JUNSKY blog 2018

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

羽生竜王、藤井五段に敗れ「微妙な局面で私がミス」

2018年2月18日(日)

今日も政治の話しを離れて、昨日の羽生結弦さんとエールを
交換していた漢字が同じ 羽生善治さんのニュースを!

これも既に皆さんご存知のことと思いますが、
スケートの羽生結弦君は他を寄せ付けず勝利して金メダルを獲得!

一方で、羽生結弦君に力強いエールを送っていた将棋に羽生善治さんは
あの藤井聡太五段(15)に敗れたと云う話し。
どうやら驚きを持って迎えられているようです!


‪将棋 藤井聡太五段 棋戦初優勝 六段昇段 | ‬
‪NHKニュース − 2018年2月17日‬
‪https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180217/k10011333201000.html‬
20180218232514bb4.jpg


羽生竜王、藤井五段に敗れ「微妙な局面で私がミス」
日刊スポーツ − 2018年2月18日(日)8時14分
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201802180000101.html

 将棋の最年少棋士、藤井聡太五段(15)が、第一人者で国民栄誉賞受賞の羽生善治2冠(47)を撃破した。17日、東京都内で行われた朝日杯オープン戦準決勝で初対局。藤井が先攻し、羽生が反撃に出るぎりぎりの熱戦も、最後は鮮やかな攻めで勝ちきった。

 国民栄誉賞授賞式後初めての対局となった羽生が、天才少年に黒星を喫した。対局中は劣勢に髪の毛をかきむしったり、頭を抱えるシーンも見られた。対局後は「ずっと難しい局面だった。微妙な局面で私の方がミスをしてしまった」と淡々と語った。

 非公式戦での対局から約1年。藤井について「しっかり落ち着いた指し回しで、安定感がある。時間が短い中、決勝でも1手1手冷静に指されていた」と評した。

 次代の将棋界を担う逸材に「これから先、大きな可能性を秘めている。10代は成長期。これからも伸びていくと思う」と期待。タイトル戦で戦う可能性について「藤井さんは将来必ずタイトル戦に出てくる方」とし、「私がそこにいるかは分かりませんが。そこが問題です」と笑わせた。若手が台頭する将棋界については「今までと同じやり方で通用するとは思っていない」と、気持ちを引き締めていた。



藤井聡太五段が史上最年少で公式戦初制覇 六段昇格
日刊スポーツ − 2018年2月17日17:30
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201802170000476.html

 将棋の最年少プロ、藤井聡太五段(15)が史上最年少優勝を飾った。第11回朝日杯オープンが17日、東京・有楽町朝日ホールで指され、藤井は準決勝で公式戦初顔合わせとなる第一人者の羽生善治竜王(47)を熱戦の末に撃破。続く決勝でも広瀬章人八段(31)に勝利した。

 中学生の棋戦優勝は初めてで、最年少15歳6カ月での棋戦初優勝は1955年(昭30)に加藤一二三・九段(78)が達成した15歳10カ月の記録を63年ぶりに塗り替えた。

 今回の優勝で、規定により段位が上がり、藤井は中学生初の六段に。こちらも加藤九段の16歳3カ月を抜き、最年少記録となった。

 藤井は決勝後、「大きな結果を残せたのは自信になった。優勝できたことを励みにさらに頑張っていきたい」と話した。



続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:将棋 - ジャンル:学問・文化・芸術

「コインチェック」は批判しながら仮想通貨の効用を説くエセ理論!

2018年2月9日(金)


「コインチェック」の仮想暗号通貨流出は批判しながら
仮想通貨の効用を説く冷泉氏の議論には落とし穴が!

・・・・・
なぜ仮想通貨まで叩かれる?
 新しい技術の登場を拒絶する日本

 MAG2 NEWS - 2018.01.31 801 by 冷泉彰彦
 http://www.mag2.com/p/news/348415?l=dcf06fb945

  (冷泉氏の論考は上記リンクよりお読みください:以下は私の『反論』;笑)

⇒ この論考には『すり替え』があるように思います!

『暗号通貨である意義というものは「暗号による高度なセキュリティ」にある』
という前提(高度なセキュリティ)そのものが、「コインチェック」事件や「マウントゴックス」事件で崩れ去っているにも関わらず、以下のように居直っています!

【暗号通貨というのは、まず決済の確実性や迅速性という点で革命的な機能を狙ったものです。また、国家という「怪しい財務内容」を抱えた機関がイメージでしかない信用力を背景に発行している「貨幣」とか、人類が長い歴史の中で「何となく黄色に輝いてきれい」だという理由で価値を与えてきたゴールドなどと違って、その「機能によって信頼と価値」を獲得してゆこうという、画期的な発明に他なりません。】

【金】(ゴールド)の価値の起源は、カール・マルクスも論考しているところで、数千年の歴史的裏付けがあります。
「何となく黄色に輝いてきれい」だと云う考えは浅はかです。
【金】(ゴールド)には貨幣として鋳造されることによる「交換価値」と伴に、宝飾品や電気製品の主要回路に使われるなど社会で長期にわたって使われてきた厳然とした「使用価値」があるのです。それが【金】の信用を裏付けているのです!

一方で『暗号通貨』には安定した『交換価値』も無いし(今や投機対象で決済能力も無い)、「使用価値」は全くありません!
もはや『暗号通貨』と云うものがハッカーなどによって簡単に盗まれたり書き換えられたりする脆弱なものであることが露呈しているのに
『新しいテクノロジーが出てくると、その可能性や意義、将来の見通しに関する報道よりも、トラブルに関する報道の方がはるかに多くなってしまうという問題です。』と話の方向を変えようとしている。

『暗号通貨』が開発された(日本人とも言われている)目的は、「決済の確実性や迅速性」だったのかも知れませんが、今や安定性も将来性も安全性も無い投機対象になっているのです!

 また『新しい技術の登場』として比較して挙げているものは、実体のある製品や技術であり(例えば「ドローン」)、実体の無い『暗号通貨』の斬新さや将来性を裏付ける比較対象とはならないものです!

 従って、そのような脆弱性が確実に無くなるまでは、一般人は『暗号通貨』に手を出してはならないのです!


    ************* 

なぜ仮想通貨まで叩かれる?
 新しい技術の登場を拒絶する日本

 MAG2 NEWS - 2018.01.31 801 by 冷泉彰彦
 http://www.mag2.com/p/news/348415?l=dcf06fb945
 

(冒頭の一部のみ引用:以下略長いです)

 暗号通貨の取引所「コインチェック」に預託されていたNEM「通貨」が、邦貨換算で580億円相当も「盗まれた」という事件が大きく報道されました。この事件についていえば、暗号通貨が暗号通貨である意義というものは「暗号による高度なセキュリティ」にあるわけですから、そのセキュリティに関する甘さを持っていた取引所の経営姿勢は批判されても仕方がないと思います。

このような暗号通貨に関するトラブルとしては、2014年の「マウントゴックス」事件もあったわけです。両者ともに批判されても仕方がないのは事実です。ですが、それはそれとして、どうにも気になるのは、新しいテクノロジーが出てくると、その可能性や意義、将来の見通しに関する報道よりも、トラブルに関する報道の方がはるかに多くなってしまうという問題です。





テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

Twitter 社 【世界の指導者のアカウントはブロックしない】

2018年1月8日(月)成人の日

幼稚で物騒ぎな『つぶやき』が世界に拡散するのは
問題もあるが、寝たふりをして秘密裏に戦争準備を
するよりも、公開で『馬鹿さ』加減が明らかになり、
世界中で論議や抗議が起こるネタになって良いかも?!


逆に言えば、トランプがTwitter で『大言壮語』
している内は、先ずは大丈夫だろう! と思う。

その上、トランプの幼稚さが長期に渡って記録に残る
と云う意味でも意義があるかも(笑)
トランプ氏以外の政治家も『呟き』には気を付けなければ
一度UPしたら世界中に『コピペ拡散』されて取り返しが
付かなくなりますよ!

・・・・・・・・・

世界の指導者のアカウントはブロックしない、
 ツイッターが方針示す

 AFP-BB - 2018年1月6日 12:49 発信地:ワシントンD.C./米国
 http://www.afpbb.com/articles/-/3157596?cx_position=11

【2018年1月6日 AFP】
 米ツイッター(Twitter)は5日、世界の指導者らがツイッターで「物議を醸す」意見を表明したとしても、そのアカウントをブロックしない方針を示した。

 数日前にドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が米国の核兵器の使用をほのめかすツイートしたため、ツイッターは暴力の脅しを認めるのかという批判が巻き起こったことを受けて、米カリフォルニア州を拠点とするツイッターはブログで今回の発表を行った。

「世界の指導者をツイッターからブロックしたり、その物議を醸すツイートを削除したりすることは、人々が見て議論するために必要な重要な情報を隠すことにつながりかねない。指導者の口を封じることはならないが、間違いなくその発言と行動についての必要な議論を阻害することになる」

 ツイッターはトランプ氏や同氏が今週投稿した「自分も核のボタンを持っていて、それは北朝鮮のものよりはるかに大きく、はるかに強力だ」という内容のツイートに特に言及することはしなかった。

 一方、政治的指導者の特定のツイートが規約に反した場合にツイッターが当該ツイートを削除する余地は残されている。

 ツイッターは声明で「わが社は指導者たちのツイートをその政治的文脈の中で検討し、しかるべくわが社のルールを適用していく」と述べた。
(c)AFP






テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

ニッサンの出荷時検査不正 38年前から!

2017年11月18日(土)

以下の記事では、
『経営陣は実態を把握できず、長期間にわたる不正を許す結果になった』
と書かれているが、38年間も気付かなかったとかで許されるものでは無く
実態を把握できなかったはずもなく、おそらく経営側から主導して
実行していたものと思う!

品質管理部門の責任者は、通常経営陣の取締役クラスだが、
ニッサンでは、経営陣に入っているか如何かは不明である。

品質管理部門長は、当然知っていたはずであり、
経営層にそう云う事態は伝えていたはずであるから
経営陣が把握していなかったとか、有り得ない!

・・・・・・・・・

以下、紙面写真は西日本新聞で、記事の内容は毎日新聞WEB版から(笑)


201711182220468d9.jpg

日産無資格検査 38年間 報告書、幹部処分発表せず
 毎日新聞 ー 2017年11月17日 23時42分
 

 日産自動車は17日、国の規定に反して無資格の従業員が完成車の検査に関わっていた問題で、実態調査の結果や再発防止策をまとめた報告書を国土交通省に提出した。報告書によると無資格検査は、38年前の1979年から栃木工場(栃木県上三川町)で行われていた可能性があり、90年代には全6工場のうち5工場で常態化していた。経営陣は実態を把握できず、長期間にわたる不正を許す結果になった。



20171118222045bd5.jpg

  この日、記者会見した西川(さいかわ)広人社長は「皆様の信頼を裏切った。改めて深くおわびしたい」と陳謝した。経営陣の処分は発表せず、西川氏自身が月額報酬の一部を今年10月から自主返納していることや、他の経営幹部も自主返納する方針であることを示すにとどめた。

 報告書によると、不正行為は栃木工場で「79年から実施されていた」との証言があったほか、主力工場である追浜(おっぱま)工場(神奈川県横須賀市)では89年から続いていたことが書類上で確認された。これまで国内全6工場で無資格検査があったとしていたが、このうちオートワークス京都(京都府宇治市)では不正は確認されなかった。

 製造現場では、正当な検査と見せかけるために資格者の印鑑を管理する帳簿が作成され、上司の指示で無資格者に貸し出されていた。不正の発覚を免れるため、各工場では国交省などの監査当日に限り無資格の従業員を完成検査から外したり、上司の指示で無資格者が資格者のバッジを付けた上で完成検査をしたりする隠蔽(いんぺい)工作の事例も報告された。

 不正の背景については、資格を持つ完成検査員が不足していたことや、工場や日産本社の管理職が無資格検査の常態化に気づいていなかったことなどを挙げた。そのうえで、「工場幹部や日産本社が、有資格者のみが携われる完成検査の業務を踏まえた人員配置を検討せず、人員不足を招いた」などと指摘した。

 再発防止策として、日産は既に各工場で完成検査の実施場所をゲートで区切り、有資格者以外の立ち入りを制限。今年度中に、顔認証による入出場管理システムを導入するほか、107人の有資格者を養成する方針だ。

 一方、国交省は報告書提出を受けて、「内容を精査し、6工場に立ち入り調査した結果と合わせて厳正に対処する」と説明。「法令に照らし行政処分も検討する」としている。
【安藤大介、工藤昭久】



2017111822204342a.jpg

日産自動車が公表した報告書の骨子
<不正の原因>

・完成検査員が不足し、工場ごとの事情を踏まえた検査員の配置も行わなかった

・国に代わって完成検査を行う重大性の認識や法令順守意識が欠如

・本社の管理職層と検査を行う現場に距離があり、本社などが不正を見抜けなかった

<再発防止策>

・生産台数を前提とした、完成検査員の育成計画の策定

・完成検査員全員に、検査制度や法令順守について再教育

・国内工場全体を統括する役員職を新設し、本社と工場間の連携を強化

 【ことば】無資格検査問題

 日産自動車が国内工場で、国内出荷前の新車を最終チェックする「完成検査」の一部を無資格の従業員にさせていた問題が9月に発覚。本来は、必要な知識と技能があるとしてメーカーが資格を与えた従業員が検査しなければならないが、資格のない従業員が従事していた。対策を講じたと公表した後も、違反が続いていたことが社内調査で判明し、全工場の生産・出荷を一時停止した。SUBARU(スバル)でも研修中の無資格者が検査していた問題が発覚している。




テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

西日本新聞で国谷裕子さんと森達也さんの対談

2017年8月19日(土)


 おととい8月17日(木)から今日8月19日まで、

NHK【クローズアップ現代】のキャスターだった国谷裕子さんと

佐村河内守を追った【FAKE】を撮った映画監督で作家の森達也さんの

対談記事が西日本新聞の紙面に連載された。


テーマは、「メディア・リテラシー」

マスメディアは、ものごとの1つの側面しか描けない!

その中で、視聴者がどうあるべきか?!を問われる内容でした!


今のところ、WEB版には掲載されていません!


国谷裕子さんと森達也さんのプロフィール紹介 :西日本新聞
20170819195436e9a.jpg

8月17日付け 連載 【上】
201708191954357d9.jpg

第一回目のテーマ
201708191954349e1.jpg

ポスト トゥルースとフェイクニュースについて
20170819195445447.jpg

8月18日付け 連載 【中】
20170819195438bed.jpg

『公正中立』の縛りで 『安保法制』を取り上げられなかった!
201708191954399e9.jpg

映画【FAKE】 佐村河内守 ドキュメンタリーについて
201708201951335f1.jpg


8月19日付け 連載【下】
20170819195440541.jpg

国谷裕子さんのインタビューのスタンス
20170819195440ba5.jpg

公正中立とメディア自身の責任
2017081919544294c.jpg





テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

【韓国キャンドルデモクラシー ~彼らが大統領を弾劾できたわけ~】

2017年7月2日(日)

【韓国キャンドルデモクラシー
  ~彼らが大統領を弾劾できたわけ~】


2017070221582467e.jpg
 左から:パク・ジンさんイ・スンフンさん田中博さん実行委員長・日高明子さん

2017年7月2日(日) 14:00 から
福岡市南区会場 サロン・ド・ソフィア で開会の

【韓国キャンドルデモクラシー
 ~彼らが大統領を弾劾できたわけ~】

  に参加。
【ゲスト】
パク・ジンさん (女性)
 (パク・クネ政権退陣非常国民運動状況室共同室長)
イ・スンフンさん (男性)
 (パク・クネ政権退陣非常国民運動市民参加特別委員会チームリーダー)
田中博さん (本日の通訳:日韓交流コーディネーター)
実行委員長 日高明子さん

会場は、サロン・ド・ソフィア と云う「自動車試験場」の近くの
個人経営の外国語教育なども行っている処で、
2階が貸しホール的なピアノも有るサロンになっていました。
中々雰囲気の良い会場でした。
福岡市南区長住6-14-25
並べられた椅子は30程で、最終的にはほぼ満席の盛況!

<冒頭の報告から書き留めた範囲で書き起こし:>

2017年3月10日の弾劾を決定する前日の集会には
ソウル市内のメイン会場に160万人全国で232万人参加。
この間の延べ参加者は1700万人。
韓国の人口は、五千万人未満だから、規模の大きさが判る。

20170702215826a3c.jpg

その頃のパク・クネ(朴 槿恵)大統領の支持率は5%未満。
反対するものが95%と云う状況に 成っていた。
農民の支持も失っていた。

農民活動家が一年ほど前に警察の高圧放水にやられて
重篤に成っていたが、一年後に亡くなった。
この方は朴正煕(パク・チョンヒ:朴 槿恵の父親)大統領にも反対して運動した方で、
その後の李明博(イ・ミョンバク)政権にも反対運動をしていた
韓国では有名な活動家だった。
その方が権力によって殺されたことで農民の怒りも沸騰。

20170702215825a81.jpg
  (画像は壁に投影したものの写メにつき解像度は悪い)

集会のBGMは、COLD PLAY と云うバンドの曲が共通して使われた。
その歌詞は「腐敗した権力は自ら滅びる」と云うような内容。

今回の運動では、以前のような露骨な弾圧は無かった。
朴 槿恵大統領のタブレット端末が押収され、その中に
お友達の女性が大統領の演説原稿を添削していた証拠が
明瞭に残っていて、それがマスコミから流れていたから。

20170702215828893.jpg

去年、このキャンドル集会を始めた時は、二千人位集めたいと
思っていたら、1回目から3万人も集まった!
警察も抑圧するのは無理と判断したらしい。

2回目は、ソウルの光化門広場で10万人となり、物理的に
抑えることは無理と考えたようだ。

20170702215822513.jpg
 左から:田中博さんパク・ジンさんイ・スンフンさん実行委員長・日高明子さん

        以下、この下に続く・・・! (長いです!)

     *********************

続きを読む

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

世界同時にサイバー攻撃 業務に支障を来す企業や役所が続出!

2017年5月17日(水)

先週末から世界を大騒ぎに陥れているインターネット上の人質攻撃!

役所や病院また企業のコンピューターにウイルスを撒き散らして
ファイルを閲覧不能にし、回復させるためにはビットコインで300ドル払え
と云う悪質なものである。

週末から週明けのニュースでは、怪しいメールを見ない、取り分け
添付ファイルは開かない! と強調されていたが、その後の調査で、
メールを見たり添付ファイルを開いたりしなくても、 ネットに
繋いでいるだけでも欠陥を探して入り込んでくる悪質なものだと云う。

その上、知らないうちに入り込んだウイルスが、繋がっている知人の
コンピューターにまで拡散するのだと言う。

素人には防ぎようが無いらしい。

少なくともLANケーブルを繋ぎっぱなしにしないで、必要最小限の時に
繋ぐようにする。
電源を入れたまま放置しないことは必須だと思われる。
リスクを少しでも減らす事しか出来ることは無い!

世界同時サイバー攻撃 狙いはインフラ、IoTの盲点突く
 日本経済新聞 電子版 - 2017/5/16 4:00 

 世界中を襲った過去最大規模のサイバー攻撃では鉄道、医療、通信など重要インフラが集中的に狙われた。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の脆弱なセキュリティー対策に狙いを定め、脅迫して得るカネにビットコインを指定するなど、犯罪者は新しいIT(情報技術)技術の盲点を突いて大金を奪おうとたくらむ。別のグループによる第2、3波の攻撃も予想される。
 民間のJPCERTコーディネーションセンターによると13日午前までに国内で感染した事例はIPアドレスベースで600カ所、端末ベースで2000機。15日は多くの企業が活動を再開し、被害は一段と広がっているとみられる。



サイバー攻撃
被害150カ国20万件 国内でも2件 警戒呼びかけ

 毎日新聞 - 2017年5月15日 大阪朝刊 

 世界規模でコンピューターウイルスの「ランサムウエア」による攻撃が相次いだ問題で、欧州連合(EU)の欧州警察機関(ユーロポール)のウェインライト長官は14日、英テレビ番組のインタビューで、確認されている被害は「少なくとも150カ国で20万件以上」と述べた。経済活動が再開する週明けに被害がさらに広がる可能性もあるとみている。

 ランサムウエアによるサイバー攻撃を巡り、警察庁は14日、国内の総合病院と個人所有のパソコン計2台で感染被害が確認されたと発表した。週末に欧州や米国などで発覚したサイバー攻撃の被害は経済活動などが活発になる週明けの15日に拡大するおそれがあり、同庁や情報セキュリティー会社などは警戒を強める。

 警察庁によると、13日、総合病院で使われているパソコンを担当者が開いたところ、データの一部が暗号化され、回復の条件として300ドル(約3万4000円)を仮想通貨の「ビットコイン」で支払うよう求める画面が表示された。

 感染経路は判明しておらず、警察庁は2台のパソコンが所在する地域を明らかにしていない。警察当局はウイルス供用罪の疑いもあるとして捜査を開始。警察幹部は「週末で担当者が不在のためサイバー攻撃に気付いていない企業などがあるかもしれない。月曜になって被害が広がる可能性がある」と注意を呼びかけている。
【ブリュッセル八田浩輔、関谷俊介】




テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

福島県浪江町の山火事 やはり放射能レベルが急上昇していた!

2017年5月14日(日)

▶️ やっぱり放射能レベルが上がっていた!

ある新聞が放射能数値上昇の可能性を伝えたら
バッシングにあって謝罪したが、謝る必要は無かった!

環境庁が、「モニタリング数値に大きな変動は無い」
と発表した時に胡散臭さを感じたが、懸念通りだった!

今回はローカル紙ではなく、毎日新聞の報道である!

最初に多少なりとも上昇していると報道していれば、
それなりの信憑性があったが、 「上昇していない」
と、発表したことで、それはあり得ないと思っていた!

・・・・・・・・

浪江・十万山の山林火災
放射性セシウム、3~9倍に上昇 /福島
毎日新聞 ー 2017年5月10日 地方版

 東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域に指定されている浪江町井手の十万山で起きた山林火災で、県は9日、周辺3カ所で8日測定した大気中を浮遊するちりの放射性セシウム137の濃度が前日の約3~9倍に上がったと発表した。
 県放射線監視室によると、
浪江町井手のやすらぎ荘が1立方メートルあたり3・59ミリベクレルで3・23倍
双葉町石熊の石熊公民館が同7・63ミリベクレルで8・98倍
大熊町野上の野上一区地区集会所が同1・35ミリベクレルで3・86倍--。



山火事 岩手・福島、延焼続く 浪江は腐葉土が鎮火阻む
毎日新聞 ー 2017年5月10日 東京朝刊

山林火災の消火活動に当たる自衛隊のヘリコプター=岩手県釜石市で9日午前11時40分、本社機「希望」から宮武祐希撮影

 宮城、岩手、福島3県で発生した山火事は9日、延焼中の岩手県釜石市と福島県浪江町で空と陸からの消火活動が日没まで続いた。気象条件に加え、浪江町では堆積(たいせき)した腐葉土の影響などから難航し、鎮火の見通しはない。

 釜石市平田(へいた)で8日発生した山林火災は、焼失面積が約400ヘクタールに拡大。火勢は一時、集落に約300メートルまで迫り山中の神社のプレハブ小屋の一部を焼いた。

 原発事故に伴う「帰還困難区域」の福島県浪江町井手で起きた山林火災は、発生から丸10日たっても消えず、焼失面積は50ヘクタール以上。県によると、消火を阻む要因は、強風や乾燥に加え「広い範囲に積もった腐葉土」。ヘリからの散水で表層の火を消しても、落ち葉や腐葉土の中で火がくすぶり続け、一晩たつと再び表層も燃え始めるという。一方、8日に住宅など9棟を全焼した同県会津坂下町の火災は9日に鎮火した。【小鍜冶孝志、尾崎修二、山田研】

3~5月に発生、半数超を占める
 林野庁によると、山火事は2010~14年の年平均で1635件発生し、3~5月の3カ月で年間件数の半数超を占めている。

 春は乾燥や強風といった気象条件が重なりやすい上、行楽や山菜採りで入山者が増えたり、農家が枯れ草焼きをしたりするため。

 7割近くが人為的な原因で、たき火30・4%▽野焼き14・4%▽放火(疑い含む)10・4%--などとなっている。【土江洋範】




テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

帰還困難区域で山火事、陸自など消火活動続く 福島・浪江町

2017年5月2日(火)

 福島県浪江町の『帰宅困難地域』で、
福島原発事故による放射性物質が大量に付着し残存している
山林の火災が発生し、3日間も続いている! (昨日現在)

 枝葉が燃え煙となって上空に舞い上がることで、
『除染』(本当に放射能が無くなった訳ではないが)した地域に
再び大量の「死の灰」が降っている!

 以下のマス・メディアニュースの殆どが、ニュースの最後に
「環境省によると、現時点で浪江町中心部など周辺の放射線量に
 大きな変化はないという。」 等と付け加えている。
 そんなはずがないじゃないか?!

 そのマスメディアも最小限の『抵抗』として
「環境省によると・・・という」と伝聞調の「限定」を付けている!

     *************

福島・浪江町の山火事 消火活動続く
 日本テレビ系(NNN) - 2017年5月1日(月) 16:46配信
 

 先月29日、福島県浪江町の帰還困難区域で発生した山林火災は1日午後4時現在も延焼が続き、自衛隊のヘリなど11機が出動して上空からの消火活動が続いている。
 火災が起きているのは福島第一原発事故で帰還困難区域に指定される浪江町の十万山。先月29日午後に出火し、先月30日は一時鎮圧状態になったものの、強い風にあおられ再び延焼した。現場は地上から人が近づけないため、県は自衛隊や隣県の消防に応援を要請し、現在11機のヘリが上空から消火活動を続けている。
 県によるとケガ人や建物への被害はないものの、これまでに山林10万平方メートル以上が燃えたという。
 また、この火災で周辺の放射線量の値に目立った変化は見られないという。
 1日は午後に雨が降り、火の勢いは弱まっているものの、いまだ鎮火には至らず、県や自衛隊は日没まで消火活動を続ける予定。



【関連記事】

<山火事>消火を再開 20ヘクタール延焼 福島・浪江
 毎日新聞 - 2017年5月1日(月) 11:00配信
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl…

浪江町帰還困難区域で山火事続く 周辺線量変化なし
 テレビ朝日系(ANN)- 2017年5月1日(月) 11:54配信
 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann…
ANN_20170501_Namiemachi-Yamakaji-03.jpg


帰還困難区域で山火事、
 陸自など消火活動続く 福島・浪江町

 TBS系(JNN) - 2017年5月1日(月) 14:16配信

TBS_20170501_Namiemachi-Yamakaji-01.jpg
 

  福島県浪江町の十万山で、先月29日の夕方に山火事が発生し、出火から3日目を迎えた1日も鎮火せず、自衛隊などが消火活動を行っています。
 現場は、放射線量が比較的高く、帰還困難区域に指定されていて、県によりますと、先月30日までに少なくとも山林10ヘクタールが燃えたということです。これまでのところ人や家屋への被害は確認されていません。



福島・浪江町で山火事 29日から延焼続く
 日本テレビ系(NNN) - 2017年5月1日(月) 14:25配信 
 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn…

落雷で山火事か 浪江・帰還困難区域の消火活動続く
 テレビ朝日系(ANN) - 2017年5月1日(月) 17:12配信
 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann…
ANN_20170501_Namiemachi-Yamakaji-02.jpg


帰宅困難区域で山火事続く 福島
 フジテレビ系(FNN - 2017年5月1日(月) 17:38配信
 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn…


テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

日本を代表する思想家・桑原武夫氏から贈られた蔵書1万冊を京都市の独断で廃棄!

2017年4月27日(木)

トンデモナイことである!

何か今の日本に貴重なものや重要なものを
勝手に処分したり廃棄したりする習慣が蔓延しているような!?

森友学園の土地取引の事例が象徴的だったが、
今度は、寄贈された貴重な書籍を廃棄したとのこと!

日本を代表する思想家である 桑原武夫さんの遺族が京都市の図書館に寄贈した
蔵書1万冊を、当該の図書館の独断で廃棄していたことが、閲覧を求めた
市民の問い合わせから発覚した。

何と言う暴挙!

もしかして廃棄した担当者とその上司、及び教育委員会は、
桑原武夫さんを知らなかったのか?!

公開してオークションに掛けるなり、古書店に競売で売却するなり
すれば、散逸はしてしまうが、最悪滅失することは免れた可能性が
残るが、廃棄してしまったら、永遠に滅失してしまったことになる!

おまけに、寄贈した遺族にも何の連絡もなく行なっていたとのこと。

文化的・社会的教養や常識のない人々が図書館を担っているのなら
大きな問題である!

もしも、廃棄した書物が何処にでも手に入る貴重な書籍では無かった
としても、桑原武夫さんの書き込みや傍線などが有ったとしたら
思想形成の過程を知る上で重要な書き込みである。

マルクスなどが勉強した書籍に書き込んでいるコメントが不破哲三さん
のような後世の研究者に大きな示唆を与え、思考を誘導する契機に
なっている事でもわかる事だ!

・・・・・・

‪桑原武夫蔵書:遺族に無断で1万冊廃棄 京都市が謝罪
- 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170427/k00/00e/040/246000c

桑原武夫蔵書
遺族に無断で1万冊廃棄 京都市が謝罪
毎日新聞 ー 2017年4月27日

 フランス文学者で元京都大教授、桑原武夫さん(1904~88年)の遺族から寄贈された蔵書約1万冊を、京都市が2015年に無断で廃棄していたことが、遺族側関係者などへの取材で分かった。利用実績が少なかったことから「保管の必要はない」と判断したという。市教委は判断が誤りだったと認め、遺族に謝罪した。

 京都大人文科学研究所長などを務めた桑原さんは「ルソー研究」などで人文学に共同研究の手法を取り入れ、哲学者の梅原猛さんや故・鶴見俊輔さん、文化人類学者の故・梅棹忠夫さん、フランス文学者の故・多田道太郎さんらを育てた。戦後日本の知識人に大きな影響を与え、87年に文化勲章を受章した。


桑原さんの遺族から寄贈された蔵書目録の一部=京都支局で
 蔵書は、和漢洋の古典や文学、哲学、風俗など。学術的価値の高い一部は京都大などが保管しているが、市は名誉市民でもあった桑原さんの幅広い関心を物語る貴重なコレクションとして88年に寄贈を受けた。

 市教委が遺族に伝えた報告によると、蔵書は当初、市国際交流会館(同市左京区)に書斎を再現した「桑原武夫記念室」で保管していた。2008年に新しく完成した右京中央図書館(同市右京区)に記念室を移した際、蔵書については市立図書館全体の図書と重複が多かったため、正式な登録をせずに旧右京図書館(同区)で保管。翌年に向島図書館(同市伏見区)の倉庫に移した。

 その後、向島図書館も改修のため保管できなくなり、施設管理担当の職員が右京中央図書館の職員に相談。この際、蔵書に関する問い合わせが08年以降1件のみと活用されている状態でなかったことや「目録があれば対応できる」との判断から、遺族に相談せずに15年12月に廃棄した。

 今年2月に一般利用者からの問い合わせで判明。市教委は3月、「先生の活動のもととなった貴重な蔵書を職員の認識不足で廃棄してしまった。取り返しのつかないことになり申し訳ない」と遺族に謝罪したという。

 遺族の一人は「相談さえあれば他に受け入れ先を探せたかもしれない。『桑原武夫』という存在が忘れ去られたようで残念だ」と話している。

 京都市教委は27日、蔵書の廃棄を了解したとして右京中央図書館副館長だった生涯学習部担当部長(57)を減給6カ月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。

【毎日新聞・榊原雅晴】

テーマ:哲学/思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

次のページ

FC2Ad