平和でしょうか)」との問い掛けが、静かに繰り返される。参列者はうなずいたり目を閉じたりしながら、思いを巡らせている様子だった。

 詩作に駆り立てたのは、戦争で夫を失った祖父の姉の姿。会場には、同じような年代のお年寄りも多数詰め掛けた。「戦争が終わってから70年たっても、悲しみを背負っている人がこんなにいると感じた。少しでも寄り添いたい」と誓う。 



安倍晋三首相にヤジ、翁長雄志知事には指笛 沖縄の式典、異例のムード
 Huffingtonpost - 2015年06月24日 09時04分

政権と沖縄、深まる溝 知事に指笛、首相にはヤジ

沖縄の全戦没者を悼む「慰霊の日」を迎えた23日、沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園で、沖縄全戦没者追悼式が開かれた。翁長雄志(おながたけし)知事は平和宣言で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題をめぐり、安倍政権の姿勢を真っ向から批判。平和を祈る戦後70年の式典は、政権と沖縄県の溝を映し出した異例の展開となった。

6月23日は、太平洋戦争末期の沖縄戦で組織的戦闘が終わったとされる日。追悼式には安倍晋三首相や衆参両院議長、キャロライン・ケネディ駐日米国大使らも参列し、1分間の黙禱(もくとう)を捧げた。 





     翁長知事「沖縄慰霊の日」辺野古新基地建設はできない

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




テーマ:沖縄問題 - ジャンル:政治・経済

「1人でも戦争に反対しろ」 大本営作戦部長、親族に (中日新聞)

2015年6月24日(水)

 安倍晋三独裁の元で、違和感を持ちつつも公然と反対の声を上げられない
自民党議員も少なくないようだが、一人でも声を上げなければ、太平洋戦争の
二の舞になるだろう。

 特に自民党国会議員が萎縮しているのは、小選挙区での公認(費用も含む)と
比例代表名簿への掲載および順位決定権を党執行部が独占(独裁)している
ことに大きな原因がある(亀井静香氏などが指摘)そうだ。

 中日新聞では、太平洋戦争の遂行に違和感を持ちながらも声を上げることが
できなかった大本営作戦部長が、戦後になって親族に語った言葉を紹介している。

 過去の過ちに学び、心ある自民党議員が今こそ声を挙げるべき時である。

     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

「1人でも戦争に反対しろ」 大本営作戦部長、親族に
 中日新聞 - 2015年6月22日 朝刊
 

  太平洋戦争の終結を受け、一九四五(昭和二十)年九月二日、東京湾に停泊した米戦艦ミズーリ号上で行われた降伏文書調印式。
 大本営陸軍部の最後の作戦部長としてこの場に随行した宮崎周一中将=長野県飯山市出身=が、その一週間ほど前に同県内の親族を訪ね、「たった一人になっても戦争には反対しなさい」という言葉を残していたことが分かった。宮崎中将のいとこの娘にあたる同県飯田市の西村節さん(77)が、中将の回想記を保管していることを明かすとともに、当時の様子を初めて語った。

◆降伏調印直前、長野に帰郷

 回想記には「終戦直後信州帰郷」と記されていた。西村さんはこれまで当時のことを親族以外には語らずにきた。多くの犠牲を出した戦争で、作戦指導の中枢にいた宮崎中将とのかかわりが知られれば、迫害されるかもしれないと恐れたからだ。しかし、戦後七十年がたち、ようやく「おじさんの言葉を残したい」と思えるようになった。

 「よおく覚えておきなさい」。同県下條村にあった宮崎中将の叔母の家。当時七歳だった西村さんに、中将はそう話しかけた。

 ポツダム宣言受諾を知らされた八月十五日から一週間余りたった日の夕方。玄関先にいた西村さんの目に宮崎中将の姿が飛び込んできた。薄茶色のジャケット姿。持ち物は何もない。

 その晩、西村家の家族八人といろりを囲んだ宮崎中将は静かに語りだした。
「戦争とは大河の濁流のようなものだ。さおを一本、二本さしても止めることはできない」。
西村さんは「戦争を止めたかったんだと思う。でも、一人二人じゃどうしようもなかったんだろう」と振り返る。

 さらに言葉は続いた。
「これからは真っすぐを見て、生きなさい。誤りに気づいたら、その場で直しなさい。戦争がまた起きそうなことがあったら、自分一人になっても反対しなさい」

 別れの杯も交わした。「おじさんは調印式後に自決しようと考えていたんじゃないかな」と幼心に思えた。

 「私に関するものはすべて燃やせ」。宮崎中将はそう言って、翌日には家を出た。西村さんは叔母と一緒に、アルバムから大好きなおじさんが写った写真を剥がし、手紙と一緒に燃やした。今は五枚ほどの写真だけが手元に残る。

 調印式後、宮崎中将は武装解除や日本兵らの復員業務に従事。その後は時折、講演などはしたが、定職には就かなかった。親族の別の女性は「多くの部下を亡くしたからだろう。『私の人生は戦争と一緒に終わった』と言っていた」と話す。

 戦後七十年の今、国会では安全保障関連法案の審議が続く。特定秘密保護法制定など、この数年のめまぐるしい変化は、西村さんの目には「濁流が起こる兆候なんじゃないか」と映る。もし、おじさんが生きていたらなんて言うだろう…。幼い自分に何度も言い聞かせてくれた言葉が頭に浮かぶ。「よおく考えなさい」

(飯田支局・西川正志)

 <宮崎周一(みやざき・しゅういち)>
1895~1969年。長野県下條村出身の両親のもとに生まれる。
1913年に陸軍士官学校に合格。29年に参謀本部の外国戦史課に勤務し、戦史研究などに携わった。44年10月に陸軍中将に昇進。同年12月から終戦まで大本営陸軍部作戦部長を務め、45年9月2日に米戦艦ミズーリ号上で行われた降伏文書調印式に随行した。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




テーマ:戦争 - ジャンル:政治・経済

「70年談話は“私的見解”に」 日刊ゲンダイ 追い詰められる安倍晋三 

2015年6月23日(火)

 戦後50年の村山談話、60年の小泉談話の基礎を覆す 安倍晋三の「70年談話」は、
閣議決定しない安倍晋三の個人的見解とする方向性になっていると云う(6/23現在)。

 そんな、私的見解なら発表しないほうがよほど良い!

 私的見解にせざるを得ないほど、海外の目からも国内の目からも追い詰められている!

 以下は、日刊ゲンダイの記事

70年談話は“私的見解”に 「安保」狂い生じた安倍首相の窮地
 日刊ゲンダイ - 2015年6月23日
 

 安倍首相がいよいよ追い詰められてきた。戦後70年談話を「閣議決定」しない方向で調整に入ったという。日本政府の公式見解ではなく安倍首相“個人”の見解ということにすれば、過去の植民地支配への謝罪などを盛り込まなくて済む――ということらしい。なんとも姑息な発想だが、こうした“奇策”が出てくるのは、安保法案の審議で、安倍首相の描いたスケジュールが大きく狂った焦りの裏返しだ。

「もともと70年談話は、必ず出さなくてはいけないものでも何でもなかった。しかし、安倍さんは戦後50年の村山談話の謝罪イメージを上書きして薄めたいことに加え、小泉元首相が60年談話を出していることへの対抗心もあって、70年談話に固執した。こんなことになるなら、出すなんて言わなきゃよかったんです」(自民党関係者)

 安倍首相の当初の想定では、70年談話を出す「終戦の日」(8月15日)までに安保法案を成立させるはずだった。いわゆる「戦争法案」の審議中に謝罪ナシの談話を出せば、中韓の反発は必至で、そのハレーションが審議に影響するのは確実。そこで、安倍首相は橋下徹大阪市長を利用してでも維新を取り込んで、早期の安保法案成立を目指した。 



  【日刊スポーツ】 政界地獄耳 2連発!







*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

安保法制「違憲」の憲法学者 高村副総裁に「ふざけんな」

2015年6月22日(月)

 
長谷部:日本を取り巻く安全保障環境が危険になっていると言うのなら、日本の限られた防衛力を全地球的に拡散するのは愚の骨頂です。サッカーに例えれば、自分のゴールが危ない時に味方の選手を相手陣営に拡散させる行為。どこにそんなチームがありますか。全世界的に米軍に協力すれば、いざという時に米国が日本を真剣に守ってくれるなんて、全くの希望的観測だと思います。
小林:おっしゃるとおり。
長谷部:米国は憲法によって本格的な軍事行動には連邦議会の承認が必要です。日本が想定しているのは、お隣の大国でしょうが、そんな承認を連邦議会がするでしょうか。シリアへの空爆でさえ、オバマ大統領は連邦議会の承認を取りつけられなかった。日本政府の人たちは、どうして米国をそんなに信用できるのか。非常に不思議です。
※週刊朝日 2015年6月26日号より抜粋

     ************

  【日刊スポーツ】 6月23日付け 追記

      元・内閣法制局長官も安保法制は「違憲」の見解
NikkanSports_20150623.jpg
 

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済

ジャーナリスト・鳥越 俊太郎さんから呼びかけ!

2015年6月21日(日)

 鳥越 俊太郎さんから呼びかけ は、以下の通り。

 先日この欄(鳥越 俊太郎さんの facebook )で皆様にお知らせした「アベ政治を許さない」全国一斉行動もプラカードが出来上がりましたので掲載します。

 書を書いてもらったのは俳人として高名な金子兜太さんです。
これをコピーしてもらって7月18日の午後1時に皆さんのいる所で掲げましょう!勿論ですが、県庁所在地などの都市でどなたかが呼び掛け人になって何処かに集合してもらえばアッピールの注目度は高まるでしょう。東京は恐らく国会前になると思います。これまで組織の集会などには出た事のない人達が恐る恐るでも結構ですから出て来て一斉に「アベ政治を許さない!」と叫んでもらえれば嬉しいですね。色んな組織の人達でもこの行動に賛同される方はどうぞ参加歓迎です。
ではそのスローガンの写真です。  



5273_853204694762529_5044269124798505676_n.jpg


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 





 

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

次のページ

FC2Ad