FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

畠山鈴香被告の初公判は7月以降か


  (写真は、彩香ちゃんの遺体が発見された付近に手向けられた花束
    =能代市二ツ井町荷上場の藤琴川)

秋田小1児童殺害事件−59
*************************

本日も【さきがけ On The Web 】から畠山鈴香さんの公判に関するニュースを。

****************************
畠山被告の初公判は7月以降か
  検察側、立証に自信


 畠山被告は昨年6月25日から同8月9日にかけて、殺人罪などで相次ぎ起訴されたが、初公判前に争点や証拠を絞り込む公判前整理手続きが長引いており、公判はまだ始まっていない。関係者は「手続きは終盤に差し掛かっている。ただ、詰めの部分で時間がかかる」と話す。

 今回の事件で検察側は、彩香ちゃん事件の物証の乏しさを認めながらも、取り調べに対する畠山被告の供述調書や犯行を裏付ける関係者の供述調書など膨大な証拠があるとし、立証には自信を示す。

 一方、弁護側は昨秋以降、検察側が開示した証拠に、接見した畠山被告の話を踏まえて弁護方針を検討。その上で今月、彩香ちゃんに対する殺意や捜査段階での自白の任意性、豪憲君殺害時の刑事責任能力について争う姿勢を示している。

 秋田地裁、検察側、弁護側は5月以降も引き続き争点整理を行う予定で、初公判は7月以降になる公算が大きい。


さきがけ On The Web (2007/04/10 08:52 更新)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
ついでにワン・クリックしていただければ嬉しいです。

*******************************************

もう一本。
子どもに笑顔戻る 藤里町
****************************
子どもに笑顔戻る
  藤里町、連続児童殺人事件から1年



彩香ちゃんの遺体が発見された付近に手向けられた花束=能代市二ツ井町荷上場の藤琴川
 藤里町の連続児童殺人事件の発端となった畠山彩香ちゃん=当時(9つ)=殺害事件は9日、発生から丸1年を迎えた。町民の心の傷あとを計り知ることはできないが、町は平穏を取り戻し、子どもにも笑顔が戻った。

 「おはようございます」。9日午前7時半すぎ、平穏を取り戻した静かな町に、集団登校する藤里小児童らの明るい声が響いた。

 6日に入学した新1年生にとって初の登校日。真新しい黄色の帽子をかぶった新入生たちは、上級生に守られるように列をつくって学校に向かった。途中まで付き添った新入生の母親からは「これなら安心」と安どの声が漏れた。

 彩香ちゃんの遺体が発見された能代市二ツ井町荷上場の藤琴川の川岸には、真新しい花束が並んでいた。近くの住民は、「彩香ちゃんのことをかわいそうに思う親類や友達らが置いていったのではないか」と話した。

 事件の舞台となった同町粕毛の朝日ケ丘団地。畠山被告が住んでいた家は、今もそのままの状態で残る。すでに町は解体する方針を決定、畠山被告の1回目の公判終了後に実施する予定だ。

(2007/04/10 08:39 更新)

****************************
秋田小1児童殺害事件−59

    【連載第1回目から読む】    前のページ(58)へ    次のページ(60)へ    
スポンサーサイト



海自に来て!奇抜なCFでアピール

【海上自衛隊が、「秘密戦隊ゴレンジャー」などで知られる「戦隊シリーズ」をイメージした奇抜なPR用のコマーシャルフィルム(CF)を製作】(YOMIURI)して、一部幹部自衛官の顰蹙を買っているという。

いわゆる“若者受けする”イメージ宣伝そのものであるが、『敵もやるもの』で、護憲派も、せめてこれくらいのインパクトのある宣伝を展開する必要があるだろう。

改憲派は、若者を取り込もうと、こういう側面でも着々と布石を打ってきている訳だ。
ゴレンジャー(相当古いか?)シリーズで育った若者も、自衛官適齢期になっているという所が狙い目なのだろう。
そういう目で見れば“良くできた”CFである。

相手の作戦を知るために、護憲派の方も御一見を!

ここをクリック

これを書いた日の夜、テレビでたまたま「ベスト電器」のCFを見たら、これと全く同じコンセプトだったので、ズッコケタ!。
出演者が5人と言うところ、ゴレンジャーみたいな仕草をするところ、各自の映像のあとストップモーションになるところ、等など全く表現方法が同じ。
おそらく、同じ広告代理店の同じチームが制作したのだろう。
なんと安直な発想だろう。
おそらく海自からCF制作を頼まれたチームが「前にやったあの手で行こう!」と安直に造ってしまったのだろう。
そうでなければ盗作だ!


海自に来て!奇抜なCFでアピール…幹部は絶句(読売新聞) - goo ニュース
***************************
海自に来て!
  奇抜なCFでアピール
    …幹部は絶句

     2007年4月9日(月)12:00 YOMIURI オンライン

 海上自衛隊が、「秘密戦隊ゴレンジャー」などで知られる「戦隊シリーズ」をイメージした奇抜なPR用のコマーシャルフィルム(CF)を製作した。

 「若者や子供の世代の興味を引くよう意識した」というが、その奇抜さに、幹部会議では全員が一瞬言葉を失ったほど。海自は陸・空自に比べ、隊員募集が低迷し、不祥事も続くが、このCFでなんとかイメージアップにつなげたいという。

 30秒間のCFは、隊員役の5人の俳優がゴエーカーン(護衛艦)、ショーカイキ(哨戒機)など主要な装備品と共に次々と登場。実際に戦隊番組のナレーションも手がける声優が、「任務に終わりはない。行け!海上自衛隊」などと叫びながら、番組宣伝風に紹介する内容だ。


*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
ついでにワン・クリックしていただければ嬉しいです。

*******************************************