FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

最近の水泳

 以前は、毎週1000m泳ぐことを決めていたが、このところは、500m程度に留まっている。

 その代わり、「田中雅美のスイミング」というビデオを見て、ストリームラインと水を掴むという練習に時間を費やしている。

 「ストリームライン」というのは、壁をキックして体をできるだけ真っ直ぐにして水の抵抗をできるだけ少なくして進むというものである。
 水面を行くと波が立って相当抵抗が大きく進みにくいが、潜水して進むと抵抗は比較的少ない。それでもせいぜい8m程度しか進めないが…

 そういう練習を何回もする訳だ。

 「水を掴む」練習というのは、平泳ぎのような大きなかき方ではなく、最初は手の平だけを動かして水をつかめるようにするというものである。
 下半身が重さで沈むので、膝の間にフロートを挟んで浮かせる。
だから足で水をキックすることはない。
 
 そして、手の平の動きを少しづつ大きくしていって、肘から先くらいまでは動かすようにする。腕までは動かさない。

 それで、顔をつけて一息で頭を上げずに進むのだ。
最初は10mも行かなかったが、2月ごろには相当距離が伸びた。

 そして、先々週と今週は25mを息継ぎ無しで到達することができた。
昨日(2月22日)、測ってみたところ、始めは、一ストローク0.7mから0.8mだった(すなわち25mを30ストローク程度)だったが、次第に伸び、最終的には20ストローク一息で25m到達することができた。すなわち1ストローク1.25mということになる。

 この泳ぎ方の場合は、スタート時に壁をキックせず静かに始まるので、正味の距離である。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

スポンサーサイト



世界に 「恥の上塗り!」 中川財務相(当時)

中川財務大臣(当時)は、バチカンでも恥の上塗りをしたという。


    (写真は共同通信配信より借用)

 G7の記者会見で醜態を演じた後、物見遊山に出掛けたバチカン博物館で、
進入禁止柵を乗り越えて中に入るは、
美術品の台座に腰掛けるは、
歴史的価値の高い美術品に素手で触るは、
 やりたい放題。

 美術品の周辺に設けられた
【不正侵入者発見のためのセンサー】 を起動させる
という 『非常事態』 まで起こした。

 酔っ払いの行動そのものでもあるが、普通の酔っ払いなら美術館には入らないだろうし、泥酔者は入れてくれない。

 あまりにもお粗末な限りであるし、日本人として恥ずかしい。
まともな判断力もない、阿呆としかいえない。

阿呆太郎に、阿呆財務大臣(当時)。
W阿呆の友達内閣だった訳だ。

 こんな野郎が政府の閣僚であったことが日本の恥を世界に晒すものである。
国会議員であることそのものも問題である。

 議員辞職勧告決議が行われても致し方ないであろう。

 まぁ、解散総選挙を行うのがまず最初に取るべきケジメだと思うが・・・

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


中川氏、バチカン博物館で“美術品お触り”
        サンスポ 2009.2.22 05:05
 辞任した中川昭一前財務相(55)に21日、新たな“脱線行為”が明らかになった。失態を演じたG7(先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議)での記者会見後、見学したバチカン博物館で、美術品の周囲に設けられた柵を乗り越えるなどしたというもの。同日、ローマ法王庁(バチカン)関係者の話で分かった。これは“もうろう”というより“酩酊”。風邪による体調不良という理由はますます怪しくなってきた。

  マナー違反というにはあまりにお粗末。中川氏は、世界有数の収蔵品を誇るバチカン博物館でも醜態をさらしていた。

 ローマ市内のホテルで14日午後4時5分(日本時間15日午前0時5分)、“もうろう”会見を終えた中川氏は、その足でバチカン博物館へ。約3時間半後のローマ出発までの時間を利用し、“視察”を行った。

 本人の希望で事前に日程に組み入れていただけに、財務省幹部やバチカン博物館の職員らをお供に、作品を鑑賞すること約1時間半に及んだ。だが、その間にとんでもない行動に出ていた。

 ローマ法王庁関係者によると、大蛇に襲われるギリシャ神話の登場人物をかたどった有名なラオコン像にたどり着いた際、周囲にめぐらされた柵を大胆不敵にも乗り越えたという。即座に警報が鳴り響く事態に。さらに、触れてはいけない美術品にも、素手で1、2回触った。

 しかし、いずれの場合も博物館職員は問題行為ととらえず、制止することはなかった。またバチカン側も今後、中川氏に抗議などをする考えはないという。

 そこで、サンケイスポーツ連載「突撃! 永田町」でおなじみの政治評論家、有馬晴海氏は「(風邪)薬のせいであるわけがない。この国を担う者は、お酒を飲んではいけないときがある」と中川氏サイドが否定している“飲酒疑惑”にあらためて目を向けた。

 さらに有馬氏は、野党間に中川氏へ「議員辞職」を迫る動きがあるとをした上で「自分のためにも、1度議員を辞めてケジメをつけ、次期衆院選で有権者に審判を仰ぐのもいいかもしれない」と議員失格のラク印を押した。


あきれた中川さん、バチカン奇行…博物館でタッチ、警報鳴る(読売新聞) - goo ニュース

中川前財務相、バチカンでも騒動=G7後、博物館で柵越え警報(時事通信) - goo ニュース

中川氏、バチカンでもお騒がせ 美術品に素手・警報作動(朝日新聞) - goo ニュース

中川氏、柵越え美術品触る バチカン博物館で、会見後(共同通信) - goo ニュース