FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

『れいわ新選組』が流行語大賞の候補作30作にノミネート YAHOO調査ではダントツ1位!

2019年11月11日(月)

2019年11月7日の西日本新聞紙面から
流行語大賞・候補30作に「れいわ新選組」がノミネート!

20191107_Nishinippon-02.jpg

参議院選挙中マスメディアは連日取材には来たが、
結局選挙期間中には報道せず、投開票後の2議席獲得の
実績を踏まえて、やむなく報道せざるを得なかった。

TBSの【NEWS23】で小川彩佳キャスターは、選挙後のコメントで
東京都心部にあれだけ人々が集まり盛り上がっているのに
何故報道できないのだろうかと疑問に思っていたことを激白!

【現代用語の基礎知識】を発行するユーキャンが催す
『流行語大賞』では、そういう安倍政権への忖度なく、
「れいわ新選組」を候補作に認定。

20191107_Nishinippon-01.jpg

そして、YAHOOトレンド調査では、「れいわ新選組」がダントツの1位に!

20191108_TrendWords2019-U-can_Pole.jpg

2019年の流行語対象の30Words の1つに
『れいわ新選組』が選ばれたことも特筆すべきことですが
11月9日時点でのWEB投票での順位は、ダントツ1位(現在得票率28%)で
国策元号である『令和』の8.3%を大きく引き離しています。

候補のうち、あなたならどれを大賞に選ぶ?
12月1日まで、どなたでも投票できるようです!
尚、これはYAHOOによるトレンド調査であって、
Ucanによるものではありませんので、この結果が
直接グランプリに繋がる訳では無いと思います。



スポンサーサイト



テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

西日本新聞 永田健さんの【時代ななめ読み】「暴言大賞に強く推す」

2019年11月10日(日)

西日本新聞に定期的に掲載される 永田健さんの【時代ななめ読み】

いつもウィットの効いた論評(随筆?)を書かれています。

本日付けは、萩生田文科相の「身の丈」発言を「暴言大賞に強く推す」と!

以下は、私の意見ですが「身の丈に合わせて」と言うなら
まず、文科相の「身の丈」に全然足りない萩生田大臣こそ辞めるべき!
ついでに総理大臣の「身の丈」に全然足りない安倍晋三も辞めるべき!

そして、1兆円超の利益を上げながら法人税を1円も払っていないトヨタなど
大企業、大資産家、富裕層こそ「身の丈」に合った税金を納めるべき!

富裕層は「身の丈」に合った税金を納めよ!

のキャンペーンを張りたいと思います!

続いて、永田健さんの【時代ななめ読み】
「暴言大賞に強く推す」をお読みください!

20191110_Nishinippon-01_JidaiNanameYomi.jpg

「暴言大賞」に強く推す
西日本新聞:永田健【時代ななめ読み】 - 2019/11/10 11:07

 今年もまた「政治家の暴言・放言大賞」発表の時期が近づいてきた。

 私が今回、2019年の大賞に強く推したいのは、萩生田光一文部科学相の「身の丈」発言である。

 以下、「暴言大賞」選考委員の皆さんに、私なりの推薦理由を述べたい。

   ◇    ◇

 第一は、この発言のインパクトの強さである。

 萩生田氏はテレビ番組で、大学入学共通テストの英語民間検定試験導入について「家庭の経済状況や住む地域によって不公平が生じるのではないか」という趣旨の質問に対し「自分の身の丈に合わせて頑張ってもらえば」と答えた。

 民間検定試験は受験料が高いものでは2万円超かかり、会場も都市部に偏りそうだ。都市部の裕福な家庭の子どもが何回も予行演習できる一方、そうでない子(つまり田舎の裕福でない子)が不利になる、との懸念が広がっていた。

 その懸念に対する答えが「自分の身の丈に合わせて」なのである。九州の片田舎で、裕福とは言えない家庭に育った私の耳に、萩生田氏の発言は「田舎者と貧乏人は高望みするな」という意味に聞こえた。

 この解釈が、推薦者である私の個人的なひがみ根性か、地方居住者に共通する憤りなのかは、選考委員の判断に委ねたい。

   ◇    ◇

 推薦理由の第二は、発言の背景の重大性である。

 小泉純一郎政権が新自由主義的な経済政策にかじを切って以来、国内では非正規労働者が増加し、社会の格差が拡大している。

 これに対し、安倍晋三政権や現在の自民党の「格差是正」への取り組みは不十分である。政界でも「自己責任論」が幅を利かせ、厳しい境遇にある人々への思いやりが失われている。

 昔の自民党は成長の果実をいかに地方や労働者層に分配するか、それなりに留意していた。例えば田中角栄氏のような貧しさに苦労した政治家が、党の中心にいたことと無縁ではない。

 今や都市化し、世襲化が進む自民党は、社会の「階級化」を容認するようになったのではないか。その懸念を「身の丈」発言は裏付けた。発言を「本音大賞」にも推薦したいと思う。

 ちなみに、大人にはその境遇について一定の自己責任がある。しかし、子どもに境遇の自己責任を説くのは、全くの筋違いである。

   ◇    ◇

 第三の推薦理由は、発言の影響の大きさだ。

 安倍政権は急きょ、大学入学共通テストへの英語民間検定試験導入を見送り、再検討することにした。

 もともと民間試験導入については、地域や経済格差以外にも数々の問題点が指摘されており、全国高等学校長協会などが導入の延期を要請していたほどだ。しかし政権も文科省も実施を強行しようとしていた。

 それが「身の丈」発言で流れが急転した。発言が制度の危うさを見事に浮かび上がらせたからである。ある意味、発言があってよかったと思えるほどだ。

 以上、インパクト、背景、影響力とも今年の大賞にふさわしい発言と考え、ここに推薦するものである。

   ◇    ◇

 蛇足だが「暴言大賞」も選定方法も私の創作だ。

 もし本当にそうした賞があるとすれば、選考委員は読者の皆さんである。

 (特別論説委員)




テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

政府が税金で開催する「桜を見る会」が首相後援会の恒例行事に!田村智子議員(日本共産党)が追及

2019年11月9日(土)

 きのう、田村智子参議院議員(日本共産党・副委員長)が追及した
5千万円超の税金を使って政府が主催する「桜を見る会」が、事実上
安倍首相および閣僚なその後援会の恒例行事になっている件!

TamuraTomoko_JCP-Mive_20191108.jpg


 与野党から鋭い質問だったとの評価が挙がっているようです。
 もちろん、政権与党にとっては、困る方の意味での鋭い質問。
野党の皆さんの評価は、この問題は野党が共同して安倍政権を
追い詰めようと言う方向で・・・

枝野幸男 りっけん 立憲民主党
‏@edanoyukio0531

党派を超えて、数年に一度の素晴らしい質疑だったと思います。
少し長いかもしれませんが、やり取りに引き込まれて、あっという間に感じます。
多くの方にご覧いただきたいとお願いします。

「桜を見る会」が首相後援会の恒例行事に
https://youtu.be/FqG_eybQ_ZE @YouTubeさんから



 安倍晋三や政府委員が弁解すればするほど怪しさが深まる鋭い質問!

 マスコミも大きく取り上げました!

「税金の私物化では」と批判あふれる「桜を見る会」 何が問題か 国会質疑で分かったこと
 毎日新聞;会員限定有料記事 - 2019年11月9日 19時28分
https://mainichi.jp/articles/20191109/k00/00m/010/215000c

 毎年春に東京都心の新宿御苑で開かれている首相主催の「桜を見る会」について、8日行われた参院予算委での田村智子議員(共産)による追及が話題だ。ツイッターでは「税金の私物化ではないか」といった批判があふれている。そもそもこの質疑で何が明らかになり、何が問題なのかを改めて整理した。
【江畑佳明/統合デジタル取材センター】
(以下略;会員限定有料記事)



**************

 西日本新聞の記事から

20191109_Nishinippon-01.jpg
  

 内閣府で人選していると事実上安倍政権の好みによることが判明。

 是非お聞きください!(約30分の質疑応答)


「桜を見る会」が首相後援会の恒例行事に
74,869 回視聴•2019/11/08 約30分
田村智子議員が追及 参院予算委員会

 この国会質疑を終わって、インタビュー



***************

「桜を見る会」安倍政権の私物化やめよ
16,459 回視聴•2019/11/08 約4分間
2019.11.8 田村智子副委員長・参院議員コメント
 「安倍政権のモラル・ハザードを追及する」参院予算員会質疑を終えて



テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

高知県知事選挙が国会周辺で大きな話題に!

2019年11月8日(金)

高知県知事選挙で『保守勢力』とされている
中村嘉四郎議員が松本けんじ野党統一候補を応援!

立憲野党各党が支援し、立憲民主党・国民民主党の共同会派の
無所属・広田一氏(右端)が選挙対策本部長に就いていることでも
本気度が判る!

Kochi-Chijisen_20191104.jpg

11月10日の日曜日には野党共同街頭宣伝を行うとのこと。

Kochi-Chijisen_20191110.jpg


これらの動きが、与野党双方から大きな話題になっている様子。

政権与党側は危機感を、野党側は勇気百倍?

これについて、日刊ゲンダイ11月8日号が大きな記事を掲載!

日刊スポーツ【政界地獄耳】11月6日付では保守派の中村嘉四郎氏の
こういう一節を引用しました。

★「オール野党の候補者として新潟では社民党の人をみんなで担いだ。
岩手では自由党の人、埼玉では国民民主党の人を担いだ。
高知では共産党の人を担ぐ。
共産党だからだめだとか共産党は応援できないとか、そういう考え方を持っていたから自民党の強い時代が今まで続いてしまった」
とオール野党の意義を説いた。



*******


高知知事選 野党統一共産候補“金星”なら安倍政権大ピンチ
日刊ゲンダイ:2019/11/08 15:00
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/264426/2

20191108_Nikkan-Gendai_Kochi.jpg

一部引用
(前略)
 高知は歴史的に共産が強い。初の小選挙区制(1996年衆院選)で共産が獲得した2議席は京都と高知だった。


 夏の参院選も、松本氏は徳島では自公候補に3万超の差をつけられたが、高知は1万9000票差だ。届かない差ではない。

「3期務めた尾崎知事は人気がありました。TPPや消費増税に反対していたのですが、国政進出のため自民党にすり寄り立場を豹変させた。これまで支持していた県民はカンカンです。一方、野党は、参院選より保守票の掘り起こしが期待できそうです。中村喜四郎衆院議員の演説が効いています」(現地で取材するジャーナリストの横田一氏)

■中村喜四郎氏が保守票掘り起こし

 中村氏は「将来の首相候補」と目された自民党のホープだったが、ゼネコン汚職で逮捕され塀の中に。逮捕直前に自民党を離党し、以後無所属のまま14回当選を重ねてきた。2日の松本氏の総決起集会に中村氏が駆け付けた。「保守政治家の私がなぜここに来たのか」と切り出すとこう言った。

「『共産党だからダメだ』とか『応援できない』とそう考えていたから、自民党の強い時代が今まで続いてしまったわけです。どうか知事選で奇跡を起こしてください」
(以下略)



さらに、これに先立つ二日前、日刊スポーツ【政界地獄耳】でも取り上げられました!

***********

自民劣化への強い警鐘 中村節/政界地獄耳
日刊スポーツ - 2019年11月6日9時21分
https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201911060000135.html

★共産党は第8回中央委員会総会(8中総)で、来年1月の党大会で決定する綱領の一部を16年ぶりに改定提案した。同党が創立100周年となる22年までに目指す「野党連合政権」構想に向けた他野党への“歩み寄り”とみられるが、そんな細工以上に効果的だった演説がある。今月2日、高知県知事選、野党統一候補の応援に駆け付けた元建設大臣・中村喜四郎だ。

★「オール野党の候補者として新潟では社民党の人をみんなで担いだ。岩手では自由党の人、埼玉では国民民主党の人を担いだ。高知では共産党の人を担ぐ。共産党だからだめだとか共産党は応援できないとか、そういう考え方を持っていたから自民党の強い時代が今まで続いてしまった」とオール野党の意義を説いた。

★続いて「自民党がなぜだめになったのか。私の知っている自民党は、反対意見はよく聞いた。人の痛みがよくわかった。気配りもする。野党の意見もちゃんと聞く。野党の名前を忘れたなどと冗談でも言う指導者はいなかった。田中さんの後に三木さんが出る、三木さんの後に福田さんが出る。リベラルと保守政治家がけん制しあいながら政権交代を自民党内でやっても、国民が安心して任せられるという時代が昔の自民党だった。しかし今はどうなったか。人の話を聞かない。物言えば唇寒し、安倍一強体制、長いものにまかれろ。こういう中で政治が動いていることのおかしさにみんな気が付かなければならない時代になってきた」。

★「我々は党派を超えて日本を守るため、日本再建のためにみんなで力を合わせなければならない。共産党も自民党もすべて党派を超えて、良識ある人が立ち上がる時期が来た」。中村の演説は中村でしか語れない自民党の劣化への強い警鐘だ。本当の保守政治、穏健な保守政治が消えた自民党に未来がないことを示している。共産党は強い味方を得たものだ。
(K)※敬称略



高知県知事選、保守派も松本氏支持
 日本共産党・映像配信サービス - 2019/11/06
 穀田国対委員長会見
 野国連、英語民間試験導入を野党一致で中止要求



高知知事選告示 野党・衆院選にらみ共闘
 日本経済新聞 - 2019/11/7 17:27

7日告示された高知県知事選(24日投開票)は次の衆院選をにらむ与野党で全面対決の構図になった。立憲民主、国民民主、共産、社民の野党は共産系の候補を統一候補に掲げ、共闘に弾みをつけたい考えだ。自民、公明両党は現職の後継となる総務省出身の新人を推薦した。自民党は野党統一候補と対決した埼玉、岩手の県知事選に敗れており、連敗の阻止を図る。

知事選は3期12年務めた尾崎正直知事の任期満了に伴うものだ。共産党高知県常任委員の松本顕治氏と、元総務省の浜田省司氏の無所属新人2氏が立候補を届け出た。

松本氏は7月の参院選でも、合区の徳島・高知選挙区で野党統一候補として戦った。立民の枝野幸男代表、国民民主の玉木雄一郎代表、共産党の志位和夫委員長らは6日、都内で会談し、同知事選も協力していくことを確認した。

支援態勢には温度差がある。共産、社民両党は党本部が推薦し、立民、国民民主は県連による推薦にとどめた。結束のため国会で共同会派にいる無所属の広田一氏が選挙対策本部長に就いた。

浜田氏は現職の後継として継続性を強みに訴える。自民党は党本部レベルで応援に力を入れる。告示日の7日に高知市内に入った下村博文選挙対策委員長は記者団に「共産党主導の知事が誕生すれば次の衆院選にも大きく影響する」と訴えた。

党内では、衆院高知2区での公認争いの影響を不安視する見方がある。尾崎知事は党公認で同区で出馬をめざすが、17年衆院選で比例復活した同党の山本有二元農相の地盤でもある。高知県連は尾崎氏の擁立方針を決めているが、混乱を懸念する声が残る。






テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

日刊スポーツ【政界地獄耳】が日本共産党の『8中総』を取り上げ!

2019年11月6日(水)

 今日の日刊スポーツ【政界地獄耳】の表題は以下のようでした。
『自民劣化への強い警鐘 中村節』
このタイトルにある『中村節』とは、元建設大臣・中村喜四郎の言説のことらしい。

なので、取り分け読んでみたいとは思わなかったのですが、
冒頭の1行を見たら、日本共産党の『8中総』を取り上げているようです。

こんな始まり方(中村喜四郎の話しではありません。
【★共産党は第8回中央委員会総会(8中総)で、来年1月の
  党大会で決定する綱領の一部を16年ぶりに改定提案した。】

なんと、党大会でもない「中央委員会総会」を取り上げています。

このニュースは、当日のNHKでも取り上げられたほど注目された
内容のようでした。 それは日本共産党・綱領の改訂です。

以下、引用して紹介します。


自民劣化への強い警鐘 中村節
日刊スポーツ【世界地獄耳】 - 2019年11月6日9時21分

★共産党は第8回中央委員会総会(8中総)で、来年1月の党大会で決定する綱領の一部を16年ぶりに改定提案した。同党が創立100周年となる22年までに目指す「野党連合政権」構想に向けた他野党への“歩み寄り”とみられるが、そんな細工以上に効果的だった演説がある。今月2日、高知県知事選、野党統一候補の応援に駆け付けた元建設大臣・中村喜四郎だ。

★「オール野党の候補者として新潟では社民党の人をみんなで担いだ。岩手では自由党の人、埼玉では国民民主党の人を担いだ。高知では共産党の人を担ぐ。共産党だからだめだとか共産党は応援できないとか、そういう考え方を持っていたから自民党の強い時代が今まで続いてしまった」とオール野党の意義を説いた。

★続いて「自民党がなぜだめになったのか。私の知っている自民党は、反対意見はよく聞いた。人の痛みがよくわかった。気配りもする。野党の意見もちゃんと聞く。野党の名前を忘れたなどと冗談でも言う指導者はいなかった。田中さんの後に三木さんが出る、三木さんの後に福田さんが出る。リベラルと保守政治家がけん制しあいながら政権交代を自民党内でやっても、国民が安心して任せられるという時代が昔の自民党だった。しかし今はどうなったか。人の話を聞かない。物言えば唇寒し、安倍一強体制、長いものにまかれろ。こういう中で政治が動いていることのおかしさにみんな気が付かなければならない時代になってきた」。

★「我々は党派を超えて日本を守るため、日本再建のためにみんなで力を合わせなければならない。共産党も自民党もすべて党派を超えて、良識ある人が立ち上がる時期が来た」。中村の演説は中村でしか語れない自民党の劣化への強い警鐘だ。本当の保守政治、穏健な保守政治が消えた自民党に未来がないことを示している。共産党は強い味方を得たものだ。
(K)※敬称略



【関連記事】

共産党 3年後までに野党連合政権目指す活動方針案
 NHK NEWS WEB - 2019年11月4日 11時08分


「2022年までに野党連合政権」共産党総会で初明示
 朝日新聞 - 2019年11月4日16時44分


21世紀の世界、新しい社会切り開く日本共産党の任務自覚し奮闘を
綱領一部改定案 志位委員長が報告

 しんぶん赤旗 - 2019年11月5日(火)


2019110501_01_1.jpg


8中総――第28回党大会議案を提案
第一決議案 小池書記局長が報告

 しんぶん赤旗 - 2019年11月5日(火)


第二決議案 山下副委員長が報告
 しんぶん赤旗 - 2019年11月5日(火)



日本共産党第8回中央委員会総会で『綱領一部改訂案』を提案
 JUNSKY log - 2019年11月5日(火)


自民党、改憲の必要性強調 衆院憲法審査会で議論
 日刊スポーツ - 2019年11月7日13時0分




続きを読む

テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

「任命責任」を49回! 繰り返しても自らは居直る安倍晋三!

2019年11月6日(水)


 毎日新聞によると安倍晋三は失態を演じた閣僚の
「任命責任は私にある」と49回も言ったのだとのこと。

 これだけ「任命責任を痛感」しても自らは居直る安倍晋三!

 安倍内閣発足直後から度々問題が発覚し、これまでの
自民党内閣であれば、もう何度も総辞職しているはずなのに、
何も責任を取らず、真相解明もせず、隠蔽・改竄・廃棄・消却
して証拠を隠滅。
 その後、隠滅したはずの証拠が発覚しても知らぬ存ぜぬ!

 今国会でも、どれだけ明瞭にすることができるのだろうか?


「任命責任を痛感」しても「責任を果たす」首相を追及する「教育国会」
毎日新聞 - 2019年11月6日 21時10分
https://mainichi.jp/articles/20191106/k00/00m/010/358000c


20191106_Mainichi-01.jpg

「責任は私に」49回 なぜ安倍首相の「任命」は失敗続きなのか
 毎日新聞・吉井理記:会員限定有料記事 - 2019年11月4日 09時37分)
https://mainichi.jp/articles/20191102/k00/00m/010/520000c


英語民間試験 文科省の有識者会議議事録公開へ 衆院予算委
毎日新聞 - 2019年11月6日 20時41分
https://mainichi.jp/articles/20191106/k00/00m/010/335000c




続きを読む

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

日本共産党第8回中央委員会総会で『綱領一部改訂案』を提案

2019年11月5日(火)

 【綱領】を前回改定後の世界情勢を深く分析して補強・改訂する
 第8回中央委員会総会での『日本共産党綱領一部改訂案』の提案。

JCP_8-CC_20191104.jpg
  志位和夫委員長の報告は2時間弱

 中国の大国主義・覇権主義を厳しく批判。
中国が国内問題と位置付ける香港問題・新疆ウイグル自治区問題
にも触れて自制を求めた。

 また、日本でも世界でも市民運動の進展を民主主義の重大な進歩
と言う立場から評価している。
 その一つが【核兵器禁止条約】が国連で決議されたことに対する
市民運動・非政府組織の活動の成果であることを強調!
 

 この中央委員会総会で『日本共産党綱領一部改訂案』として決定し
 来年の第28回定期党大会で論議決定され、正式に発効する予定。


  途中休憩も含め約4時間半の映像

 ****************

NHKニュースが、日本共産党の中央委員会総会で‬
‪綱領改定案が提示されたことを紹介。‬
‪党大会でもないのに取り上げたことは高く評価!‬
来年1月の党大会で採択とまで正しく伝えた。
安倍政権忖度の中で取り上げた記者とデスクの
勇断にエールを送ります!

‪・・・・・・・・‬
共産党 3年後までに野党連合政権目指す活動方針案
‪NHKニュース ー 2019年11月4日(月)‬11時08分
‪https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191104/k10012163481000.html‬

 共産党は国際情勢の変化を踏まえ、16年ぶりに党の綱領の一部を改定することになりました。
 また、安倍政権の政治は「戦後史上最悪の暴政」だとして、党創立100周年となる3年後までに、野党による連合政権の実現を目指す活動方針案をまとめました。

 共産党の中央委員会総会は4日、党本部で開かれ、党の綱領の改定案が示されました。

 改定は平成16年以来で、世界情勢について記載している第3章の改定案では、アメリカについて「地球的規模で軍事基地をはりめぐらし、世界のどこに対しても介入、攻撃する態勢をとり続けている」と批判しています。
 また、中国やロシアを念頭に「大国主義・覇権主義は、世界の平和と進歩への逆流となっている。アメリカとほかの台頭する大国との覇権争いが激化し、新たな緊張を作り出している」と指摘しています。

 さらに第4章の改定案には、原子力発電所と温室効果ガスの排出をいずれもゼロにする目標が初めて明記されました。

 一方、総会では今後の活動方針案も示され、安倍政権の政治は「戦後史上最悪の暴政だ」と批判し、党創立100周年となる3年後までに野党による連合政権を実現するとしています。

 共産党は綱領の改定案と活動方針案を来年1月の党大会で正式に採択することにしています。



「2022年までに野党連合政権」共産党総会で初明示
 朝日新聞デジタル - 2019年11月4日16時44分
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20191104001435.html

JCP_8-CC_20191104_Asahi.jpg

 共産党は4日、党本部(東京都渋谷区)で第8回中央委員会総会を開き、党創立100周年となる2022年までに、共産党を含む「野党連合政権」の樹立を目指す決議案を示した。米中ロの覇権争いを念頭に、16年ぶりとなる党綱領の一部改定案も提示。来年1月の党大会で了承される見通しだ。
 決議案には「消費税5%への減税が広く国民・野党の共通の要求になるように奮闘する」などと記載。

 そのうえで、次期衆院選の「二大目標」として
▽野党共闘などにより野党連合政権に道を開く
▽党の比例区の得票総数850万票、得票率15%以上――を掲げた。
7月の参院選では448万票、8・95%だった。
 野党連合政権の実現を「党創立100周年(22年)まで」とし、党として初めて時期を明示した。
 自衛隊を違憲とする党の見解は「(野党連合)政権に持ち込むことはしない」と、他党への配慮も示した。
  (以下略)




テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

高知県知事選挙で立憲野党・共同街頭宣伝が行われ松本けんじ候補を熱烈応援!

2019年11月4日(月・文化の日振休)

高知県知事選挙で立憲主義野党各党の国会対策委員長が
総結集し、松本けんじ県知事候補を応援。

Kochi-Chijisen_20191104.jpg


是非、全編ご覧ください!約45分

立憲民主党も国民民主党も熱烈なエールを送っています。
社民党の照屋寛徳さんは首里城炎上対策で沖縄を
離れることができずメッセージを託されました。

日本共産党の穀田恵二さんは松本けんじさんを市民と野党各党が
推薦して応援して頂いたことへの御礼と必勝の決意表明!

選対本部長も副選対本部長も日本共産党の国会議員では
なく、幅広い選対本部が構成されていることが判ります。

立憲民主党・安住淳
国民民主党・原口一博
日本共産党・穀田恵二
社会民主党・照屋寛徳

       【ここでいっしょに生きよう】
       野党国対共同街宣が行われました


松本けんじさんの挑戦に野党国対委員長が高知に駆け付けてくれました。
11月4日、高知市中央公園北口での街頭演説には、
多くの方々が足をとめてきいてくださいました。
全編動画(約45分)をご覧ください。

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

【英語試験の実施延期】高校生を含む当事者の強い批判と野党共闘の力で!

2019年11月1日(金)

高校生を含む広範な市民と野党の共闘で大きな成果を挙げました。

業者丸投げで毎年の大儲けを保証する英語検定の民営化を延期!
この方針を決めた『有識者委員会?』『安倍政権』『業者』の
癒着構造が進めて来た暴挙を取り敢えず止めさせました。

必ずしも有権者ではなくとも当事者が声を挙げれば政治の流れを
変えることができることを実感できた大きな一歩です。

この動きが広がれば、安倍政権打倒も実感できるものになるでしょう!

【英語試験の実施延期】高校生を含む当事者の強い批判と野党共闘の力で!


  2019.11.1 野党緊急全議員集会 5野党・会派代表があいさつ

【どの口が言う!】

萩生田大臣は「経済的な状況や居住している地域にかかわらず、ひとしく安心して試験を受けられるような配慮などの準備状況が十分ではないため、来年度からの導入を見送り、延期する」と述べました。
そのうえで「全体的に不備があることは認めざるを得ず、延期して課題を検証し、どういった点を改善すれば、皆さんが限りなく平等に試験を受けられる環境を作れるかに注力したい。仕組みを含めて抜本的に見直しを図りたい」と述べました。

萩生田文科相 英語試験 抜本的に見直し 5年後実施に向け検討
 NHK NEWS WEB - 2019年11月1日 14時44分


*****************
このひとは数日前に「教育の機会均等」と言う
教育基本法法違反の発言をしたばかり!

 萩生田氏は24日のBSフジの番組で、民間試験の経済・地域格差問題について
「自分の身の丈に合わせて、2回をきちんと選んで勝負して頑張ってもらえば」
と言い放った。
現職の文科相が入試の格差を容認していると猛反発が広がっている。

萩生田文科相「身の丈」撤回も 識者は問題の矮小化と指摘
 日刊ゲンダイ - 2019/10/29



この問題を取り上げた当ブログの関連記事

「身の丈に合わせた受験を」萩生田文科相の『富裕層優遇』発言!
 JUNSKY blog - 2019年10月30日


     ********************

BSフジ番組(24日放送)での萩生田光一文部科学相の発言

 (司会)民間の資格試験を使うということは、お金や場所、地理的な条件で恵まれている人が受ける回数が増えるのか。公平性はどうか。

 (萩生田氏)それを言ったら「あいつ予備校通っていてずるいよな」というのと同じだと思う。裕福な家庭の子が回数受けてウオーミングアップができるみたいなことは、もしかしたらあるかもしれないけれど、そこは自分の身の丈に合わせて、2回をきちんと選んで勝負して頑張ってもらえば。

 できるだけ近くに会場をつくれるように業者や団体の皆さんにはお願いをしている。だけど、人生のうち自分の志で1回や2回は古里から出て試験を受ける。そういう緊張感も大事かなと思うんで、その辺、できるだけ負担がないような、いろいろ知恵を出していきたいと思う。



【関連記事】

英語民間試験延期 萩生田文科相「身の丈」発言が決定打に
 日刊ゲンダイ - 2019/11/01 14:50

 最大の被害者は受験生なのは間違いない。政府が2020年度から始まる「大学入学共通テスト」の柱と位置付けていた英語の民間試験の活用を見送ることを決め、萩生田文科相が1日午前、正式表明した。
 文科省は17年5月に英語の民間試験活用を含む「大学入学共通テスト」の実施方針案を公表。ベネッセ(GTEC)や日本英語検定協会(英検)など6つの事業者による試験実施を予定していた。
(以下略)


*****

萩生田文科相「身の丈」撤回も 識者は問題の矮小化と指摘
 日刊ゲンダイ - 2019/10/29 14:50

 ポンコツ英語民間試験をめぐる「身の丈」発言が大炎上している萩生田光一文科相。28日、謝罪と釈明をし、29日には発言を撤回したが、何にもわかっちゃいない。
 萩生田氏は24日のBSフジの番組で、民間試験の経済・地域格差問題について「自分の身の丈に合わせて、2回をきちんと選んで勝負して頑張ってもらえば」と言い放った。現職の文科相が入試の格差を容認していると猛反発が広がっている。
(以下略)


*****

英語民間試験巡り 萩生田文科相「身の丈」発言で大臣失格
 日刊ゲンダイ - 2019/10/26 14:50

 同日夜のBSフジの番組で、同試験で問題となっている経済格差や地域格差について萩生田氏は「『あいつ予備校通っててずるいよな』って言うのと同じ」「自分の身の丈に合わせて頑張ってもらえば」と開き直ったのだ。
 25日夜、国会前で行われた民間試験中止を求める集会でマイクを握った慶大1年の男子学生は「萩生田文科相の言う“身の丈”とは、親の経済力、生まれた場所ということ。入試の入り口から格差が生まれてしまう」と顔を真っ赤にして訴えた。
 身の丈に関係なく、同じスタートラインに立てるのが入試だ。貧乏で予備校に行けなくてもコツコツ頑張って、いざ入試会場に入れば、カネ持ち連中と同じ土俵で勝負できる。そんな最低限の機会平等を現職の文科相が公然と打ち消したのである。
(以下略)




続きを読む

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

【性暴力ゼロのまちに】 西日本新聞記事から

2019年10月29日(火)

 おととい高宮アミカスで開催され私も参加した
 伊藤詩織さんを迎えての講演会。

 西日本新聞WEB版の記事として掲載されたようです。


福岡を性暴力ゼロのまちに
 実名告発の伊藤詩織さん訴え


Ito-Shiori_Nishinippon_20191027.jpg

女性を性暴力から守れ 実名告発の伊藤詩織さん訴え
 西日本新聞  - 2019年10月28日(月)

 女性を性暴力被害から守るため、今春施行された福岡県性暴力根絶条例を知ってもらうイベントが27日、福岡市南区の福岡市男女共同参画推進センター・アミカスであった。性被害を実名で告発したフリージャーリスト伊藤詩織さんが登壇し、「性暴力に対する社会の見方は変わってきたが、(密室内での合意など)刑法や教育などまだ変えるべき所はある」と訴えた。

 イベントは市民団体「地域で男女共同参画を!拡げようネットワーク」実行委員会の主催。約300人が参加した。会場では、伊藤さんの告発を題材にした英国BBCの性犯罪ドキュメンタリーを観賞した後、伊藤さんと、同条例制定に関わった県議の堤かなめさんが対談した。

 伊藤さんは、元テレビ局記者の男性に損害賠償を求めた訴訟を巡って、男性側の代理人弁護士から「虚偽・虚構」と侮辱を受けたことを紹介。その中で「弁護士の懲戒に動いた人がいた。動いてくれたことがうれしかった」と話した。性暴力やセクハラを告発する世界的な運動「#MeToo」が広まっており、「社会の景色は変わった。プレッシャーはあるが、行動できる人が増えた」と今後に期待を込めた。(井崎圭)



【関連記事】

レイプ被害、実名で告発した思い 伊藤詩織さんに聞く
 「忍耐は美徳」の価値観に疑問

 西日本新聞 - 2018/6/11 15:35

Ito-Shiori_Nishinippon_20180611.jpg


日本の「#MeToo」道半ば
 伊藤詩織さん、国連で記者会見

 西日本新聞 - 2018/3/17 9:45

Ito-Shiori_Nishinippon_20180317.jpg


続きを読む

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

次のページ