FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

首相官邸Web管理者はNTT出身の国会議員

 今夜のWBS(World Business Satelite)を見ていたら、NTT出身の内閣広報補佐官である世耕衆議院議員が官邸のホームページやメルマガの責任者として奮闘している姿を映し出していた。

 旧来は官僚が作成の責任者であったらしいが、安倍内閣になってこのNTT出身の現役政治家(国会議員)に替え、この面でも官僚主導から政治家主導に切り替えているらしい。

 さらには、1年間の契約で大手検索サイトのホームページを作っていた現役Webデザイナーを起用して、若者向けの発信に心がけているようである。
特にパソコンよりも携帯からのアクセスを重視しているようだ。

 メルマガ登録者も携帯版がパソコン版より一桁多いという。

 護憲派、反核派等などの民主勢力も、これに負けないWeb戦略を打ち出す必要があるだろう。

 もっとも、メルマガ読者に登録しているからと言って、毎日見ている訳ではない。私も幾つかメルマガを登録しているが、一通り読むものは、殆どない。
 良くて、見出しを読むだけ。中には読まずにそのままゴミ箱行きというメルマガも結構ある。
 ちゃんと読むのは、見出しに余程興味を引かれたものだけである。

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
憲法9条を活かそうと思われる方はクリックを!

*******************************************

新幹線「栗東駅」中止へ

新幹線「栗東駅」中止へ…滋賀県議選敗北で自民会派が転換(読売新聞) - goo ニュース

今日は、記事のコピペだけです。すみません
*************************

新幹線「栗東駅」中止へ
  …滋賀県議選敗北で自民会派が転換

2007年4月23日(月)13:54  YOMIURI ONLINE

 滋賀県栗東(りっとう)市の新幹線新駅建設問題で、同県議会最大の会派「自民党・湖翔(こしょう)クラブ」は、これまでの「推進」の立場から「凍結」に転換する方針を固めた。

 自民党県連もこの方向で調整する。

 8日投開票された県議選で惨敗、「凍結」を掲げ、県民の人気が高い嘉田由紀子知事と対立したままでは、「抵抗勢力」としてイメージが悪く、夏の参院選を戦えないと判断した。

 推進派の最大勢力の方針転換で、新駅建設は行われないことが確定的になった。

 県議選(定数47)で、自民党は嘉田人気に配慮、推進の立場を明確にせずに戦った。ところが、嘉田知事を支援し、自民党を「抵抗勢力」と位置づけた政治団体「対話でつなごう滋賀の会」が公認、推薦した計19人のうち、12人が当選する躍進。自民党は24人の候補のうち当選は16人。改選前、27人の同クラブは無所属議員を取り込んでも過半数を割るのは確実になった。

*****************************

自民県連が建設凍結を容認へ 滋賀県の新幹線新駅問題(共同通信) - goo ニュース
 
*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
憲法9条を活かそうと思われる方はクリックを!

*******************************************

テレ西・九条の会 発足記念講演会 開催!


昨日もこのブログでご案内いたしました、下記の催しに40名(主催者側も含む)が参加し、日本国憲法成立に至る過程を再度フォローして理解を深めました。

テレ西・九条の会 発足記念講演会
日 時:2007年4月22日(日)午後3時開会
ところ:中央市民センター・第一会議室(福岡市・中央区)
テーマ:日本国憲法は押し付けられたか?
講 師:榊山 惇 氏
      九州大学同窓生9条の会・事務局次長
      JMIU福岡地本書記次長
主 催:テレ西・九条の会


 講演開始にあたり、講師は先日政治テロの犠牲になった長崎市長伊藤一長氏へ哀悼の意を評し黙祷を呼びかけました。

 今回がこのテーマでの講演が4回目になる講師は、1時間半に亘って日本国憲法とこれにまつわるエピソードを豊富な資料を元に解説しました。

 今回のテーマは「日本国憲法は押し付けられたか?」&チャプリン礼賛と題して、前半40分間に亘り「チャプリンの独裁者」を中心にしたエピソードを紹介。

 この映画の最後の6分間の演説の逐語訳(講師の和訳)を解説した後、「独裁者」のビデオから、演説部分を一緒に視聴。
 そして、「独裁者」が制作された時代状況や、チャプリンが実体験したエピソードも交え、この映画の成立過程を紹介しました。

 講師は、つづいて「独裁者」の演説とジョン・レノンの「イマジン」、ベートーヴェンの「第九」の歌詞の脈絡を熱く語りました。

 後半は、鈴木安蔵を中心とする憲法研究会による「憲法草案要綱」の内容を、2月10日に放送されたNHKの「焼け跡から生まれた憲法草案」と現在上映運動が進められている「日本の青空」にも触れながら、ここの条文も示しながら詳しく紹介。

 最後に、鈴木安蔵が下敷きにしたという植木枝盛の「国憲按」も主な条項を示しながら詳しく解説し、これに至る自由民権運動などの時代背景にも触れて紹介しました。

 参加者は、「日本国憲法は日本の先人の智慧の結晶」であり、決してGHQの押し付けではないという講師の話に確信を得ていました。
 
*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
憲法9条を活かそうと思われる方はクリックを!

*******************************************

日本国憲法は押し付けられたか? 講演会

明日の講演会を再掲します。
御来場よろしく御願い致します。
****************************

テレ西・九条の会 発足記念講演会
日 時:2007年4月22日(日)午後3時開会
ところ:中央市民センター・第一会議室(福岡市・中央区)
テーマ:日本国憲法は押し付けられたか?
講 師:榊山 惇 氏
      九州大学同窓生9条の会・事務局次長
      JMIU福岡地本書記次長
主 催:テレ西・九条の会


お誘い合わせの上御来場ください。

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
憲法9条を活かそうと思われる方はクリックを!

*******************************************

訪米の地慣らし 安倍首相の「二枚舌」再び!

 安倍首相は、何枚の舌を使い分けるつもりか?
訪米に向けて、新たなリップサービス(二枚舌)を始めた。

 「ニューズウィーク誌」と経済紙「ウォールストリートジャーナル」との質問に答えたもの。

 “八方美人”というか、“三枚舌”というか、相手によってころころ発言を変える“信念の人”ならぬ、“不信の人”である。
 国内での、強行発言はどこに行ってしまったのであろう。

 やはり、米国議会で非難決議を挙げられては、余程ダメージが大きいと見える。

首相「慰安婦問題は人権侵害」、責任認め改めて米誌で謝罪(読売新聞) - goo ニュース

以下、このWeb記事をコピペ(改行と色文字強調は引用者)
****************************
首相「慰安婦問題は人権侵害」
   責任認め改めて米誌で謝罪

2007年4月21日(土)13:05  YOMIURI ONLINE

 安倍首相は、26日からの訪米に先立ち米ニューズウィーク誌のインタビューに応じ、いわゆる従軍慰安婦問題について
「慰安婦の方々に人間として心から同情する。日本の首相として大変申し訳ないと思っている」
と改めて謝罪した。

 さらに、
「20世紀は人権が世界各地で侵害された世紀で、日本にもその責任があり、例外ではない」
と述べ、
慰安婦問題を人権問題と位置づけ、日本の責任を明確に認めた

 また、
「我々は歴史に常に謙虚でなければならない。彼女たちが慰安婦として存在しなければならなかった状況に我々は責任がある」
と語ったうえ、
1993年の河野洋平官房長官談話を継承する考えを重ねて表明した。

訪米を前に、米メディアの批判の鎮静化を図ったものだ。

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
憲法9条を活かそうと思われる方はクリックを!

*******************************************

関連記事
慰安婦問題、首相「日本に責任」 米メディア会見で言及(朝日新聞) - goo ニュース
訪米で日米同盟のさらなる強化に意欲−安倍首相=官邸筋(ロイター) - goo ニュース
慰安婦「責任」に言及 首相(産経新聞) - goo ニュース
在米韓国人団体、慰安婦巡る集会を首相訪米時開催(朝日新聞) - goo ニュース

緊急大宣伝と議員へのFAX・メールの集中を!

【憲法改悪反対共同センター】より、以下の緊急要請メールが来ましたので、転載いたします。(転載歓迎)

長いので、まず要旨を箇条書きしてから全文を引用(コピペ)します。
*******************
要旨
1)ずさんな内容の【国民投票法案】(=改憲手続法)を安倍首相と参議院与党は会期内早期成立に向けて暴走しようとしている。
2)最高法規である憲法の「改正」に関わる手続き法案をつくるとするなら、時間も期間も十分とってあらゆる角度から改憲の最終決定権をもつ国民の意思が生かされるよう徹底的に審議されるべき。主権種国民の声を何よりも聞くのが筋。
3)参議院の審議は「言論・良識の府」に相応しくゼロから徹底審議を行うべき。
4) 今日19日・明日20の2日間、各政党・特別委員・マスコミなどへFAX・メールなどで抗議要請を大規模に集中しましょう。
  一斉送信メールフォーム
  http://www.kyodo-center.jp/

5)共同センターは、25日から27日までの三日間を全国一斉宣伝の提起をしています。「憲法・9条守ろう」「改憲手続き法案反対」の大宣伝を、全宣伝カー運行、全駅頭・繁華街でのハンドマイク宣伝、ビラ宣伝など全有権者規模で展開しましょう。


以下、要請文全文コピペ
********************
07/04/19 憲法改悪反対共同センター 事務局(全労連)

参院憲法特 与党が早期成立に向け暴走
緊急大宣伝と議員へのFAX・メールの集中を!
◆ 参院憲法特別委は、本会議後3日連続開催され、与党議員が「特別委員会は毎日でも開ける」とし、安倍首相と参議院与党は会期内早期成立に向けて暴走しようとしています。
◆ 本日の毎日新聞は「参院憲法調査特別委員会は18日の理事懇談会で19日の質疑を決めた。17日の審議入りから3日連続での委員会開催。国民投票法案の早期成立を目指す与党方針に慎重審議を求める民主党がなし崩し的に同意している形で、スピード審議となっている。衆院は週1回の定例で委員会を開き、通過まで3国会を要した。民主党は、参院の審議で週1回の定例開催を求めているが、連日開催を主張する与党とは折り合っていないが、欠席などの強硬策はとらず、結果として連日開催に応じている。参院自民党幹部は「連日開催すれば野党も引き延ばせない。遅くとも5月中旬には成立する」と語る」と報道。産経新聞17付は「本会議に先立つ自民党参院議員総会で片山虎之助参院幹事長は『十分審議を尽くし、尽くしたら採決するのが国会の常道だ』と述べ、5月3日の憲法記念日を視野に早期成立を目指す姿勢を強調した」と報道。与党幹部は「参議院の審議時間は衆議院の半分の30時間」と発言しています。
◆ 自民・公明の強行姿勢は、法案の提出者の保岡興治衆院議員が民主党の近藤議員に対する答弁で、「参議院においては、ゼロから議論を始めるのではなく、衆議院での審議を踏まえて、足らざるところを集中的に審議されると思う」などと二院制を否定する発言を行ったことと無縁ではなく、安倍流強行突破路線を参議院でも押し通そうとするもので、審議の実績をつくり、早期採決へひた走っています。
◆ 最高法規である憲法の「改正」に関わる手続き法案をつくるとするなら、時間も期間も十分とってあらゆる角度から改憲の最終決定権をもつ国民の意思が生かされるよう徹底的に審議されるべきですし、主権種国民の声を何よりも聞くのが筋です。参議院の審議は「言論・良識の府」に相応しくゼロから徹底審議を行うべきですし、「衆議院のチェック機能」を果たすためにも連日審議をやめ時間も期日もかけた慎重審議を行うべきです。
◆ 次回の特別委員会の開催が夕方の審議終了後に設定されるなど、「国民主権を行使するための法案」と言いながら「国民の傍聴権」すら保障せず、遮二無二審議促進はかるのは、国民に法案の内容や問題点が知られ、反対世論が盛り上がらないうちに成立させようとするもので、主権者国民を蚊帳の外において、法律を作るのは政府・与党との焦りと傲慢さを示すものです。

政党・議員・マスコミに届けよう!国民の声
全構成員の総力で変えよう緊急事態

■ 今日19日・明日20の2日間、各政党・特別委員・マスコミなどへFAX・メールなどで抗議要請を大規模に集中しましょう。当共同センターHP右上のメールフォームを使っていっせいに送りましょう。http://www.kyodo-center.jp/ 
*******<FAX・メール例文> **********
参議院憲法調査特別委員会が、開会日時を直前に決めて連日開かれています。国民投票法案は「国民主権の具体化」と言われていますが、これでは国民の傍聴すら不可能であり、充分な審議を保障するものでもありません。
NHK調査に示されますように圧倒的多数の国民は慎重審議を求めており、「朝日」調査では最低投票率の設定の必要など法案内容への国民の意思も示されています。
国民投票法案は、憲法と国民主権にかかわる重大な事項であり、出口を決めるような審議を行うべきではありません。
委員会での審議は定例日審議とし、徹底した審議と全国各地での公聴会の開催など国民の意見を充分に聞かれるよう強く要請します。
■ 特別委員会の審議が行われる場合は、傍聴・議員要請・議面行動などへ多数押しかけることを呼びかけます。明日の特別委員会は午後1時から4時間コースで開催されます。各団体・地域から傍聴者を組織し、ニュースを発行するなど国会議員の質問や答弁、委員会審議の模様をリアルタイムで知らせ、運動の高揚と広がりを作り出しましょう。
なお、参議院のホームページから参議院インターネット審議中継をごらんになれます。http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
■ 共同センターは、25日から27日までの三日間を全国一斉宣伝の提起をしています。「憲法・9条守ろう」「改憲手続き法案反対」の大宣伝を、全宣伝カー運行、全駅頭・繁華街でのハンドマイク宣伝、ビラ宣伝など全有権者規模で展開しましょう。
以上
■ 参院憲法特理事・委員・各党要請先 
<参院憲法特理事>       FAX番号          電話
委員長 関谷 勝嗣   03−3580−3800   03−3508−8438  
自民党 舛添 要一   03−5512−2219   03−3508−8219 
自民党 岡田 直樹   03−5512−2225   03−3508−8225 
自民党 中川 雅治   03−5512−2709   03−3508−8709
公明党 荒木 清寛   03−3508−8427   03−5512−2427 
民主党 簗瀬 進     03−3593−8567   03−3508−8334
民主党 広田 一     03−5512−2520   03−3508−8520
民主党 前川 清成   03−5512−2712   03−3508−8712  
■ 各政党の連絡先
○ 自由民主党総裁 安倍晋三 殿
?03-3581-6211 FAX:03−5511−8855
〒100-8910 東京都千代田区永田町1−11−23
○ 公明党代表 太田昭宏 殿
?03-3353-0111 FAX:03−3353−9746
〒160-0012 東京都新宿区南元町17
○ 民主党代表 小沢一郎殿
?03-3595-9988  FAX03-3595-9991
〒100-0014 千代田区永田町1-11-1
○ 日本共産党幹部会委員長 志位和夫 殿
?03-3403-6111 FAX03-5474-8358
〒151-8586 渋谷区千駄ヶ谷4-26-7
○ 社会民主党党首 福島瑞穂 殿
?03-3580-1171 FAX03-3506-9080
〒100-8909 千代田区永田町1-8-1
○ 国民新党党首 綿貫  殿
?03-3239-4545 03-5275-2675
〒102-0093 千代田区平河町2-14-7 平河町コハゼビル3F
■今後の委員会審議日程
あす20日(金)は日程はなし。
23日(月)委員会 13:00〜3時間 参考人質疑
24日(火)地方公聴会(名古屋と仙台で同時開催)13:00〜(場所は未定)
*その後の日程については、23日の協議になる見込み。

「日本国憲法は押し付けられたか?」講演会の御案内

【9条の会を応援する有志】のブログより転載させていただきます。

以下、コピペ
****************************

テレ西・九条の会 発足記念講演会
日 時:2007年4月22日(日)午後3時開会
ところ:中央市民センター・第一会議室(福岡市・中央区)
テーマ:日本国憲法は押し付けられたか?
講 師:榊山 惇 氏
      九州大学同窓生9条の会・事務局次長
      JMIU福岡地本書記次長
主 催:テレ西・九条の会


お誘い合わせの上御来場ください。

講師からのごあいさつ
【この講演は今回で4回目ですが、毎回新しい内容を追加していますので、もう一度御来場頂ければ嬉しいかぎりです。
 内容的には、現在上映運動を進められている「日本の青空」やNHK「焼け跡から生まれた憲法」に通じるものがありますが、私の講演の第1回目は昨年の開戦記念日の翌日・12月9日であり、上記のいずれも世に出ていない時期におこなったものです。
 とりわけ、上記の映画やTVドキュメントにはない、チャプリンの「独裁者」やジョン・レノンの「イマジン」そしてベートーヴェンの「第九」を貫いて流れる「思想」を取上げて構成していますので、新鮮な驚きがあると思います。
 ぜひ御来場いただき、ご意見をお聞かせください。】



*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
憲法9条を活かそうと思われる方はクリックを!

*******************************************

長崎市長暗殺  安倍首相の無責任コメント!VS 各界の談話

 asahi.com 2007年04月17日21時25分 によると、安倍首相は以下のような短い“コメント”を昨夜発表した。
【捜査当局において厳正に捜査が行われ、真相が究明されることを望む】

 このコメントに対し、今朝(4/18)のニュースショーで、キャスターの鳥越俊太郎氏は「これは、一般の事件について行なうコメントに過ぎない。選挙期間中に政治家が襲撃されたことに対して、このようなコメントで良いのか? 『民主主義の危機であり断固として許せない』くらいのことは言ってほしかった」(要旨:文責筆者)と発言した。
 その番組の他のコメンテイターは、「加藤紘一氏の自宅が放火された時、小泉政権首脳は全く反応せず黙殺したことと類似している」(同)と指摘した。
 もっともなことであると思う。
 
 私も昨日TVで、この首相談話(それも本人のインタビューではなく、アナウンサーによるコメントの紹介にすぎない)を聞いたとき、違和感を覚えたし、その後報道された「政府筋の発表によると伊藤市長は心肺停止状態だ」と現地取材陣が掴んでいない報道をするなど謀略性を感じていたことと、妙に符合するコメントである。
 「政府は、アメリカに盾突く気骨の政治家を抹殺しようとしたのか!?」と考えてしまう。
asahi.com

各界の談話・声明
【日本共産党】志位委員長 2007.4.17 20:50
 長崎市の伊藤一長氏が、選挙運動中、銃撃され、意識不明の重体との報を聞き、この蛮行をおこなった者にたいして深い憤りを感じるとともに、強い怒りをこめてきびしく糾弾する。
 こうした卑劣なテロ行為は、わが国の自由と民主主義にたいする最も凶暴な攻撃であって、絶対に許されない。伊藤市長の回復を心から願うとともに、事件が厳正に捜査されること、こうしたテロ行為が絶対に繰り返されることがないように、必要な措置をとることを求める。


【秋葉忠利広島市長】
 伊藤長崎市長が狙撃されたとの突然の情報に接し、大変驚いています。
このような事件が起きたことに対し、強い憤りを覚えます。
 法治国家として許すべきことではありません。
一刻も早く回復されることを祈っています。


暴力団に襲撃された経験があるノンフィクション作家
【溝口敦さん】
 第一報を聞いて、まず本島市長の襲撃事件(1990年)が想起され非常にまがまがしい、嫌な感じを受けました。
 政治活動の場で襲撃するなど、絶対に繰り返されてはならないこと。
許されないことです。


1990年市長在任中「天皇の戦争責任」発言で右翼に銃撃され一時重体となった
【本島等・前長崎市長】
 どんな理由があろうとも、暴力はやめてほしいんだ。
どうして長崎はこうなるんだろうか。
いや、長崎でもどこでも関係ないんだ。
すべての先に、暴力はいけない。
 これから調べが進めば、背景や襲った男の経歴がいろいろ出てくるだろう。
でも何より第一番に、暴力だけはない世の中にしていかないといけない。


【山本誠一・長崎市長候補】日本共産党公認
 選挙カーとすれちがった直後に事件が発生したことを知り、驚いている。
政策論議のさなかに銃撃すると言う野蛮な行為であり断じて許されない。
 長崎市では前市長も銃撃を受けており、こうしたテロ行為を許せば、民主主義は死んでしまう。
 命に別状がないことを祈りたい。

(なお、山本候補は、「伊藤市長の回復を心から願い、市長選挙の候補者活動を自粛することにします。」と活動自粛を17日発表し、長崎県委員長と伴に、伊藤市長を見舞いました。)

 これらの談話が安倍首相の無責任コメントと比べて、いかに怒りに満ち、格調が高いかよくわかります。

以上、各界談話は、「赤旗」4月18日付けより引用。

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
政治テロを許せないと思われる方はクリックを!

*******************************************

以下は、Web記事へのリンク

朝日新聞・長崎市長襲撃事件・特集ページ

西日本新聞・長崎市長襲撃事件・特集ページ

伊藤長崎市長撃たれる:2007年4月18日(水)「赤旗」

銃撃された伊藤長崎市長が死亡 出血多量で(朝日新聞) - goo ニュース

伊藤市長 核兵器廃絶へ行動:4月18日(水)「赤旗」


甘い右翼・暴力団摘発:4月18日(水)「赤旗」


政策論戦中のテロを糾弾する:4月18日(水)「赤旗」主張
 以下、引用
****************************
主張
長崎市長銃撃
   政策論戦中のテロを糾弾する
----------------------------------------------------------

 伊藤一長・長崎市長が十七日、JR長崎駅前の選挙事務所に戻ったところを拳銃のようなもので撃たれました。

 私たちは、伊藤市長に加えられたテロ行為を、満身の怒りを込めてきびしく糾弾します。

 日本共産党の志位和夫委員長は談話で、蛮行を行ったものにたいして、深い憤りと強い怒りを込めてきびしく糾弾しました。

自由と民主主義の封殺
 伊藤市長は、一九九五年に長崎市長に初当選し三期つとめて、今回の市長選に立候補していました。核兵器廃絶と平和のために努力してきた公人です。

 同じく選挙戦をたたかっている日本共産党公認の山本誠一候補と、選挙カーですれちがった直後に、事件が発生しています。山本氏がのべているように、政策論戦のさなかに銃撃するという野蛮な行為は、絶対に許されません。

 長崎市では、一九九〇年一月、当時の本島長崎市長が言論をめぐって銃撃される事件が起きています。自由と民主主義の封殺です。

 伊藤市長を銃撃した男は、暴力団組員とみられていますが、動機など詳しいことはまだわかっていません。動機が何であれ、選挙期間中に命に危害を加えるという蛮行は、自由と民主主義に対する最も凶暴な攻撃であり、断じて許しがたい暴力であることは明らかです。

 日本共産党は、その綱領で「テロの根絶」をかかげる政党として、暴力やテロはいかなる理由があれ、断じて容認することはできません。

 市民による民主的な選挙によって選ばれた市長であり、選挙をたたかっている候補者にたいするテロや暴力は、市民全体にたいするテロ暴力と同然です。それは民主主義にたいする最大の破壊行為といわなければなりません。

テロを繰り返すな
 事件が厳正に捜査されることを求めるとともに、ふたたびこうしたテロ暴力がくりかえされることのないよう、真に民主主義が尊重される社会の実現にいっそう力をつくすものです。
****************************

長崎の伊藤一長市長がテロに倒れられた ⇒ 【暗殺された】

 昨夜、当ブログでも書いた、伊藤市長狙撃事件であるが、本未明2:28amに出血多量で亡くなられたという。
 ご冥福を祈ると伴に、断固としてこのような政治テロを糾弾したい。

 報道によれば、狙撃は2発とも心臓を貫く致命傷であったと言う。
 プロの仕業である。
 3mの至近距離からの狙撃とはいえ、2発撃って2発とも心臓を貫けると言うのは、余程銃の扱いに手馴れており“狙撃訓練”を日常受けている者でないと無理な話だ。最近銃を手にしたような者には為せる技ではないし、しばらく銃の扱いから遠ざかっているものが付け焼刃に命中させることはできないであろう。

 この報道で、NHKやテレビ朝日は、現行犯常人逮捕された犯人が、自動車事故や関係する会社の融資話が失敗したことを根に持っていたことに重点を置いて犯行の動機を“分析”しようとしている。
 この自動車事故に関する報道によれば、道路工事中の窪みに脱輪し、「ベンツのバンパーが壊れたから270万円よこせ」という、まさに暴力団を背景にしたタカリ行為であって、長崎市がこれを排除したのは当然である。
 融資話(これは、今朝のTV朝日が取上げていたのだが)については、長崎県の保証協会の保証が付いていないからと銀行に融資を断られたという話であって、自分の思い通りに成功しないから逆恨みしているものでしかない。

 だいたい、この程度のことで、政治家を暗殺するということが不可思議である。
テレビ朝日の今朝の番組に出ていたゲスト・コメンテイターの一人は、要旨「そういう長崎市とのトラブルを抱えた人間は背後の黒幕が利用しやすい」(聞き覚えに付き細部の表現は正確ではない)との発言をしていた。

 鳥越俊太郎氏も発言をしたのだが、これをフォローするのではなく、政治テロとの指摘もせず、うやむやな発言に終始し、日頃はっきりものを言う“ジャーナリスト”だけに、私的にはがっかりした。
 彼も、政治テロに恐れをなしてしまったのであろうか?

 私は、前者の意見に賛成する。

 何らかの黒幕が居て、長崎市との間にトラブルを抱えている犯人を捜し出して利用し、政治的抹殺【暗殺】を図ったのであろう。
 そして、その黒幕は政治的背後関係の追究から逃れ、報道を“薄め”させるために、犯人が事前にTV朝日に対して伊藤市長に対する“告発文”を送るようにそそのかしたのであろう。

 伊藤市長は核兵器廃絶の強い思いを遺して亡くなられた。
さぞ無念なことであっただろう。
 私たちは、この遺志の何百分の一いや、何万分の一ではあっても、伊藤市長の核兵器廃絶の意志を繋いで行かなければならないと思う。

 改めて、ご冥福をお祈りして、終わります。

西日本新聞・長崎市長襲撃事件・特集ページ

銃撃された伊藤長崎市長が死亡 出血多量で(朝日新聞) - goo ニュース

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
政治テロを許せないと思われる方はクリックを!

*******************************************

伊藤長崎市長、銃撃され意識不明


 一つ前の記事(本日4/17 午後6時半)で「ファシズム前夜」の予感を表明した筆者であるが、その後8時過ぎにNHK−TVを何気なくつけたところ、長崎の伊藤市長が狙撃され重態であるとの臨時ニュースを続けていた。

4月22日の投票日に向けて市長候補として選挙運動中のことであった。

 いよいよ政治テロの時代に突入したのであろうか?
歴史を振り返れば、暴力団まがいの個別の政治テロが頻発する中で、「血盟団事件」「5・15事件」「2・26事件」と政治テロの嵐が続き、これを集束する形で軍部が権力を握っていった経過がある。

 ヒトラーが政権に着くにあたっても、彼自身がでっち上げた「水晶事件」「国会放火事件」などを契機に権力を掌握していった。

 政治テロがファシズム前夜であることは歴史が示している。

 NHKは別として、民放がこのニュースをテロップで流すだけで通常の娯楽番組を続けていたことをチャンネルをまわし続けた友人から聞いたが、政治的鈍感さを示すものであり、心もとない。
 とうの昔に、「ジャーナリスト精神」は失っているのだろうが、“マスコミ精神”さえ無くしてしまったのか?

 それと、一つ不思議に思うのは、現地では安否情報が不明なのに、政府関係者筋の情報として「心配停止状態」というニュースをNHKが流したことである。
 NHKの現地取材陣は、「容態の情報は掴んでいない」と言っているのにである。
 こういう情報を政府筋から聞くと「政治的謀略」が背後にあるのではないか?!と疑うのは、うがった見方であろうか?
 
 911のときに、まだ崩壊していないビルを背景に写しながら、そのビルが崩壊したというニュースを流し、そのニュース後に倒壊したという情報と似ている。
 政府筋の絡んだ謀略ではないのかと疑ってしまう。

 伊藤市長は、核大国に対して核兵器廃絶のイニシャチブを取るよう厳しく批判してきた気骨ある市長である。
 被爆者団体や平和団体の集会にも積極的に出席して発言していたと言う。

 そういう、アメリカにもの申す気骨ある政治家を抹殺しようとするなど許されるものではない。
 山口組系の暴力団員というのは、単に兵隊として使われただけに過ぎず、犯人を動かした黒い糸は、もっと政治的に深い所に繋がっているのであろう。

 政治テロは絶対に許されるものではない。

  2007Apr17 21:30 JUNSKY

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
政治テロを許せないと思われる方はクリックを!

*******************************************

お玉おばさんは、伊藤市長の昨年の原爆の日の「平和宣言」をブログに掲載されているので、ぜひお読みください。

 asahi.comでは、自らも政治テロに会い瀕死の重傷を負った本島市長の談話も紹介している。
 Web版の全文を以下に引用する。
****************************
本島・元市長
  「暴力は決して許されない」
    90年に重傷

            asahi.com 2007年4月17日(火)21:58

 長崎市長だった90年1月に右翼団体の男に撃たれて重傷を負った本島等さん(85)は
「驚いている。いったい何が起きたのか。なぜ狙われたのか。無事であってほしい」と語った。

 テレビが報じる銃撃現場の映像に目がくぎ付けにされ、自分が市役所玄関前で撃たれた時のことを思い出したという。本島さんは
「すべてに先んじて、暴力は決して許されないことだ」と語気を強めた。

 本島さんは5期目を目指した95年4月の市長選で、新顔の伊藤一長市長に敗れた。

 市長だった本島さんは90年1月18日午後3時ごろ、市役所玄関前で公用車に乗り込もうとしたところを、背後から近づいた地元右翼団体「正気塾」幹部の男が発射した短銃1発を受け、重傷を負った。

 男は本島さんが88年12月の同市議会で「(昭和)天皇の戦争責任はあると思う」と答弁したことに立腹し、昭和天皇の喪が明けた時期に事件を起こした。男は懲役12年の判決を受け、服役した。

 「天皇発言」をめぐって、前年の89年2月以来3回にわたり、市長公舎や市役所に実弾入りの脅迫状が届いていたほか、市役所のガラス窓に銃弾が撃ち込まれる事件もあった。

 本島さんが銃撃された翌91年3月には、長崎新聞社と長崎地裁を同塾幹部らが銃撃する事件も起きた。本島さんの「天皇発言」に反対する意見広告を求めた民事裁判に敗訴したのが動機だった。
****************************

伊藤長崎市長、銃撃され意識不明 容疑の暴力団員逮捕(朝日新聞) - goo ニュース

長崎市長撃たれ心肺停止 山口組系組員を現行犯逮捕 (共同通信) - goo ニュース

選挙戦の街に銃声数発 市長、背後から撃たれる(朝日新聞) - goo ニュース

前のページ 次のページ