JUNSKY blog 2016

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「福岡県・福岡市合同総合防災訓練」の訓練通知 10時26分発信

2015年5月31日(日)

 この 「福岡県・福岡市合同総合防災訓練」 は、おとといの口永良部島噴火
きのうの 日本全国で観測された M-8.5 震度5強を記録した大地震
5月25日に関東地方であった震度4クラスの地震 などを受けて計画された
ものではなくて、以前より計画されていたようですが、タイムリーでした!

 特徴は、仮想被害を Twitter で共有すると云う試みです。
 すでに発表後1時間以上経過していますので、今から投稿して良いか
そうかは解りませんが、以下の要領で・・・ 

 福岡市にいらっしゃる方は、Twitterの位置情報をオンにし、「#福岡市災害」をつけて仮の被害状況を投稿してください。 



--------------
「福岡県・福岡市合同総合防災訓練」の訓練通知

福岡市からのお知らせ
【発表時刻】
31日10時26分

 -訓練通知-これは「福岡県・福岡市合同総合防災訓練」の訓練通知です!福岡県北西沖を震源とした震度6強の地震が発生しました。身の安全を確保し、適切な情報にもとづき安全な場所に避難してください。
 本訓練ではTwitterを活用した災害情報の収集・共有訓練も実施しています。
福岡市にいらっしゃる方は、Twitterの位置情報をオンにし、「#福岡市災害」をつけて仮の被害状況を投稿してください。
詳しくはこちら →
 http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/bousai/fukuokasaigaikunren2015.html

実際の災害時には、身の安全を確保し、適切な情報にもとづき安全な場所に避難してください。

【防災情報HOME】
 http://bousai.city.fukuoka.lg.jp/i/ 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




 
スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

小笠原や神奈川県東部 で 震度5強 M-8.5 2015/5/30, 20:24

2015年5月30日(土) 

 今夜、午後9時過ぎに JR博多シティのT-JOYから出てきて、
携帯TVを点けてみたら、東京の夜景が写っていて、強い地震が
発生したと云うニュースがNHKから流れていました。

 その後、この地震で震源に近い小笠原で震度5強が観測された他、
九州各地でも震度3~1の弱い地震が観測されたことが報道されました。
 博多区でも地震が観測されていたようですが、JR博多シティの9階で
映画を見ていた私には、地震を感じることはできませんでしたし、
館内に情報が流れたり、避難指示が行われたりはしませんでした。

 地図によると、北海道から沖縄まで地震が観測されたと言いますから
相当エネルギー容量の高い地震だったようで、M-8.5だったとのこと。

 帰宅して最初に見たネット情報は、【Huffingtonpost】 でした。

【地震情報】 小笠原や神奈川県東部で震度5強、埼玉県で震度5弱
 The Huffington Post - 2015年05月30日 20時45分
  | 執筆者: Kazuhiko Kuze


 やはり、相当広範囲で強い地震だったようです。
震源が通常のプレート境界地震の数十倍深かった (590km) ことが
広い範囲に揺れを引き起こしたと思われます。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

地震情報(地震の活動状況等に関する情報)
 平成27年 5月30日22時45分 気象庁発表
 
20150530203436395-302024.png
    (全国の震度分布画像 気象庁の地震情報サイトから)

 気象庁のサイト(上記リンク)に行って地図をクリックすると拡大されます!

20150530203436395-302024 (6)
     北日本

20150530203436395-302024 (4)
     東日本

20150530203436395-302024 (3)
     西日本

20150530203436395-302024 (5)
     南日本

20150530203436395-302024 (1)
     東京近辺

20150530203436395-302024 (2)
   震度5強が発生した 神奈川県二宮町中里 (右の方 ) を含む地域


平成27年5月30日20時24分頃の小笠原諸島西方沖の地震について

30日22時30分現在の概要を以下のとおりお知らせします。

*** 地震の概要 ***
発生日時:5月30日20時24分頃
マグニチュード:8.5(速報値)
場所および深さ:小笠原諸島西方沖、深さ約590km(速報値)
発震機構等:東西方向に張力軸を持つ型 (速報)


*** 震度の観測状況 ***
【最大震度5強】東京都小笠原村(おがさわらむら)、神奈川県二宮町(に
のみやまち)で震度5強、埼玉県鴻巣市(こうのすし)、春日部市(かすか
べし)、宮代町(みやしろまち)で震度5弱を観測したほか、関東地方を中
心に、全国で震度4から1を観測しました。

*** 余震活動の状況 ***
 30日22時00分現在、震度1以上を観測した余震は発生していません


*** 防災上の留意事項 ***
 この地震による津波の心配はありません。揺れの強かった地域では、落石
や崖崩れなどの危険性が高まっているおそれがありますので、今後の降雨の
状況等に十分注意してください。

*** 緊急地震速報の発表 ***
 この地震に対し、地震検知から3.4秒後に緊急地震速報(予報)を発表
しました。なお、緊急地震速報(警報)については、深発地震では正確な震
度の予測が困難であることから発表していません。

 地震情報等は最新の情報をご覧下さい。
 なお、現在発表している情報は気象庁ホームページで公表しております。 




地震情報】小笠原や神奈川県東部で震度5強、埼玉県で震度5弱
 The Huffington Post - 2015年05月30日 20時45分
  | 執筆者: Kazuhiko Kuze
 

5月30日20時24分ごろ、小笠原諸島西方沖を震源とする強い地震があり、小笠原で震度5強、埼玉県で震度5弱を観測した。気象庁によると、地震の強さを示すマグニチュードは8.5、震源の深さは約590kmと推定される。津波の心配はないという。

鉄道各社によると、東海道新幹線は東京〜新大阪間で上下線とも運転を見合わせた。JR東日本も山手線、京浜東北線、東海道線、横須賀線、埼京線が運転を見合わせたほか、首都圏の各線に遅れがでている。東京メトロも全線で遅れが出た。

【UPDATE 2015/05/30 21:56】
東海道新幹線は、地震の影響で東京と新横浜の間で運転を見合わせていたが、午後9時半すぎに上下線とも運転を再開した。上下線の一部の列車に大幅に遅れが発生している。

20時34分時点で、震度3以上が観測されている地域は次のとおり。

震度5強 小笠原 神奈川県東部

震度5弱 埼玉県北部 埼玉県南部


震度4  (以下 引用略) 



       ******************

   以下、NHK 【生活・防災ツイート】 による投稿抜粋 (時間軸 降順)

 
【小笠原諸島西方沖の非常に深い場所で起きたマグニチュード8.5の地震について、気象庁は記者会見で「地震の規模や震源の深さは、島しょ部の限られた数の地震計データをもとに速報で決めたもので、今後の精査で規模が小さくなったり震源の深さが深くなったりする可能性もある」と話しました】

【山手線の内回りと外回りは午後11時15分に運転再開しました(5/30 23:21)】

【山手線運転再開へ】 JR東日本によりますと、地震のあと線路の点検のため運転を見合わせている、山手線は午後11時半ごろに運転を再開する見込みだということです。

【長周期地震動、関東甲信越など広範囲で観測】 気象庁の発表によりますと、小笠原諸島と神奈川県で震度5強の強い揺れを観測した今回の地震では、関東甲信越や東北、近畿の一部で「長周期地震動」の揺れを観測しました。
http://nhk.jp/N4JV4Egc】

【六本木ヒルズ、非常用EVで下へ】 六本木ヒルズの防災センターによりますと、地震の影響で展望台がある52階につながるエレベーターは現在も停止していますが、非常用エレベーターを使って、52階に滞留している人たちに下に降りてもらうことにしています。

【横浜の展望台 エレベータ運転再開】 横浜ランドマークタワーの展望台「SKY GARDEN」では、地震の影響で地上と展望台をつなぐエレベーターが停止していましたが、午後10時前に運転を再開し、順次、客を地上に誘導しているということです。

【六本木ヒルズでEV停止】 六本木ヒルズでは地震の影響でエレベーターが停止していて、午後9時45分現在、52階フロアには降りることができない人が200人ほど待機しているということです。ここではスター・ウォーズ展が開催されているほか、展望台があり、多くの人がいたということです。

【展望台に160人取り残される】横浜ランドマークタワーの展望台「SKY GARDEN」によりますと、地震の影響で地上と展望台とをつなぐエレベーターが停止し、展望台にいるおよそ160人が取り残されているということです。午後9時半現在、運転再開のめどは立っていないということです。

【東海道新幹線は午後9時半過ぎに上下線とも運転を再開しました。(5/30 21:48)
東海道新幹線は、午後9時前、上下線とも新横浜~新大阪間で運転を再開しました。(5/30 21:35)】

【専門家「今回震源エリアでは最大クラスか」】東京大学の阿部勝征名誉教授は「今回の震源のエリアでは地下深くを震源とするM6クラスの地震が起きることはあるが、M8クラスだとすると観測が始まって以来最大クラスだ。ただ、過去の観測結果から余震は起こりにくいと考えられる」と話しています。

【専門家「プレート内部で起きた地震か」】東京大学地震研究所の古村孝志教授は「今回の地震は日本のプレート内部で起きる地震としては最大級ではないか。深い場所からプレートの内部を伝って揺れが広がるため、関東や東北、北海道など太平洋側の広範囲で強い揺れを観測した」と話しています。

【小笠原諸島と神奈川県で震度5強】(5月30日 20時49分)
午後8時24分ごろ、小笠原諸島西方沖の深さ590キロを震源とするマグニチュード8.5の地震があり、小笠原諸島と神奈川県で震度5強の強い揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




 

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

巨額利権の有る処に汚職あり FIFA 最高幹部に巨額賄賂事件

2015年05月29日(金)

 何ともオゾマシキ事件である。

 フェアプレーが求められるスポーツの世界にも政治の世界以上に
汚らしい賄賂授受が 『公然と』 行われていたらしい!

 ジャック・ワーナー・元・副会長は、南アフリカからだけでも
1000万ドル(約12億円) もの賄賂を受け取り私腹を肥やしていた!
 毎日新聞によれば、それを都合したのは南アフリカ政府だと云うから
国家を挙げてワイロ攻勢を行っていたことになる。
 賄賂を贈っていたのは、当然南アフリカだけではないだろうから
肥やした私腹にどれだけ入ったことであろうか?

 しかし、何故この事件の操作にに米国のFBIが熱心なのか解らなかった。

 毎日新聞記事には、以下の記述があり、これがベースにあるらしい。

 今回の事件は、米大手銀行ニューヨーク支店の口座を使って金銭の授受が行われるなど、米国の金融システムが利用された。
 米メディアによると、ニューヨークの連邦地検と連邦捜査局(FBI)が内偵を続け、FIFA幹部の米国人男性が11年に捜査協力をしたことから調べが進んだ。リンチ司法長官は今年4月まで同地検の検事正として捜査の指揮を執っていた。



サッカー:FIFA汚職 南ア側、元副会長に12億円 W杯招致賄賂か 米の起訴資料
 毎日新聞 - 2015年05月28日 東京夕刊


サッカー:FIFA汚職 日本協会「不正ない」 W杯招致、FIFAに「お土産」
 毎日新聞 - 2015年05月29日 東京朝刊

Yakusugi-Ball.jpg
     ⇒ 日本も屋久杉で作ったサッカーボールを
        手土産としてFIFAの理事に渡したと云う。
         『外交儀礼』と云うが賄賂との差は微妙!

FIFA汚職:会長に辞任圧力 欧州「再選なら脱退も」
 毎日新聞 - 2015年05月29日 08時12分




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

NHK 『あさイチ』 で 二日連続 「沖縄の旅」 『観光ガイド』では無かった!

2015年5月28日(木)

 NHK総合テレビで、朝ドラ(希:まれ)の後に続くバラエティ番組  『あさイチ』 で
 昨日・今日・二日連続で、篠山輝信さんの 沖縄旅行記 が放映された。

 篠山輝信(しのやま・あきのぶ;愛称「アッキー」)さんの母親は歌手・南沙織さん
とのことで、沖縄出身。 父親は写真家・篠山紀信だとのこと。
 ETV(旧:NHK教育テレビ)でビジネス英語の番組 『しごとの英会話』 に
今も出演しているので、以前より知ってはいました。

 その篠山輝信さんの 「沖縄の旅」レポートと云うことで、どうせ 『観光ガイド』だけ
だろうと鷹に括って昨日は見なかったのですが、Huffingtonpost にレビューが
掲載され 『観光ガイド』では無かったことを知りました。

南沙織の息子アッキーの「等身大の沖縄」レポートが深イイ!
 Huffingtonpost 2015年05月27日 19時50分 水島 宏明 法政大学教授


 そこで、今日は朝ドラに続いてみました。 

 そのレビュー記事を以下に書きます。

     ************

 今日(2015/5/28)の NHK【あさイチ】
きのうの、篠山輝信さんの沖縄旅行記の続き。


 全く『観光レポート』では無く、米軍基地問題に焦点を絞ったレポートでした。

 昨日は『どうせ観光だけだろう』と思って見逃してしまったのですが、
今日は見てました。

 おそらく、昨日も観光旅行記ではなく、
 沖縄戦と米軍基地問題が中心だったのだと思います。

 きのうの内容は Hufpost に詳しい! (上記リンク参照)

 今日も見事な編集でした。

 と云うのは、安倍晋三政権からの横やりが入らないように配慮して?
基地『賛成派』や米軍基地で働いている人や、
米軍や米兵相手に商売している人の声も紹介したり、
さらには政府答弁のごとき『抑止力』を主張する『視聴者の声』を
『公平中立』に紹介しながら、
(コメンテイタ―がこれらの意見にコメントせずに)
レポート映像で暗に『これらの意見を否定する構成』となっていたからです。

「米軍基地で仕事をしている人も多い」と云う意見(沖縄の人では無かった)
を紹介したあとに、次のようなレポートが放映されました。

米軍の放出品(家具調度など)を販売している2代目店主は、
「放出品が無ければ別の方法で仕事を工夫してやれると思う」と
米軍に依拠して安住している訳では無く、米軍が無くても大丈夫
と自信をもって語っていました。

また、基地返還後、商業施設の誘致で成功している北谷町、
農業に特化して成功しつつある読谷村などの事例を紹介して、
米軍基地を撤去した方が沖縄経済的にも発展を期待できることが
紹介されました。

沖縄放送局の西銘レポーターも
沖縄経済の米軍依存度は20年前の15%代から現在は5%代に
大幅に減少し、
米軍基地に依拠しなくてもやってゆけることを紹介していました。

レポートの最後は辺野古ゲート前。
基地移設反対運動のテントで座り込む人々の意見も紹介しながら
(ちょっと時間が短かったけど)、辺野古地域の人々の声も拾う
ことも忘れませんでした。
住民の人々は20年近くに亘って翻弄され続けて来たため
概して口は重く、それだけ基地の重圧が住民を苦しませ続けている
ことを示唆していました。

レポーターの篠山輝信さんが、要旨
「米軍が勝手に基地にしておいて代替え地を用意しろ、というのには
違和感を感じる」 との、率直な意見を述べると
コメンテイタ―の柳沢解説委員が、「米軍を主語にすると・・・」と断って
米国や日本政府の考え方を『公平中立に!?』伝えていました。
「米軍を主語にすると」と断った処にNHK解説委員としての
苦しい立場と工夫があったと私は理解しました。


 普天間・北谷・読谷・辺野古を回る今日のレポートも
優れたものだったと思います。

 昨日も書きましたが、報道特集ではなく、朝のバラエティ番組の形で
事実上1時間以上におよぶ 『報道番組』 を主婦が多く見ている
お茶の間に届けたのは、NHKディレクターと記者・レポーター
そしてNHK沖縄放送局の抵抗と闘いの姿勢を示したものとして
応援したいと思います。


なお、篠山輝信さんは、写真家・篠山篠山紀信さんと 
歌手・南沙織さんの息子さんであるとのことです。 

 
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




テーマ:NHK総合 - ジャンル:テレビ・ラジオ

戦争法案 平和安全特別委員会 志位共産党委員長による追究

2015年5月27日(水)

 5月20日の党首討論、昨日の衆議院・代表質問に続き、
 今日は、衆議院・ 平和安全特別委員会で日本共産党志位和夫委員長が
安倍晋三を徹底的に追究した!



22分頃から
2014年4月 NHKクローズアップ現代「イラク派兵10年の真実」
から引用して戦場の生々しい現実を紹介!

36分くらいから、
イラクに派遣された自衛官ら54人が自殺していることが明らかにされる。
戦死では無いとしても、事実上の『戦死』ともいえる状況です。
母親の訴え(クローズアップ現代から)
息子は「自衛隊のカウンセリングは『自死しろ』と言われているように聞こえる。」
 と言っていた。
その数日後自殺した。
安倍晋三「他の公務員と比べても自殺率が高いと聞き及んでいる」
 と他人事のような答弁。

43分前後から。
米国では60万人が戦時PTSDを患っている。
そして、年間8千人もの帰還兵が自殺している。
イラク・アフガンでの戦死者累計より年間自殺者の方が多い。
米国の大きな社会問題になっている。
無辜の市民をテロリストと間違えて殺してしまったことが悪夢となっている。
日本の青年にもこんな苦悩を押し付けるのか!

是非、上記リンクからご覧下さい!

明日(5/28)も、午後4時頃から 志位委員長が質問に立つそうです。


  2015年05月26日(火) 衆議院・代表質問 日本共産党・志位和夫委員長



  2015年05月20日(水) 衆議院・党首討論
  日本共産党・志位和夫委員長 VS 自民党・安倍晋三総裁

今日(2015/5/27)の衆議院の委員会で共産党の志位和夫議員が
安倍晋三への質疑・追究で引用した
NHK・クローズアップ現代 【イラク派遣 10年 “非戦闘地域の実相”】
 へのリンク

     どこからか圧力が掛かって 『削除される』 前に 御覧ください


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




テーマ:安倍内閣 - ジャンル:政治・経済

社説:安保転換を問う 首相の姿勢 毎日新聞 (2015/5/26)

2015年05月26日(火)


 毎日新聞が、暴走する安倍晋三にひと言申した社説!

 閉塞感の拭えないマスメディアにあっては頑張っている方かも・・・

 と云う訳で、全文引用します。

社説:安保転換を問う 首相の姿勢
 毎日新聞 - 2015年05月26日 02時30分
 

◇決めつけ議論をやめよ

 安全保障関連法案の国会審議がきょうから始まる。自衛隊の海外での活動が飛躍的に拡大し、戦後日本の安保政策の大転換となる法案である。徹底した議論が必要だ。

 そこで注文したい。異論や慎重論に耳を傾けようとしない安倍晋三首相の姿勢をまず改めよ、ということだ。異論を口にするのは「敵」だとばかりに切り捨て、自分の発言は「言論の自由だ」といったような独善的な姿勢のままでは論議が深まるはずがないからだ。

◇レッテル貼りはどっち

 首相はよく「レッテル貼り」との言葉を使う。今回の法案を社民党の福島瑞穂氏が「戦争法案」と批判した途端に首相が「レッテルを貼って議論を矮小(わいしょう)化していくことは甘受できない」と反論したのは記憶に新しい。結局、取り下げたが、自民党は一時、福島氏の発言に対し、議事録修正を求める行動にまで出た。

 私たちも「戦争法案」と決めつけるつもりはない。だが、それでは政府が今回、新法を「国際平和支援法案」と命名し、既存10法の改正案を一括して「平和安全法制整備法案」と名付けたのはどうか。これも一方的なイメージを国民に植え付けようとしているだけではないか。

 これは今回の本質的な問題でもある。先の党首討論では民主党の岡田克也代表が自衛隊の危険はこれで増すのかどうか、再三ただしたが、首相は明確に答えようとせず、後に中谷元防衛相は「自衛隊員のリスクが増大することはない」と語った。

 首相は従来「日本が外国から攻撃を受けた際、米国の若い兵士が命を懸けて日本を守るのが今の日米関係だ」と語ってきた。自衛隊も命を懸ける、あるいはその姿勢を示すことが日米同盟を強固にし、ひいてはそれが戦争の抑止になると首相は考えているのだろう。

 だから「今度の法整備で確かに危険は増すが、それを上回る国益がある」と言うのならまだ分かる。都合よくプラス面ばかりを語るのではなく、リスクもきちんと説明し理解を求めるのが首相の責務のはずだ。にもかかわらず「抑止力が高まるから安全だ」と言うだけではあまりにも説得力に欠ける。その一方で「夏までに成立させる」と結論のみを急ぐ。これでは到底賛成できない。

 首相は従来とあまり変わらないとも強調しているようだ。ならばなぜ憲法解釈の変更にまで踏み切り、大幅に法制を作り直すのか。同時に首相や自民党は憲法9条を改正し国防軍を設ける目標は変えていない。そんな中で今回の法制をどう位置づけているのか。疑問点は数多くある。

 こんな一節を紹介したい。
 「正しいと信じたことはすべて国民のためになる、だから何としてでもやり抜くのだという考え方は、一つの選民意識であり、専制政治に通ずる危険がある」
 1960年6月19日、日米安保条約の改定が国会で自然承認されたのを受けて掲載した毎日新聞の社説の一部だ。当時の首相は安倍首相の祖父、岸信介氏である。改定に際し、強行採決などを繰り返した岸氏の姿勢を厳しく批判した社説である。

◇リスクも誠実に説明を

 安倍首相はこの安保改定をしきりと持ち出し、「戦争への巻き込まれ論は当時も言われたが、それが間違っていたのは歴史が証明している」と言う。祖父と同様、今は批判があっても後世、評価されると信じているのかもしれない。

 当時、改定により米国の戦争に巻き込まれるという議論があったのは事実だ。ただし先の社説では「新条約が現行条約より改正されている点の多いのは事実」と認めている。過激なデモには毎日新聞など新聞各社が批判し、自制を求めていた。

 あの頃も国民の間には白か黒かだけではない多様な意見があった。それを踏まえて、歴代の政権は憲法9条と日米安保とのバランスを慎重にとってきたのである。

 自衛隊の海外派遣が初めて具体的に国内で議論となったのは90年夏のイラクによるクウェート侵攻からだ。時の海部俊樹内閣は海外派遣に道を開く国連平和協力法案を直ちに国会に提出したが、急ごしらえで憲法との整合性などについて政府の答弁は迷走した。そこで自民党はこれでは世論の支持は得られないといち早く判断し、自ら廃案を決めた。

 後の国連平和維持活動(PKO)協力法も3国会にわたる長い審議を経て成立した。かつての自民党には異論に耳を澄ます慎重さと度量の広さがあった。

 55年前の毎日社説は「正しいと信じ、ためになると考えたら、まず国民を納得させる努力が必要」と書いている。安保政策は国民の十分な理解と納得のうえに成り立つものだ。無論、それは今も変わらない。

      ◇

 国会審議がスタートするのに合わせ、改めて今回の法制の問題点や国際状況、そして日本の将来像についてシリーズで考えていく。 
 




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




テーマ:安倍内閣 - ジャンル:政治・経済

アイドル 「制服向上委員会」 が普天間問題で国会包囲呼び掛け

2015年5月25日(月)

 今日は、「普天間問題」と云う政治的話のなかで、少し柔らかい話!

 私は、実は公演やビデオも見たことは無いアイドルグループ
「制服向上委員会」 が普天間問題で国会包囲呼び掛けた と云う話です。

 これはスポーツ紙ではなくて、琉球新報の記事ですから真面目な話し。

 その記事によると、

 制服向上委員会は12~18歳のメンバーで構成するグループ。結成23年目。メンバーは常時入れ代わり、社会的な問題に目を向けて活動を展開している。東日本大震災以降は憲法9条を守る活動や反原発活動に力を入れ、歌を通して政府の施策などを批判している。
 辺野古移設についてメンバーが反対意見を強めたのは昨年、新基地建設反対運動を描いたドキュメンタリー映画「圧殺の海」を鑑賞したり、昨年9月に銀座で開かれた地元紙やフリーの写真家らによる辺野古の海を紹介した写真展を見たりしたことがきっかけ。 

     とのこと。

 中々「正統派」 の活動をしているようです。

「制服向上委員会」  Twitter

「制服向上委員会」  公式サイト

アイドル「制服向上委員会」が国会包囲呼び掛け
 琉球新報 - 2015年5月24日
 

 【東京】
 米軍普天間飛行場の辺野古移設計画の撤回を求める「5・24首都圏アクション国会包囲ヒューマンチェーン」(主催・同実行委員会)が24日、東京都の国会議事堂周辺で開かれる。主催者は1万人の参加を目指しており、国会を包囲することで新基地建設反対の沖縄の意思をあらためて訴える考え。
 行動の呼び掛け人の一人となったアイドルグループ「制服向上委員会」のリーダー・清水花梨さん(18)は「辺野古の海を守るために力になりたい」との思いを語っている。 
 制服向上委員会は12~18歳のメンバーで構成するグループ。結成23年目。メンバーは常時入れ代わり、社会的な問題に目を向けて活動を展開している。東日本大震災以降は憲法9条を守る活動や反原発活動に力を入れ、歌を通して政府の施策などを批判している。
 辺野古移設についてメンバーが反対意見を強めたのは昨年、新基地建設反対運動を描いたドキュメンタリー映画「圧殺の海」を鑑賞したり、昨年9月に銀座で開かれた地元紙やフリーの写真家らによる辺野古の海を紹介した写真展を見たりしたことがきっかけ。
 「このきれいな海がなくなることに衝撃を受けた」(清水さん)という。
 活動の原動力は、若い世代が考えて発言できる社会になってほしいという目標があるからだ。
 清水さんは取材に対し「私たちのしていることは特別なことではない。悪いことは悪いと言える環境を少しでもつくり、同世代の人たちが真剣に考えるきっかけになれれば」と語った。

 国会包囲行動ではメンバーが歌を披露し、メッセージを読み上げる。包囲行動は24日午後2時に始まり、3時15分と25分に参加者らが手をつなぎ国会を包囲する予定。県内からは稲嶺進名護市長や連合沖縄の大城紀夫会長、ヘリ基地反対協議会の安次富浩代表も参加し、移設反対を訴える。 




 2011/06/09 にアップロード  (何と福島第1原発事故から3ヶ月も経たない頃)
   『ダッ!ダッ!脱・原発の歌』(詞)鈴之助 (曲)AKIRA
    B,B,Break out Nuclear Power Plant

   ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会【PV】 
   (上の映像から2ヶ月半 随分歌い慣れてきた頃の Promotion Video)

   2011/08/31 にアップロード
   『ダッ!ダッ!脱・原発の歌』PVが完成しました!


   国民は東電のドレイじゃない!/制服向上委員会
    2012/07/04 に公開

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

護憲運動にとって 【緊急事態】 憲法改正・『緊急事態条項』を最優先

2015年5月24日(日)

 「緊急事態条項は、大災害や他国からの武力攻撃の際、
首相の権限を強化することなどが柱。」と言うが、
ファシスト安倍晋三の狙いは、「首相の権限を強化」の一点にある!
思いのままに『緊急事態』を宣言すれば、オールマイティ=何でもヤリ放題!
これは、ヒットラーのやり方と殆ど同じ手法。
際限なく安倍晋三の『権力』が肥大し暴走することは明らか!

 『環境権』も「公共の福祉」を意図的に読み替えた『公益』のためと称して
「環境権を制限することができる」ことが主目的になることは目に見えている。
 この点の追求はどのメディアも弱い!

  しかし何と言っても『緊急事態条項』を憲法に入れさせてはならない。 
 国民の自由と民主主義を侵害しようとする政府の手を縛る憲法の本来の趣旨
(立憲主義)と真っ向から対立する条項である。
 政府が国民の自由と民主主義を侵害することを認める、
すなわち国民の手を縛る条項である。

 まさに、護憲運動にとって 【緊急事態】 である!

 この条項が民主主義破壊のヒットラー型『独裁政治』に道を開く
恐ろしい条項であることを国民の多くに知らせてゆく必要がある!

     ***************

緊急事態条項を最優先 憲法改正、自民党方針
 西日本新聞 - 2015年05月23日 17時40分
 

 自民党は憲法改正に関し、他党の賛同が得やすいとみる緊急事態条項、環境権、財政規律条項の中で緊急事態条項を衆院憲法審査会などで最優先に議論する方針を固めた。自民、公明両党内に慎重論がある他の2項目に比べ、合意形成が見込めると判断した。自民党幹部が23日、明らかにした。26日に審議入りする安全保障関連法案をめぐり与野党対立の激化が予想され、審査会での改憲議論は停滞する可能性もある。
 緊急事態条項は、大災害や他国からの武力攻撃の際、首相の権限を強化することなどが柱。 





*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済

JR長崎線 特急×特急 間一髪で正面衝突を回避 あわや大惨事!

2015年5月23日(土)

 昨夜、JR長崎線で起きた間違った線路に特急が入り込んだ事故は、
急停車した車輌と駅に停止中の車輌の距離が100mを切る間一髪の事態!

2015-05-22_Nishinippon_JR-Incident-01.jpg

【特急あわや衝突】93メートル手前で緊急停止
 西日本新聞 - 2015年05月22日 17時43分 更新

   (以下、掲載した画像は、西日本新聞 5/22・23付け より)

2015-05-22_Nishinippon_JR-Incident-02.jpg

 急停車後の両方の列車の距離は僅か93m。
 特急の速度のままだったら、僅か数秒遅れていたら激突していただろう。
  (時速36km/時で、秒速10m/秒。 108km/時で、秒速30m/秒。 )

 NHK などの報道によると 

  22日午後0時20分ごろ、佐賀県白石町のJR長崎線、肥前竜王駅で、長崎発博多行きの上りの特急「かもめ20号」が停止していた線路に、博多発長崎行きの下りの特急「かもめ19号」が向かい合わせに進入しました。「かもめ19号」は、正面衝突する可能性に気付いて、「かもめ20号」のおよそ120メートル手前で緊急停止しました。 
 JRによりますと、2本の特急には合わせておよそ220人の乗客が乗っていましたが、けが人はいないということです。この影響で、2本の特急は午後6時すぎまで、現場でおよそ6時間、立往生したままとなりました。

    とのこと。  その後、距離は93mであったと訂正発表されています。

特急間の距離を93メートルと訂正 JR九州
 西日本新聞 - 2015年05月22日(木) 20時32分


150524_182323.jpg

 空車ではなく、双方の車輌に230人の乗客が乗っていたようで、
あわや「大惨事」の重大インシデント(緊急事態)だったようです。

150524_182501.jpg

 
 先日、250名以上の犠牲者を出したJR尼崎事故から10年を経過したばかり!

 そういう重要な時期に、JRで事故が相次いでいるのは憂うべきことです。

     Nishinippon_20150523-01.jpg

 以下に幾つか記事またはリンクを引用します。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【特急あわや衝突】93メートル手前で緊急停止
 西日本新聞 - 2015年05月22日 17時43分 更新
 

 22日午後0時20分ごろ、佐賀県白石町のJR長崎線肥前竜王駅で、下りの博多発長崎行き特急「かもめ19号」(7両編成)が、上りの長崎発博多行き特急「かもめ20号」(6両編成)が停車していた待避線に進入し、緊急停止した。93メートルの距離で列車は向かい合わせになったが、衝突は回避した。乗客乗員計約230人にけがはなかった。運輸安全委員会は事故につながりかねない「重大インシデント」と判断し、調査官2人を現地に派遣した。

 JR九州によると、19号は直前の午後0時11分ごろ、走行中に列車床下の異常音を感知し、肥前竜王駅のすぐ手前の単線区間で停止。安全を確認し、運行を再開したところ、20号が停車していた待避線に進んだため、運転士が手動で非常ブレーキをかけ停止させた。

 ブレーキをかける前の速度は時速約35キロで、19号の先頭車両と2両目の一部が20号と同じ線路に入った。長崎線は肥前竜王駅を含む肥前山口−諫早が単線。肥前竜王駅は無人駅で列車が擦れ違うための待避線があった。

 19号と20号は本来、長崎寄りの隣の肥前鹿島駅で離合する予定だったが、19号の異常音感知に伴い、肥前竜王駅に変更されていた。

 JR九州によると、19号が異常音で停車した際、運行を管理する博多総合指令は、運転士の不正確な報告から、現在地を実際より100メートル手前と認識。指令は、駅近くにある信号機の手前に19号が停車していると判断し、信号機を赤にした上で、運行再開時には手動でポイントを操作して、待避線ではなく、本線を通過させる予定だった。

 しかし、実際には19号は運転席が信号機を過ぎた場所に停車しており、赤信号を無視する形で運行を再開したことで、待避線に進入したという。

 JR九州の松本喜代孝取締役安全推進部長は同日夜記者会見し、「お客さまに多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわびする。衝突の危険性があり、深く反省している」と述べた。

 長崎線は肥前山口−肥前鹿島が約6時間にわたって不通となり、2本の特急の乗客は全員下車し、JR九州が用意したバスで肥前山口駅や長崎駅に向かった。運休は上下線合わせて32本。6千人に影響が出た。

 ◆JR九州が会見、意思疎通が不十分「ミスではない」

 「JRになってから、こういった事態は初めて。衝突の危険性があった。深く反省している」。JR九州の松本喜代孝取締役安全推進部長は22日夜、福岡市の本社で記者会見し、深々と頭を下げた。

 会見には約30人の報道陣が駆けつけ、松本氏らがホワイトボードを使って状況を説明した。それによると、運転士は電車内のモニター表示から、博多総合指令に現在地を伝えたが、実際とは、ずれが生じていた。指令は、誤進入したかもめ19号が、駅より手前の赤信号を確認できる場所に停車していると認識。信号を無視する形で19号が運行を再開した結果、指令がポイントを本線に切り替える前に、待避線に進み、ニアミスを招く結果となった。

 JR側は、列車の正確な現在地を確認する詳細なルールがなく、運転士と指令員の意思疎通が十分ではなかったことを今回の事態の原因に挙げたが、小林宰取締役運輸部長は「(運転士らは)マニュアルにのっとって行動しており、ミスではない」と繰り返した。

 松本氏は「安全確保が最大の使命だと思っている。手綱を締め直す」と語り、再発防止策を早期に講じる考えを示した。

  西日本新聞 : 記者:貞松保範、片岡寛 

 

上り特急停車中の線路に下り特急が進入、緊急停止 佐賀
 朝日 DIGITAL - 2015年5月22日22時12分


特急×特急 正面衝突避け緊急停止 佐賀
 NHK NEWS WEB - 2015年5月22日(土) 19時20分
 

  ( 2015年5月)22日正午すぎ、佐賀県白石町のJR長崎線・肥前竜王駅で上りの特急列車が停止していた線路に下りの特急列車が向かい合わせに進入し、正面衝突を避けるため緊急停止しました。JRによりますと、2本の特急にはおよそ220人の乗客が乗っていましたが、けが人はいないということです。

 22日午後0時20分ごろ、佐賀県白石町のJR長崎線、肥前竜王駅で、長崎発博多行きの上りの特急「かもめ20号」が停止していた線路に、博多発長崎行きの下りの特急「かもめ19号」が向かい合わせに進入しました。「かもめ19号」は、正面衝突する可能性に気付いて、「かもめ20号」のおよそ120メートル手前で緊急停止しました。
 JRによりますと、2本の特急には合わせておよそ220人の乗客が乗っていましたが、けが人はいないということです。この影響で、2本の特急は午後6時すぎまで、現場でおよそ6時間、立往生したままとなりました。

 JR九州によりますと、2本の特急は当初、隣の肥前鹿島駅ですれ違う予定でしたが、ダイヤが乱れていたため、急きょ肥前竜王駅ですれ違うことになったということです。
しかし、なぜ同じ線路に進入したのか、原因は分かっていません。
 また、「かもめ19号」は、このトラブルの直前、異音に気付く別のトラブルがあり、安全を確認して運転を再開したばかりだったため、時速35キロほどで走行していたということですが、本来は肥前竜王駅をより速い速度で通過する予定だったということです。
 JR九州は「衝突事故には至らなかったが、極めて重大な事象と受け止めている」として、原因の究明を急いでいます。


列車の動きは

 JR九州によりますと、博多発長崎行きの下りの特急「かもめ19号」は午後0時10分すぎ、佐賀県の肥前竜王駅の手前で床下で異音を感じたため、運転士が列車を非常停止させ、駅の構内に入る青信号を僅かに超えたところで停車しました。この影響でダイヤが乱れ、当初、予定されていた長崎発博多行きの上りの特急「かもめ20号」とのすれ違いは、隣の肥前鹿島駅から肥前竜王駅に急きょ変更となりました。下りの特急の点検が行われていた午後0時20分すぎ、上りの特急が肥前竜王駅の1番線のホームに停車しました。そのすぐあと、下りの特急は点検を終えて安全を確認し、指令に報告したうえで運転を再開しました。
 下りの特急は本来、駅の2番線のホームを通過して上りの特急とすれ違う予定でしたが、ホームの手前にあるポイントで1番線のホームに続く線路に入っていきました。このため、運転士が異変に気付き、さらに1番線ホームに列車が止まっているのを確認したことから、非常ブレーキをかけて列車を停止させたということです。
 この時、下りの特急と上りの特急との距離はおよそ120メートルでした。
ホームの手前にあるポイントは、ふだんは自動で制御されていますが、当時はダイヤの乱れの影響で、手動での制御を行っていた ということで、JR九州ではポイントの切り替えの経緯など、原因を詳しく調べています。


事故調査官を派遣

 佐賀県のJR長崎線・肥前竜王駅で、上りの特急列車が停止していた線路に、下りの特急列車が向かい合わせに進入したトラブルで、国の運輸安全委員会は重大な事故につながるおそれがあったとして「重大インシデント」として調査することに決め、事故調査官2人を現地に派遣しました。 



長崎線の信号トラブル、特急があわや正面衝突
 西日本新聞 - 2015年05月22日(金) 17時37分
 

  JR九州によると、22日午後0時20分ごろに発生した長崎線肥前竜王駅(佐賀県白石町)の信号トラブルは、上り特急かもめ20号が停車中の線路に、下り特急かもめ19号の先頭車両が進入し、緊急停車する事態となっていたことが分かった。正面衝突の恐れがあった。安全確認と調査のため、午後5時現在、肥前山口-肥前鹿島間で運転を見合わせている。今後も大幅な運行遅延が見込まれるという。 




特急あわや正面衝突、運輸安全委が調査
 TBS系(JNN) 2015年5月23日(土) 18時29分配信
 

 22日、佐賀県のJR長崎線で特急列車同士が正面衝突しそうになったトラブルで、国の運輸安全委員会は23日朝から調査を進めています。

 運輸安全委員会の事故調査官は23日午後、トラブルが起きたJR長崎線・肥前竜王駅で、2時間余りにわたり調査を実施しました。

 このトラブルは、22日午後、肥前竜王駅で、上りの特急列車が停車していた線路に下りの特急列車が誤って進入したものです。運転士が異変に気付き、緊急停止しましたが、あわや大惨事となるトラブルで、JR九州は22日夜会見を開き、謝罪しました。

 JR九州によりますと、トラブルの直前、運行を管理する輸送指令と下り列車の運転士との間で列車の位置に関して食い違いがあり、赤信号を無視する形で運転を指示したということです。事故調査官は運転士らからも直接話を聞いていて、24日も引き続き調査にあたる予定です。(23日17:38) 




特急あわや衝突、調査官ら現地の駅構内設備確認
 読売新聞 - 2015年5月23日(土) 20時34分配信
 

 佐賀県白石(しろいし)町のJR長崎線肥前竜王駅で、上り特急の停車線路に下り特急が進入し緊急停止したトラブルを巡り、運輸安全委員会の鉄道事故調査官2人が23日、現地調査を行った。

 調査官は国土交通省の職員2人、JR九州の社員12人とともに、特急が進入した現場近くの信号や自動列車停止装置(ATS)の場所などを約2時間にわたって確認した。楠元哲彦・主管調査官は「駅構内の設備などを確認した。関係者の話や記録を分析し、できるだけ早く調査結果を報告できるようにしたい」と語った。

 調査は24日も実施し、福岡市のJR九州本社などで運転士や指令員らから聞き取りを行う方針。

 トラブルは22日午後0時20分頃に発生。下り特急「かもめ19号」が、上り特急「かもめ20号」とすれ違う際、誤って20号が停止中の駅内の線路に進入した。19号は両特急間の距離93メートルの位置で緊急停止し、正面衝突は避けられた。

最終更新:5月23日(土)21時17分 



<長崎線トラブル>事故調査官、運転士と指令職員を聴取
 毎日新聞 - 2015年5月23日 10:31
 

 佐賀県白石町のJR長崎線肥前竜王駅で、2本の特急が正面衝突の直前に危険を回避したトラブル(22日)で、国土交通省運輸安全委員会の鉄道事故調査官2人が23日午前、福岡市博多区のJR九州本社で関係者から聴取した。午後、現地で調査する。

 原因は運転士と指示を出すJR九州博多総合指令(福岡市)の間の連絡ミス。このため、調査官は運転士と指令職員2人の計3人を聴取した。
 調査官は取材に対し、「聴取は明日まで行う。(原因は)まだ分からない」と話した。


 トラブルは22日正午過ぎに発生。本線(単線)を走行していた下り特急「かもめ19号」が誤って待避線に進入し、停止してすれ違いを待っていた上り特急「かもめ20号」に接近。非常ブレーキをかけて、93メートルまで近づいて止まった。けが人はなかった。

 運転士が自らの位置を「鳥栖から49キロ地点」とキロ単位で伝えたため、指令が正確な位置を把握できず、ポイントを適切な位置に切り替えられなかった。JR九州は運転士からの報告内容を100メートル単位に改めるなど、規定の変更を検討している。
  【尾垣和幸、平川昌範】 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

共産党志位委員長質問に 「ポツダム宣言読んでいない」安倍首相

2015年5月22日(金)

 侵略戦争の間違いを認めず、ポツダム宣言は 「読んだことがない」
 と開き直る安倍首相。

     ****************

 一般人や百歩譲って 『改憲に無関心な国会議員』 ならいざ知らず
総理大臣が 「読んだことがない」 とは噴飯もの

 「戦後レジームの脱却」 と唱えていた総理が、彼の言う肝心要の
「戦後レジーム」 の 『基本中の基本』 を勉強せずに語っていたとは!?
大本を知らないなら 「脱却」 する方途も解るはずがない!

 自民党総裁である総理大臣さえ 「ポツダム宣言は読んだことがない」
と云うなら、殆どの自民党国会議員が読んだことがないと云うことだろう
 (中には、熟読している議員が何人かは居るかも知れませんが・・・)

 安倍総理が 『呪文』 のように唱える 「戦後レジームの脱却」 とは、
ただ単に 「憲法第9条」 を廃止し、戦争できる国にしたいだけ!

 まさに『呪文』であり、「憲法改正の亡霊」 に呪縛されているとしか言えない!

     ****************

 以上は、各紙のWeb記事を読む前に書いたものだが、このように考える
人々や解説委員は少なくなかった。
 言い換えれば、誰でもそう思うことを安倍晋三は解っていなかったと云う話し!

「これが安倍総理の本心だ」 共産党・志位委員長
 tv - asahi - 2015年5月21日(木) 16:19 


「ポツダム宣言読んでいない」安倍首相に憲法学者が怒りの声
 日刊ゲンダイ - 2015年5月22日(金)
  (末尾に全文引用)

日本の戦争を「間違った戦争」とさえ言えぬ首相
 戦争法案を提出する資格なし
 党首討論 志位委員長の発言 (詳報)

 しんぶん赤旗 - 2015年5月21日(木)



        党首討論後に志位委員長が会見
   安倍総理に対して答えやすい簡単な質問にして長々とくだらない答弁で
   僅か7分という短い質問時間を浪費させないように工夫したとのこと。
   その短時間の質問で、決定的に重要な答弁を引き出したのはさすが!

“「ポツダム宣言」を読んでいない”――首相の資格なし
 党首討論後 志位委員長が会見

 しんぶん赤旗 - 2015年5月21日(木)


     *****************

 田村貴昭さんによるコメント - 2015年5月21日(木) 

 党首討論の時間、委員会は休憩となり、私も第一委員室で傍聴した。わが党にとって11年ぶりクエスチョンタイム。発言席の志位委員長にうるっとしてしまった。
侵略戦争の間違いを認めず、ポツダム宣言は「読んだことがない」と開き直る安倍首相。

「日本の、過去の戦争の善悪の区別のつかない首相に、アメリカの戦争の是非を判断できるわけがない。戦争法案提出の資格はなし」。まさにそのとおり。首相の資質がないことを、戦争法案撤回のたたかいの中で、しっかり訴えていこう。

今朝の新聞から。 上から毎日、朝日、日経 


20150521_Silly-Abe01.jpg
     毎日新聞 - 2015年5月21日(木)

20150521_Sii-debate01.jpg
     朝日新聞 - 2015年5月21日(木)

20150521_Sii-debate02.jpg
     日経新聞 - 2015年5月21日(木)

戦争の善悪の区別がつかない首相に戦争法案提出の資格なし
 党首討論で志位委員長が追及 “「ポツダム宣言」読んでいない”と首相

 しんぶん赤旗 - 2015年5月21日(木)


党首討論 党本部に反響続々
 考え抜かれた論理 ■ 戦争法案提案者の正体暴いた

 しんぶん赤旗 - 2015年5月21日(木)


ポツダム宣言の歴史知らず「戦後レジームの打破」とは
 志位委員長が指摘

 しんぶん赤旗 - 2015年5月22日(金)


     *****************

「これが安倍総理の本心だ」 共産党・志位委員長
 tv - asahi - 2015年5月21日(木) 16:19 

 共産党の志位委員長は、安倍総理大臣が以前にポツダム宣言について「違和感を覚えた」と述べていたことを指摘し、「これが安倍総理の本心だ」と批判しました。

 20日の党首討論で、志位委員長は、ポツダム宣言を引用し、「過去の日本の戦争は間違った戦争という認識はあるか」とただしました。
 これに対し、安倍総理は、「ポツダム宣言を詳らかに読んでいないので論評を控えたい」と明言を避けていました
 共産党が明らかにしたところによりますと、2005年発行の雑誌の対談で、安倍総理は「ポツダム宣言というのはアメリカが原爆を落とし、日本に惨状を与えた後、『どうだ』とばかりにたたき付けたものだ」と語っていました。そのうえで、「あたかも自分自身が戦勝国であるかのような態度で日本の総理を責め上げる。大変な違和感を覚えました」と述べています。志位委員長は、「戦勝国が勝手に突き付けたものであって、破り付けたいというのが安倍氏の本心だ」と指摘しました。共産党は、安保法制を巡る今後の国会審議で安倍総理の歴史認識を改めて追及する方針です。 



「ポツダム宣言読んでいない」安倍首相に憲法学者が怒りの声
 日刊ゲンダイ - 2015年5月22日(金)
 

 世界中がアングリしたに違いない。20日の党首討論で「ポツダム宣言を読んでいない」と言い放った安倍首相。ライフワークのように「憲法改正」を唱えながら、憲法学の大家である芦部信喜氏を知らないなど、これまでも政治家としての資質に「失格」の烙印が押される言動は多々あったが、今回ばかりは驚天動地の発言だ。

「私はまだ、つまびらかに読んでいない。論評は差し控えたい」

 共産党の志位和夫委員長から「ポツダム宣言」の認識を問われ、こう答えた安倍首相。
「つまびらかに」なんてモゴモゴ言っていたが、ゴマカシていたのは明らかだ。


「ポツダム宣言」は45年7月に米英中が大日本帝国に対して発した降伏勧告で、軍国主義を民主主義に改めるよう求めた。日本は8月15日にこの宣言を受諾。方針を具現化するために作られたのが日本国憲法だ。言葉や経緯は中高生でも知っている。 

 そもそも安倍首相の持論は「戦後レジームからの脱却」だ。その戦後体制が始まったのが「ポツダム宣言」であり、「脱却」を主張するなら、「つまびらか」に知っているのは当然だろう。さらに言えば、終戦直前に当時の鈴木貫太郎首相は会見で「ポツダム宣言」について「黙殺して断固戦争完遂に邁進」と発言したため、米国が激怒。広島・長崎の原爆投下を決断するきっかけになったとも指摘されている。

 安倍首相の「読んでいない」という発言は、この鈴木元首相の「黙殺」に並ぶ失言だ。仮にドイツのメルケル首相が「ベルリン宣言」を「読んでない」と国会で発言したら、たちまち世界から総スカンを食らうのは間違いない。安倍首相の発言は、それぐらい非常識なのである。

 九大名誉教授の斎藤文男氏(憲法)が言う。

「『ポツダム宣言』は戦後の民主化、非軍事化を進めた世界秩序であり、民主主義国家となった日本の出発点です。政治家として(経緯や詳細を)知っているのは当たり前で、『読んでいない』というのが本当なら『政治家になるな』と言いたい。それに安倍首相は『戦後レジームからの脱却』を叫び、ポツダム宣言以降の体制を否定しているのだから、国会で堂々と論戦すればいい。ノラリクラリはぐらかすなんて許されないし、国会軽視も甚だしい。そんな政治家が自衛隊を世界中に派遣し、戦争に加担させる安保政策の大転換法案を国会に提出している。まったく許せません」

 その通りだ。結局、安倍首相は国民のためでも、深い政治信条があって動いているワケでもない。「憲法改正」も「(先の大戦は)侵略戦争ではなかった」という主張も、祖父の故・岸信介元首相の“遺言”を実践しているだけ。A級戦犯の亡霊首相の妄言に、今も付き合わされる国民は、つくづく不幸である。 





*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済

次のページ

FC2Ad