JUNSKY blog 2018

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

第9回平和祈念資料展 赤煉瓦文化館で

2018年6月10日(日)


西日本新聞記事を見て、この展示会を知り行って来ました。

十数年前から、福岡に公的な【平和祈念資料会館】を建設しようと
議会請願を続けている団体が今年も開催されました。

写真をいくつか掲載します。

2018061017094794a.jpg

2018061017094899b.jpg

20180610170951f28.jpg


20180610170949958.jpg

20180610170956963.jpg

20180610172010a32.jpg
焼夷弾の解説と中学生が作った実物大模型など
20180610172008fca.jpg

20180610172011548.jpg

20180610172011de8.jpg
現在も高齢にも拘らず平和運動の先頭に立たれている
石村善治さんが防火で成果を上げたことへの表彰状!
昭和22年に発行されているので戦後になって表彰された。


20180610172611f5a.jpg

20180610172612ca7.jpg

201806101726145f7.jpg

20180610172713e92.jpg
戦前の教科書の一部

201806101727122a9.jpg
戦後間もなくの頃のカラフルになった教科書


スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

防衛相 オスプレイ佐賀空港配備へ協議再開を  「絶対反対!」

2018年5月30日(水)

 つい先だって、自衛隊の軍用ヘリのローターが吹っ飛んで民家に墜落・激突する
という事故が起こったばかりなのに、その事故原因が究明された?として
防衛省は、民間空港である佐賀空港にオスプレイの配備する協議の再開を
求めたと云う。 

 トンデモナイ話しであり、私は佐賀空港へも岩国へも沖縄にも
 オスプレイは配備するな! と声を大にしたい!

 ヘリのローターが吹っ飛んだ事故は、メインローターヘッドの破壊によるもの
とする事故の中間報告は出されたようだが、それが何故破壊に至ったのかの
重大問題は公開されていない(究明もされていないのでは?)

 とてもじゃないが、沖縄でも配備早々墜落し、その後も世界中で事故続きの
オスプレイを日本で飛ばしてもらっては困る!

オスプレイ配備交渉再開へ 佐賀県に対し、防衛相
 西日本新聞 - 2018年05月29日 13時04分
 

 小野寺五典防衛相は29日の閣議後記者会見で、陸上自衛隊が導入する輸送機オスプレイを佐賀空港に配備する交渉を佐賀県と再開する考えを示した。同県の陸自ヘリコプター墜落事故を受けて一時中断していたが、事故原因がほぼ特定できたとして「オスプレイの安全性を含めた説明を行っていきたい」と述べた。

 防衛省は陸自のオスプレイ17機を佐賀空港に配備する計画だが、地元との調整が難航。そのさなかの今年2月、佐賀県神埼市の住宅にAH64D戦闘ヘリが墜落し、家にいた女児がけがをする事故が発生し、交渉できない状況になっていた。



佐賀の陸自ヘリ墜落はボルト破断が原因 操縦、整備ミスを否定 中間報告
 西日本新聞 - 2018年05月29日06時00分
 

 話しは変わるが、NHKニュースによると、
【米本国の基地所属のF22が相次ぎ沖縄 嘉手納基地に飛来 】していると云う。


オスプレイ佐賀空港配備へ協議再開を 防衛相
 NHK NEWS WEB - 2018年5月29日(火) 11:40
 

 佐賀県でのヘリコプター墜落事故の中間報告がまとまったことを受けて、小野寺防衛大臣は、安全対策に取り組むとともに、中断していた輸送機オスプレイの佐賀空港への配備をめぐる、地元との協議を再開するため調整を進めたいという考えを示しました。

 ことし2月、陸上自衛隊のヘリコプターが佐賀県の住宅に墜落した事故で、陸上自衛隊は28日、回転翼を機体につなぎとめる部品が壊れて墜落したとする中間報告をまとめました。

 これについて小野寺防衛大臣は、閣議のあと記者団に対し、「地元の皆様に大変迷惑をかけた。事故はパイロットの操縦の問題というよりも、むしろ機材の問題が原因だとほぼ特定できた。安全対策をしっかり行い、地元に説明していきたい」と述べました。

 そのうえで小野寺大臣は、陸上自衛隊が導入する輸送機オスプレイの佐賀空港への配備をめぐり、「オスプレイの安全性を含めた説明も行っていきたいと思っている」と述べ、事故の影響で中断していた地元との協議を再開するため調整を進めたいという考えを示しました。



米本国の基地所属のF22が相次ぎ飛来 沖縄 嘉手納基地
 NHK NEWS WEB - 2018年5月30日(水) 18:29
 

 アメリカ本国の基地に所属するステルス戦闘機F22が30日午後、沖縄県の嘉手納基地に相次いで飛来しました。嘉手納基地ではこれまでもほかの基地から飛来するいわゆる外来機による騒音被害が激化していて、地元の自治体からは反発が強まりそうです。

 30日午後3時10分ごろ、アメリカ本国の基地に所属するステルス戦闘機F22、1機が嘉手納基地に着陸しました。その後、午後4時までの間に相次いで降り立ち、計6機が基地に飛来しました。

 沖縄防衛局によりますと、今回、嘉手納基地に飛来するF22は全部で14機の予定で、残りの8機についても順次飛来し、およそ1か月間、配備されるということです。

 アメリカ軍はNHKの取材に対し、「地域の安全保障のために必要な期間滞在する」と回答しましたが、軍関係者は「開催の調整が進められている米朝首脳会談を踏まえての対応だ」と話しています。

 嘉手納基地ではこれまでも外来機による訓練がたび重なり、騒音被害などが激化していて、地元の自治体からは反発が強まりそうです。





続きを読む

テーマ:自衛隊/JSDF - ジャンル:政治・経済

米で原爆の非人道性展示へ 核開発地の国立歴史公園;西日本新聞(2018/5/13)

2018年5月15日(火)

 おとといの西日本新聞の記事ですが、広島・長崎での原爆投下は
『戦争終結を早めアメリカ人兵士の死傷者を少なくするのに効果が有った』と云う
正当化が罷り通っているアメリカで、しかも核開発を行った『マンハッタン計画』に
関連する米国立歴史公園内の施設に
【原爆投下による人的被害などの非人道的な側面を展示する方針を固めた】
とのニュースが掲載されていました。


SBSH6268.jpg

米で原爆の非人道性展示へ 核開発地の国立歴史公園
 西日本新聞 - 2018年05月13日16時37分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/415937/
 

SBSH6269.jpg

 米国が第2次大戦中、原爆開発を推進した「マンハッタン計画」関連地の米国立歴史公園が、原爆投下による人的被害などの非人道的な側面を展示する方針を固めたことが13日、米内務省国立公園局への取材で分かった。広島、長崎両市の要望を踏まえたもので、具体的な内容は今後詰めるが、担当者は「被害を尊重し余すことなく触れるつもりだ」と話している。

 米国では原爆投下について「戦争終結を早めた」との主張が根強く、1995年には国立スミソニアン航空宇宙博物館が企画した原爆展が事実上中止された。投下正当化論は公園の展示でも併記される見込みだが、今回は異例の対応といえそうだ。


SBSH6266.jpg


広島の森さん、初訪米へ オバマ氏が訪問時に抱擁
 西日本新聞 - 2018年05月13日15時31分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/415930/

SBSH6270.jpg 

【ロサンゼルス共同】
 原爆で死亡した米兵捕虜の身元特定などに尽力した広島市の歴史研究家、森重昭さん(81)は12日、今月下旬から初訪米すると明らかにした。米兵遺族や研究者との面会を調整しているほか、森さんの活動を取り上げたドキュメンタリー映画の上映会に参加する。

 自らも被爆した森さんは2016年5月、広島を訪問したオバマ前大統領からねぎらいの抱擁を受け、海外でも大きな注目を集めた。

 22日から訪問する予定で、電話取材に「原爆投下から73年となる今年、広島を破壊し、私を被爆させた(原爆投下の)原因は何だったのかを改めて考えたい」と語った。



【関連記事】

米国;原爆の非人道性を国立公園展示へ
 会員限定有料記事 毎日新聞 - 2018年5月15日 東京朝刊
https://mainichi.jp/articles/20180515/ddm/012/030/048000c

   (記述は、西日本新聞と全く同じ;通信社配信記事と思われる)

ヒバクシャ 2018春/1 非核化へ「遺産」伝える
 長崎の声集めて20年 証言の会・森口貢さん(81)

会員限定有料記事 毎日新聞 - 2018年5月14日 東京朝刊
https://mainichi.jp/articles/20180514/ddm/041/040/107000c
 

 この春、朝鮮半島の非核化に向けて大きな動きがあった。韓国と北朝鮮が南北首脳会談で「完全な非核化」実現を目標とする共同宣言に署名。6月には史上初の米朝首脳会談が行われる。それでも平和への道筋は依然として見通せないが、非核の実現を願って、被爆者は語り、伝える。記録報道「2018春ヒバクシャ」は被爆者の声を集め続ける元教師の姿からスタートする。
   (以下略;会員限定有料記事)



被爆地と政府隔たり ICAN事務局長長崎で訴え 「核の傘」抜け条約参加を
 西日本新聞 - 2018年01月14日 06時00分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/386366/
 

 昨年のノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)は13日、長崎市で講演し、核の非人道性を訴え続けた被爆者の証言活動を高く評価した。「痛みの経験を語り続けた被爆者なくして条約は生まれなかった」と述べる一方、核兵器禁止条約を否定する日本政府を厳しく批判。「明らかに二つの日本がある」と話し、被爆地の思いと日本政府との隔たりを強く指摘した。

 フィン氏の被爆地訪問は初めて。市民約300人が集まった長崎大主催のセミナーでの基調講演で、フィン氏は「核兵器が存在している以上、使用へのカウントダウンは始まっている」と述べ、日米が危機感を強調する北朝鮮情勢についても「(今ある)核兵器は北朝鮮の核開発を止められなかった」と指摘。日本政府に「核の傘」から抜け、禁止条約に参加するよう訴えた。

 講演後のパネル討論には、外務省の今西靖治軍備管理軍縮課長も登壇。「厳しい安全保障環境にある。条約への参加は、米国による核抑止力の正当性を損なう」と主張した。これに対し、フィン氏は、条約への参加は日米同盟に影響しないと反論。「条約の参加を決めるのは政府ではなく国民」と述べ、条約参加に関する国民的な議論の広がりを期待した。

 記者会見で、ICAN側は来日中に求めている安倍晋三首相との面会について回答がないことを説明。フィン氏は「こうした政府の言動は国民、特に長崎、広島の価値観を代表するものとは思えない。大きな圧力を政府にかけましょう」と呼び掛け、草の根の取り組みで日本の政策転換を促すよう提唱した。

 フィン氏はこの日午前、長崎市の爆心地公園で献花し、長崎原爆資料館を見学。会見で「自分が長崎で感じたメッセージを全世界に発信しないといけない」と語った。

 フィン氏は14日、同市で大学生らとの対話集会に参加。広島市も訪れた後、16日に東京で国会議員らと面会する予定。

=2018/01/14付 西日本新聞朝刊=





テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

天皇・皇后両陛下が沖縄を訪問して戦没者を悼む! NHK【あさイチ】でも沖縄特集

2018年3月29日(木)

天皇・皇后両陛下が3月27日から29日までの予定で沖縄を訪問して、
最初に糸満市の沖縄平和祈念堂と、国立沖縄戦没者墓苑に向かい、
太平洋戦争での犠牲者を追悼された!


Okinawa-Times_20180328_EmperorEmperess.jpg
天皇、皇后両陛下 摩文仁で供花 きょう与那国島訪問
 沖縄タイムス - 2018年3月28日 07:39
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/229201


 両陛下の沖縄訪問は4年ぶりで、皇太子・妃時代を含めて11回目とのこと。


天皇・皇后両陛下が沖縄を訪問している当にその日(2018/3/28)
NHK【あさイチ】で沖縄問題を再び取り上げ!

有働由美子アナとイノッチの【あさイチ】卒業を目前に、
安倍政権の沖縄差別に最後の異議申し立て!

ゲストは、安倍政権に対して批判的コメントをSNSで
発信している室井佑月さんほか。

NHKスタッフと出演者や関係者の勇気に敬意を評します!


沖縄 母親たちが見た基地
 NHK 【あさイチ】 - 2018年3月28日
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/180328/1.html

NHK-Asaichi_20180328_Okinawa.jpg
   (画像は NHK 【あさイチ】 公式サイトより)

NHK【あさイチ】で沖縄の問題を改めて取り上げ!
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/180328/1.html>

保育園に米軍機の部品が落下した問題を中心に。

保育園の保護者が実名も出し映像にも出て訴えた!
沖縄に住んでいるのに、この事故の前までは
魔法にかけられていた(謂わば他人事ののように)。
「自分の子どもが通う保育園で事故が起きて
初めて魔法が解けた!」

 と云う言葉が印象的!

沖縄の人たちの中にも当事者となるかどうかで
大きな温度差があることを正直に訴えた!

この保育園に対する誹謗中傷も
「極一部の人の嫌がらせ」行為であると厳しく批判。

室井佑月さん浜島直子さんがゲスト出演。

室井佑月さんは、短期間に14万筆を超える署名を集めた
保護者たちの行動を讃えるとともに、
政府交渉したのに、政府がアメリカと交渉した経過も
返答も知らせない事に抗議された。

尤も、政府がこの署名を携えてアメリカと交渉したかどうかも
わからないが(交渉していないだろうと私は思う)。

番組の最後に視聴者の声を紹介していた。
もちろん多くが米軍基地の問題を他人事のように捉えていたが
この番組でいつ自らや子どもたちに降りかかってくる
切実な問題であることを気付かされた、と言うような反応だった。
『中立・公正』の立場から相反する意見を取り上げたが
「普天間の危険性を除去するためにも辺野古への移転を急ぐべき」
と云う趣旨のものであったのを、井ノ原 快彦さん(イノッチ)が直ちに
「今日の番組は保育園に米軍機の部品が落下した事件を
 取り上げたのであって辺野古は別問題だ!」と適切にかわした。
柳沢秀夫解説委員も「辺野古は別に論議する問題だ」と賛同した!

【あさイチ】レギュラーは、最後までめげずにプライドを護った!

【あさイチ】卒業 直前に沖縄問題を改めて取り上げた
井ノ原 快彦さん、有働由美子アナと柳沢秀夫解説委員
そしてNHKスタッフの勇気に改めてエールを送ります!


Asaichi_Casters.jpg


【関連記事】

両陛下が沖縄訪問 11回目、慰霊と与那国に
 毎日新聞 - 2018年3月27日 最終更新 13時37分
 https://mainichi.jp/articles/20180327/k00/00e/040/252000c


両陛下が沖縄訪問 戦没者墓苑で追悼
 毎日新聞 - 2018年3月27日 最終更新 22時13分
https://mainichi.jp/articles/20180328/k00/00m/040/149000c


11回目の沖縄、慰霊の旅 陛下に「感謝」 遺族「平和願う思い同じ」
 毎日新聞 - 2018年3月28日
https://mainichi.jp/articles/20180328/ddm/012/040/153000c



天皇“最後の沖縄訪問”は安倍政権への怒りのメッセージだ!
 沖縄に対する天皇と安倍政権の真逆の姿勢

 リテラ - 2018年3月27日(火)
http://lite-ra.com/2018/03/post-3906.html


【3月30日追記】

井ノ原・有働がきょう降板
『あさイチ』が最後に踏み込んだ沖縄の基地問題!
 沖縄の母親たちに寄り添う番組を放送

 リテラ - 2018年3月30日(金)
http://lite-ra.com/2018/03/post-3914.html


*********************************
続きを読む

テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済

【ICAN】のベアトリス・フィン事務局長 日本中を巡り【核兵器禁止】を精力的に訴え!

2018年1月17日

 2017年のノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン」
(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)は、長崎・広島を訪問した後
東京に移動して、国会議員との討論集会に参加した。

  Beatrice Fihn_Jiji
     【ICAN】 ベアトリス・フィン(Beatrice Fihn)事務局長


 その後は、日本記者クラブで講演!

 超絶多忙な日程を精力的にこなし、【核兵器禁止】条約の重要性を
訴えて回った!
 
 本当に敬意を表する行動力だと思う!


     *****************

 ベアトリス・フィン(Beatrice Fihn)事務局長は、2018年1月12日に来日。
その脚で被爆地長崎を訪問し、原爆資料館を訪問し被災状況を視察。
そして長崎市長と会談。

 翌日には、爆心地公園で犠牲者に献花。原爆資料館で講演。
また長崎大主催のシンポジウムで講演し若者と交流。

Beatrice Fihn_Hiroshima-02
  (画像は必ずしも当該のイベントのものとは限りません:以下同様)

 14日も引き続き長崎で若者を始め多くの人々と対話・交流。
市民セミナーでも講演。

Beatrice Fihn_Hiroshima-03

 1月15日には広島で広島平和記念公園・原爆死没者慰霊碑参拝・献花。

Beatrice Fihn_Hiroshima-01

原爆資料館を訪問し被爆状況を視察。 

Beatrice Fihn_Hiroshima-04

被曝者の話を聴く場を設け、数人からヒアリング。
その後は記念講演や若者との対話集会。

広島国際会議場で記者会見後、NGOとの交流集会。

1月16日には早朝から東京に移動し、政府および各党国会議員との
長丁場の討論集会。

Beatrice Fihn_Kokkai-Talk

その後、日本記者クラブで講演と記者会見。

Beatrice Fihn_KisyaClub-Speech

最後に国立オリンピック記念青少年総合センターで講演。

Beatrice Fihn_Tokyo-Speech


1月17日の動向は、まだUPされていませんが、
NHKの単独インタビューが掲載されています。(1/18追記)

ICAN事務局長「すべての国が禁止条約に加盟を」
 NHK NEWS WEB - 2018年1月17日 23時56分
 

【ICAN Japanese @nuclearban_jp】 サイトより
https://twitter.com/nuclearban_jp
  ベアトリス・フィン事務局長の主な行動と関連情報(一部順不同)

#ICAN のベアトリス・フィン事務局長
 2018年1月12日~17日まで来日
2018年1月12日
【#ICAN のベアトリス・フィン事務局長 長崎原爆資料館訪問】
【#ICAN のベアトリス・フィン事務局長 長崎市長と会談】
2018年1月13日
【ICANのベアトリス・フィン事務局長が13日、長崎市の長崎原爆資料館で講演・質疑】
【長崎市の爆心地公園で犠牲者に献花】
【長崎大主催のシンポジウムで基調講演】
【若者と交流】
【記者会見】
2018年1月14日
【長崎大学で「RECNA(@recna2012)ラウンドテーブル」】
【ICAN事務局長 長崎大学での若者との対話集会】
【記者取材】
【長崎で行われた特別市民セミナー】
【米国の核態勢見直し報告について連続ツィート】
広島に移動 
2018年1月15日
【#ICAN のベアトリス・フィン事務局長 広島平和記念公園・原爆死没者慰霊碑参拝・献花】
【#ICAN のベアトリス・フィン事務局長 広島平和記念館訪問】
【#ICAN のベアトリス・フィン事務局長 被爆証言を聴講@広島】 
【#ICAN のベアトリス・フィン事務局長 基調講演@広島】 
【「ノーベル平和賞受賞団体ICANのベアトリス・フィン事務局長と語る:平和な世界の実現に向けて」】
【#ICAN ベアトリス・フィン事務局長と若者対話@広島】 
【#ICAN 事務局長と若者の対話@広島:第2部】 
【広島国際会議場で記者会見 16:30から】
【NGOとの意見交換会】
2018年1月16日
早朝から東京に移動
【ICANと国会議員との討論集会】
討論集会参加は👇
自民党/武見敬三参議院政策審議会長
公明党/山口那津男代表
立憲民主党/福山哲郎幹事長
民進党/岡田克也常任顧問
希望の党/井出庸生政策調査会長代理
共産党/志位和夫委員長
日本維新の会/浅田均政務調査会長
社民党/福島みずほ副党首
自由党/玉城デニー幹事長
沖縄の風/糸数慶子代表
【#ICAN のベアトリス・フィン事務局長 日本記者クラブでの記者会見】
【国立オリンピック記念青少年総合センターで講演】




 ICANと国会議員との討論集会での
 日本共産党・志位委員長の発言
 2018年1月16日

 2017年のノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン」
 (ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)と
 国会議員との討論集会:2018年1月16日開催
     *************
志位和夫 @shiikazuo


Beatrice Fihn_with JCP-Shii
  ノーベル平和賞受賞のICANのフィン事務局長を迎え集会。
  NY以来の再会を喜びあいました。
  志位「核抑止論は核使用の脅しで安全保障を図ろうというもの」
  フィン「広島・長崎の惨事が起こると脅す政策」
  核抑止論を克服し、禁止条約に署名を!

     ***************** 

 ベアトリス・フィン事務局長は12月から安倍晋三首相との懇談を要請していたが
臆病な安倍晋三は、とても正面から議論する自信が無いようで逃げの一手!

 外遊を理由にして、面会を拒否した! 

 戦争被曝国の総理大臣として、恥ずかしい限りである。

共産・小池氏「ICANと面会しない首相、恥ずかしい」
 朝日新聞 - 2018年1月15日19時33分
 

本当に恥ずかしいと言わざるをえない。(事務局長は日本に)18日までいる。安倍首相は17日に(外遊から)帰国する。会えるじゃないですか。なぜ会わないのか。
 (首相は)いろいろな人と会っているじゃないですか、誰とは言いませんけれど。そんな時間があるんだったら、なんでこんな大事な人と会わないのか。



【関連記事】

核禁止条約に署名を=ICAN事務局長、与党は慎重
 時事通信 - 2018/01/16-17:29


核の非人道性 知るべきだ
長崎 ICAN事務局長が講演

 しんぶん赤旗 - 2018年1月15日(月)


政府、安倍首相とICAN事務局長との面会断る
 日刊スポーツ - 2018年1月15日13時57分


ICAN事務局長「国会に調査委を」核禁条約議論に向け
 朝日新聞・清水大輔 - 2018年1月16日21時55分


核禁止 響かぬ国会 ICAN事務局長と討論会
 東京新聞 - 2018年1月17日 朝刊


「ICAN事務局長 国会議員と対話へ」(ここに注目!)
 NHK・解説委員室 - 2018年01月16日 (火) 別府 正一郎 解説委員


ノーベル平和賞
人類最悪の行い繰り返すのか
 核巡り日本政府を批判 ICAN事務局長、長崎で講演

 毎日新聞 - 2018年1月14日



続きを読む

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

天皇皇后夫妻が沖縄と与那国島を今春ご訪問とのこと!

2018年1月13日(土)

両陛下:3月に沖縄へ ‬
‪戦没者慰霊、与那国へも初訪問
‪ ‬
 ‪毎日新聞 − 2018年1月12日 19:52
 ‪https://mainichi.jp/articles/20180113/k00/00m/040/083000c‬ ‬

天皇、皇后両陛下は3月後半に沖縄県を訪問される。宮内庁が12日明らかにした。日程は3月27~29日の3日間の見通しで、本島のほか、これまで訪ねたことのない与那国島にも足を運ぶ予定。2019年4月末の退位を前に、沖縄に思いを寄せてきた陛下の希望で実現する。

 両陛下が同県を訪問するのは11回目。在位中の沖縄訪問は、今回が最後になる見込みだ。

 陛下は皇太子時代に沖縄を5回訪問。即位後も、歴代天皇として初めて訪問した1993年を含め、5回訪れている。

 皇太子時代の初の訪問は75年。沖縄国際海洋博覧会の開会式への出席が目的だった。即位後3回目の04年には、浦添市の「国立劇場おきなわ」の開場記念公演で、伝統芸能の組踊(くみおどり)を鑑賞した。直近は14年で、米軍の魚雷攻撃で沈没した学童疎開船の惨劇を伝える対馬丸記念館(那覇市)を見学し、生存者らと懇談した。

 陛下は、太平洋戦争末期の凄絶(せいぜつ)な地上戦で多くの県民が犠牲になり、米軍に占領された経緯を踏まえ、沖縄の歴史や文化を熱心に学んできた。毎回、訪問の際には国立沖縄戦没者墓苑(糸満市)などで戦没者を慰霊している。今回も同墓苑を訪ねる予定だ。与那国島は日本の最西端に位置し、人口約1700人。

 宮内庁幹部は今回の訪問について「戦没者の慰霊を含め、県民に寄り添いたいという陛下のお気持ちを踏まえた」と話している。
【山田奈緒、高島博之】






テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済

安倍晋三は国会承認も無いまま無能な高額の『兵器』を米国から購入!

2018年1月12日(金)

安倍政権は、北朝鮮と韓国が戦争回避と緊張緩和に向けて
努力している世界情勢の進展から眼を背けて、ひたすら
北朝鮮の脅威を国民に強調して、米国のセールスマンの
売り込みを真に受けて、高額なばかりで迎撃能力の無い
イージスショアとか言う訳のわからない兵器を購入する
積りである。

処が、日本のマスマディアは、この兵器の実態を精査も
批判もせず政府発表を『粛々と』報道するばかり。

ジャーナリズムの責任を全く果たしていない。

以下の 毎日新聞報道もその域を脱していない。

・・・・・

政府:巡航ミサイル迎撃を検討 ‪陸上イージス利用 ‬
 ‪毎日新聞 − 2018年1月12日(金)‬
 ‪https://mainichi.jp/articles/20180112/k00/00m/010/120000c


‪米国:陸上イージス日本に初公開 ‬‪米軍「導入全力で支援」 ‬
 ‪毎日新聞 − 2018年1月12日‬
 ‪https://mainichi.jp/articles/20180112/k00/00m/010/134000c




・・・・・・・・・・・・・
続きを読む

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

ローマ法王:被爆写真‬‪「焼き場に立つ少年」 ‬の配布を指示 

2018年1月3日(水)

バチカンが法王の指示で『長崎原爆の被曝少年の写真』を
世界中に周知徹底知するように指示したとのこと!

20180103150922f82.jpg


核兵器廃絶への積極的なイニシャティブだと思う。

安倍政権は、この行動を歓迎するのか否か?!

毎日新聞から

‪ローマ法王:被爆写真の配布を指示
 ‬‪「焼き場に立つ少年」

 ‪毎日新聞 ー 2018年1月3日‬
‪https://mainichi.jp/articles/20180102/k00/00m/030/062000c
‬‬

‪フランシスコ・ローマ法王は、原爆投下後の長崎で撮影された「焼き場に立つ少年」の写真をカードに印刷し、「戦争が生み出したもの」との言葉を付けて広めるよう指示した。ローマ法王庁(バチカン)が1日までに発表した。法王はこれまでも核兵器廃絶を呼び掛けており、改めて平和を訴えた。‬



昨日はNHKが報道していた 。

ローマ法王 「これが戦争の結末だ」長崎被爆写真配布を指示
 NHK NEWS WEB - 2018年1月2日 (火) 13時19分 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180102/k10011277371000.html

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、原爆が投下された直後の長崎で撮影された少年の写真とともに「これが戦争の結末だ」というメッセージを添えたカードを配布するよう指示し、核廃絶を訴える法王の強い思いを示すものと欧米のメディアが報じています。
それによりますと、フランシスコ法王は、ローマ・カトリック教会が「世界平和の日」と定める1月1日に合わせて、原爆が投下された直後の長崎で撮影された少年の写真を掲載したカードを配布するよう指示したということです。

カードに掲載されたのは、死んだ弟を背負った少年が直立不動で立つ姿をアメリカ軍の従軍カメラマンが撮影した「焼き場に立つ少年」と呼ばれる写真です。カードには、「少年は、死んだ弟の火葬の順番を待っている。かみしめた唇とにじんだ血に少年の悲しみが表れている」という説明とともに、「これが戦争の結末だ」という法王のメッセージがサインとともに記されています。

フランシスコ法王は、これまでにも「人類は広島や長崎から何も学んでいない」などと日本の被爆地に言及して核兵器を批判してきたほか、核兵器禁止条約の実現に貢献したICANがノーベル平和賞を受賞したことを評価して核廃絶を訴えています。このカードについて各メディアはこうした法王の強い思いを示すものだと伝えています。



さらに一昨日にはCNNが真っ先に報道していた!

長崎原爆記録写真
「焼き場に立つ少年」の写真、ローマ法王が配布を指示

 CNN - 2018年1月1日
https://www.cnn.co.jp/world/35112697.html


(CNN) ローマ法王フランシスコが、長崎原爆投下の被害者の姿をとらえた1945年の写真をカードに印刷して配布するよう指示を出していることが1日までにわかった。カードの裏には、法王の要請により「戦争が生み出したもの」という言葉が記載されている。
この写真は、死亡した弟を背負いながら火葬場で順番を待つ1人の少年の姿をとらえたもの。第2次世界大戦末期に原爆が投下された直後、米海兵隊の従軍カメラマン、ジョー・オダネルさんにより撮影された。
法王は今回、カードの裏に自身の署名とともに「戦争が生み出したもの」という言葉を記載するよう要請した。
写真の内容と由来は短いキャプションにより説明。「幼い少年の悲しみはただ、血のにじんだ唇をかみしめるその身ぶりの中にのみ表現されている」などと記している。

米議会図書館の記録によれば、オダネルさんは4年間をかけて両都市の戦後の様子を記録した。一連の写真は本の形で出版されている。
CNNのバチカン専門家、ジョン・アレン氏は自身のウェブサイトで、「新年を前にこの写真を公開したことで法王の立場に何か実質的なものが付け加わるわけではないが、フランシスコが年末年始の休暇期間中に特定の画像を配布するよう依頼したのは今回が初めてだ。これは法王が、写真のメッセージが今特に重要だと考えていることを示唆している」と述べた。
アレン氏によれば、法王は以前にも核兵器を非難し、紛争が子どもたちにもたらす影響を強調したことがあるという。




テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

サーロー節子さん「核廃絶の始まりに」 ノーベル賞受賞講演

2017年12月11日(月)

毎日新聞記事より

サーロー節子さん「核廃絶の始まりに」 ノーベル賞受賞演説

Setsuko Thurlow

 核兵器を初めて法的に禁じる核兵器禁止条約の採択に主導的な役割を果たした国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)へのノーベル平和賞授賞式が10日、オスロ市庁舎で開かれた。広島で被爆し、ICANと共に活動してきたカナダ在住のサーロー節子さん(85)が被爆者として初めて受賞演説し、「人類と核兵器は共存できない。私たち被爆者は72年にわたり、核兵器の禁止を待ち望んできた。これ(条約採択)を核兵器の終わりの始まりにしよう」と英語で訴えた。

▽ノーベル平和賞:サーロー節子さん「核廃絶の始まりに」
https://l.mainichi.jp/vEYeRPS
【オスロ竹下理子】
 核兵器を初めて法的に禁じる核兵器禁止条約の採択に主導的な役割を果たした国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)へのノーベル平和賞授賞式が10日、オスロ市庁舎で開かれた。広島で被爆し、ICANと共に活動してきたカナダ在住のサーロー節子さん(85)が被爆者として初めて受賞演説し、「人類と核兵器は共存できない。核兵器は必要悪ではなく絶対悪だ。私たち被爆者は72年にわたり、核兵器の禁止を待ち望んできた。これ(条約採択)を核兵器の終わりの始まりにしよう」と英語で訴えた。

<英文で読むサーロー節子さんスピーチ(全文)>
 毎日新聞 - 2017年12月11日(月)



 ICANのベアトリス・フィン事務局長(35)と共に登壇し、メダルと賞状を受け取ったサーローさん。演説では「核兵器の時代を終わらせることは可能だという大いなる希望を与えてくれる」と受賞の意義を述べた。また、原爆で姉らを失った体験を語り、「みなさんに広島や長崎で亡くなった人々の存在を感じてほしい。一人一人に名前があり、一人一人が誰かに愛されていた。彼らの死を無駄にしてはいけない」と世界に呼びかけた。

 フィン事務局長も演説し、「核兵器が使われるリスクは冷戦が終わった時よりも大きくなっている」と指摘。「私たちの運動を批判する人たちは、私たちのことを現実に基づかない理想主義者だと言う。しかし私たちが示しているのは、唯一の理にかなった選択だ」と強調し、核保有5大国の米露英仏中に、インド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮を加えた計9カ国を名指しして条約への参加を呼びかけた。

 授賞式には日本原水爆被害者団体協議会の田中熙巳(てるみ)代表委員(85)と藤森俊希事務局次長(73)、松井一実・広島市長、田上富久・長崎市長も出席した。ノルウェー・ノーベル賞委員会のアンデルセン委員長は核兵器なき世界へ向け新たな機運を作ったことに敬意を表した。

 核兵器禁止条約は核保有国の核軍縮の停滞を背景に、今年7月に122カ国が賛成して採択されたが、米国の「核の傘」の下にある日本などは交渉に参加しなかった。この日の授賞式も核保有5大国の駐ノルウェー大使は欠席した。

 【ことば】核兵器廃絶国際キャンペーン
 (ICAN=International Campaign to Abolish Nuclear Weapons)

 「核戦争防止国際医師会議」(IPPNW)を母体として2007年にオーストラリアで結成された国際NGOネットワーク。スイス・ジュネーブに事務局を置き、世界101カ国の468団体で構成される。日本からはNGO「ピースボート」や人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」など5団体が参加している。核兵器禁止条約の制定を目指して各国政府や市民社会に働きかけてきた。

▽ノーベル平和賞:核廃絶、私たちの光 サーローさんに拍手
 毎日新聞2017年12月11日 11時30分



サーロー節子さん演説要旨
 毎日新聞 - 2017年12月11日 13時35分
 

 サーロー節子さんが10日、ノーベル平和賞授賞式のオスロで行った演説の要旨は次の通り。

・核兵器は必要悪でない。絶対悪だ。

・核兵器禁止条約を核兵器の終わりの始まりにしよう。

・条約は光だ。この光を分かち合おう。

・光は、かけがえのない世界を存続させるために私たちが傾ける情熱であり、誓いだ。

・米国が原爆を私が住んでいた広島に投下した時、まだ13歳だった。

・私の愛する都市は1発の爆弾で消滅した。

・住民らは燃やされ、炭になった。その中には私の家族と351人の級友が含まれている。

・4歳のおいの小さな体は溶けて肉の塊に変わった。

・広島と長崎で死を遂げた二十数万の魂を身の回りに感じてほしい。

・皆さんに、広島の倒壊した建物の中で耳にした言葉を繰り返す。「諦めるな。頑張れ。光が見えるか。それに向かってはっていくんだ」

・核武装した国々の当局者と、いわゆる「核の傘」の下にいる共犯者たちは、私たちの証言を聞け。警告を心に刻め。

・世界中の国は条約に参加し、核の脅威を永久になくしてほしい。

 【略歴】サーロー節子さん

 1932年広島市生まれ。トロント大大学院修了。13歳のとき広島で被爆し、姉やおいを失う。55年にカナダ人と結婚し、同国に移住して核廃絶運動に尽力。これまで国連総会の委員会など世界中で開かれる国際会議で、被爆証言を重ねてきた。カナダ政府が民間人に贈る最高位勲章オーダー・オブ・カナダを受章した。(共同)



ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんもICANの平和賞受賞に共鳴!
母の被曝を語る
ノーベル文学賞 被爆の母の思い出語る イシグロさん
 毎日新聞 - 2017年12月11日 11時44分


ノーベル文学賞
イシグロさん記念スピーチ 全文 へのリンク

 毎日新聞 - 2017年12月11日 13時04分


     *******************
続きを読む

テーマ:国際問題 - ジャンル:政治・経済

北朝鮮が北海道上空経由北太平洋に撃ったミサイルはグアムも射程距離内に!

2017年9月16日(土)

昨日の朝7時前に北朝鮮が北海道上空を経由して北太平洋に撃った
ミサイルは、「火星12号」の改良型で、射程距離3,700km迄延び
アメリカ領土グアム島を完全に射程範囲に置いたとのこと。

北朝鮮としては、『核抑止力』を達成しつつあることを世界に
示した訳で、イラクやリビアやシリアのようなアメリカからの
空爆攻撃を抑止する効果があると云う処!

アメリカが迂闊に手を出せば、韓国や日本が焦土と化すばかりでは
無く、アメリカ領土のグアムやハワイも攻撃でき、近々西海岸
そう遠くない頃には東海岸まで廃墟と化すことができる。

そう言う意味では北朝鮮は『核抑止力』信者と言えるだろう。

テレビニュースなどでは、韓国軍が北朝鮮が発射した6分後に
日本海に向けてミサイルを発射して迎撃の訓練をしたと言うが、
実際のところは迎撃に失敗したという話ではないだろうか?!

先だってアメリカが対抗してミサイルを発射したし、今回は
韓国軍がミサイルを発射したが、こういう行動は、ある意味
北朝鮮の行動に正当性を与える結果になると言えるだろう。

米韓がミサイルを発射するのだから我が軍(北朝鮮軍)も
ミサイル実験を行うのは当然である! と・・・

以下、今日の新聞記事から。

20170916204002253.jpg
日刊スポーツ ー 2017年9月16日

また北朝鮮ミサイル!米挑発弾で列島また混乱
日刊スポーツ ー 2017年9月16日
https://www.nikkansports.com/general/news/201709160000104.html

201709162040050c6.jpg
西日本新聞 ー 2017年9月16日

20170916204004351.jpg
西日本新聞 2017年9月16日

‪金正恩氏、火星12発射を視察 ‬
‪核戦力完成「ほぼ終着点」 ‬
‪西日本新聞 ー 2017年9月16日‬
‪https://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/359033/ ‬


‪正恩氏、核実戦配備に言及 ‬
‪米軍事行動けん制か ‬
‪西日本新聞 ー 2017年9月16日‬
‪https://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/359164/ ‬



こちらは、北朝鮮が今回の ミサイル追加実験を実行する前に
欧州から北朝鮮とアメリカの間を仲介しようとする動きのニュース
201709162040040d6.jpg
西日本新聞 ー 2017年9月14日



続きを読む

テーマ:北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル:政治・経済

次のページ

FC2Ad