FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「50年に一度の豪雨」に毎年のように襲われる九州各地!

2019年8月29日(木)

確かにこの処毎年「50年に一度の豪雨」と報道されている。

以下は、きょうの西日本新聞の紙面から【社説】


20190829_Nishinippon-01.jpg

大雨への備え 毎年来る「数十年に1度」
 西日本新聞【社説】 - 2019/8/29  10:45


何十万人にも避難指示が出ているが
本当にみんな避難したら収容できる施設が有るのか?

行政側のアリバイ作りにも聞えてくる!!

被災者や犠牲者が出た際に
「だから避難してくださいと言ってたでしょ!」と
責任回避するために?

以下は、きょうの西日本新聞の紙面から【第1面 TOP記事】


20190829_Nishinippon-02.jpg

九州北部記録的大雨 2人死亡88万人避難指示
 3県に特別警報

 西日本新聞 - 2019/8/29 6:00


九州北部、激しい雨
 武雄で女性が心肺停止 1800人避難所に

 西日本新聞 - 2019/8/29 12:12



続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

九州南部の集中豪雨で110万人に避難命令が出たが収容できるのか?!

2019年7月3日(水)

漸く九州の豪雨も小康状態になったが
一時は鹿児島を中心に百万人超の避難命令が出された!
しかし、本当に百万人全員が避難行動を起こしたら
収容する施設が有るのか?
水や食糧や寝具などが提供できるのか?
NHKニュースでは、全員ただちに避難することを強調していたが
避難場所が充足しているのかどうかは報道しなかった。

   (下の画像は豪雨・洪水をテーマにしたNHKスペシャルのもの)
NHK_N-Spe_20190630.jpg
【誰があなたの命を守るのか
“温暖化型豪雨”の衝撃】

NHKスペシャル 初回放送
2019年6月30日(日) 午後9時00分~9時49分


その根本には『自己責任論』があり、
「危険性は伝えましたよ! あとがどうなろうとあなたの責任です!」
と云う臭いがプンプンする。

避難先への安全な移動手段と充分な収容施設を用意しないで
「全員避難」だけを強調されても住民は困るのだ。

NHKが強調する「避難する人の割合が極めて低い」という言い方も
何やらお役所広報的な感じである。

【7月4日追記】 西日本新聞では、その点も書いていた。

Nishinippon_20190704-01.jpg

Nishinippon_20190704-02.jpg







続きを読む

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

伝・仁徳天皇陵など百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録の方向!

2019年5月15日(水)

大阪府堺市を中心に結構狭い範囲に密集する
伝・仁徳天皇陵など【百舌鳥・古市古墳群】
世界文化遺産に登録される方向に!

国際記念物遺跡会議(イコモス、本部・パリ)が「登録が適当」と、
国連教育科学文化機関(ユネスコ)に勧告したとのこと。

子どもの頃、大阪市住吉区に住んでいた私は父に連れられて
『履中天皇陵』や周辺の御堀での『魚釣り』によく行ったものです。
おもに鮒釣りでした。

今は、どうかは知りませんが、半世紀前には釣りはOKでした。
但し、当時も『仁徳天皇陵』では禁止されていました。

**********

毎日新聞WEB版より 『仁徳天皇陵』

MozuFuruichi-Mainichi_20190514.jpg

百舌鳥・古市古墳群
世界遺産勧告 伝統と社会構造証明 イコモス

 毎日新聞 - 2019年5月15日


***********

日経新聞WEB版より

MozuFuruichi-Nikkei.jpg
    世界文化遺産登録がほぼ確定した「百舌鳥・古市古墳群」の
     伝・仁徳天皇陵古墳(手前)と履中天皇陵古墳(奥:堺市)

世界遺産、令和に吉報 百舌鳥・古市古墳群登録へ
 日本経済新聞 - 2019年5月14日


*************

西日本新聞の紙面の切り取り

MozuFuruichi-Nishinippon_20190514-02.jpg

MozuFuruichi-Nishinippon_20190514-03L.jpg


MozuFuruichi-Nishinippon_20190514-05.jpg

MozuFuruichi-Nishinippon_20190514-04.jpg



続きを読む

テーマ:地域文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

九州中部大震災(熊本地震)から3年! 原発は稼働し続けている!

2019年4月14日(日)

今日、4月14日は、2016年のこの日に熊本を震央として、大分まで
九州中部を大地震が貫いた第1撃が発生した日です。

暦では2日後、時間的には1日半後に第1撃を上回る第2撃(本震)が発生し、
これは過去に殆ど例が無い新しい経験でした!

『九州中部大震災』と表現したのは、この大地震がとても『熊本地震』と云う
狭いエリアを示すものでは無く、大規模土砂崩れをはじめ様々な災害が同時に
また、二次的に発生したことを捉えたものです。

熊本城も大被害を受けて、復興するには20年以上掛かるだろうと言われています。
加藤清正は、この大きな城郭を数年で造り上げたと言いますから
当時の土木技術が如何に優れていたか解ります。

尤も、歴史的建築遺産の復興が、新規に建造するより手間も時間も費用も
掛かる事は存じています。

話は変わりますが、多くの科学者が地震の正確な予知は不可能であり、
日本列島の何処で大地震が発生しても不思議では無い!と言い、
中・長期的に見れば、大津波を伴う大地震の発生率は将来数十年に
8割の確率で発生すると云う危機的状況なのに原発は稼働を続けています。

地震「予測」研究、岐路に 時期、規模の特定は知見不足
 「危険性提唱」十分伝わらず 「どこでも起こりうる」警鐘

西日本新聞ニュース社会 ー 2019年04月14日 (日) 06時00分


取り分け九州電力は、メルトダウンすれば九州全域は言うにおよばず
日本列島全体を放射能汚染する可能性の高い川内原発(南西方向から)
と玄海原発(北西方向から)の稼働を続けながら、太陽光・風力等の
再生可能エネルギー業者を「電気が余るから停止せよ」と脅迫!
本末転倒の状況に政府がお墨付きを与えているような実態です。

原発を止めるのが真っ先の地震対策です!

以下に、新聞記事とWEB記事へのリンク、
及び当時の私の記事へのリンクを紹介します。


地震「予測」研究、岐路に 時期、規模の特定は知見不足
 「危険性提唱」十分伝わらず 「どこでも起こりうる」警鐘

西日本新聞ニュース社会 ー 2019年04月14日 (日) 06時00分


20190414172633cae.jpg


熊本地震から3年 遺族ら345人が参列し犠牲者追悼式
毎日新聞 ー 2019年4月14日(日) 16時15分

 観測史上初めて最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で273人が亡くなった熊本地震から3年の14日、熊本県庁(熊本市中央区)で県主催の犠牲者追悼式があった。遺族ら345人が参列し、犠牲者の冥福と一日も早い被災地の復興を祈った。

 2016年4月14日の前震に続く16日の本震で熊本県南阿蘇村の自宅が全壊し、79歳だった妻フミヨさんを亡くした増田敬典(けいすけ)さん(81)が遺族代表であいさつ。地震後、東京に住む息子に「一緒に暮らそう」と誘われたが夫婦で60年連れ添った村に残った心情を明かし「亡き妻のためにも復興の力になりたい」とあいさつした。

 蒲島郁夫知事は「今なお1万7000人近い方が仮設住宅での生活を余儀なくされている。お一人お一人の気持ちにしっかり寄り添い、全ての方が恒久的な住まいを確保できるよう全力で取り組む」と述べた。

 熊本地震では16年4月14日午後9時26分の前震と16日午前1時25分の本震で最大震度7を観測。
熊本、大分両県で家屋倒壊などによる直接死50人
▽避難生活などが原因と市町村が認定した震災関連死218人
▽同年6月の豪雨による土砂災害で地震との関連が認められた5人
―の計273人が亡くなった。

 住家被害は全壊8651棟▽半壊3万4613棟▽一部損壊16万3148棟―
―に上り、熊本県によると3月末現在で7304世帯1万6519人が仮設住宅などでの避難生活を続けている。
【中里顕、城島勇人、杣谷健太】




地震続く 昨日の第一撃(M6.4) を超える余震(本震?;M7.1)が 1:25amに発生
JUNSKY blog ー 2016年4月16日(土)

地震は今朝未明にも続いています! 昨日の第一撃(M6.4) を超える余震(本震?;M7.1)が 1:25amに発生 その後マグニチュードは【M7.3】に修正された! NHKの解説者によると、【M7.3】は、阪神淡路大地震と同規模とのこと。



『熊本地震』 震源の一方は東方(伊方原発)へ 一方は南西(川内原発)へ
JUNSKY blog ー 2016年4月17日(日)

様々なメディアで、『熊本地震』 の震源が九州の広範囲に広がっていると指摘!
 そして、南西の方向すなわち川内原発の方向に延伸とも こちらは、今日のNHK報道 NHK報道でさえ、気象庁・地震津波監視課長の記者会見を伝える形で「徐々に南の方にも地震活動が伸びている」と報道

  

『熊本地震』 で 熊本城等文化財にも大きな損傷!
観劇レビュー&旅行記 ー 2016年4月17日(日)

2016年4月15日夜11時のNHKニュースでは、熊本城の天守閣のシャチホコや瓦が崩落する中で、持ち堪えていた『宇土櫓』がTwitterで話題になったと紹介されていたが、それは第一撃でのこと。
 第2弾(「本震」4月16日1:25am)と、それに続く度重なる強い余震で・・・



熊本城 被災状況を この眼で見る!
観劇レビュー&旅行記 ー 2016年6月12日(日)

 『くまみん』大集会に来た帰りに、熊本城に脚を伸ばしました。
 熊本城では、被災状況をより多くの人々に知ってもらうために可能な限り公開しているようで、安全柵を設けた上で結構近くで見ることができるようにされていました。 ダメ元で来たので、予想外に見ることができて地震被災を実感・・・
(熊本城 被災写真掲載)



201904141817062d1.jpg
2016年6月12日(日) 筆者撮影


続きを読む

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

日本を代表する大企業で新たな検査不正発覚! 経営陣の資質の劣化は凄まじい!

2019年4月13日(土)

『ものづくり企業』を謳い文句にしていた筈の自動車会社と
住宅企業で、新たな検査不正が発覚した!

自動車企業の方は、スズキ(旧・鈴木自動車)

20190413193350d39.jpg

スズキ 200万台リコールへ 新たな検査不正で
NHKニュース ー 2019年4月12日(金)


自動車には生命線であるブレーキ性能が規格外であったものも
合格となっていたと言う危険極まりない話し。

201904131933517cb.jpg

スズキ ブレーキ検査でも長年不正の可能性 社外専門家調査
NHKニュース ー 2019年4月12日(金)



住宅企業の方は、大和ハウス工業!

レオパレス見たいな新参者では無い老舗住宅企業なのに!

2019041319335385a.jpg

こちらも、耐震強度だけでは無く、耐火性能や火災時の
延焼対策不充分だったと云う安全軽視の検査不正。

20190413193354bce.jpg

大和ハウス アパート200棟で仕様と異なる施工 防火不十分も
NHKニュース ー 2019年4月12日(金)


いずれも、検査担当者に責任を押し付けられる話では無い!!!







続きを読む

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

カルロス・ゴーン 言いたい放題の証拠を示せない『反論』

2019年4月9日(火)

カルロス・強欲・ゴーンが再逮捕前に録画しておいた
傲慢反論映像を今日の午後、公開したとのこと。

2019041002321416a.jpg


その全文が毎日新聞で書き起こされてWEB記事となっている。


「私が最も強く望むことは、公正な裁判を受けること」
ゴーン前会長 動画での発言全文

毎日新聞 - 2019年4月9日(火) 16:28



  【ゴーン容疑者のビデオメッセージ】 時事通信 - 2019年4月9日(火)
   弘中惇一郎弁護士提供 【時事通信映像センター】

一通り英語での映像を字幕は見ずに聴いてみたが、基本的には
『無実を信じてください』と言う懇願調で、様々指摘されている
会社の私物化が嘘であることを証明する具体的な内容は何も無い!

最初の方で 「I love JAPAN, I love NISSAN」 と強調して共感を得ようと必死!

自らが日産の再建だけではなく、日本経済にも大きく貢献した
日本の企業の経営体系(Management system)改善も進めた
と自らの能力を誇示! 俺が俺が・・・『俺様』の典型(笑)

そこには、リストラや下請け切りで人生を狂わされた人々への配慮は
カケラも見られなかった!

『私の手法は独裁(Dictatorship)では無く
 率先垂範(Leadership)である』
と豪語している。

指摘される不正についてはひたすら、日産幹部の陰謀である
ことを強調しているだけ。

最後の方では、「自分が抜けた後の日産の経営は行き詰るだろう」
とでも言いたいような『業績への懸念』を強調して自らの能力を誇示!

また、同じ内容を何度も繰り返して『訴えている』ようにも聞こえた!

日本人に理解を得るつもりが却って鼻をつまむ言い訳ばかりで
噴飯ものであった!

これでは、とてもゴーン追放が陰謀であるとは思えないし、
ゴーン氏の言い分に分が有るとも思えない。


続きを読む

テーマ:許されない出来事 - ジャンル:ニュース

【レオパレス21】 法令違反の『安上がり施工』は創業者・深山祐助の指示!

2019年3月20日(水)

これは、『施工不備』などと言葉の誤魔化しが通用する話では無い!

コストダウンだけを狙った明白で意図的な違法行為である!

当時会社の代表取締役社長であった創業者・深山祐助が違法行為を指示し
建築確認申請に提出した設計図では設置されていた天井裏の隔壁などを
施工図では無くす等、防火性や耐火性などの種々の安全性を全く無視して
材料費と施工費などを浮かせて安上がりに造ったのである。

おまけに、【レオパレス21】は、オーナー地主に金を出させて建てるので
居住者ばかりでは無く、オーナー地主の皆さんをも騙していた訳で、
二重の裏切り行為と不法行為を行っていたことになる。

とても許せるものでは無い。

この違法建築は会社の責任で改修するが、改修のために退去させられる
住民は7,700人にもなると言う。 未だに1割も退去できていない。
そりゃそうだろう。  行く先もないのに退去できない。
会社は代替えの住居を最後まで責任を持って用意するべきだ!

この不法行為を容認した担当の一級建築士の責任も問われるだろう。

今回の犯罪が明らかになったのはおそらく「公益通報」(内部告発)
によるものだろうと推察する。 その方の勇気は称賛したい!

一方で、「レオパレス21」施工不備?!調査委員会は
【意図的に行われていたかどうかは「さらに調査が必要だ」としています。】
  と『NHKーTVニュース』などでは報道されているが、

レオパレス21が平成5年から13年にかけて建設した建物(現在判明分)
で発生している『安上り施工ト』不正は平成18年5月まで社長を務めていた
創業者・深山祐助の指示のもとに行われていたのであり
「原因・背景となる問題は一部の部署にとどまるものではなく、
 組織的・構造的に存在していた」と言うのだから

「意図的に行われていた」ことは明白ではないか?

NHK報道は調査委員会の見解を紹介するだけで矛盾点の追及が甘い!


     ***********


レオパレス施工不備 創業者の指示が背景に 調査委が中間報告 |

NHKニュース - 2019年3月18日(月)
https://www3.nhk.or.jp/n…/html/20190318/k10011852181000.html


NHKでは、この中間報告が出る遥か前に問題点を詳しく示した解説
【持論・公論】を放送している。

「レオパレス21の施工問題と再発防止」
NHK 【時論公論】- 2019年02月20日 (水)
中村 幸司 解説委員
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/314772.html


防火性・耐火性など安全性不足を中心にイラスト入りで詳しく解説
この事件に関心のある方は是非リンクから本編をお読みください。

こちらは日経新聞の記事(短い!)へのリンク

レオパレス施工不良、発端は「創業者が指示」
外部調査委が中間報告書

日本経済新聞 - 2019年3月18日(月) 15:18

 レオパレス21は18日、施工不良のアパートが見つかった問題で、外部調査委員会の中間報告書を公表した。
 原因や背景について「組織的・構造的に存在していた」と指摘。仕様と異なる部材が使われたことについては「当時の社長の指示」だったと、創業者の深山祐助氏の関与を示唆した。
 再発防止策や経営陣の責任に関する最終報告書は5月下旬までにまとめる。



    **************

不正を調査した調査委員会 の報告を報道する西日本新聞(3月19日付け)

201903201517497b3.jpg
上の紙面の「施工不良は創業者指示」で検索しても「レオパrス」でも
これらの記事に相当するWEB記事は一日前の話なのにHITしなかった!

ことの経過のポイント(おおまか過ぎる?)の一覧表
2019032015175059e.jpg

西日本新聞も「営利むきだし 安全軽視」と言わざるを得ない酷い状況
20190320151752e2d.jpg


続きを読む

テーマ:許されない出来事 - ジャンル:ニュース

30年前の『昭和』から『平成』への元号改訂時の資料が新たに発見!

2019年2月18日(月)

前回の昭和から平成への改元(1989年)の随分前から
学者を交えて検討されてきた『新元号』の検討過程の
一端が目加田誠・九州大名誉教授の遺品から発見された!

西日本新聞の記事から

 1989年の平成への改元で、新元号案の考案者の一人だった故目加田(めかだ)誠・九州大名誉教授(中国文学)の推敲(すいこう)用手書きメモが福岡県大野城市の自宅で見つかった。メモには少なくとも20案が記され、このうち「修文(しゅうぶん)」は「平成」「正化(せいか)」とともに最終3案に残った。研究者は「元号の考案過程を知る非常に重要な資料」と評価している。



Nishinippon_20190217-02.jpg

・・・・・・・・・・・・


平成へ改元の元号20候補 大野城の自宅にメモ
 故目加田誠・九州大名誉教授が推敲

 西日本新聞 - 2019年02月17日

 1989年の平成への改元で、新元号案の考案者の一人だった故目加田(めかだ)誠・九州大名誉教授(中国文学)の推敲(すいこう)用手書きメモが福岡県大野城市の自宅で見つかった。メモには少なくとも20案が記され、このうち「修文(しゅうぶん)」は「平成」「正化(せいか)」とともに最終3案に残った。研究者は「元号の考案過程を知る非常に重要な資料」と評価している。

Nishinippon_20190217-01.jpg


 目加田氏は、中国最古の詩集「詩経」を日本で初めて現代口語訳したことで知られる。メモは計9枚。原稿用紙や便箋に万年筆や鉛筆などで手書きしていた。

 記された元号案は「修文」や「天昌(てんしょう)」「靖和(せいわ)」「普徳(ふとく)」など計20案。このうち10案については「詩経」のほか、同じく中国の古典である「書経」「易経」から引用しており、社会の理想を表すものが多い。

 赤のボールペンで案を丸で囲んだり、一度書いた案を消したりするなど、推敲の過程がうかがえる。

 目加田氏は1994年に亡くなった後、遺族が大野城市に蔵書1万6千冊を寄贈した。市の担当者が2011年に目加田氏の自宅で蔵書を整理していた時、メモを発見したという。

 市は、目加田氏と親しかった竹村則行・九州大名誉教授(同)に解析を依頼、筆跡などから直筆メモと判断した。竹村氏は「『修文』は武器を捨て、文化や学問を身に付ける、の意。メモが残っていたのは奇跡的で、推敲を重ねた先生の真心が見える」と語った。

 市は3月1日から5月26日まで、市役所近くの「大野城心のふるさと館」でメモを公開する。

    ◇      ◇

■非常に重要な発見

 元号に詳しい京都産業大の所功(ところ・いさお)名誉教授(日本法制文化史)の話 新元号案を選ぶ過程が分かる資料は初めてで、非常に重要な発見だ。目加田誠氏が新元号案の一つ「修文」の考案者であることは知られていたが、出典や文字を選んだ理由は明らかになっていなかった。(政府の元号選定要領には既存の元号や俗用の言葉は避けるとあるが)中には先例や俗用に該当する文字もあり、学者は「純粋にいい案を出す」ことを依頼され、先例や俗用の確認は政府側が担う、と役割分担されていたのが読み取れる。

=2019/02/17付 西日本新聞朝刊=



平成改元、見送りの20案 九州大名誉教授の肉筆メモ発見
 西日本新聞 - 2019年02月16日
 

 昭和天皇逝去に伴う1989年の改元で、政府から新元号案づくりを依頼された一人とされる故目加田誠・九州大名誉教授(中国文学)が案を記した、肉筆メモが見つかった。走り書きのため読み解けないものもあるが、最終段階で採用が見送られたという「修文」を含む20案が確認できる。メモを所蔵する福岡県大野城市は「知られずにいた多数の元号案の存在が分かる、貴重な史料」としている。

 大野城市によると、メモは原稿用紙と便箋計9枚。万年筆などで書いた「大成」「天昌」といった案が並んでいた。出典や該当部分の漢文が添えられていたり、優先順位とみられる番号が振られていたりしている。



平成改元
元号案20超 考案者メモ発見、選定の一端判明

 毎日新聞 - 2019年2月17日

 1989年の平成への改元で、考案者の一人だった目加田(めかだ)誠九州大名誉教授(94年に死去)が生前に残した元号案を推敲(すいこう)したとみられるメモが見つかった。政府の最終案に残った「修文(しゅうぶん)」のほか、「普徳(ふとく)」「靖之(せいし)」など20を超える案が手書きで記されている。最終的に採用されなかったが、政府が現在も公表していない平成の選定過程の一端を示す貴重な史料だ。

 目加田氏の自宅があった福岡県大野城市が2011年秋ごろ、遺族から寄贈の相談があった遺品を整理してい…(以下略;会員限定有料記事)




「修文」「普徳」「天昌」など、
平成改元時の元号候補20案、目加田名誉教授のメモ発見

毎日新聞 ー 2019年2月16日(土)

 目加田氏の自宅があった福岡県大野城市が2011年秋ごろ、遺族から寄贈の相談があった遺品を整理していた際に見つけた。市は目加田氏と親交のあった竹村則行・九州大名誉教授(中国文学)と共同で内容を分析し、筆跡などから目加田氏のメモだと判断した。

 便箋と原稿用紙など9枚に、解読できないものも含めて20を超える案が書かれていた。このうち「普徳」「靖之」「靖和」「天昌」「修文」など10案には、出典とその該当部分も記され、政府への提出に先立つ最終段階の案とみられる。目加田氏は中国最古の詩集「詩経」の専門家。10案のうち4案の出典は詩経で、残りは儒教経典の「書経」(5案)と「易経」(1案)。いずれも元号での引用数が多く、目加田氏が自らの専門分野を生かしながらオーソドックスな漢籍から選んだことがうかがえる。「修文」の出典となった書経の一節は「武事をやめて文事を整える」との意味があり、竹村氏は「戦争を体験されたので、平和や安全を祈る意味を込めたのではないか。最終選定に至る大変な苦労が分かる」としている。

 前回の改元は学者から集めた「平成」「修文」「正化」の3案を、有識者懇談会などに諮って決定した。当時の元号担当だった的場順三内閣内政審議室長によると、「平成」は山本達郎東京大名誉教授(東洋史)、「修文」は目加田氏、「正化」は宇野精一東京大名誉教授(中国哲学)の案。前任の学者が死去したことを受けて目加田氏が考案を依頼された経緯から、メモは87~88年ごろに書かれたとみられる。


新元号 良い意味、漢字2字…
6条件沿う案で絞り込み 選定作業本格化

毎日新聞 ー 2019年2月8日



代替わりへ:改元と記録/上
 「平成」考案者は誰 文書公開なく臆測

毎日新聞 ー 2019年1月21日


代替わりへ:改元と記録/中
 江戸以前、議論を継承

毎日新聞 ー 2019年1月22日



代替わりへ:改元と記録/下
 大正の「教訓」昭和に 選定の過程、克明に記録

毎日新聞 ー 2019年1月24日


テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

飲食店などで不適切な映像を撮ってSNSにUPする『お馬鹿』の件

2019年2月13日(水)

非正規バイト依存の飲食店などで起きている
不衛生・不適切動画のSNS投稿問題について。

大元は自分たちを安くこき使っている雇い主
企業(多くはブラック企業)に対して
信用低下による損失を与えて『一矢報いる』
と云う考え(浅薄ではあるが)からだろう!

損害賠償で何億円も請求されると云う想定も
することなく、面白がっている処はお馬鹿だ!

自分が働いている会社に愛着や誇りがあれば、
あんな『お馬鹿な投稿』をするはずがない。
愛着や誇りが持てない使い捨て同様の働かせ方
に『SNS暴動』と云う形で抗議行動をしている
とも考えられる。

正社員として適正な教育・訓練と処遇を行って
いれば、こういう『馬鹿騒ぎ』は起こらない!

以下は、リテラの記事の抜粋。
前半(引用していない)はちょっと甘すぎるが、
非正規バイトを使い捨てて安上がりに儲けを謀る
ブラック企業体質を批判しており賛同できる。

     ********

不適切動画でバイトの若者だけを血祭りにあげ、
訴訟表明の企業を擁護するマスコミとネットはおかしい!

 リテラ・編集部-2019年2月13日(水)
  https://lite-ra.com/2019/02/post-4544.html


**************

2月14日追記

この問題では、2月14日付の【DIAMOND online 】でも
ノンフィクションライターの窪田順生さんが、低賃金との
密接な関係を長文の論述している。

「バイトテロ」と「低賃金」の密接な関係、犯人処罰だけでは泥沼に
 窪田順生:ノンフィクションライター 
 DIAMOND online - 2019年2月14日

 (記事後半の『続き』を御覧ください)

まずは、リテラ記事の抜粋です。

不適切動画でバイトの若者だけを血祭りにあげ、
訴訟表明の企業を擁護するマスコミとネットはおかしい!

 リテラ・編集部-2019年2月13日(水)
  https://lite-ra.com/2019/02/post-4544.html


(前略;長いです)

【問題の本質は、企業のコストカット、非正規雇用への依存だ】

 実際に複数の動画の状況を確認すると、周囲に社員などの監督者がおらず、バイトに現場をまかせっきりの時間帯があったことが伺えるが、これは企業側によるコストカットの結果、起きていることだろう。
 言い換えれば、騒動を受けて信頼を落としたのは、そうした非正規労働者に依存しているという構造的問題が原因であって、損害賠償等をアルバイトに請求しても抜本的な解決にはならない。

 事実、今回の“バイト不祥事”で騒動となっている企業のなかには、以前から“ブラック労働”の実態が指摘されてきた会社が少なくない。
(中略;具体的に企業名を挙げて検証)
 外食産業、コンビニ大手等では、アルバイトは責任や労働と見合わない安い時給で働かされているところも少なくない。そのストレスが、相次ぐ「バイト不祥事」の遠因となっているのではないかという疑念も頭をもたげてくるのだ。

 いずれにしても、安価な労働力を求め、バイト等の非正規労働者に過重な責任を担わせているという構造的問題への視線が、いま、SNSやマスコミで巻き起こっている“リンチ”のなかにはまったくない。
 そもそも、不安定雇用であるバイトに対して、正社員並みの愛社精神や職業意識を求めるということ自体に無理があると思うが、そういった視点の意見もほとんど出てこない。
(中略)
 テレビなどのマスコミが企業の責任を追及しないのは、明らかにバイトが不祥事を起こした企業が大口のスポンサーだからだろう。つまり、政権批判や大企業批判ができないため、そのかわりにお手軽な“バイト叩き”に精をだしているにすぎない。
(中略)
 眉をひそめるような行為が相次いでいで話題になっているなかだからこそ、冷静にその背景を検討しなければならない。
(編集部)






続きを読む

テーマ:格差社会 - ジャンル:政治・経済

【Tカード】買い物履歴も含め個人情報を警察に契約者に無断で提供 !

2019年1月21日(月)

 これは憲法違反も疑われる事態!
 日本の人口の半分を超える6700万人の会員数を有する
 【Tカード】を運営する会社が、顧客の基礎情報は勿論
 買い物の履歴まで、捜査当局(官憲)に提供していた!

 ある被疑者が毎日同じコンビニに同じ時間帯に通っていると云う
 買い物履歴情報から、コンビニで待ち伏せして逮捕した!

 そんなことに使っても良いのか?

 Tカードの規約(契約書)には、「捜査機関への情報提供」
 などは、当然記載されていない!

 ビッグデータをAIが瞬時に分析する時代である。

 買い物や交通機関の利用情報など、私たちの行動が全て
 日本の官憲や、SNSを通じて米国CIAやFBIに
 掌握されている、と考えた方が良い。

 自分では忘れてしまっている買い物履歴や行動パターンを
 管理・監視する側はシッカリ把握しているのである。

 例えば、書店のポイントカードを使って書籍を買ったら、
 私が読んでいる本の傾向が官憲に流れている可能性もある。
 なので、私が反安倍・反原発・米軍基地反対・戦争反対等が
 書店の履歴だけでも判ってしまう訳である。 尤も・・・
 私の場合は facebook を見れば傾向は一目瞭然ではあるが(笑)!

     ************

【関連記事】


Tカード情報令状なく捜査に提供 規約明記せず、当局は保秘
西日本新聞 ー 2019年1月21日(月)
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/480647


Tカード、12年まで開示に令状 捜査当局の要請受け緩和
西日本新聞 ー 2019年1月21日(月)
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/480796


Tカード情報令状なく捜査に提供 規約明記せず、当局は保秘
西日本新聞 ー 2019年1月20日(日)
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/photo/show/350761/



「Tカード」個人情報など警察に無断提供 商品購入履歴まで

 日刊ゲンダイ - 公開日:2019/01/21 14:50
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/245894

【会員数は約6700万人】

 ポイントカード最大手のひとつ「Tカード」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブが、裁判所の令状なしに会員の氏名や住所、年齢、電話番号といった個人情報のほか、商品購入履歴やレンタルビデオのタイトルなどを警察に提供していることが明らかになった。

 Tカードの会員数は約6700万人。提携先はコンビニ、レンタル店、飲食店など多業種に広がる。警察は内部手続きの「捜査関係事項照会」を使い、私生活に関する膨大な情報を裁判所など外部のチェックを経ずに入手していた。

 Tカード情報から捜査対象者がほぼ毎日、同じ時間帯に特定のコンビニに来店していると判明し、捜査員が待ち伏せして身柄を拘束した事例もあったという。

 警察は「Tカードから得た情報を本人に告げてはならず、察知されるような言動も慎む」といった内部通達を出し、ひた隠しにしていた。

「T会員規約」には警察への情報提供は明記されておらず、プライバシー保護の観点から大問題だ。




続きを読む

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

次のページ