FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

強制わいせつ 男性に無罪

またも初歩的な証拠固めを怠った安易な逮捕による『冤罪事件』に無罪判決が出された。

 ひとたび起訴されれば、無罪の被疑者でも99%有罪になると言う、異常な日本の捜査と裁判のあり方に、新たな一石を投じた判決とも言えよう。

 今回は、被害者による『面割り』の信憑性が判断されているようで、画期的である。

 この事件とは異なるが、最近の『痴漢事件』等の中には、意図的に無実の男性を陥れて金を巻き上げるという手口の犯罪も増えているだけに、痴漢・暴行・強制猥褻などの取り調べにおいては被疑者とされた方にも強圧的ではない真摯な取り調べが必要である。

 今回の事件では、突然自宅に警官が来て1か月間も拘束された、と言うから多くの無実の人がこの段階で屈伏してしまう。
 無実とはいえ、この方は良く頑張って身の潔白を頑として維持できた。
 今の警察の一方的に犯人と決め付けるやり方に抵抗できた意志の強さに敬意を表したい。

 無実だから当然という意見もあるかも知れないが、敬意を表しなければならないほど、今の警察は「嘘でも成果を上げろ」主義の腐敗した取り調べなのだ!


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


強制わいせつ、男性に無罪=「被害者の識別に合理的疑い」−大阪地裁(時事通信) - goo ニュース

「強制わいせつ」で無罪 大阪地裁、アリバイ成立認める(共同通信) - goo ニュース

*******************
以下、朝日新聞から引用

 強制わいせつ致傷、無罪
   大阪地裁、「面割り」に疑問

        朝日新聞 2009年2月18日6時7分

 強制わいせつ致傷の罪に問われた大阪府高槻市の自営業の男性被告(44)に対し、大阪地裁は17日、無罪(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。中里智美裁判長は「犯行が被告によるものという確固たる証拠はない」と述べた。

 男性は昨年3月16日早朝、高槻市の路上で20代の女性に背後から抱きつき、仰向けに倒れたところを馬乗りになって胸を触るなどし、ひざにけがをさせたとして起訴された。大阪府警に逮捕されて以降、男性は「まったく身に覚えがない」と一貫して無罪を主張してきた。

 判決は、まず被害女性について、
事件当時は多量に飲酒していたことなどから「観察能力に問題があった」 と指摘。
女性が人物写真9枚の中から男性を「容疑者」として選んだ「面割り捜査」をめぐっては、男性の写真だけが自宅近くで隠し撮りされたうえに建物などの背景が映っており、ほかの人物は正面を向いた全身写真などだったことから
「均質性に問題があり、女性が暗示を受けた可能性が否定できない」 と述べた。

 また、新聞配達の女性が「犯人は(事件現場に近い)男性宅の駐車場に走って逃げ込んだ」とした目撃証言について「視線を終始向けていない可能性がある」と信用性を否定。
さらに 事件当日、男性が祖母の法事を控えていたことを挙げ、「その明け方に常軌を逸した事件を起こすとは常識的に理解できず、男性を犯人とするには合理的な疑いが残る」 と結論づけた。

 判決後、男性は朝日新聞の取材に対し、「ほっとした。でも、これからどうやって生活を立て直せるのか」と話した。
男性によると、昨年3月末、警察官が突然自宅を訪ねてきて逮捕され、約1カ月間にわたり拘束された という。
弁護人の一人は「警察は男性を容疑者と決めつけて捜査し、検察も証拠が薄いまま起訴した。遺憾だ」と話した。
           (宮崎園子) 


強制わいせつ致傷、無罪 大阪地裁、「面割り」に疑問(朝日新聞) - goo ニュース

スポンサーサイト



中川財務大臣辞任し、与謝野経済・財政大臣が兼務

 辞めどきを見誤り、麻生政権の傷口をますます広げた中川財務大臣だが、
朝は「任務を果たしたい」と引き続き続投の意思表明
昼は「予算と関連法案が衆議院で可決されたら辞任」
夕方には「辞任しました」

と、くるくる代わる『スッタモンダ』の醜態をさらけ出して辞任した。

時まさに、ヒラリー・クリントン米国国務長官(外務大臣)が来日して政財界の要人と分刻みで会談を続けているさ中。

辞任会見の午後7時頃には、政敵民主党の小沢代表と会見している頃という皮肉な巡り合わせ。

本当にG7会見後の後処理においてさえ世界中に醜態をさらけ出して日本の『恥の上塗り』をしでかしてくれた。

一つ前の記事では、「世が世なら切腹ものだ」と私は書いたが、
一方では、中級国家ならクーデターものだ。

事実、中級国家であった戦前の日本では、政界の体たらくを好機と捉えた軍部が【血盟団事件】【5.15事件】【2.26事件】と連続してクーデターを起こし、クーデターそのものは鎮圧されたが、これを鎮圧した軍部(統制派)が政治的影響力を大きく拡大し、満州事変を含む軍部の暴走を許す結果となってしまった。

マスコミの市民へのインタビューで、政治指導者の無能に憤る市民が「もっとリーダーシップを発揮して欲しい」とある意味正論を述べているのだが、裏返すとヒットラーのような輩の台頭を許す素地ができつつあるのではないかと私は怖れる。

ところで、中川財務・金融大臣の後釜は、与謝野経済・財政大臣の兼務だと言う。
これには疑問というか突っ込み処が色々ある。
まずは、
そんな兼任できる程度のものなら初めから分割する必要が無かったんじゃないか?
さらに、
新たに適材を任命せず、兼任で済まそうということは、麻生内閣も最早終わりであることを首相自身が認識し始めているということか?
実際には、
兼務で済むということは、やはり大臣は飾り物で、官僚が取り仕切っていることの証明ではないか?

結局、『阿呆首相』でも国の運営ができてしまうと言うところに官僚国家日本の実情が現れている。
こういう状況では、政治主導だとか官僚支配打破と言っては見ても官僚がほくそ笑むだけのことであろう。


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************