JUNSKY blog 2016

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

JAL 運航システムダウン

JAL、30便に最大49分の遅れ
…運航システムダウン

         読売新聞 2008年11月30日(日)20:09
 30日午前8時35分ごろ、日本航空の運航業務システムがダウンし、一部の機能を手作業に切り替えた。

 システムを再起動して約2時間後に復旧したが、国内線26便と国際線4便に最大で49分の遅れが出て、約4500人に影響した。

 日本航空によると、ダウンしたのは、ホストコンピューターと各空港、各便をつなぐシステム。26日にシステムの機能を追加する改修作業を行っており、改修で加わったデータ量が予定よりも多かったため、処理できなくなりダウンしたとみられる。

JAL、30便に最大49分の遅れ…運航システムダウン(読売新聞) - goo ニュース

日航のシステムダウンで遅れ 計30便、約4500人に影響(共同通信) - goo ニュース

 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」
スポンサーサイト

これほどの危険人物が制服組TOPだったとは!

 2日前の河北新報(東北を中心に発行)のメルマガに、産経新聞での報道として、あの田母神・前航空幕僚長(空自制服組TOP)が、「日本も核武装するべきだ」と公言していることが、引用されていた。
 うっかり、この重大なニュースを見落としていたことをお詫びする。

******************
 彼は、イラクなど“PKO活動”などの現場での「銃器の使用も当然だ」と国会での参考人質問でも平然と言ってのけたが、核武装まで公言するとは、とんでもない輩が自衛隊の制服組を支配していたことになる。
 その上、第二次世界大戦・太平洋戦争の真相も教えられずに「大東亜戦争史観」を所謂「田母神学校」で教え込まれた“将校”が、今も大勢自衛隊に残存し、高級・中堅幹部になっていることを考えると、現在進行形の話である。
 今、幹部になっている40代・50代の人間は、1960年代前後に生まれた人々であるから、彼らが物心付いた頃には、教育現場における戦争の影も薄められ、高度成長期に青春を謳歌していた年代であろう。
 そういう政治や戦争に対して基礎を築いていない、言わば無垢な状態に、
「大東亜戦争史観」や「靖国史観」を注入されたとすれば、忌まわしき靖国伝染病に感染している可能性は高いし、自衛隊内に拡散していると言わなければならない。
 パンデミックが今まさに起ころうとしているのではないだろうか?

 【日本国憲法打倒のクーデター】
  が、起こっても不思議ではない状況に陥っているのかも知れない。


 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」

**************************

田母神氏、核武装の必要性に言及 産経新聞で

 歴史認識に関する政府見解を否定する論文を発表して更迭された田母神俊雄・前航空幕僚長が28日付の産経新聞のインタビューで「民主主義だったら核武装すべきだという意見もあっていい。核兵器を持たない国は核兵器を持った国に最終的には従属させられることになりかねない」と述べ、日本の核武装の必要性に言及した。
 日本は唯一の被爆国として非核3原則を堅持しているだけに、前空自トップが核武装を求めたとも取れる発言をしたことは、近隣諸国に懸念を与えかねないほか、文民統制(シビリアンコントロール)の問題もあらためて問われそうだ。
 これに関し河村建夫官房長官は同日午前の記者会見で「退職した人の発言にコメントする立場にない。それぞれ言論の自由は保障されている」と述べるにとどめた。
 インタビューで田母神氏は「北朝鮮が核兵器を持ちたがる理由は1発でも米国に届く核ミサイルを持てば、武力制圧が絶対できなくなるから」と指摘。その上で「核兵器の基本が日本では議論されたことがない。核兵器を持つ意思を示すだけで核抑止力はぐんと向上する」と強調している。
               2008年11月28日金曜日  


【河北新報】2008年11月28日

通知受け裁判員候補者

「辞退は?」「どんな制度?」
=問い合わせ800件超−通知受け裁判員候補者

時事通信 2008年11月29日(土)21:30
 来年から始まる裁判員制度で、裁判員候補者に選ばれた人への通知書が29日から届き始めたのを受け、最高裁が東京都内に開設した候補者専用のコールセンターには同日、問い合わせなどの電話が約870件あり、約50人のオペレーターが応対に追われた。

 最高裁によると、「どんな場合に裁判員を辞退できるのか」など、辞退に関する質問が全体の約半数を占めた。このほか、「どういう制度なのか」「どうやって選ばれるのか」などの問い合わせも目立った。「裁判員になりたくない」「候補者名簿から削除して」などの苦情も約40件あったが、目立ったトラブルはなかったという。 
[時事通信社]
「辞退は?」「どんな制度?」=問い合わせ800件超−通知受け裁判員候補者(時事通信) - goo ニュース

 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」

インドの主要都市ムンバイ(旧ボンベイ)で大規模テロ

 インドの急速な発展を象徴する大都市であり、日本や欧米からの有名企業も集積しているムンバイ(旧名ボンベイ)で、死傷者四百人にも迫るような大規模な同時多発テロが行われた。

 宗教テロ(イスラムVSヒンズー)とも政治テロとも言われているが、このテロの目指すものが何であるのか? さっぱり解らないと言うのが私のような素人の見方である。
 このテロは、一部の原理主義者を除いては、誰からも支持される事はないであろう。
 政治的あるいは宗教的アピールとしても、何も伝わってこない。
 
 まだ、「911テロ」の方が「アメリカによる世界支配への反逆」という意味で、目的が明確であったと言えるかも知れない。

 テロという暴力で世界が変わるという時代は既に過去のものである。


  写真は火災によって煙を上げるタージマハルホテル
   (2008年 ロイター/Peter Keep)

【[ムンバイ 27日 ロイター]2008年11月27日(木)17:54
 インドの商業都市ムンバイで26日夜に起きた同時攻撃では、日本人1人を含む少なくとも101人が死亡し、287人が負傷した。

 日本のメディアによると、死亡した日本人は三井丸紅液化ガスの津田尚志さん(38)で、視察旅行に同行していた同僚1人もけがをしたという。】


テロは国外グループの犯行=「周到に計画」とインド首相 

       時事通信 2008年11月27日(木)22:30
 【ニューデリー27日時事】インドのシン首相は27日、国民向けにテレビ演説を行い、死者100人以上を出した西部ムンバイでの同時テロについて、「周到に計画され、うまく仕組まれた攻撃」であり、「国外に拠点を置くグループ」による犯行との見方を示した。

 シン首相は「注意を引く標的を選び、無差別に外国人を殺害することで、恐怖感を引き起こす意図があった」と指摘。「国外に拠点を置く実行犯がわが国の商都ムンバイに、大惨事をもたらそうという決意でやって来たのは明白だ」と述べた。 


テロは国外グループの犯行=「周到に計画」とインド首相(時事通信) - goo ニュース

 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」

ムンバイ同時攻撃、邦人含む100人以上が死亡(トムソンロイター) - goo ニュース 11月27日 17:54

邦人8人、脱出できず=インドの2ホテル、政府救出急ぐ(時事通信) - goo ニュース 2008年11月27日(木)18:30

ムンバイ同時テロで制圧作戦開始 インド治安部隊(共同通信) - goo ニュース 2008年11月27日(木)20:20


金賢姫(キム・ヒョンヒ)が書いた便箋73枚に亘る手紙

 金賢姫の「盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時、国家情報院がMBC・KBS・SBSの地上波3社を動員し、大韓機爆破事件はでっち上げだったという疑惑を広める工作を行っていた」との証言が嘘なのか、国家情報院の方が『でっちあげ』を行っていたのかは、これだけの情報では解らないが、「大韓機爆破事件」という大事件に関わるものだけに真相究明が求められる。

以下は、朝鮮日報のWeb版【chosun Online】からの引用。
http://www.chosunonline.com/article/20081127000014

【社説】大韓機爆破事件を覆そうとした国情院とTV局
     朝鮮日報日本語版 2008/11/27 09:22 

  
 1987年に起こった大韓航空(KAL)858便爆破事件の実行犯だった金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚は先月、「北韓民主化フォーラム」の李東馥(イ・ドンボク)常任代表に便せん73枚にわたる手紙を送った。そこで金元死刑囚は「盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時、国家情報院がMBC・KBS・SBSの地上波3社を動員し、大韓機爆破事件はでっち上げだったという疑惑を広める工作を行っていた」「放送局のインタビューに答えるようにという国家情報院の指示を拒否したことで自宅を追われ、逃避生活を送って5年になる」などと現在の状況を打ち明けた。2003年11月に放映されたMBCの『PD手帳』を皮切りに、SBSやKBSも、「金賢姫は当時の安全企画部がでっち上げた人物だった可能性がある」ことを広めるための番組を放映した。カトリック正義具現司祭団などの団体も会見を通じ、この疑惑を広めるのに一役買った。

 金元死刑囚は手紙の中で、「(盧武鉉政権発足から1年目の)2003年10月、国情院のある担当官から外国に移民するよう促された。その理由は国情院の内部事情のためだと聞いた。国情院から何度も『PD手帳』に出演するよう要請を受けていたが、それを受け入れなかったのが問題になったようだ」「三つの放送局が一斉に自宅周辺の取材を始めた。結果的に自宅の場所が知られるようになり、ある日の深夜に子供たちを背負って逃げ出すしかなかった」ことなども明らかにした。

 『PD手帳』は2003年11月18日に「16年の疑惑、KAL爆破事件実行犯金賢姫の真実」を放映した。そこでは「金賢姫は北朝鮮の工作員ではなかった」と主張してきた勢力に対し、数百万人の視聴者の前で自らの主張を訴える場が提供された。今年4月に米国産牛肉の狂牛病(牛海綿状脳症〈BSE〉)疑惑をあおったのと同じ手口だ。この番組が放映された5日後の11月23日にはカトリック正義具現司祭団が会見を開き、いわゆる「7大疑惑」を持ち出した。11月29日にはSBS『それが知りたい』も同じような内容を取り扱い、KBSは翌年5月の『日曜スペシャル』で2部に分け、2週連続でほかの2社が取り扱った内容を拡大して放映した。国情院や地上波放送局3社、またそれ以外の団体までもが金元死刑囚に対して一斉に圧力をかけてきたのだ。

 金賢姫元死刑囚は「MBCとSBSはわたしが出演を拒否したのが気にくわなかったのか、自宅を撮影して公開した」と打ち明けた。金元死刑囚は自らの立場と自宅の住所が一般に知られるようになると、北朝鮮から直ちに命を狙われる人物だ。金正日(キム・ジョンイル)総書記の前妻であるソン・ヘリムの姉の息子でありながら韓国に亡命し、北朝鮮の体制批判を行ってきた李韓永(イ・ハンヨン)氏は、1997年に北朝鮮工作員とみられる人物に殺害されている。


 盧武鉉政権が行った複数の歴史委員会もだまってはいなかった。2005年には国情院の「過去史発展委員会」、07年には「真実和解委員会」が金元死刑囚について調べようとしたが、金元死刑囚はこれに応じなかったという。金元死刑囚は「すでに司法が3回も裁判を行ったことを、過去史発展委が4審、真実和解委が5審を行うとすれば、これはまさしく人民裁判だ」と主張する。

 国情院は1987年の事件当時には金元死刑囚に対して取り調べを行い、その後は一貫して金元死刑囚を保護、監督してきた。その国情院が今度は政権の意向に沿うために、過去5年間にわたりこのような行為を行い続けてきたというわけだ。盧武鉉政権の5年間に行われた「歴史の書き換え」の嵐が残した恥ずべき痕跡だ。

 今後は金元死刑囚が手紙で主張した内容が事実なのかを調べる作業に直ちに取りかからなければならない。問題は国の莫大(ばくだい)な予算で運営されている国情院と、盧武鉉政権発足で雨後の筍のように登場し、国の予算を食いつぶした歴史委員会だ。これらが当時の政権の意向に沿う形でか弱い女性を迫害するという、まさしく「権力テロ」を行ってきたその内容について最初に明らかにすべきだろう。次にその先頭に立った地上波3社も自ら真実を明らかにして謝罪すべきだ。

*****************

 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」

【関連記事】

大韓機爆破:金賢姫元死刑囚、5年前から逃避生活(上)

大韓機爆破:金賢姫元死刑囚、5年前から逃避生活(中)

大韓機爆破:金賢姫元死刑囚、5年前から逃避生活(下)



自民・民主が“結託”して「党首討論」から他党を排除

「衆参いずれかで10人以上」
  が党首討論に参加する条件だという。

大政党が小政党を排除するために定めた基準である。

 各党の党首が、国民の負託を受けて論戦するという最も重要であり、注目するべきイベントさえ、『二大政党制』を誘導するための道具と化している。

 他の野党が討論への参加を要望したのに対して、自民・民主がそれぞれ相手に責任をなすり付けるような対応で、「党首討論」への参加を排除した。

 自民党は、「民主党に対応を委ねた」と言い、
 民主党は、「他党参加の条件に討論時間の延長を主張」
 し、折り合わなかった」ということになっているが、
初めから「排除ありき」で、ハードルを設けたに違いない。 

 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」

共産、社民、国民新も「党首討論参加したい」
       asahi.com 2008年11月26日(水)20:41

 共産、社民、国民新の野党3党の国会対策委員長が26日、自民党の大島理森、民主党の山岡賢次両国対委員長に対し、28日の党首討論への参加を申し入れた。大島氏は民主党に対応を委ねたが、山岡氏は他党参加の条件に討論時間の延長を主張し、折り合わなかった。討論は今回も民主党のみ45分間と決まった。

 党首討論の条件は、与野党の申し合わせで「衆参いずれかで10人以上の会派」。04年4月を最後に民主党以外の野党党首は参加していない。

共産、社民、国民新も「党首討論参加したい」(朝日新聞) - goo ニュース

*********************************

党首討論、28日で正式合意=自・民(時事通信) - goo ニュース

麻生首相と小沢代表、初の党首討論28日に(朝日新聞) - goo ニュース

解散・総選挙は「来春以降」 って言うけど できるかな?

 もう、「解散」の機会を失してしまったのは、紛れもないことのようだ。
安倍内閣、福田内閣に続いて、麻生内閣も小泉が築いた圧倒的過半数の『魔力』に金縛り状態に陥ってしまった。

 こうなると麻生内閣の末路は、安倍・福田に続いて惨めな辞職をおいて他には無いであろう。

 テレビ朝日調査では既に支持率3割を切り、他の調査でも低迷状態を脱するどころかますます深めている。

 福田内閣は、1年間はどうにか維持したが、これは「一日でも安部内閣よりは長持ちしたい」という志の低い願望によるものであったのだが、麻生内閣は2ヶ月で既に福田内閣の1年分以上支持率を下げた。

 自民党内でも様々な波が立っているようである。

 麻生降ろしが激化してくれば、又また“総理”辞職(総辞職ではない)会見を開いて、自滅するであろう。
 その日は、あまり遠くないような気がする。
 あの五人揃い踏みの大演出も、今や大いなる馬鹿騒ぎであったことを殆どの国民が見破っている。

 次の自民党総裁選挙では、複数立候補も「二番煎じ」となるし、どうにも国民を騙す手段が見つからないという羽目に陥りそうである。
 マスコミも国民がこれだけ苦しんでいる時に、馬鹿騒ぎに付き合っている場合でもなかろう。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」


解散は「来春以降」強まる
   首相の補正先送りに民主反発

        共同通信 2008年11月25日(火)18:27

 麻生太郎首相が25日、2008年度第2次補正予算案の今国会提出を見送る方針を表明したのを受け、与党内では年末年始の衆院解散・総選挙の可能性は薄れ、来年度予算が成立する来春以降に先送りされるとの見方が強まった。自民党の細田博之幹事長が同日午後、民主党の鳩山由紀夫幹事長と国会内で会談し首相方針を伝えたのに対し、鳩山氏は「了承できない」と強く反発、再考を求めた。

 

 解散は「来春以降」強まる 首相の補正先送りに民主反発(共同通信) - goo ニュース

「蟹工船」学ぶ 現在の雇用情勢と合致 秋田市教委

「秋田魁新報」さきがけ On The Web で紹介

「蟹工船」ブームは、若者がマンガ「蟹工船」や小説を自らの労働状況と『同一化』するなかで広がっている。
新潮文庫は50万部以上増し刷りし、60万部以上売れているとのこと。
これにマンガ「蟹工船」を加え、新潮文庫以外の岩波や新日本などを合わせるとミリオンセラーにも迫る勢い。

 一方では、共産党やいわゆる民主勢力と呼ばれる団体が学習会や50年以上前に制作された映画の上映会を行うなど、若者以外の層にもリバイバルブームを起こしている。

 今日のニュース(さきがけ On The Web 2008/11/22 19:17 配信)は、
秋田市教育委員会主催の市民大学講座
  「秋田の文学者とその作品」

という生涯学習の機会に取り上げたという話である。

 共産党員・作家の代表作を教育委員会のイベントで取り上げることそのものが画期的と言えるであろう。

 ご存知のように多くの自治体で教育委員会は体制順応派や右翼勢力で占められている。
 東京都教委や大分の腐敗を見ても明らかである。

 そういう意味でも、秋田市教育委員会の姿勢は自主性のあるものであると言えるであろう。
 他の自治体の教育委員会でも見習って欲しいものである。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」


以下、【さきがけ On The Web 】の記事引用 

 「現在の雇用情勢と合致」 秋田市、
  「蟹工船」学ぶ



         多喜二の「蟹工船」について学ぶ市民

 秋田市教育委員会主催の市民大学講座「秋田の文学者とその作品」が22日、同市大町のサンパル秋田で開かれた。北条常久・市立中央図書館明徳館長が、大館市生まれの作家小林多喜二が79年前に発表した「蟹工船」について解説した。

 市民約60人が参加。北条館長は、カニの缶詰を製造する労働者が搾取に耐えかねてストライキを起こした粗筋に沿って、「『集団』や『組織』を強調したため主人公はいない」などと解説。一方で「革命や共産といった視点ではなく、最近は『文学』としての面から見直される時代に入ってきた」と語った。

 蟹工船が若者の間で脚光を浴びていることについては、多喜二に関する著書の解説を引用しながら「工場法や航海法を無視した蟹工船の労働形態が、低賃金で働き、会社の都合で簡単に解雇される現在の若者の雇用情勢と合致する点があるためではないか」などと説明した。 

GM、破産法適用の申請も検討

 アメリカの「BGI3」(3大自動車メーカー)の一角であるGM(ジェネラルモーターズ)が、日本で言えば「民事再生法」に相当する「破産法」の申請を検討し始めているというニュースが、共同通信から配信されている。

 先日、アメリカ議会の公聴会で“証言”した「BIG3」経営者の態度と甘い考え方が大方の議員の反発を買ったことが一因であるらしい。
 とりわけ、彼らが専用ヘリコプターで議会に駆け付けたことが、その精神構造を疑わせるに余りあるものであったとのニュースが出ていた。

 「BIG3」の一角が崩壊すればライバル会社は楽になる?という訳には行かない。
アメリカ国民の気分が落胆に陥り、他社にも連鎖的に悪影響が広がることは間違いない。

 そして、その経済上の破綻は、当然に日本の自動車メーカーや部品メーカー、さらには全世界のメーカーに拡大してゆくであろう。
 そういう思惑もあって、「つぶせはしないだろう」と甘く考えた経営者の資質が当に議会での総スカンを食った訳であり、言わば足元をすくわれたのである。

      
          米ミシガン州デトロイトの
          GM 本社ビル(共同)

GM、破産法適用の申請も検討
   政府救済の行き詰まりで

【ロサンゼルス21日共同】経営危機に陥っている米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)の複数の取締役が、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請を含めたすべての選択肢を検討する意向を示していると、21日の米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が報じた。
 GMが期待する米政府資金による支援の実現が行き詰まっている事情が背景にあるとみられる。
 GMのワゴナー会長は米議会の公聴会で破産法の適用申請が「現実的な選択肢ではない」と証言。これまでも申請は検討しない姿勢を示してきたが、ワゴナー氏を支持した取締役会も一枚岩でないとみられ、今後の経営判断に影響を与える可能性がありそうだ。
 同紙によると、政府支援の実現を最優先に目指す方向では一致しているが、一部の社外取締役らは破産法適用の申請も除外していない。GM側は取締役会が申請について議論したことは認めているという。
 GMは経営破たんにより米経済に深刻な影響が及ぶと強調。政府支援をめぐる議会の検討は12月に先送りとなった。

       河北新報 2008年11月22日

 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」

海自のイージス艦ミサイル迎撃試射 失敗!

“成功した”場合はテレビニュースでも大々的に宣伝(報道という名目で)するが、失敗したときは地方版の新聞に掲載されるだけなのだろうか?

 こういうアメリカの軍需産業をボロ儲けさせるためだけの『装備』に税金を大量に注ぎ込むことは絶対に反対である。

 国民の安全を真剣に考えるのなら、このような絵空事に金を使うのではなく、今目の前で困難に陥っている医療・福祉・社会保障・雇用安定政策にこそ使って欲しい。

********************
東北で発行されている、河北新報によれば、
【海自のミサイル迎撃試射失敗
   イージス艦、米ハワイ沖で】
 2008年11月20日
ということらしい。

  防衛省は20日、日本を狙う弾道ミサイルに対処するミサイル防衛(MD)計画で、海上自衛隊のイージス艦「ちょうかい」が搭載した海上配備型迎撃ミサイル(SM3)の発射試験を米ハワイ・カウアイ島沖で実施し、標的の迎撃に失敗したと発表した。
 防衛省によると、SM3はイージス艦から正常に発射されたが、迎撃数秒前に標的を見失ったという。
 SM3の発射試験は昨年12月にイージス艦「こんごう」で成功。ほかに2隻でMD対応の改修を進める方針だが、今回の失敗で計画に影響が出る可能性も出てきた。
 実験は現地時間19日午後4時21分ごろ(日本時間20日午前11時21分ごろ)、ハワイの米軍施設で行われた。今回の訓練は前回と違い、標的の発射時間を事前にイージス艦に知らせず、実戦に近い形で実施したが、模擬のターゲットに当たらなかったとみられる。
 日本のMDは海上に展開するイージス艦のSM3が大気圏外で敵の弾道ミサイルを迎撃し、撃ち漏らすと航空自衛隊の地上配備型の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が着弾直前に撃墜する2段構え。防衛省は今年9月、PAC3の発射試験に成功している。 



 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ (左のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
こちらは、「人気ブログ・ランキング」

次のページ

FC2Ad