FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

高齢ドライバーの事故ばかりが強調されているが・・・

2019年6月13日(木)


またもや高齢ドライバーの事故で死傷者が出たと言うニュースが
大きく取り上げられているが、高齢者では無い死亡事故も
少なくは無いと思うのだが・・・

確かに報道される高齢ドライバーの事故は悲惨なものばかりだが。

201906161036308a5.jpg

こう云う事故で高齢者バッシングが起こらないことを望みます!

そして、それらの事故の少なく無い部分が『トヨタ・プリウス』
が関わった事故だと云う風評が広がっているようである。

上記の悲惨な事故はプリウスによるものでは無かった!

一方で、高齢ドライバーはプリウスに乗っている方が多いとのことで
占有率と事故率を比較しないと正確な報道とは言えないだろう。

次の論評は、このあたりを指摘している。

➡ 記事全体の流れでは高齢者事故の車種で
プリウスが多いのは事実だが、高齢者層へのプリウスの
シェアが高いことも『プリウスの事故が多い』印象を
与えており、事故車はプリウスだけではない。

 一方、プリウスなどトヨタ車の事故ではマスコミは
車種を公表しない場合が殆ど。
 その背景に莫大な広告費の存在があるとのこと。


     ************

「相次ぐ高齢者ドライバー暴走事故はプリウスのせい」説は本当か?
トヨタタブーで検証放棄するマスコミの体たらく

 リテラ - 2019.06.07 07:31

(前略)
 実は、マスコミが暴走事故報道に関してプリウスの車名を報じないのは、トヨタによる莫大な広告費の存在、つまり“スポンサータブー”があるからに他ならない。

 もともと、トヨタは「世界最大の自動車メーカー」として、国から手厚い保護を受けると同時に、メディア関係者のなかでも長らく絶対的なタブーになっていた。実際、トヨタ車はこれまで何度も国内で欠陥が発覚し、その度に大量のリコールをおこないながら、新聞は数行のベタ記事を申し訳程度に載せるだけ、テレビにいたってはほとんど無視といった状況で、大々的な追及や検証をする動きはなかった。

 例外は2009〜2010年、レクサスやプリウスなどの欠陥問題に関する報道だが、これはアメリカで激しい追及が起き、豊田章男社長が米下院の公聴会に出席して謝罪する事態に発展したため、日本でも報道せざるをえなくなったにすぎない。

 日経広告研究所の調査報告によると、2017年度のトヨタの広告費は5096億円でトップ。しかも3年連続のトップの地位を誇っている。2位ソニーの4071億円と比べてもトヨタがいかに莫大な広告費を投じてメディアに出稿しているかがわかるだろう。相次ぐ重大事故が社会の注目を浴びるなか、マスコミ報道ではプリウスの名前が避けられている(そして、プリウスではない事故のときだけ「ネットのデマ」だと強調する)のも、こうした“スポンサータブー”が染み付いているからとしか思えないのだ。




スポンサーサイト



テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

日向灘で大きな地震 『スロースリップ』で大地震の前兆か?!

2019年5月10日(金)

今朝の8時48分ころ日向灘を震源とするM6.3の地震が発生し、
宮崎の一部地域では震度5弱【5-】を感知したと云う。

宮崎で震度5弱の地震 日向灘震源 M6.3
 朝日新聞 - 2019年5月10日09時01分


震度分布図では、福岡市は震度2前後であるが、私は全く感じなかった! 
既に朝ドラも見終わって起きていたが・・・

EarthQuake_201905100848.jpg

ニュースでは、原発に異常無しとのいつもの情報を垂れ流し!

地震の度に原発は大丈夫か?!とニュースになるのが異常!
そんな原発は全て廃炉にしてしまえ!

宮崎で地震 玄海原発、川内原発に影響なし
 日テレニュース:NNN24 2019/05/10 09:10


なお2019年の今現在、震源周辺では、九州電力玄海原発3・4号機と
川内原発1・2号機、四国電力伊方3号機が稼働しているとのこと。

日向灘では、連続して中規模の地震が続いており『スロースリップ』現象
と言う巨大地震の前兆ではないか? との声もある。


『南海トラフ巨大地震』の前震か!?
天気のあれこれ! - 2019年5月10日



【関連記事】

宮崎で震度5弱の地震 日向灘震源 M6.3
 朝日新聞 - 2019年5月10日09時01分



【日向灘の地震】1週間は震度5弱程度の地震に注意(気象庁会見より)
2019/05/10 11:30 ウェザーニュース

地震の規模は暫定値でマグニチュード(M)6.3、深さは25kmと推定。メカニズムは西北西-東南東方向に圧力軸を持つ逆断層。今回の領域で発生した地震の断面の分析から、フィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界付近で起きたということです。


WeatherNews_201905100125.png


地震情報 - 2019年05月10日 08時48分

発生時刻 : 2019年05月10日 08時48分頃
震源地 : 日向灘
最大震度 : 震度5弱
位置 緯度 : 北緯 31.8度, 経度 : 東経 132.0度
震源 マグニチュード : M6.3, 深さ : 約30km


EarthQuake_2019-05-10-08-48.jpg


宮崎で震度5弱 M6.3 大きな混乱なし
 毎日新聞 - 2019年5月11日

(部分引用)
 この地震の前後にも日向灘を震源とする地震が相次ぎ、午前7時43分には宮崎市などで震度3(M5・6)、午前9時7分には宮崎県美郷町で震度3(M4・9)を観測した。いずれの地震でも大きな被害はなかったが、気象庁は今後1週間程度は最大震度5弱の地震が起こる可能性があるとして注意を呼び掛けている。




宮崎で震度5弱、南海トラフ地震に影響か
 島村英紀氏「周辺で起こりやすくなっている」

 zakzak - 2019.5.11

(一部引用;前略)
 日向灘は、M9級の超巨大地震の発生が懸念される南海トラフの西端に位置し、このところ地震が相次いでいる。専門家は「大きな地震が起こりやすくなっている」と警鐘を鳴らす。

 震度5弱を記録したのは宮崎県南部平野部と宮崎県南部山沿い。近畿、中四国、九州の広範囲で震度1~4の揺れを観測した。

 午前7時43分にはM5・6で宮崎市などで最大震度3、午前9時7分にはM4・9で宮崎県美郷町で最大震度3も観測した。
(中略)
 気がかりなのは、震源が南海トラフ巨大地震の想定震源域内であることだ。南海トラフ地震は東海沖から九州沖の海底に延びる溝状の地形(トラフ)に沿って発生すると想定され、東海、東南海、南海の3つの震源域が連動すればM9級に達し、30メートル超の津波を引き起こす恐れがある。

 島村氏は「南海トラフのように、いつ地震が起きてもおかしくないとみられるところでは、プレートにひずみがたまっている状態だ。今回の地震で留め金の1つが外れたということならば、次は南海トラフにあたる日向灘の北側部分でも起こりやすくなる。名古屋、関西から日向灘周辺まで大きな地震が起こりやすくなっており、発生までのスパンも短くなっている」と指摘した。







テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

またもや台風が日本列島の南から北まで縦断?!

2018年9月30日(日)

福岡市では、午前中は風雨とも弱かったが、
午後2時前後になると風が強くなって来た!
雨の方は、今のところそれほどでも無い。
2018年9月30日 14:50

既に次の台風も待ち構えているらしい。

201809301523407be.jpg

台風24号関連ニュース
NHKー 2018年9月30日(日) 13時34分
20180930150724c05.jpg

非常に強い台風24号は、九州や、四国の一部を暴風域に巻き込みながら北東へ進んでいて、九州南部では1時間に100ミリを超える雨が降るなど猛烈な雨や風となっています。台風は30日夕方から夜にかけて、四国や近畿にかなり接近して上陸するおそれがあり、10月1日にかけて東日本や北日本を含む各地で記録的な暴風や高潮になるおそれがあるほか、各地で大雨となる見込みで厳重な警戒が必要です。



・・・・・・・・・・

首都圏のJR在来線、午後8時以降の運転見合わせ
日刊スポーツ(共同)ー 2018年9月30日 13時56分
https://www.nikkansports.com/general/news/201809300000448.html

台風24号が接近する影響で、JR東日本は30日午後8時以降、首都圏を走る全ての在来線の運転を見合わせると発表した。早めの帰宅を呼び掛けている。

JR東日本によると、午後5時に高尾以西の中央線を、午後6時以降に湘南新宿ラインや京葉線などをそれぞれ運休。午後8時以降は全路線の運転を見合わせる。



続きを読む

テーマ:台風 - ジャンル:ニュース

北海道の地震の打撃の凄さが1日経って明らかに!

2018年9月7日(金)


北海道を襲った地震の状況は、昨日の新聞記事には間に合わなかった。

テレビ映像では確認できていたが、やはり凄い事態になっている。

新聞記事からコピペ

【日刊スポーツ紙面から】


201809072128057a8.jpg

20180907212809056.jpg

201809072128068b5.jpg

20180907212807b74.jpg

201809072128048aa.jpg


西日本新聞から

201809091941570b3.jpg

2018090919415773e.jpg

201809091945115a6.jpg

20180909194509606.jpg

20180909194513cef.jpg





テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

2018年 台風12号は九州再上陸後 南下の可能性も!

2018年7月29日(日)

福岡市内を 18:00〜18:30頃に原付で走ったが、
その頃の風雨はさすがに凄かった!

まさに福岡県に再上陸した頃のようだ。

東から西に逆方向に進んだ台風12号は、九州で南下する可能性もあり、
いよいよ逆行は異常な確実性をもって進行中である!


201807292149195f3.jpg

台風12号、週明け”迷走”か 九州南部でループし大雨の恐れも
2018年7月29日(日) 18:20配信 ウェザーニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00004621-weather-soci

異例のルートで東から西へと通常と逆走している台風12号。週明けにかけ、迷走を始める恐れが出てきています。

台風12号は29日17時半頃に福岡県豊前市付近に再上陸しました。その後はあす午前0時には長崎付近。その後は九州西岸でカーブするように南下。あすの正午には薩摩半島の西の海上へ進みます。

そして、その後の進み方がさらに異例となる可能性が出てきました。

台風を監視する世界各国機関による12号の進路予想をみてみましょう。注目すべきは南下後の予想です。

複数の機関が九州南部でグルっと回るように再び北上し、最終的に東シナ海を西に進む予想をしています。

南下しかけて、間違えに気づいたかのように戻って進むルートはまさに”迷走”です。



20180729214917815.jpg

こうなる要因とのひとつとして考えられるのが四国沖に残る寒冷渦です。

台風が反時計回りの動きをする寒冷渦の周囲を回るように南下、弱まった寒冷渦と回転しながら一体化してループ。

その後、寒冷渦が弱まっていくことで、北に張り出す高気圧の縁辺流の流れに乗り、西へ進むと考えられます。

なお今回、関東から西日本へ逆走する形となった原因もこの寒冷渦でした。


長期存在で九州南部大雨のおそれ

台風が長時間、九州西岸に位置することで、南東からは次々に湿った空気が流れ込みます。

九州南部の太平洋側を中心に雨雲が発達しやすく、多い所では150~250mmに達するような大雨の恐れがあります。土砂災害や河川の増水などに注意が必要です。




テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

台風12号の異常な進路で九州にも来る可能性が出て来た!

2018年7月28日(土)

今回の台風12号は、当初日本の東側の太平洋を北上し、日本列島には
あまり被害が起きないのではと勝手に思い込んでいたが、何と急転回し
通常の台風の進行方向とは正反対の西方向に向かって進んで来た!

これまで豪雨災害に見舞われて来た地域にも影響を与えそうな雰囲気で、
気象庁も厳重な注意を呼び掛けているようです!

201807290048475cf.jpg

台風12号 強い勢力で今夜にも東海か近畿南部上陸へ 
東・西日本中心に大荒れ
Weather Map ー 2018年7月28日(土)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00010000-wmap-soci
@YahooNewsTopics‬

 強い台風12号は、強い勢力を維持したまま、きょう28日夜には関東に最も接近し、その後、東海から近畿南部に上陸する見込みだ。台風の接近に伴って、東日本や西日本では暴風、高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、高潮にも警戒が必要となる。

 強い台風12号は、28日午前5時には、八丈島の東南東の海上にあって、時速およそ40キロで北上しているとみられる。中心の気圧は965ヘクトパスカル、最大瞬間風速は55メートルで、暴風域を伴っている。台風は今後次第に進路を西よりに変え、夕方から夜に伊豆諸島や関東地方に最も接近し、強い勢力を保ったまま、今夜からあす未明にかけて東海地方から近畿南部に上陸するものとみられる。その後、台風は次第に速度を落としながら、あす西日本を西に進む見込みだ。豪雨で被害のあった地域でも大雨のおそれがある。

台風12号 強い勢力で今夜にも東海か近畿南部上陸へ 
東・西日本中心に大荒れ 風、波の予想。

暴風・高波・高潮

 東日本や西日本の太平洋側では、台風の接近に伴い急に風が強まり、海上を中心に猛烈な風が吹き、海上は猛烈なしけとなる見込みだ。暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒。また、年間でも潮位が高い時期となっており、高潮に注意・警戒が必要となる。

台風12号 強い勢力で今夜にも東海か近畿南部上陸へ 東・西日本中心に大荒れ
雨量の予想。
大雨
 台風の北上に伴って、きょうからあすにかけて東日本と西日本の広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みだ。東日本太平洋側では局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがある。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意。豪雨で被害のあった地域でも大雨のおそれがあるため、きょうの日中のうちに雨に対するできる限りの対策などが必要となりそうだ。

【関連記事】
異例づくめの台風12号 7月最大級の勢力で、東から上陸へ(森さやか)
https://news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/20180727-00090940/
森さやか
NHK国際放送局 気象アンカー、気象予報士



台風12号:28日夜にも東海地方上陸 各地で影響広がる -
毎日新聞 ー 2018年7月28日(土) 21時43分
https://mainichi.jp/articles/20180728/k00/00e/040/240000c

 強い台風12号は28日、日本の南海上を北上。今後西寄りに進路を変えて関東に接近し、28日夜から29日未明にかけて、東海地方に上陸するとみられる。気象庁によると、28日午後3時現在、台風12号は三宅島の東南東約10キロを時速約50キロで北西に進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル。中心から北東側130キロ以内、南西側90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。

 夏場は東へ進む台風が、日本列島を横断するように西に進むのは極めて異例。西日本豪雨や大阪北部地震の被災地では、大雨や暴風によって2次災害が発生する恐れがあり、気象庁は早めの避難を呼びかけている。

 千葉県鴨川市や館山市、神奈川県海老名市などは市内全域に「避難準備・高齢者等避難開始」情報を出し、早めの避難を促した。

 上陸が予想される東海地方の交通機関にも運休などの影響が広がっている。

 JR東海は28日午後6時から、東海道線豊橋-米原間▽中央線名古屋-中津川間▽関西線名古屋-亀山間--の主要路線でいずれも運行本数を減らし、同9時以降は終日運転を見合わせる。紀勢線、高山線、飯田線など他の在来線でも一部区間で午後から順次運転を見合わせる。同日夜に名古屋駅を発着する「ワイドビューしなの」上下4本など特急電車の一部が全区間運休する。

 中部国際空港会社によると28日午後1時までに、同空港(愛知県常滑市)を発着予定だったマニラ、ソウルなど国際線9便、那覇、新千歳など国内線24便の計33便の欠航が決まった。

 東日本でも各地でイベントなどの中止が相次いだ。東京の夏の風物詩・隅田川花火大会は開催を28日から29日に延期した。29日も開催できない場合は中止する。千葉県の浦安市花火大会(28日)や神奈川県の小田原ちょうちん夏まつり(28、29日)も中止が決まった。

 プロ野球はセ・リーグのヤクルト・阪神(神宮球場=東京都)、パ・リーグのロッテ・西武(ZOZOマリンスタジアム=千葉市)が、JリーグはJ1横浜・清水戦(日産スタジアム=横浜市)、湘南・川崎F戦(BMWスタジアム平塚=平塚市)が中止となった。

 三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開催中の「鈴鹿8時間耐久ロードレース」はバイク試乗会など一部イベントが中止された。28日の前夜祭や29日の決勝レースは実施予定という。



テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

豪雨の後は地震 福岡市中央区で震度3

2018年7月9日(月)

『2018年7月豪雨災害』では全国で100名以上の方々が亡くなったとのこと。

‪豪雨:死者105人に、不明87人、警報は解除 ‬
‪毎日新聞 ー 2018年7月9日(月)‬18時54分
‪https://mainichi.jp/articles/20180709/k00/00e/040/149000c‬
201807092113083f9.jpg


それも広島県での死者の数が圧倒的に多いようです。

福岡県でも相当の被害が起こりましたが、その苦難も冷めやらぬ
今日の未明(2018年7月9日 3時53分)に佐賀県を震源とする
震度3の地震が発生。

私はウトウトしていましたが、瞬間的な衝撃に気付きました。
第二波が来るかと、ちょっと身構えましたが来ませんでした。

東区では千早観測点で、震度1と云うことで、被害はありませんでした。

以下、福岡市防災情報メール 地震情報より

【発生時刻】
09日 03時53分頃
【震源地】
佐賀県南部
(東経130.4 北緯33.4)
【震源の深さ】
20km
【規模】
マグニチュード4.1
【津波の心配】
この地震による津波の心配はありません。
【福岡市の震度】
中央区大濠 3
早良区百道浜 2
東 区千早 1
西 区今宿 2
早良区板屋 3
城南区神松寺 2
博多区福岡空港 2
南 区塩原 2
中央区舞鶴 2
博多区博多駅前 1
中央区天神 2
本情報は速報です。このため未入電の情報があります。

詳細情報は以下のURLで確認してください
http://bousai.city.fukuoka.lg.jp/jishin/1/mjishinlist.htm



続きを読む

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

2018年7月豪雨災害 死者78人に 安否不明者は70人 7月8日(日) 午後8時時点

2018年7月8日(日)

毎日新聞などによると、2018年7月豪雨災害 による
死者78人に 安否不明者は70人 (7月8日(日) 午後8時時点)
にものぼると云うことです。

気象庁は事前に危機感を強めた情報を流し、避難を呼び掛けたが、
実際に避難した人々は極一部であり、その危機感の無さが
被害を拡大したかも知れない。

ただ、避難勧告も出せば良いと云うものではない。
福岡市では、危険性を強調し、市内のほぼ全域に避難勧告を
出していたが、災害情報メールによると、
【対象世帯・人数】
322,849世帯 583,477人
と人口の半分に近い大規模な避難勧告。

これだけの人々が本当に避難すれば、避難所は全く足りない!

後で責任を問われないように勧告を出しているのでは?
とも思ってしまいます。

・・・・・

‪豪雨:死者78人に 5人心肺停止、安否不明者は70人 - ‬
‪毎日新聞 ー 2018年7月8日(日) 20時01分‬
‪https://mainichi.jp/articles/20180709/k00/00m/040/039000c‬

201807082037455a4.jpg

豪雨死者81人、救助と捜索続く 50人超安否不明、3万人避難
西日本新聞 ー 2018年07月08日 22時22分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/431083

大雨、各地の特別警報を解除 引き続き災害に警戒を
西日本新聞 ー 2018年07月08日 15時57分



続きを読む

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

北部九州では昨年に続いて豪雨災害! あちこちで土砂崩れが!

2018年7月7日(土)

今回の連続豪雨は北九州市内と云う都心部でも被災する
カツテナイ集中豪雨だったようです。

昨年被災した朝倉地域も再び豪雨が襲ったようです。

幸い、私の住んでいる区域は今の処 無事ですが、
この団地は、上の方は山にすぐ面しており
(なので、家の裏は山の斜面である住宅も少なく無く)
一方、下の方は、そのすぐ下が溜め池に面した崖で
(なので、家の庭の先は断崖になっている住宅も少なく無く)
上と下では標高差が50m近くも有るので、他人事では
ありません!

同じ区域に次々と積乱雲などの豪雨を降らす雲ができて行くと云う
『線状降雨帯』と言う気象現象らしいですが、昨年は確かに
『線状』 の細い限られた区域だったのに比べて、今回は
九州の3分の1にも及ぶ面状の降雨帯でした。

201807071626263ff.jpg

気象用語には無いのでしょうが『連続面状降雨帯』とでも
言うべきでしょう!

福岡市内でも東区から西区に至る7行政区全ての
多くの地域に洪水警報や避難指示が出されましたが、
今朝(7月7日11:07付け防災メール)一部に区域を除いて、
福岡市全域の避難指示が解除されました。

一時は、福岡市の人口の半分近い地域に避難勧告が出ていたようです。
【対象世帯・人数】
322,849世帯 583,477人

2018年7月7日09時29分
--------------
福岡市からのお知らせ
【発表時刻】
07日09時29分

 福岡市では7月5日からの継続的な大雨の影響により,市内を流れる河川において氾濫の危険があったため,各河川の流域の地域に「避難勧告」を発令していましたが,7月7日5時14分に洪水警報が解除され,各河川の水位も安定したため,河川流域のすべての対象区域の「避難勧告」を解除しました。
 なお,引き続き,今後の雨の降り方などの気象情報にご注意ください。

【対象区域】
(東区)
 宇美川および多々良川流域のすべての対象区域
(博多区)
 宇美川,御笠川,那珂川流域のすべての対象区域
(中央区)
 那珂川,樋井川流域のすべての対象区域
(南区)
 那珂川流域のすべての対象区域
(城南区)
 樋井川流域のすべての対象区域
(早良区)
 室見川,樋井川流域のすべての対象区域
(西区)
 室見川流域のすべての対象区域

【対象世帯・人数】
322,849世帯 583,477人

【防災情報HOME】
http://bousai.city.fukuoka.lg.jp/i/

・・・・・
2018年7月7日11時03分
--------------
福岡市緊急情報
【発表時刻】
07日11時03分

福岡市では7月5日からの継続的な大雨の影響により,市内全域の土砂災害特別警戒区域,土砂災害警戒区域及びその周辺に「避難勧告」を発令していましたが,7月7日7時55分に土砂災害警戒情報が解除され,同日8時10分に大雨特別警報が解除されたことから,市内全域のすべての対象区域の「避難勧告」を解除しました。

【解除区域】
市内全域のすべての土砂災害特別警戒区域,土砂災害警戒区域及びその周辺で「避難勧告」が発令されていた区域

※一部地域において発令中の「避難指示(緊急)については継続します。

【世帯・人数】
34,520世帯 74,492人

【過去履歴】
http://bousai.city.fukuoka.lg.jp/i/kin0.html



以下は、今朝の西日本新聞紙面より。

20180707162621b3e.jpg


201807071626153e6.jpg


201807071626365e6.jpg


20180707162629baf.jpg


2018070716262428d.jpg





テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

カール・マルクス 生誕200年(5月5日)でドイツ大統領が語る!

2018年5月6日(日)

独大統領“マルクスは現代に通じる”
きょう生誕200年 多面的業績語る
しんぶん赤旗 ー 2018年5月5日(土)
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-05/2018050501_03_1.html

【ベルリン=伊藤寿庸】
ドイツのシュタインマイヤー大統領は3日、ベルリンで、同国出身の思想家・革命家カール・マルクス生誕200年に当たり、マルクスの多面的な業績や現代的な意義について触れる講演を行いました。

 同大統領は、マルクスが「熱烈な人道主義、出版の自由、人間的な労働条件、8時間労働、女性の役割の評価、環境保護」に取り組んだと指摘。現代のグローバル化を予言し、“労働者と機械の競争”などの分析は、現代の労働者が直面するAI(人工知能)、ロボットなどの問題に通じると述べました。

 マルクスが、経済学者、哲学者、歴史学者、社会学者だっただけでなく、ジャーナリスト、労働運動の指導者、教育者でもあり、政治的迫害を受けた人、亡命者でもあると指摘。マルクスが「ドイツの思想家」であっただけでなく、国際主義を体現していたと強調しました。

 ドイツでは有力週刊誌紙が、マルクス特集の別冊を相次いで発行。マルクスの生地トリーアでは誕生日の5日、生家を博物館にした「カール・マルクス・ハウス」が改装を経て再び公開されます。

 左翼党系のローザ・ルクセンブルク財団はベルリンで「マルクス生誕200年 政治・理論・社会主義」と題する国際会議を2日から5日間にわたって開催し、若い学生などが多く参加しています。



テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

次のページ