FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

オスプレイ「本土への訓練移転進める」 のではなくアメリカに帰れ! アメリカでは訓練できる場所が無い?

2012年10月1日(月)

 ほんまに野田首相は何を考えトンのんか?

     【Youtube】オスプレイ6機が普天間に飛来

     沖縄タイムス提供 2012年10月1日(月)
    (途中で2012年9月29日と字幕が出るが編集間違いだろう)

 「安全は確認された」 から沖縄に移動すると云う。

それじゃあ岩国基地周辺および訓練空域の人々は実験台だったのか?

オスプレイ「安全性は確認」=野田首相、地元に理解求める
 (時事通信) - 2012年10月1日(月)13:02



     オスプレイ6機が普天間へ 岩国から、配備強行

       米軍岩国基地を離陸したオスプレイ
       =1日午前8時50分、山口県岩国市
       (共同通信) 2012年10月1日(月)09:36


 その上、「安全は確認された」 と云うのが全く信用できない。

 「安全である。絶対『過酷事故』は起こらない」と言ってきた原発が

暴走していることをもうお忘れか?!


     オスプレイ6機、沖縄向け飛行

   防衛省によると、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ
   6機が1日午前、一時駐機先の米軍岩国基地(山口県岩国市)から
   普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に向かった=9月24日撮影
   【時事通信社】 2012年10月1日(月)09:49 (米海兵隊提供)


 機体の構造上のミスではなくて、操縦ミスで落ちるならば安全 なのか?

 その「未亡人製造器」の愛称を持つオスプレイ6機が今日沖縄に移動した。

九州上空を総ナメにして・・・


     米軍岩国基地周囲を2機編隊で飛行するオスプレイ

     岩国市上空 【時事通信社】 2012年9月27日(木)19:05


明日には、12機全部の移動が完了するだろう!

     **************

 沖縄での猛反発を受けてかどうか? 野田首相は

【オスプレイの本土への訓練移転を具体的に進めるなど、
 全国でも負担を分かち合うよう努力したい】


 と、お馬鹿なことを言ったと云う。

首相、オスプレイ「本土への訓練移転進める」
 (読売新聞) - 2012年10月1日(月)14:04


 日頃はおとなしい沖縄の人々があれほど怒っているのである。

 本土では、もっと大きな反発に会うことが解らないのか?

 本土で痛みを分かつのではなくて、アメリカに持って帰って訓練すれば良い!

 しかし、ハワイでは住民の反対にあって訓練基地を設けられなかった。

遺跡の保存とと住民の生活に配慮したのだと云う。

 アメリカでは、こんな危険なモンスターの訓練を許されないので

日本で訓練するというのが本音なのではないだろうか?


    オスプレイ6機が普天間へ 岩国基地から、沖縄は反発

       米軍普天間飛行場に着陸するオスプレイ
       =1日午前11時7分、沖縄県宜野湾市
       (共同通信) 2012年10月1日(月)11:43


 日本では、住民の生活や安全はないがしろにしても訓練基地化を強行し

アジア支配の基地としているのに、政府は文句一つ言えない。

 「安保条約(安全保障条約)があるから何も言えない」のか?

 安保条約に関わらず、国民の安全を保証するのが政府の役目のはず!

 国民の安全を保証できない安保条約なら止めてしまえば良い。

 日本政府が一方的に通告すれば、1年後には基地を無くすことができる。

それが「安保条約」上の取り決めである。


     駐機中のオスプレイ6機=普天間飛行場

         (時事通信) 2012年10月1日(月)12:21


    沖縄県議会が全会一致で緊急抗議決議
【県議会(喜納昌春議長)は1日、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ6機が普天間飛行場に飛来したことを受け、配備に抗議する緊急の抗議決議を全会一致で可決した。県議会がオスプレイ配備に反対する決議を全会一致で可決するのは3度目。

 「県民の声を無視し続ける(日米)両政府の対応は、言語道断で到底容認できない」と指摘。米軍普天間飛行場の固定化に強く反対し、オスプレイ全機の撤収と普天間飛行場の閉鎖・撤去を強く要求するとしている。】

     沖縄タイムス − 2012年10月1日 16時26分


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 
オスプレイ6機、沖縄に初配備
=普天間飛行場で本格運用へ―米海兵隊

 (時事通信) - 2012年10月1日(月)12:21
 

 米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ6機が1日午前、一時駐機先の米軍岩国基地(山口県岩国市)から普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に移動し、同飛行場に初めて配備された。

 岩国基地からは6機が午前8時50分ごろから同9時20分ごろにかけて相次いで離陸し、沖縄まで約1000キロを2機編隊で飛行。1機目が午前11時7分ごろに、最後の6機目が同11時47分ごろに普天間飛行場に着陸した。

 岩国基地には12機が駐機。米軍によると、残りの6機については2日以降、試験飛行や整備が終わり次第、沖縄に移動する。安全性を懸念し、配備に反対する沖縄県が一段と反発するのは必至だ。

 森本敏防衛相は記者団に対し、「オスプレイは岩国での飛行が終われば順番に移動することになっており、最初のフライトはおおむねアメリカが考えた通りに実行されたのではないか」と述べた。

 オスプレイは沖縄配備後、米軍が日本本土に設定した低空飛行訓練ルートでも運用される。運用への不安は全国的に広まっている。 



首相、オスプレイ「本土への訓練移転進める」
 (読売新聞) - 2012年10月1日(月)14:04
 

 野田首相は1日、沖縄県の米軍普天間飛行場に新型輸送機MV22オスプレイが到着したことを受け、「政府として、安全性は十分確認できた。運用に際し、地域住民の生活に最大限配慮することが大前提だ。国民、地元の皆様の理解をお願いする」とした談話を発表した。

 首相はこの中で、「オスプレイの配備は我が国の安全保障に大変大きな意味がある」とした上で、「オスプレイの本土への訓練移転を具体的に進めるなど、全国でも負担を分かち合うよう努力したい」として、沖縄県の負担軽減を進める考えも強調した。 



首相「住民生活に最大限配慮」 オスプレイ移動で談話
 (朝日新聞) - 2012年10月1日(月)13:21


オスプレイ「安全性は確認」=野田首相、地元に理解求める
 (時事通信) - 2012年10月1日(月)13:02
 

 野田佳彦首相は1日、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが沖縄県の米軍普天間飛行場に到着したことを受け、「同機の安全性は十分確認できた」とし、国民や地元への理解を求めるメッセージを発表した。

 首相は「オスプレイは米海兵隊の能力の中核を担う優れた装備であり、日本への配備はわが国の安全保障にとって大変大きな意味がある」と指摘。同機の運用に際して「安全性はもとより地域住民の生活に対して最大限の配慮が行われることが大前提だ」と強調した。

 また、「普天間飛行場の一日も早い移設・返還、沖縄の負担軽減に一層力を入れて取り組む」と表明。「オスプレイの本土への訓練移転を具体的に進めるなど、全国でも負担を分かち合っていくよう努力したい」との考えを示した。  



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 

スポンサーサイト