FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

高校野球での投手の球数制限 ようやく第一歩!

2018年12月28日(金)

私が随分前から提言してきた高校野球での投手の球数制限が
一部の地域ではあるが実現する見通しとなった。

一歩前進ではあるが、これは『全国共通ルール』にしなければ意味が無い!

何故なら、特定の地域だけで導入すれば、その他の地域と格差が生じる可能性が
出てくるからである。

『全国共通ルール』とすることによって、同じ条件で闘うことになる訳で、
そうすると、どのチームも1人の『エース』投手だけに期待と負担を掛ける
状態から脱することができるのである。

当然、投手として登板できる選手の幅も広がり、野球がもっとバラエティに富んだ
面白い展開にもなって、観衆も大いに楽しませることになるだろう。

なお、私は100球の投球制限だけではなく、連投の禁止も訴えて来た!

その上、これらの制限は、高校野球だけのものでは無く、
青少年の野球クラブや団体に対しても一律に強制されるべきものと思う!

それによって、将来ある青少年が故障により将来を奪われる事の無い
ことを望みたい。

勿論、野球以外のスポーツについても同様の規制が必要であろう!


201812291838148a5.jpg

20181229183757393.jpg

新潟高野連が投手の球数制限導入 来春、全国の公式戦で初
西日本新聞 ー 2018年12月22日16時56分
https://www.nishinippon.co.jp/nsp/highschool_baseball/article/475018

  新潟県高野連が来年の春季新潟大会で投手の球数制限を導入することが22日、分かった。故障予防や選手の出場機会増などが目的で、投球数が100球に達した投手はそれ以降の回では投球できない。各都道府県高野連が管轄する公式戦で初めての取り組み。

 高校野球界では投球過多による酷使が問題視されてきた。日本高野連は選手の負担軽減などを目的として、延長十三回開始のタイブレークを今春の選抜大会から実施。新潟県高野連による球数制限導入は、さらに踏み込んだ対策となる。新潟県高野連の理事会と評議員会で既に承認され、今後は決定事項として日本高野連に伝える。



スポンサーサイト



テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

豪雨災害の死者二百人超! 命の危険が迫る熱暑地獄 熱中症に周りの方も注意!

2018年7月17日(火)

豪雨災害の後は、連日に熱暑地獄!

災害ボランティアの人々の中にも熱中症に見舞われて
病院に担ぎ込まれる人々も出ている様子。

貴徳なボランティアの人々が倒れて却って被災地の
迷惑になると言う難しい状況になっている。

特に、被災した人々を応援したいと言う心意気の高い中高年の方々は、
今後の長期に亘る被災地支援を見越して、今の熱暑地獄の日々には
現地でのボランティア活動は避けて、他の方法で応援した方が
良いのでは?! と思う。

また、ボランティア活動では無くても 熱中症に陥る可能性は高く、
高齢者や児童には取り分け危険性が高いと言う警告が出されている。

NHKニュースなどでは異例の『命に関わる事態です』と警鐘を
鳴らしている。

熱中症に成りかけても自分では判らないことが多いそうで、
周りの方が声を掛けたり水分や塩分の補給を促したり、
通院を促したりした方が良いらしい。



西日本豪雨
被災地で熱中症相次ぐ 3県で136人搬送
毎日新聞2018年7月14日 23時40分
https://l.mainichi.jp/HYnHz0m

 列島が高気圧に覆われた14日、全国的に猛烈な暑さとなった。西日本豪雨の被災地でも朝から気温が上昇し、広島県三次市で37.1度を記録。甚大な被害が出た広島、岡山、愛媛3県の被災地域では、熱中症の疑いで計136人が救急搬送され、広島県三原市で90代の女性が死亡した。暑さ対策が求められている。また、この日は被災地に全国からボランティアが駆けつけた。毎日新聞のまとめでは、この3県24市町に少なくとも計約6400人が集まった。

 気象庁によると、岡山県高梁市で37.0度、愛媛県大洲市で36.2度を記録するなど、50の観測地点のうち17地点で35度以上の猛暑日。35地点で今年の最高気温を更新した。広範囲で浸水被害が相次いだ真備(まび)町地区がある、岡山県倉敷市の最高気温は34.9度に達し、照りつける日差しで路面付近にかげろうが見えた。3県の搬送者数は、広島47人▽岡山64人▽愛媛25人-だった。

 猛暑はチベット高気圧と太平洋高気圧が重なったことが原因とみられる。勢力の強い太平洋高気圧が上空約5000メートルで列島を広く覆い、さらに約1万5000メートル付近でチベット高気圧が中国大陸から張り出した。この影響で厳しい暑さは2週間ほど続く見込み。

 環境省によると、熱中症の危険度を示す暑さ指数は、「危険」「厳重警戒」「警戒」の順に5段階に設定。15、16の両日は、被災3県の47地点中46地点で、「危険」「厳重警戒」となっている。気象庁も高温注意情報を出して注意を呼びかけている。

 被災3県では、片付け作業中の被災者らが熱中症で相次いで搬送された。各地の消防によると、真備町地区では、21~86歳の男女23人が運ばれた。大洲市では、がれきを撤去していた被災者の男性(82)が搬送された。広島県の呉市や熊野町でも、土砂の搬出作業などをしていたボランティア計3人が暑さで体調を崩して運ばれた。

豪雨死者208人、不明25人
 一方、豪雨による犠牲者はさらに増え、毎日新聞の集計で14日午後7時現在、死者は14府県で208人、安否不明者は4県で25人となった。広島県では14日、尾道市で安否不明だった60代の女性の遺体が見つかったほか、広島市や呉市でも新たに死亡が確認された。
【松本光樹、遠藤浩二】




テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

糖尿病啓発ライトアップ (11/14)

2010年11月15日(月)

【テンプレート(壁紙)黄色に変えてを伊波洋一さんを応援中!】

     **********

 きのう(11/14)は、【世界糖尿病デー】 だったとのこと。

啓発活動のシンボルカラーは、【青色】 ということで、世界中で

【青】のライトアップが行われて、人々に啓発したと言う。

   
        (画像は共同通信Web 版より)

  世界糖尿病デーでライトアップ 青いレインボーブリッジ
        2010/11/14 19:28 【共同通信】

 私も 1500 kcal の 『カロリーコントロール』 中で他人事では無い。

 幸い、このところの 『カロリーコントロール』(超過気味ではあるが) 

と運動で、「血糖値」 と 「ヘモグロビンA1c」 の値は正常値となっている。

 前にも書いたが、日本では、この病気は【糖尿病】と命名されているが、

症状的には【高血糖症】と言うべきで、尿に糖が出てくるのは症状が一定程度

進行している状態と言える。

 国内で糖尿病が強く疑われる人と糖尿病の可能性が否定できない人は

計2210万人とも言われる (全人口の5・6人に一人の割合だ!)。

 予備軍も含めると3人に一人という話もある。(教育入院時の話)

 多くの中高年の人々にとって、差し迫った問題であると認識して頂き、

定期検診なども含め、体調管理に努められることを推奨致します。
 

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

【世界糖尿病デー 公式ホームページ】


  (ライトアップされた東京タワー 昨年の様子 上記公式サイトより)

【世界糖尿病デーについて】

【青き福山城 糖尿病予防PR】
    中国新聞 2010年11月14日(日)10:05
    

【糖尿病デーにライトアップ 14日、時計台や鎌倉大仏】
      共同通信 2010年11月13日(土)06:03


アスレチック・スタジオに入会 運動療法の促進

2010年8月7日(土)

 きょうも猛暑でした。

 先週までの【「糖尿病」教育入院】から退院して1週間。

 入院中のような厳重なカロリー制限と定量的運動は、とても実践できませんが、取り敢えず入院前のように、夕食後「煎餅」などを食べたりすることは控え、スーパーの夜の30%値引き弁当もカロリーを見て買うようにはしています。
 また帰路にある『ショッピングモール』を速足で歩行して2km以上は歩くようにしていました。

 そういう運動でも良かったのですが、やはり毎日飽きずに又『三日坊主』にならないように続けるためには、自己負担が必要だ(すなわち「払った金」の分は取り返さなくっちゃと運動する)と考え、スポーツクラブ(アスレチック・スタジオ併設)の会員となって毎月高い会費を払って自己暗示を掛けることにしたのです。

 今のところ私の『病状』は、インスリンも服薬も不要で、必要なのはカロリー・コントロールと運動だというレベルでしたので、食費を少し削減できる分と、薬代が要らない分を会費に充てることができるという話です。
 病気に本格的に陥ってから高い薬代を払って、困難な毎日食後のインスリン注射をするよりは、「健康への先行投資の方に回す方が余程効率的で健康的だ」と考えた次第です。

 私の参加したスポーツクラブは、月額定額で、筋トレの機械やトレッドミルやエアロバイクもそれぞれ相当数有り、待ち時間も無いようでした。
 プールも25mですが7コースの標準的なプールがあり、市民プールのように混雑していず、水もきれいです。
 運動終了後は、サウナや水風呂や天然温泉の露天風呂もある浴場があり、営業時間中(平日23:30まで)であればいつでも入れます。(運動を行わず、風呂に入りに行くだけも可能)
 そして、これら全てが月額定額制なので、使い放題です。

 毎日とはゆかないまでも、月に20日も行くことができれば、一日当たり500円程度になり、スーパー銭湯に行く程度の値段になります。

 温泉にも入れて、運動もできて、泳ぐこともできる訳ですから、それぞれを公共施設で支払うよりも安上がりかも・・・

 という訳で、月額1万円の会員となってきた訳です。
いつまで続くかが今後の問題です。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

今日の運動
 *オリエンテーション 約1時間
 *ストレッチング20分
 *筋トレ各種(脚、腹筋、背筋)それぞれ15回×2Set
 *トレッドミル(平均時速5km/時)で35分2.5km
 *水泳(平泳ぎ)1000m(40分)
 *浴室で入浴して汗流し 30分
今日はちょっとやりすぎ。 トータル3時間半ほど。
 トレーナーの話では『筋トレ』は毎日しない方が良いとのこと。
 2回来場したうち1回でよいそうです。

 「糖尿病教育入院」終了

2010年7月31日(土)

本日で7月17日(土)午後からの2週間に亘る「糖尿病教育入院」が終了しました。

 「糖尿病」というのは、症状の表現としては正確ではなく、尿に糖が出始めた頃には、相当病状が進行しているそうです。
 症状を比較的正確に表す病名は「高血糖症」というべきで、血糖値が通常では126 mg/dL(デシリットル:10cc)以下、食後200 mg/dL 以下が正常で、これを超す場合は、「高血糖症」という話です。
 (血液検査の一覧表では【70 - 109】が正常範囲となっています。)

 2週間に亘る「教育入院」と食事制限による静養と一日1,500歩以上の歩行やストレッチ、軽い筋トレなどで、今のところ食後も通常時もこの限界を下回っています。

 体重は、3kgほど減りましたが、いわゆる標準体重よりもまだ6kgほどオーバーしています。(さらに1割ほど減らす必要があり、簡単ではありません)
 炭水化物(ご飯等)を減らすように言われています。(病院食では小さい茶碗に半分ほどの130g)

 今日午前中に退院しますが、退院後の運動療法と食事制限が課題です。

******************************

 あすから8月。

 天気予報では、8月第1週は、太平洋高気圧が日本全土を覆い、北日本を除く全地域で猛暑日の確率が90%という熱中日本になるとか。

 一日中、冷房の効いた病棟で生活することに慣れた体が、冷房の効かない部屋で耐えられるかどうかも別の問題ととしてあります。

 熱中症に罹らないように注意したいと思います。



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************



負荷心電図の検査

2010年7月26日(月)

 今日は特に重要なニュースはありません。

 昨日のヘリコプター事故の原因究明はまだ始まったばかりですが、谷間でのホバリングによって、自ら作り出した下降気流が乱気流と成り巻き込まれた可能性があるとのこと。

 スイスの氷河特急の事故の方は、原因究明がされないまま現場の復旧が進み、2日後の昨日には開通して再び観光客を運び始めたようです。
 急峻な山岳部での事故にも拘らず、なんと早い復旧でしょうか!

***********************

 さて、入院も10日目ともなると、暇つぶしにも慣れてきて、入院1週間目の先日 一時帰宅した時に持ってきた 各種ミュージカルのDVD をパソコンに入れて見たりしています。

 今日は、負荷心電図の検査(エルゴメーター)がありました。
心電図の端末を身体に付けて、検査用自転車漕ぎです。

 25W から始まって3分ごとに25Wずつ上がって行き、最後は100Wになる総行程12分の有酸素運動です。
 50Wまでは、楽勝でしたが、75Wとなると汗が滲んできました。まだ脚の方は大丈夫ですが・・・
 しかし、さすがに100Wとなると、脚にも負担が来ましたが、最後まで『完走』しました。

 検査終了後、ストレッチから始める一通りの運動を1時間ほど続けました。


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

(後日追記:医師の話では、「負荷心電図を精査したところ、狭心症などの問題のある兆候は無かったので安心してよい」とのことでした。)

7月17日(土)に「教育入院」してから1週目を過ごして

2010年7月24日(土)

  
 今回は私の覚書のようなものですので、読み飛ばして頂いて結構です。

 「糖尿病教育入院」と称して、2010年7月17日から入院していますが、最初の17日から19日の3日間は、土日祝と3連休が続いたので、教育プログラムは何もなく、退屈な毎日でした。
 何しろ、17日の昼前に入院して、18日には既に退屈の限りでした。
 それでも、一日1600kcal以下の制限食と一日数回の血糖値測定は日課となりました。

 二日目の18日は、一日7回の血糖値測定となりました。
朝食前、朝食2時間後、昼食前、昼食2時間後、夕食前、夕食2時間後、就寝前の7回ですが、時刻としては、8:00, 10:30, 12:00, 14:30, 18:00, 20:30, 22:00 ですが、実際には10分から20分前にナースセンターからのコールがあります。
 この一日7回測定は、この日だけで、その後は食前と就寝前の4回法になりました。

 19日朝10時から21日朝10時までは、蓄尿というものがあって、48時間分の状態を確認する検査です。 
 これは腎臓の濾過機能と、蛋白の状態を確認する検査だとのこと。
 連休の明けた7月20日(火)から、「教育プログラム」が始まりました。

 20日は午後から、オリエンテーションと「糖尿病」概論
最初に「私は糖尿病です I have Diabetes」 というカードを渡されたときはさすがに愕然としました。それまでは、糖尿病にならないように自己管理する教育プログラムと思っていたところもありましたので、既に発症しているという宣告のようなものです。
 いわば、「ガン告知」のようなものですから。(もっとも、それほど深刻に受け止めた訳でもありませんが・・・) 10年前に「直腸ガン」の告知を受けた時も、割とあっけらかんとしていて、医師が驚いた位でしたので・・・ その時は開腹手術をしてひとまず難を逃れました。

 糖尿病(Diabetes)は医学的にはDM(Diabetes Mellitus) というそうです。
症状や診断基準、血糖コントロール法の基本など多くの情報を1時間で詰め込まれました。
とはいえ、殆ど覚えられるテンポではありませんでした。
で、私はパソコン要約速記で主な項目を打ち込みました。(もらった数十ページにおよぶ資料と内容は重複しますが、自らの覚書として)

診断基準は下記の数値を測定データが上回るときに「糖尿病」と判定するとのこと。
 空腹時血糖 126mg/dL 以上 (正常値:70−109)
 食後血糖値 200mg/dL 以上 (正常値:140 以下)
  +  HbA1c 6.1% (正常値 : 4.3-5.8)
 この基準で言えば、私の場合は「糖尿病患者」とは言えません。

長くなるので、中身は省略して


教育プログラム二日目の7月21日は、
午前中に食事療法について
午後からは、外食やアルコールやケーキ・お菓子・アイス類のカロリーについて

三日目の7月22日は、
午前中に「低血糖」(インスリン投与の場合に起こる症状)の注意事項および運動療法の概論
     日常生活の注意事項などの説明があり、
午後からは、薬の話でインスリンの外部からの投与や内服薬の話など。

四日目の7月23日は、
午後から、運動療法のお話と院内の機械をつかっての運動の実践
30分の座学のあと、ストレッチング・軽筋肉トレーニング・自転車漕ぎ20分
エアコンは効いているのに、これだけでも、終わる頃には汗がにじみ始めた。

きょう 7月24日(土)は、入院後丁度1週間である。
きのうで教育プログラムは終了したので、今日は実践である。
朝食後、1時間ほどして9:15からストレッチを開始。
9:30に血圧、体温など、いわゆる定期バイタルチェック。
9時半過ぎから、筋力トレーニング。
とは言っても、ジムでバーベルを上げるようなものではなく、股上げやスクワット、腹筋など。
少し休憩して、有酸素運動。 病院の長い廊下を10往復し1500m。
6階まで階段を筋肉の負荷が確認できる程度のゆっくりのペースで2往復。
空調は効いているのに、これだけで随分と汗をかき、体重が朝食後より0.6kg減った。


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

7月末まで入院中

2010年7月16日(金)

明日より、検査・教育入院で、7月末まで休載する可能性があります。

よろしくお願い致します。

重病ではありませんので、御心配なく!


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************



アイス・スケート

2010年4月12日(月)

 先日の土曜日、前の週に引き続いてアイス・スケートをしました。
前の週と同じように、プールに泳ぎに行ったのですが、今回も行事が入っていて泳げず、最終日であったアイス・スケートリンクが午後5時から入場料700円に値下がりするのを待って入りました。
 貸し靴は320円で合計1020円。
 
 最終日につき午後7時までの営業でしたが、6:45まで1時間半ほど滑りました。
とはいえ、休憩が半分というところ。
 前回は靴の中の足が痛みましたが、今回はむしろ脚がくたびれるという状態。
リンクを続けて4周するのが精一杯。
 
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

胃カメラ、大腸スコープ 異常なし

2009年11月7日(土)

 昨日、先だって受けた胃カメラと大腸スコープの結果を聞きに行った。

胃カメラを受けたのは、10月16日
 胃底腺ポリープ数個(2mm程度)

大腸スコープを受けたのは、10月20日
 「憩室」という穴ぼこが10個ほど

それぞれ炎症もなく、悪性でもなく問題無しとの判定であった。

全ての画像を診察室のパソコンで見せてくれるので、隠し事もなく安心である。

****************************************************
他の指標

高脂血症マーカー
 総コレステロール 237 +(150〜219)
 中性脂肪 113 (50〜149) 
 HDL(善玉?)コレステロール  58 (40〜80)
 LDL(悪玉?)コレステロール 158 +(70〜139)

糖尿病マーカー
 血糖値 119 +(70〜109)
 HbA1C  6.3 +(4.3〜5.8)

癌マーカー
 1.9 < 5.0

   
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

次のページ